個人用ツール

Pandora:Documentation ja:PHP 7

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

前提条件

PHP7 installation must be done with rpm/deb/OUM ... of the console in version 729 or later. Otherwise Pandora FMS will experience a dependencies conflict since it requires PHP5 for previous versions.

PHP7 のインストールは、コンソールバージョン 729 以降の rpm/deb/OUM などで行う必要があります。そうしないと、Pandora FMS は以前のバージョンで PHP5 を要求していたため、依存関係の競合が発生します。

Info.png

In case of installing from 728 to 729, if we have the PHP7 repository configured in our system, it will try to install that repository automatically when updating the console.


Info.png

728 から 729 のインストールの場合で、システムに PHP7 のリポジトリ設定をしている場合、コンソールのアップデート時にそのリポジトリから自動的にインストールしようとします。


Info.png

Php version 7.2 or above is supported, it requires the installation of every dependency needed.


Info.png

php バージョン 7.2 以上をサポートしています。必要なすべての依存ファイルのインストールが必要です。


PHP 7 のインストールとアップデート

PHP 7 のインストール

CentOS

First, we'll check that there is no previous version of php installed on the machine using the command from:

php –v

最初に、次のコマンドを用いて以前のバージョンの php がインストールされていないことを確認します。

php –v


ファイル:VersionLinuxNada.png



Once verified that we have uninstalled correctly php, we will download the repositories of epel and remi with the latest versions to install:

php がインストールされていないことを確認したら、epel および remi のリポジトリから最新版をダウンロードします。

# yum install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
# yum install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm


For CentOS 6 versions, we will download it from here:

CentOS 6 の場合は、以下からダウンロードします。

# yum install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-6.noarch.rpm 
# yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm


ファイル:Epel.png





ファイル:Remi.png



Next, we'll install yum-utils in case of not having installed it previously in our machine to be able to use the command yum-config-manager:

yum install yum-utils
yum-config-manager --enable remi-php72

次に、yum-config-manager コマンドが利用できるようにするために、yum-utils がインストールされていなければインストールします。

yum install yum-utils
yum-config-manager --enable remi-php72


ファイル:Yum manager.png



Finally, we'll install version php7.2 on our system:

yum install php php-mcrypt php-cli php-gd php-curl php-mysql php-ldap php-zip php-fileinfo php-snmp php-mbstring php-pecl-zip php-xmlrpc libxslt php-xml

最後に、php7.2 をインストールします。

yum install php php-mcrypt php-cli php-gd php-curl php-mysql php-ldap php-zip php-fileinfo php-snmp php-mbstring php-pecl-zip php-xmlrpc libxslt php-xml


ファイル:Yum Install php.png



And we check the installed version

そして、インストールしたバージョンを確認します。



ファイル:Version 7 php.png



Windows

In the first place, we must go to the website https://windows.php.net/download/ to download the PHP 7.2 version we need. In our case we'll download the version VC15 x64 Thread Safe.

最初に、必要な PHP 7.2 をダウンロードするために、https://windows.php.net/download/ へ行きます。この例では、VC15 x64 Thread Safe をダウンロードしています。



ファイル:DescargaPhp7.jpg



Once the zip is downloaded, we'll unzip it in the folder C:\php.

zip ファイルをダウンロードしたら、C:\php フォルダに展開します。

When the folder is created, we'll copy the file php.ini-production and rename it as php.ini.

フォルダが作成されたら、php.ini-productionphp.ini にコピーします。

To finish, we must change the httpd-php.conf file, and change the LoadFile and LoadModule to this:

最後に、httpd-php.conf を編集し、LoadFile and LoadModule を以下のように変更します。



ファイル:Httpd-php.png



PHP 7 のアップデート

CentOS

We will download the repositories of epel and remi with the latest versions to install:

epel および remi から最新バージョンをインストールするためのリポジトリをダウンロードします。

# yum install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
# yum install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm

For CentOS 6 versions, we will download it from here:

CentOS 6 では、以下からダウンロードします。

# yum install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-6.noarch.rpm 
# yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm


ファイル:Epel.png





ファイル:Remi.png



Next, we'll install yum-utils in case we don't have it previously installed in our machine to be able to use the command yum-config-manager:

yum install yum-utils
yum-config-manager --enable remi-php72

次に、yum-config-manager コマンドが利用できるようにするために、yum-utils がインストールされていなければインストールします。

yum install yum-utils
yum-config-manager --enable remi-php72


ファイル:Yum manager.png



Finally, we'll install the php7.2 version on our system:

yum install php php-mcrypt php-cli php-gd php-curl php-mysql php-ldap php-zip php-fileinfo php-snmp php-mbstring php-pecl-zip php-xmlrpc libxslt php-xml

最後に、php7.2 をインストールします。

yum install php php-mcrypt php-cli php-gd php-curl php-mysql php-ldap php-zip php-fileinfo php-snmp php-mbstring php-pecl-zip php-xmlrpc libxslt php-xml


ファイル:Yum Install php.png



And we check the installed version

そして、インストールしたバージョンを確認します。



ファイル:Version 7 php.png




If we had some version of Pandora FMS installed in our machine, we will have to reinstall the Pandora FMS console for its correct operation, due to the changes of PHP version, as we can see in the following link.

Pandora FMS がインストールされている場合は、PHP のバージョンが変わったので Pandora FMS コンソールを こちら に従って再インストールする必要があります。

In case you see any notice of incompatibility with the Pandora FMS Console package installed, you should copy the rpm of version 729 into this directory or execute the following command.

インストール済の Pandora FMS コンソールパッケージとの不整合が表示された場合は、バージョン 729 の rpm をコピーするか、以下のコマンドを実行します。

rpm -U --force *.rpm --nodeps


It can exist the possibility that during the upgrade to php7, the php.ini file is affected. Here is an example of some of the data that php.ini must have:

php7 へアップグレードする際、php.ini ファイルに影響がある可能性があります。php.ini ファイルの設定例を以下に示します。

engine = On
precision = 14
output_buffering = 4096
serialize_precision = 1
zend.enable_gc = On
expose_php = On
max_execution_time = 0
max_input_time = -1
memory_limit = 500M
error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED & ~E_NOTICE & ~E_USER_WARNING
log_errors = On
log_errors_max_len = 1024
report_memleaks = On
html_errors = On
variables_order = "GPCS"
request_order = "GP"
auto_globals_jit = On
post_max_size = 800M
default_mimetype = "text/html"
default_charset = "UTF-8"
file_uploads = On
upload_max_filesize = 800M
max_file_uploads = 20
allow_url_fopen = On
allow_url_include = Off
default_socket_timeout = 60
cli_server.color = On
pcre.jit=0
pdo_mysql.cache_size = 2000
sendmail_path = /usr/sbin/sendmail -t -i
mail.add_x_header = On

Windows

First, we must go to the website: https://windows.php.net/download/ to download the PHP 7.2 version we need. In our case we'll download the version VC15 x64 Thread Safe.

最初に、必要な PHP 7.2 をダウンロードするために、https://windows.php.net/download/ へ行きます。この例では、VC15 x64 Thread Safe をダウンロードしています。



ファイル:DescargaPhp7.jpg



Once the zip is downloaded, we'll unzip it in the folder C:\php.

zip ファイルをダウンロードしたら、C:\php フォルダに展開します。



ファイル:DescompilarPhp7.jpg



Next, we'll go to the folder located in C:\PandoraFMS\php, and rename it to php_versionActual and copy the new php folder we've created.

次に、C:\PandoraFMS\php フォルダを php_versionActual にリネームし、作成した新たな php フォルダをコピーします。



ファイル:CambioCarpeta.png



When the folder is created, we'll copy the file php.ini-production and rename it as php.ini.

php フォルダ内の php.ini-productionphp.ini にコピーします。

After finishing this step, we will have to copy the file libsals.dll y reemplazaarlo fror the same file in the Apache folder C:\PandoraFMS\Apache\bin.

このステップを完了する前に、libsals.dll を Aapache フォルダの C:\PandoraFMS\Apache\bin にコピーします。

The installation of Microsoft Visual C++ 2015: https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48145 will also be necessary for Pandora FMS to properly function.

Pandora FMS が正しく動作するためには、Microsoft Visual C++ 2015: https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48145 のインストールも必要です。

To finish, we must change the httpd-php.conf file, and change the LoadFile and LoadModule to this:

最後に、httpd-php.conf ファイルを編集し、LoadFile and LoadModule を以下のように変更します。



ファイル:Httpd-php.png



Ubuntu

In order to upgrade to php7 it is necessary to add it to the repository using the following command:

sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php 

Once this step is done, we will have to do an update to install it:

sudo apt-get update

php7 へアップグレードするには、以下のコマンドを用いてリポジトリを追加する必要があります。

sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php 

完了したら、インストールするためにアップデートを実行する必要があります。

sudo apt-get update

To make sure that all apache packages have been installed correctly, and to confirm that apache will be able to run with the new version, we will run as well the following command:

apache のパッケージが正しくインストールされていることを確認し、apache が新しいバージョンで実行できるようにするために、次のコマンドを実行します。

sudo apt-get install php7.2

And the same for the rest of dependencies:

残りの依存ファイルに関しても同様です。

sudo apt-get install php7.2-mysql php7.2-cli php7.2-common php7.2-curl php7.2-gd php7.2-json php7.2-ldap php7.2-mbstring php7.2-opcache php7.2-readline php7.2-snmp php7.2-xml php7.2-xmlrpc php7.2-zip

In case that both versions of php maintains, the old php version must be disabled so the new php7 version can be enabled. After, you must restart apache service.

両方のバージョンの php を管理している場合は、古いバージョンの php を無効にして、新しいバージョンの php7 を有効にする必要があります。 その後、Apacheサービスを再起動する必要があります。

a2dismod php5.6
a2enmod php7.0
service apache2 restart

Suse

Template warning.png

With older versions of Suse or Opensuse, php7 packages may not be available.


Template warning.png

Suse または Opensuse の古いバージョンでは、php7 パッケージは存在しません。


To install php 7 and its extensions we will have to use the following command:

php 7 をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo zypper install php7 php7-mysql apache2-mod_php7

Once installed, we will have to activate the php7 module and restart the Apache server:

インストールしたら、php7 モジュールを有効化し apache サーバを再起動する必要があります。

sudo a2enmod php7
sudo systemctl restart apache2

CentOS におけるオフラインでの対応

In the case that your environment installed with Pandora FMS ISO does not have internet access or your security policy does not allow you to install a third party repository, we have provided in our official support website (only for Enterprise clients) together with the 729 version packages all the rpms necessary for the php update.

Pandora FMS ISO からインストールした環境がインターネットへアクセスできない場合や、セキュリティポリシーでサードパーティリポジトリからインストールできない場合向けに、バージョン 729 と php のアップデートに必要な rpm パッケージを提供する公式サポートウェブサイトを提供しています(Enterprise 版ユーザのみ)。

The procedure for this update is as follows:

この場合のアップデート方法は次の通りです。

1.- Download the tar.gz with the RPMs of our support web ( there are rpms compatible with Centos 6 x86, Centos 6 x64 and Centos 7 x64 )

1.- 我々のサポートサイトから RPM の入った tar.gz ファイルをダウンロード (RPM は、CentOS 6 x86、CentOS 6 x64、CentOS 7 x64 に対応しています)

2.- Decompress in any directory the content of tar.gz.

2.- tar.gz を任意のディレクトリに展開します。

tar xvzf rpm-php7-centos7.tar.gz 

3.- Access the uncompressed directory with the command cd and execute the following command to update the packages:

3.- 展開したディレクトリへ行き、パッケージをアップデートするコマンドを実行します

cd rpm-centos7-php7
rpm -U --force *.rpm

In case you see any notice of incompatibility with the Pandora FMS Console package installed, you should copy the rpm of version 729 into this directory or execute the following command.

インストールされている Pandora FMS コンソールパッケージとの互換性がないという表示された場合は、バージョン 729 の rpm をこのディレクトリにコピーするか、次のコマンドを実行してください。

rpm -U --force *.rpm --nodeps