個人用ツール

Pandora:Documentation ja:HWg-STE Sensor

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

HWg-STE 温度センサー設定

概要

In this configuration quick guide we're going to learn, step by step, how to use Pandora to monitor a HWg-STE Temperature Sensor.

この設定クイックガイドでは、Pandora で HWg-STE 温度センサーをモニタする方法をステップごとに説明します。

We will assign alerts via eMail and generate a basic report as well.

eMail アラートを割り当てて、基本的なレポートを作成します。

インストールと設定

Step #1. Pandora のインストール

Take a look at the installation manual or begin from a preinstalled Pandora with a virtual image (links).

インストールマニュアルを見るか、Pandora インストール済みの仮想イメージから開始します。

Step #2. センサーの設定

Let's get started with the HWg-STE sensor:

HWg-STE センサーの設定を始めましょう。


ファイル:Hwg-ste-sensor.png


Manufacturer documentation: http://www.hw-group.com/products/HWg-STE/STE_ip_temperature_sensor_en.html

ベンダーのドキュメント: http://www.hw-group.com/products/HWg-STE/STE_ip_temperature_sensor_en.html

Sensor manual: http://www.hw-group.com/download/HWg-STE_MAN_en.pdf

センサーのマニュアル: http://www.hw-group.com/download/HWg-STE_MAN_en.pdf

It is really important to take care while configuring the IP address to access the temperature sensor and make sure it is connected. We also need to know its OID. For this purpose, we must access and configure the device via web:

温度センサーにアクセスするための IP アドレスを設定しネットワークに接続します。OID を確認しておく必要もあります。そのためには、ウェブからデバイスにアクセスして設定する必要があります。


ファイル:TablaHWg.png


In the screen "System → TXT List of common SNMP OID's" we can check the OID of our sensor:

画面の "System → TXT List of common SNMP OID's" から、センサーの OID を確認できます。


650


Since we only have one sensor, the OID will be:

一つのセンサーのみであれば、OID は次のようになります。

     .1.3.6.1.4.1.21796.4.1.3.1.5.1

It is important to note that the device returns the temperature in degrees and without decimal comma in the output. If we want to show the real value, we will have to divide this value by 10. This post-process can be done in Pandora.

デバイスは温度を小数点なしの値で返すということに注意してください。実際の値を表示したい場合は、その値を 10 で割ります。これは Pandora の保存倍率の設定で行えます。

And the IP address:

また、IP アドレス設定は次の通りです。


600px


Step #3. Pandora でのセンサーの設定

Let's go to the agent configuration screen. There we are going to create a new agent and fill all the relevant information. This agent must have the same IP address we've just configured in the sensor.:

エージェント設定画面に行きましょう。新たなエージェントを作成し関連する情報を入力します。このエージェントには、センサーに設定した IP アドレスと同じアドレスを設定する必要があります。


600px


I have associated it to the Servers group, but it is possible to change it later if I decide to create a Sensors group.

ここでは、サーバグループに所属させました。センサーグループを作成する場合は、あとで変更できます。

Let's define a SNMP module. Go to the module screen:

SNMP モジュールを設定します。モジュールの画面へ行きます。


ファイル:Pandorasensor2.png


Create a module which type is "SNMP Numeric Data Module".

"SNMP Numeric Data Module" タイプのモジュールを作成します。


650px


The SNMP OID field must be filled with the one obtained previously. SNMP community is "public" by default.

前もって取得した情報を SNMP OID フィールドに入力する必要があります。SNMP のコミュニティは、デフォルトで "public" です。


650px


I need to open the advanced section, to specify a post-process which can divide the result by 10.

結果を 10で割るように保存倍率を設定するために、拡張を開く必要があります。


ファイル:Pandorasensor5.png



Time to click on the "Create" button:

"作成(Create)" ボタンをクリックします。

Right after creating the module, we should see something like this:

正しくモジュールを作成できたら、次のような画面が表示されます。


ファイル:Pandorasensor6.png


If we click in the bulb button... (modules)

電球のボタンをクリックすると(モジュール)、


ファイル:Pandorasensor7.png


The previous look the new module had should have changed, and appear without the red triangle icon, by initialising it:

新たなモジュールが更新され、三角形のアイコンは表示されなくなります。


ファイル:Pandorasensor8.png



If we take a look to the agent view... (Magnifying glass)

エージェント表示にいくと(虫めがねアイコン)、


ファイル:Pandorasensor9.png



We will be able to see the data we've gathered from the sensor:

センサーから収集したデータを見ることができます。


ファイル:Pandorasensor10.png


Module is up and running. In a matter of hours we will have enough data to display a graphic like this:

モジュールが正常に稼動しています。数時間後、データが集まると次のようにグラフを見ることができます。


ファイル:Pandorasensor11.png


Step #4. アラートの設定

When temperature reaches a value over 38 degrees, we want an alert to be generated via email. The first thing we have to do is to configure the module, so it gets into critical status when its value gets over 38 degrees.

温度が 38度を超えた場合に、メールでアラート通知したいとします。最初に行うのはモジュールの設定です。値が 38度を超えたときに障害状態になるようにします。

Let's edit the module... (click on the key, inside the edition view or the agent data view)

モジュールを編集します... (編集画面またはエージェント表示画面で以下のアイコンをクリックします)


ファイル:Pandorasensor12.png


We need to modify the ranges so the module gets into critical status over 38ºC:

モジュールが 38ºC を超えたときに障害になるように範囲を設定する必要があります。


ファイル:Pandorasensor13.png


Now we will have to define an alert action to send an email to a specific email address. Let's go to the menu Administration -> Manage alerts -> Actions to create a new one.

次に、特定のメールアドレスにメールを送信するアラートアクションを定義します。新規に作成するには、システム設定(Administration) -> アラート管理(Manage alerts) -> アクション(Actions) へ行きます。

We are going to define an generic alert action to send an email, so we can use it with any moudule entering into a CRITICAL status:

アラートアクションをメール送信に設定します。障害状態になるどんなモジュールにも使えます。


600px


After creating the action, we only have to define an alert in the agent which contains the sensor module. To achieve this, we need to edit the agent by going to the alerts sections:

アクションを作成したら、センサーモジュールを持っているエージェントにアラートを設定するのみです。それには、アラートの画面へ行ってエージェントを編集する必要があります。


ファイル:Pandorasensor15.png


Create a new alert, starting from the default template alert "Critical condition":

新たにアラートを作成し、デフォルトのアラートテンプレート "Critical condition" を設定します。


600px


OK... the new alert is ready. We should see something like this:

これで新たなアラートは準備完了です。次のような画面が表示されます。


600px


Step #5. 基本レポートの作成

Finally, once we have completed the previous steps, it is time to create a report which will contain a basic temperature graphic, with the average and maximum values.

前述のステップが終わったら、最後に平均と最大値を含む基本的な温度グラフを含むレポートを作成します。

Let's go to the menu Administration → Reports → Create report:

システム管理(Administration) → レポート(Reports) → レポート作成(Create report) へ行きます。


500px


Click on the key button so we can add new elements to the report. Choose a "Simple graph" element type.

スパナボタンをクリックすると、レポートに新たな要素を追加できます。"単一グラフ(Simple graph)" を選択します。


500px


Following the same procedure, create other two elements with types "AVG (Average value)" and "MAX (Maximum value)" respectively.

同じ手順で、平均と最大の 2つの要素を作成します。

Once created, in order to view it, we need to click in the report view button (first to the left). Another choice is to go to the menu Operation -> Report and click on the report we've just created.

作成後、表示するにはレポート表示ボタンをクリックします。ほかに、操作(Operation) -> レポート(Report) へ行き、作成したレポートをクリックして表示することもできます。

The report should look like this (once it has enough data, after some hours/days).

レポートは次のように表示されます。(十分なデータは、数時間/数日かけてたまります)


550px