ja:documentation:pandorafms:management_and_operation:08_data_presentation_reports

レポート

Enterprise VersionWithin a report, the information to be presented is organized into report elements. There are different types of elements that perform calculations and present information in very different ways.

Enterprise 版レポート内では、表示される情報は レポート要素 にまとめられます。計算を実行し、まったく異なる方法で情報を表示するさまざまなタイプの要素があります。

Though they generally have a very similar configuration form, each element type will be configured independently. You can have as many type and style elements as you need.

通常、これらの設定方法は非常に似ていますが、各要素タイプごとに個別に設定されます。 タイプ要素とスタイル要素は必要な数だけ設定できます。

  • Pandora FMS simplifies monitoring administration through user permissions. There are several permission systems that restrict what a user can see or manage, the most important is concepto de grupos (either groups predefined by Pandora FMS and/or custom groups) combined with the profile of each one of the users. Pay special attention to the notes about the All (ALL) group throughout the documentation.
  • Enterprise VersionIn version 771, or later, the “ACL Enterprise System” has specific options enabled for the administration and management of reports with personalized user profiles that adapt to any need.
  • Pandora FMS は、ユーザ権限を通じて監視管理を簡素化します。 ユーザが表示または管理できるものを制限する権限システムがいくつかありますが、最も重要なものは グループコンセプト (Pandora FMS によって事前定義されたグループまたはカスタムグループ) で、各ユーザのプロファイルと組み合わせます。ドキュメント全体にわたる 全て(ALL) グループに関する注記に特に注意してください。
  • Enterprise 版バージョン 771 以降の “Enterprise ACL システム” には、あらゆるニーズに適応するパーソナライズされたユーザプロファイルを使用してレポートを管理するための特定のオプションが有効になっています。

Operation menu → ReportingCustom reportsCreate report. You will be presented with a form where you can indicate the name of the report (Name) and select the group (Group) to which the report will belong, as well as whether the report is private or not (Write access) and its description.

操作(Operation) メニュー → レポート(Reporting)カスタムレポート(Custom reports)レポートの作成(Create report)。 レポートの名前 (名前(Name)) を指定し、レポートが属するグループ (グループ(Group))、およびレポートをプライベートとするかどうか(書き込みアクセス(Write access))を選択できるフォームが表示されます。

In the Write access field you can choose the rights to edit the report:

書き込みアクセス(Write access) フィールドで、レポートを編集する権限を選択できます。

  • Only the group can edit the report: Only the group to which the report belongs will be able to edit it.
  • Only the user and the admin user can edit the report: Only the author and an admin user can edit the report.
  • The next group can edit the report : If you choose this option, a list will appear where you can choose another group that will also be able to edit the report.
  • 指定グループのみレポートを編集可(Only the group can edit the report): レポートが属するグループのみがレポートを編集できます。
  • ユーザおよび管理者のみがレポートを編集可能(Only the user and the admin user can edit the report): 作成者と管理者ユーザのみがレポートを編集できます。
  • グループがレポートを編集可能(The next group can edit the report): このオプションを選択すると、レポートを編集できる別のグループを選択できるリストが表示されます。

By default the report will be interactive (marked as No in Non-interactive Report). By marking a report as non-interactive, it can only be sent by email:

デフォルトでは、レポートは対話型になります (非対話型レポート(Non-interactive Report) では No とマークされています)。 レポートを 非対話型 としてマークすると、電子メールでのみ送信できるようになります。

By default, the options to create a cover page (Generate cover page in PDF render) and an index (Generate index in PDF render) are activated when generating a PDF from the report.

デフォルトでは、レポートから PDF を生成するときに、表紙を作成するオプション (PDF レンダリングで表紙を生成(Generate cover page in PDF render)) と目次 (PDF レンダリングで目次を生成(Generate index in PDF render)) を作成するオプションが有効になります。

Press Save to save. Once this is done, you will have an empty report and ready to add elements to it using the icons provided on the editing form.

保存(Save) を押して保存します。 これが完了すると、空のレポートが作成され、編集フォームで 提供されているアイコンを使用して 要素を追加できるようになります。

Version 770 or later: In the list of reports (List of reports) by clicking on the corresponding icon in the HTML column (except if the report is not interactive) you will be able to view the filters and the report itself on the screen. Such a report can be added (or removed) to your list of favorite reports (Favorite) by clicking the star icon next to the report name.

バージョン 770 以降: レポートの一覧 (レポート一覧(List of reports)) で、HTML 列の対応するアイコンをクリックすると (レポートが非対話型の場合を除く)、フィルタとレポート自体を画面表示できます。このようなレポートは、レポート名の横にある星アイコンをクリックすることにより、お気に入りレポートのリスト (お気に入り) に追加 (または削除) できます。

Operation menu → ReportingCustom reportsList of reports icon.

操作(Operation) メニュー → レポート(Reporting)カスタムレポート(Custom reports)レポート一覧(List of reports) アイコン。

In the list of registered reports, for each item, in the Op. column, there are the following options:

登録済みレポートの一覧の各項目の Op. 列には、次のオプションがあります。

  • Edition.
  • Copied.
  • Erased.
  • Selection for mass deletion with the Delete button.
  • 編集(Edition)
  • コピー(Copied)
  • 削除(Erased)
  • 削除(Delete) ボタンによる一括削除の選択。

It is the only one available in a new Report, since the basic data of the report are defined in it. Once saved correctly you will have access to the rest of the tabs. These fields are the same both for creación of a report and for its edition.

レポートの基本データが定義されているため、新規レポートで使用できるのはこれだけです。 正しく保存すると、残りのタブにアクセスできるようになります。 これらのフィールドは、レポートの 作成 とその 編集 の両方で同じです。

When you have finished creating or editing, press the Update button to save the field data.

作成または編集が完了したら、更新(Update) ボタンを押してフィールドデータを保存します。

A global view of all the items that make up a report is displayed. Use the Filters subsection to search among the elements registered in the report; For example, when displaying the list of Agents, the agents registered in that selected report will be displayed.

レポートを構成するすべてのアイテムの全体的なビューが表示されます。 フィルタ(Filters) サブセクションを使用して、レポートに登録されている要素の中から検索します。 たとえば、エージェント のリストを表示すると、選択したレポートに登録されているエージェントが表示されます。

Items in the list will appear withthe order in which they will be displayed in the report, this order can be modified in the Sort items subsection (or deleted in the Delete items subsection, see Op. column).

アイテム一覧は、レポートに表示される順序で表示されます。この順序は、アイテムの並べ替え(Sort items) サブセクションで変更できます (または、Op. カラムの アイテムの削除(Delete items) サブセクションで削除できます。)

  • P. : Position of the elements in the report, this number is also used to operate the subsections:
    • Sort items: An item must be checked first to be able to sort.
    • Delete items: Deletes without marking any item, you only have to indicate the position number and if it will be deleted up or down.
  • Columns Type, Agent and Module: They show each value of each item and when clicking on the column header allows ordering (Ascendent or Descendent) according to it, see Sort items.
  • Op.: Shows the buttons to edit or delete each item and, also, a checkbox for selecting each item. By clicking the checkbox in the header of Op. you will be able to check or uncheck all items.
  • P.: レポート内の要素の位置。この番号はサブセクションの操作にも使用されます。
    • アイテムの並べ替え(Sort items): 並べ替えるには、最初にアイテムをチェックする必要があります。
    • アイテムの削除(Delete items): アイテムにマークを付けずに削除します。位置番号と削除するかどうかを指定するだけです。
  • タイプ(Type), エージェント(Agent) および モジュール(Module) カラム: 各項目の値が表示され、項目の並べ替え(Sort items) で列のヘッダーをクリックすると、それに応じて並べ替え (昇順 または 降順) ができます。
  • Op.: 編集 または各項目を削除するためのボタンと、各項目を選択するためのチェックボックスが表示されます。 Op. のヘッダーにあるチェックボックスをクリックすると、すべての項目にチェックを入れるか、チェックを外すことができます。

The Agent and Module columns appear blank for some item types (for example type S.L.A or type Text): this is normal.

一部のアイテムタイプ (S.L.A または テキスト(Text) など) では、エージェント(Agent) 列と モジュール(Module) 列が空白で表示されます。これは正常です。

Clicking on Item editor will allow you to create a new item for the selected report.

アイテム編集(Item editor) をクリックすると、選択したレポートに新しいアイテムを作成できます。

The form is dynamic according to the type of item (Type) to create. If you are editing you can modify all the fields except the type.

フォームは、作成するアイテムのタイプ (Type) に応じて動的に変化します。 編集の場合は、タイプを除くすべてのフィールドを変更できます。

If the type needs to be changed, the way to do it is to delete the current one and create it again with the same settings.

タイプを変更する必要がある場合は、現在のタイプを削除し、同じ設定で再度作成します。

The fields common to all types are:

すべてのタイプに共通のフィールドは次のとおりです。

  • Name: Name of the report. The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the Agent that you have selected in the report element.
    • _agentdescription_ : Description of the Agent that you have selected in the report element.
    • _agentgroup_ : Agent group that you have selected in the report element.
    • _address_ : Address of the Agent that you have selected in the report element.
    • _module_ : Name of the Agent Module that you have selected in the report element.
    • _moduledescription_ : Description of the Agent Module that you have selected in the report element.
  • Show item in landscape format (only PDF): Show the item in landscape format (only PDF).
  • Page break at the end of the item (only PDF): Page break at the end of the article (PDF only).
  • 名前(Name): レポートの名前。 次のマクロが使用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : レポート要素で選択したエージェントグループ。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したエージェントモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したエージェントモジュールの説明。

The fields are filled in according to the type of item selected and to save, click Create item.

選択したアイテムのタイプに応じてフィールドを入力し、保存するには、アイテムの作成(Create item) をクリックします。

Pay attention when saving an item: Usually you are ready to add a new item but if the newly created item has more configurable options then the Update item button will appear.

アイテムを保存するときは注意してください。通常は新しいアイテムを追加する準備ができていますが、新しく作成したアイテムにさらに設定可能なオプションがある場合は、アイテム更新(Update item) ボタンが表示されます。

アイテムタイプ

There are different report types:

さまざまな レポートタイプ があります。

  • Graphs: Reports with various types of graphs.
  • IPAM: Reports with data taken from the IPAM PFMS functionality.
  • SLA: Reports of Service Level Agreement.
  • Forecasting: Reports with forecast data.
  • Modules: They are focused and oriented to present information from the modules directly.
  • Grouped: Allows you to consolidate different sources of information to be presented.
  • Text / HTML: To be able to insert headers, subtitles or footers of the report.
  • Alerts: Everything related to alerts.
  • Events: Everything related to events.
  • Inventory: Everything related to inventory.
  • Configuration: Report with the operating parameters of agents or groups.
  • NetFlow: Reports on NetFlow and sFlow.
  • Log: Will show the log entries in the selected period.
  • Permissions report: Allows you to select users or groups of users and list their names, groups and permissions.
  • NCM: Allows you to view network changes in the NCM PFMS functionality.
  • グラフ: さまざまな種類のグラフを含むレポート。
  • IPAM: IPAM 機能 から取得したデータを含むレポート。
  • SLA: SLA のレポート。
  • 予測: 予測データを含むレポート。
  • モジュール: これらは、モジュールからの情報を直接提示することに焦点をあてています。
  • グループ: さまざまな情報ソースを統合して表示できます。
  • テキスト/HTML: レポートのヘッダ、サブタイトル、またはフッタを挿入できるようにします。
  • アラート: アラート に関連するすべて。
  • イベント: イベント に関連するすべて。
  • インベントリ: インベントリ に関連するすべて。
  • 設定: エージェントまたはグループの動作パラメータをレポートします。
  • NetFlow: NetFlow および sFlow に関するレポート。
  • ログ: 選択した期間のログ エントリが表示されます。
  • 権限レポート: ユーザまたはユーザのグループを選択し、その名前、グループ、権限を一覧表示できます。
  • NCM: NCM 機能 でネットワークの変更を表示できます。

In addition, in the Global tab you can add several additional report types.

さらに、全体(Global) タブでは、いくつかの 追加のレポートタイプ を追加できます。

Enterprise VersionThis tab allows you to make a complete report automatically, with just a few clicks. By applying common configurations, elements applied to a multitude of agents and/or modules can be generated.

Enterprise 版このタブを使用すると、数回クリックするだけで完全なレポートを自動的に作成できます。 共通の設定を適用することで、多数のエージェントやモジュールに適用される要素を生成できます。

Again this form is dynamic according to the report type chosen in the Type list:

このフォームも、タイプ 一覧で選択された レポートタイプ によって異なります。

  • Graphs.
  • Forecasting.
  • Modules.
  • Grouped.
  • Alerts.
  • Events.
  • グラフ
  • 予測
  • モジュール
  • グループ
  • アラート
  • イベント

Once the type of report, the period, the agents and, if necessary, the modules have been chosen, pressing the Add button will generate as many items in the report as agents and/or modules have been selected.

レポートのタイプ、期間、エージェント、および必要に応じてモジュールを選択したら、追加(Add) ボタンを押すと、選択したエージェントやモジュールと同じ数の項目がレポートに生成されます。

This wizard allows you to specifically create SLA report items automatically.

このウィザードを使用すると、SLA レポートアイテムを自動的に作成できます。

  • SLA: Will display a standard SLA report element, indicating the % of compliance in the selected period.
  • Monthly SLA: It will show a day-by-day analysis of the selected month, indicating the % of compliance.
  • Weekly SLA: It will show an analysis of the % compliance week by week, indicating the daily value at all times.
  • Hourly SLA: Will display an hourly analysis of the selected period.
  • Availability graph: A graph will be generated with the availability data of the selected modules.
  • SLA services: A new report item will be created representing the calculated SLAs for the selected services.
  • SLA: 選択した期間における準拠しているパーセンテージを示す標準 SLA レポート要素が表示されます。
  • 月次 SLA(Monthly SLA): 選択した月の日ごとでの準拠パーセンテージ分析が表示されます。
  • 週次 SLA(Weekly SLA): 準拠しているパーセンテージの分析が週ごとに表示され、常に日次の値が示されます。
  • 時間 SLA(Hourly SLA): 選択した期間の時間ごとの分析が表示されます。
  • 可用性グラフ(Availability graph): 選択したモジュールの可用性データを含むグラフが生成されます。
  • サービス SLA(SLA services): 選択したサービスの SLA を表すレポートアイテムが作成されます。

You can choose the value validity ranges of the modules to select. This feature will allow you to check the % of time that a module has held values within specified ranges.

選択したモジュールの値の有効範囲を選択できます。 この機能を使用すると、モジュールが指定された範囲内の値を保持した時間の割合を確認できます。

If no thresholds are defined, these will be adjusted dynamically to the criticality thresholds of each module.

しきい値が定義されていない場合、しきい値は各モジュールの障害しきい値に合わせて動的に調整されます。

Even if whoever is creating the report item does not explicitly belong to the EVERYONE group (ALL), you can still assign the ALL group as a filter of Agents from which to choose Modules.

レポートアイテムの作成者が すべて グループ (すべて) に明示的に属していない場合でも、モジュールを選択するエージェントのフィルターとして すべて(ALL) グループを割り当てることができます。

In this section of the report you can create elements of type:

レポートのこのセクションでは、次のタイプの要素を作成できます。

  • Exception: Shows values from several modules that satisfy a logical operation (Condition field).
  • General: Shows values of various modules ordered (ascending or descending, by agent name) and/or grouped by name.
  • Top N: Shows N values discriminated by maximum, minimum or average over the total number of modules added, ordered ascending or descending or by agent name.
  • 例外(Exception): 論理演算 (状態(Condition) フィールド) を満たす複数のモジュールの値を表示します。
  • 一般(General): さまざまなモジュールの値を (エージェント名ごとに昇順または降順に) 並べたり、名前ごとにグループ化したりして表示します。
  • トップN(Top N): 追加されたモジュールの合計数の最大、最小、平均によって区別された N 個の値を昇順または降順、またはエージェント名によって表示します。

In this way you can add different modules from different agents, as well as being able to choose the operation to perform in each module: summation, average, minimum, maximum.

このようにして、さまざまなエージェントからさまざまなモジュールを追加できるほか、各モジュールで実行する操作 (合計、平均、最小、最大) を選択できます。

Even if the person creating the report item does not explicitly belong to the ALL group (ALL), you will still be able to assign the ALL group as a filter of Agents from which to choose Modules.

レポートアイテムの作成者が すべて グループ (すべて) に明示的に属していない場合でも、モジュールを選択するエージェントのフィルターとして すべて(ALL) グループを割り当てることができます。

Once the parameters have been chosen and the Add button is clicked, a report item will be created containing the selected agents and modules.

パラメータを選択して 追加(Add) ボタンをクリックすると、選択したエージェントとモジュールを含むレポートアイテムが作成されます。

In the advanced settings tab of the report you can edit various visual aspects of the report:

レポートの高度な設定タブでは、レポートのさまざまな視覚的要素を編集できます。

  • Customize the font type.
  • Select a logo to use in the headers of the files in PDF format.
  • Edit the header and footer text of each page.
  • Edit the cover of the report
  • フォントのカスタマイズ
  • PDF ファイルのヘッダに使うロゴの選択
  • 各ページのヘッダとフッタの編集
  • レポートの表紙の編集

フォントファミリー

The default font is Times Roman. To customize the font type, select the desired font from the dropdown list. This list is built from the .ttf files contained in the directory:

デフォルトのフォントは Times Roman です。 フォントの種類をカスタマイズするには、ドロップダウンリストから希望のフォントを選択します。このリストは、以下のディレクトリに含まれる .ttf ファイルから作成されます。

/var/www/html/pandora_console/enterprise/include/mpdf50b/ttfonts

You can add the TTF format font files to this directory. They will need to have the correct permissions for the user the web service is provided as to have access to these files, by default apache:apache on CentOS based systems. Pandora FMS includes the “code” font that displays all existing characters in UTF8.

TTF 形式のフォントファイルをこのディレクトリに追加できます。 これらのファイルにアクセスするために、Web サービスを提供しているユーザ (CentOS ベースのシステムではデフォルトで apache:apache) が正しくアクセスできるパーミッションである必要があります。 Pandora FMS には、UTF8 で既存のすべての文字を表示できる “コード” フォントが含まれています。

カスタムロゴ

By default pandora_log.jpg will be used. You can select from the dropdown list any of the possible logos to decorate the header of each PDF page. This list is built from the image files contained in the directory:

デフォルトでは pandora_log.jpg が使用されます。 各 PDF ページのヘッダを装飾するロゴをドロップダウンリストから選択できます。 このリストは、次のディレクトリに含まれる画像ファイルから作成されます。

/var/www/html/pandora_console/images/custom_logo/

You can add the image files to this directory. They will need to have the correct permissions for the user the web service is provided as to have access to these files, by default apache:apache on CentOS based systems.

画像ファイルをこのディレクトリに追加できます。 これらのファイルにアクセスするために、Web サービスを提供しているユーザ (CentOS ベースのシステムではデフォルトで apache:apache) が正しくアクセスできるパーミッションである必要があります。

マクロ

To reuse editing templates, you can use the following macros in rich text fields:

編集テンプレートの再利用のために、リッチテキストフィールドで次のマクロを使用できます。

  • (_DATETIME_): It will be replaced by the date when the report is generated, in the date format configured in the general options of Pandora FMS Console.
  • (_REPORT_NAME_): Will be replaced by the name of the report.
  • (_DATETIME_): これは、Pandora FMS コンソールの一般オプションで設定された日付形式で、レポートが生成された日付に置き換えられます。
  • (_REPORT_NAME_): レポートの名前に置き換えられます。

This tab displays the report in HTML format, and is the same as the HTML view option included in the list of registered reports.

このタブはレポートを HTML 形式で表示します。これは、登録レポートの一覧 に含まれる HTML 表示 オプションと同じです。

Operation menu → ReportingCustom reportsList of reports icon.

操作(Operation) メニュー → レポート(Report)カスタムレポート(Custom reports)レポート一覧(List of reports) アイコン。

Reports can be viewed in HTML, XML, PDF, JSON or CSV format in the respective icons of each column and report item.

各レポートは、それぞれに対応するアイコンから、HTML、XML、PDF、JSON、または CSV 形式で表示できます。

To send them by email, click on the corresponding icon in the E-mail column and a pop-up form will open where recipient(s) will be placed and optionally a subject field and a message field.

電子メールで送信するには、電子メール(E-mail) 列の対応するアイコンをクリックすると、受信者を指定するポップアップフォームが開き、オプションで件名フィールドとメッセージフィールドが表示されます。

If the same report needs to be sent to several recipients, place the addresses separated by commas.

同じレポートを複数の宛先に送信する必要がある場合は、アドレスをカンマで区切って入力します。

  • Export reports: It is done from the menu ManagementResourcesResource exportingReport, from where the report to be exported is chosen and the Export button is pressed just to the right. This option generates .ptr type files (internally in XML format), only with the report itself, without agents, data, background image, etc.
  • Import reports: You can import a report from a .ptr file from the Management menu → ResourcesResource registration by selecting the .ptr file (in this case it is unnecessary to use Group filter) and pressing the Upload button.
  • レポートのエクスポート: これは、管理(Management) メニュー → リソース(Resources)リソースのエクスポート(Resrouce exporting)レポート(Report) から実行でき、エクスポートするレポートを選択し、すぐ右にある エクスポート(Export) ボタンを押します。このオプションは、エージェント、データ、背景画像などは含まず、レポート自体のみの .ptr タイプのファイル (内部的には XML 形式) を生成します。
  • レポートのインポート: 管理(Management) メニュー → リソース(Resources)リソース登録(Resource registration) から .ptr ファイルを選択し、アップロード(Upload) ボタンを押すことでインポートできます。(このとき グループフィルタ ろ利用する必要はありません)

Automatic report scheduling is included in the Console Tasks (Console task).

自動レポートのスケジュール設定は、コンソールタスク に含まれています。

To create a Console task to send report go to Management menu → DiscoveryNew console task and select Send custom report by e-mail from the dropdown list under Task. The interface is the same for creating or editing a task (except for the Create or Update button to save).

レポートを送信するコンソール タスクを作成するには、管理(Management) メニュー → 自動検出(Discovery)新しいコンソールタスク(New console task) に移動し、タスク の下のドロップダウンリストから 電子メールでカスタムレポートを送信(Send custom report by e-mail) を選択します。 インターフェイスはタスクの作成または編集の場合と同じです (保存するための 作成(Create) または 更新(Update) ボタンを除く)。

The common fields for each task are:

各タスクの共通フィールドは次の通りです。

  1. Scheduled: Periodicity of the task, daily, monthly, etc. or only once (Not scheduled, see next point).
  2. Next execution: Next execution of the task, select date in the first field and time in the second field (pop-up menu when clicking on each one).
  3. Group: Group to which the task will belong.
  4. Report pending to be created: Among the registered reports, select the one that will be sent.
  5. Send to e-mail addresses (separated by a comma): Recipient(s).
  6. Report Type: Type of report that will be sent (XML, etc.).
  1. スケジュール(Scheduled): タスクの頻度 (毎日、毎月など)、または 1 回のみ (スケジュールされていません(Not Scheduled) となります。以下を参照)。
  2. 次回の実行(Next execution): 次回のタスクの実行では、最初のフィールドで日付を選択し、2 番目のフィールドで時刻を選択します (それぞれをクリックするとポップアップメニューが表示されます)。
  3. グループ(Group): タスクが所属するグループです。
  4. 作成保留レポート(Report pending to be created): 登録されているレポートの中から、送信するレポートを選択します。
  5. 送信先メールアドレス(カンマ区切り)(Send to e-mail addresses (separated by a comma)): 送信先。
  6. レポートタイプ(Report Type): 送信されるレポートのタイプ (XML など)。

If Send custom report (from template) by email is selected in the Task list, the following must also be configured:

タスク 一覧で 電子メールで(テンプレートから)カスタムレポートを送信 が選択されている場合は、次の設定も行う必要があります。

  • Template pending to be created: Custom template to create the report.
  • Agents: Agents to include in the report, use Regex agent filter to select agents by means of regular expressions.
  • Report per agent: Information of the Agents selected in Agents for the report, if you want to generate separate reports for each report.
  • 作成保留テンプレート(Template pending to be created): レポートを作成するための カスタムテンプレート です。
  • エージェント(Agents): レポートに含めるエージェントは、正規表現エージェントフィルタ を使用して正規表現てエージェントを選択します。
  • エージェントごとのレポート(Report per agent): エージェントごとに個別のレポートを生成する場合。レポートの エージェント(Agent) で選択したエージェントの情報。

For the sending of email to work, it must be previously configured in the sending options of Pandora FMS.

電子メール送信が動作するためには、Pandora FMS の送信オプションが事前に設定されている 必要があります。

Report templates are components that allow you to parameterize the creation of reports that can later be applied to a set of agents.

レポートテンプレートは、レポートの作成をパラメータ化し、後でエージェントに適用できるコンポーネントです。

Each element of the templates will search for a match with an agent and/or module through a regular expression or a substring, making this system very flexible.

テンプレートの各要素は、正規表現または部分文字列マッチを通じて一致するエージェントやモジュールを検索できるため、システムは非常に柔軟です。

When creating a report template you define a number of elements. These defined elements are the same report items that are defined for a report.

レポートテンプレート を作成するときは、いくつかの要素を定義します。 これらの定義された要素は、レポートに定義されているレポートアイテムと同じです。

The difference is that each of these template items will generate one or more report items, as long as when applying the template there is a match with one of the chosen agents and/or modules.

違いは、テンプレートを適用する際に選択したエージェントおよびモジュールのいずれかと一致した場合、これらのテンプレートアイテムのそれぞれが 1 つ以上のレポートアイテムを生成することです。

Access the Operation menu → ReportingCustom Reports and click the List of templates icon at the top right, right next to the List of reports icon. Click the Create template button:

操作(Operation) メニュー → レポート(Reporting)カスタムレポート(Custom Reports) にアクセスし、右上の レポート一覧(List of reports) アイコンの隣にある テンプレート一覧(List of templates) アイコンをクリックし、テンプレート作成(Create template) ボタンをクリックします。

  • Group: Group to which the new template will belong.
  • Agents to apply: A case-insensitive regular expression to filter the agents to which the n will be appliednew template. For example, if you use Network* agents named network_agent1 or NetworK CHECK will match when the template is applied.
  • Generate cover page in PDF render: To generate a cover page in PDF.
  • Generate index in PDF render: To generate an index in the rendering or generation of the PDF.

To save the template when you finish filling in the fields, press the Save button.

  • グループ(Group): 新規テンプレートが所属するグループです。
  • 適用するエージェント(Agents to apply): 新しいテンプレートが適用されるエージェントをフィルタリングするための大文字と小文字を区別しない正規表現です。たとえば、Network を指定すると、テンプレートが適用される際に、network_agent1NetworK CHECK という名前のエージェントが一致します。
  • PDF で表紙を生成する(Generate cover page in PDF render): PDF で表示ページを生成します。
  • PDF で目次を生成する(Generate index in PDF render): PDF のレンダリングまたは生成時に目次を生成します。

フィールドへの入力が完了したら、テンプレートを保存するために 保存(Save) ボタンを押します。

アイテムエディタ

Pressing the item editor icon will allow you to create new items within the template.

アイテムエディタ アイコンを押すと、テンプレート内に新しいアイテムを作成できます。

The types of items are the same as those of the reports, with the difference that, when applied to an agent or module, it will be searched as a regular expression. For example, oracle_agent.* could correspond to the agents: oracle_agent_1, oracle_agent_2, oracle_agent_production, and so on.

項目の種類はレポートと同じですが、エージェントまたはモジュールに適用すると正規表現として検索される点が異なります。 たとえば、oracle_agent.* は、oracle_agent_1oracle_agent_2oracle_agent_production などのエージェントに対応します。

If the field is left empty, the template item will be applied to all agents at the time of apply the report template.

フィールドが空のままの場合、テンプレートアイテムは レポートテンプレート適用 の時点ですべてのエージェントに適用されます。

When a module is specified, it can be interpreted literally by checking the Module exact match check box. If not checked, it will use the standard regular expression matching method.

モジュールが指定されている場合、モジュールの完全一致(Module exact match) チェックボックスをオンにすることで文字通りの一致判断がされます。 チェックされていない場合は、標準の正規表現一致が使用されます。

アイテム一覧

Operation menu → ReportingCustom reportsList of templates icon → template Edit button → List items icon.

操作(Operation) メニュー → レポート(Reporting)カスタムレポート(Custom reports)テンプレート一覧(List of templates) アイコン → テンプレート 編集(Edit) ボタン → アイテム一覧 アイコン。

In the item list section you can see and edit the items created within the template and modify their order as well as delete them.

アイテム一覧セクションでは、テンプレート内で作成されたアイテムを表示および編集し、順序を変更したり削除したりできます。

高度なテンプレートオプション

Operation menu → ReportingCustom reportsList of templates icon → template Edit button → Advanced options icon.

操作(Operation) メニュー → レポート(Reporting)カスタムレポート(Custom reports)テンプレート一覧(List of templates) アイコン → テンプレート 編集(Edit) ボタン → 高度なオプション(Advanced options) アイコン。

In this section you can configure visual aspects of the resulting report such as the font, the logo, the header, the first page or the footer of the report, as you would do with a standard report.

このセクションでは、標準のレポートと同様に、フォント、ロゴ、ヘッダー、レポートの最初のページまたはフッターなど、結果として得られるレポートの視覚面を設定できます。

Once you have finished editing the visuals, click the Update button to save the changes.

見た目の編集が完了したら、更新(Update) ボタンをクリックして変更を保存します。

Operation menu → ReportingCustom Reports and click the List of templates icon.

操作(Operation) メニュー → レポート(Reporting)カスタムレポート(Custom Reports) をクリックし、テンプレート一覧 アイコンをクリックします。

  • From there you can delete a report template through its corresponding trash can icon in the Operations column. You can also select multiple templates and then press the Delete button.
  • In the same way, clicking on the Duplicate button of each template can be copied with the prefix copy of plus the name of the template to a new template.
  • By clicking on the pencil icon corresponding to each item you will be able to edit the selected template.
  • そこから、操作(Operations) 列の対応するゴミ箱アイコンを使用してレポートテンプレートを削除できます。複数のテンプレートを選択して、削除(Delete) ボタンを押すこともできます。
  • 同様に、各テンプレートの 複製(Duplicate) ボタンをクリックすると、プレフィックス copy of とテンプレートの名前を付けて新しいテンプレートにコピーできます。
  • 各項目に対応する鉛筆アイコンをクリックすると、選択したテンプレートを編集できます。

Operation menu → ReportingCustom reportsList of templates icon. Then in each template there are buttons for each visualization: HTML, JSON, etc. Clicking on one of them will open the Generate a dynamic report form, which will only bring the query written in Agents to apply when the template was created.

操作(Operation) メニュー → レポート(Reporting)カスタムレポート(Custom reports)テンプレート一覧(List of templates) アイコン。 各テンプレートには、HTML、JSON などの各表示ボタンがあります。それらの 1 つをクリックすると、動的レポートの生成(Denerate a dynamic report) フォームが開き、テンプレート作成時適用するエージェント に示されたクエリのみが表示されます。

  • In Filter group and Filter agent, dynamically, it will be possible to filter from the list initially presented in Agents available.
  • Click one or more of the available agents (or select all in Select all) and click the right arrow button to add to the Agents to apply list.
  • Conversely you can uncheck agents, use all the fields and buttons until you get the list of agents needed.
  • Press the Generate button.
  • グループのフィルタ(Filter group)エージェントのフィルタ(Filter agent) では、存在するエージェント(Agents available) に最初に表示された一覧から動的にフィルタリングすることができます。
  • 存在するエージェントを 1 つ以上クリックし (または すべて選択 ですべてを選択し)、右矢印ボタンをクリックして 適用するエージェント(Agents to apply) リストに追加します。
  • 逆に、エージェントのチェックを外し、必要なエージェントの一覧が表示されるまですべてのフィールドとボタンを使用することもできます。
  • 生成(Generate) ボタンを押します。

You can use the template wizard ( Template Wizard ) if you need to instantiate a report template in a real report to have it available in the Pandora FMS report list, for example:

実際のレポートでレポートテンプレートをインスタンス化し、Pandora FMS レポート一覧で使用できるようにする必要がある場合は、テンプレートウィザード(Template Wizard) を使用できます。次に例を示します。

You can select the Create report per agent check box to generate a report for each selected agent. If you do not activate it, a general report will be generated with all the information.

エージェントごとにレポートを作成(Create report per agent) チェックボックスをオンにして、選択したエージェントごとにレポートを生成できます。 有効化しない場合は、すべての情報を含む一般レポートが生成されます。

  • In case a report is generated by agent, the title of the report will be of the form: [template title] - [agent name] ([agent name])
  • In the event that a full report is generated, the title will be of the form: [report title] - agents ([number of agents]) - [date]
  • レポートがエージェントによって生成される場合、レポートのタイトルは次の形式になります: [テンプレートタイトル] - [エージェント名] ([エージェント名])
  • 完全なレポートが生成される場合、タイトルは次の形式になります: [レポートタイトル] - エージェント ([エージェントの数]) - [日付]

To clear reports created in previous applications from a template go to Report Template Wizard.

以前の適用で作成したレポートをテンプレートから消去するには、レポートテンプレートウィザード に移動します。

There you need to select a template from the Templates dropdown list and thenor click the delete button (broom button).

そこでは、テンプレート(Templates) ドロップダウンリストからテンプレートを選択し、削除ボタン (ほうきボタン) をクリックする必要があります。

This action will delete all reports created based on this template, automatically.

この操作により、このテンプレートに基づいて作成されたすべてのレポートが自動的に削除されます。

Version 771 or later.

バージョン 771 以降

Enterprise VersionBy means of “ACL Enterprise System” you can create custom profiles with which you can assign permission s for viewing, modifying, creating and deleting reports.

Enterprise 版Enterprise ACL システム” を使用して、レポートの表示、変更、作成、削除の権限を割り当てるカスタムプロファイルを作成できます。

To do this, you must go to the ACL Enterprise System configuration (ManagementProfilesEnterprise ACL setup), select the profile to which you will assign the permissions in the drop-down list in User profile.

これを行うには、Enterprise ACL システム設定 (管理プロファイルEnterprise ACL セットアップ) に移動し、ユーザプロフィール のドロップダウンリストから権限を割り当てるプロファイルを選択する必要があります。

Select Reporting in Section and then add in Section 2 the permissions that you consider necessary:

セクション(Section)レポート(Reporting) を選択し、セクション 2(Section 2) に必要と思われる権限を追加します。

  • New custom reports: Allows you to create reports for the selected user profile.
  • Edit custom reports: Allows you to edit reports for the selected user profile.
  • Remove custom reports: Allows you to delete reports for the selected user profile.
  • 新規カスタムレポート(New custom reports): 選択したユーザプロファイルのレポートを作成できます。
  • カスタムレポート編集(Edit custom reports): 選択したユーザプロファイルのレポートを編集できます。
  • カスタムレポート削除(Remove custom reports): 選択したユーザプロファイルのレポートを削除できます。

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

  • ja/documentation/pandorafms/management_and_operation/08_data_presentation_reports.txt
  • 最終更新: 2024/02/05 15:58
  • by junichi