個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Data Presentation/Visual Maps

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

目次

ビジュアルコンソール

概要

Pandora FMS allows to build visual maps where each user defines their own way to visually represent the monitoring. The Visual Console editor allows the user, by dragging elements with the mouse, to visually design the final aspect, choosing the background and icons that represent the status of each relevant aspect you want to display. With Pandora comes a series of icons, but the user can easily customize their own. Different visual consoles can interact with each other, visualizing in a hierarchical way, the status of maps that are "below" in a top map, being able to abstract in this way, the monitoring and visualizing at high level, a whole series of elements.

Pandora FMS では、各ユーザが独自の方法で監視状況を視覚的に表現するビジュアルマップを構築できます。 ビジュアルコンソールエディタを使用すると、要素をマウスでドラッグして最終的な表示内容を調整したり、背景および、表示したい各関連情報の状態を表すアイコンを選択することができます。 Pandoraには一連のアイコンが付属していますが、ユーザ自身でも簡単にカスタマイズすることができます。それぞれのビジュアルコンソールは相互に連携し、階層的に上位のマップから下にたどるようにすることができ、高レベルでの監視と視覚化をすることができます。

These are real-life examples of visual consoles, as seen on a 40"screen:

以下に 40インチ画面で表示している実際のコンソールの例を示します。

800px

800px

800px

ビジュアルコンソールの作成とアクセス

To work with a visual map go to Topology Maps > Visual console. A list appears with all the maps created, to create a new one click on the "Create" button. On the list we can edit a map, delete it or "clone" an existing one to modify it.

ビジュアルマップの操作をするには、'トポロジマップ(Topology Maps)' および 'ビジュアルコンソール(Visual console)' へ行きます。すでに作成されているマップの一覧が表示されます。新たなマップを作成するには、"作成(Create)" をクリックします。一覧から、作成済のマップに対して編集、削除、複製もできます。

Maps whose name begin with the characters "_", "," , "[" o "(" will be displayed in the left menu in the Visual Console submenu. This allows you to create a kind of quick view from the menu, keep this in mind when naming your visual console.

ビジュアルコンソールアイテムは、最初の文字が "_", "," , "[" , "(" になっています。 これは、"ビジュアルコンソール"サブメニューの中の左側のメニューに表示されます。 これにより、メニューからクイックビューを作成することができます。ビジュアルコンソールに名前を付ける際には、このことを念頭に置いてください。

ファイル:Pre54 new.png

For large environments where we have multiple visual consoles, a filter option has been created by searching for free text, by group and with recursion of secondary groups and subgroups.

複数のビジュアルコンソールがある大規模環境では、フィルターオプションは任意のテキスト検索、グループ、セカンダリグループおよび子グループの再帰検索によって作成されます。

ビジュアルコンソールの作成

The editor's organization is composed of several tabs: The "Main data" tab, which contains the general data of the visual console, the visualization tab, several wizards, a full screen view access, a link to share the visual console with a third party through a URL, a list of elements contained in the visual console and of course, the visual editor with which we will work to build and edit the console:

エディタはいくつかのタブで構成されています:ビジュアルコンソールの一般的なデータ、視覚化タブ、いくつかのウィザード、全画面表示アクセス、URL を通してビジュアルコンソールを外部ツールと共有するためのリンク、ビジュアルコンソールの要素一覧、そして、コンソールを編集するためのビジュアルエディタです。

ファイル:Vc tabs o2017.jpg

作成 - 一般的なデータ

Here you can edit and create the basic data of the visual console. It'll be the only visible one to a new map until it's saved. The basic values it contains are: visual console name, ACL management group, and background image, which can be resized regardless of the size of the image. The background color is important because if the screen where the visual console is displayed is larger than the background image, it will fill in the rest with the background color selected here.

ここでは、ビジュアルコンソールの基本データを編集して作成することができます。 それが保存されるまで、新しいマップに唯一表示されるものになります。 基本的な値には、ビジュアルコンソール名、ACL管理グループ、背景画像などがあり、画像のサイズに関係なくサイズを変更できます。 ビジュアルコンソールが表示されている画面が背景画像より大きい場合は、ここで選択した背景色で残りの部分を塗りつぶすため、背景色は重要です。

The background images are located in the Pandora's console directory, inside the directory:

背景画像は、Pandora のコンソールディレクトリにあり、以下のディレクトリです。

./images/console/backgrounds/

You can upload your own images through the file manager that Pandora has integrated (Admin tools -> File manager).

Pandora に組み込まれているファイルマネージャを通して独自の画像をアップロードすることができます。(管理ツール -> ファイルマネージャ)

Visual Console Access Permissions

ビジュアルコンソールアクセス権限

The ACLs in the Visual Consoles imply that anyone who has reading permission to a visual console, because they have access to the group with the Visual Console (VR) flag, will see all the contents of the VC, even if there are elements of another group in it.

ビジュアルコンソールは、それの参照権限を持っているユーザであれば誰でも参照できます。ビジュアルコンソール(VR)フラグでグループへのアクセス権があれば、他のグループの要素が含まれていたとしてもビジュアルコンソールの全コンテンツを参照できます。

ファイル:Visual console edit1.jpg

作成 - ウィザード

The wizard allows you to add elements to the VC quickly and conveniently. You can create elements of various types, and we recommend that before creating many elements you use it with only a couple of them, so that you don't have any problems later when deleting the elements (although if you make a mistake it might be faster to delete the entire VC).

ウィザードでは、ビジュアルコンソールに素早く便利に要素を追加できます。さまざまな種類の要素を作成できますが、多くの要素を作成する前に少数の要素だけをで実施することをお勧めします。後で要素を削除するときに問題になりません(間違えた場合は、ビジュアルコンソール全体を削除する方が速いかもしれません)。

The most relevant element is the one that allows you to create one element per agent, or on the contrary, to create one element per module. In this way you can add dozens of elements that represent a complete agent, or an element of an agent, or show all the modules of different agents, creating many elements at once, which can be identified by the agent name, the module name or both. The interface is not complex to use and the easiest thing to do is to try with some elements and see how it works.

最も関連性の高い要素は、エージェントごとに 1つの要素を作成したり、モジュールごとに 1つの要素を作成することができるものです。 このようにして、エージェント全体、エージェントの一要素、異なるエージェントのすべてのモジュールの表示、エージェント名やモジュール名もしくはその両方を指定しての一度での多くの要素の作成など、多くの要素を追加することができます。インターフェイスの利用は複雑ではありません。いくつかの要素を試してみて、それがどのように動作するか見るのが簡単です。

作成 - サービスウィザード


Info.png

This feature is available in the Enterprise version of Pandora FMS.


Info.png

この機能は、Pandora FMS Enterpirse版のものです。


The services wizard tab contains a small form to create several service type elements at once with just a couple of clicks. The selected services will appear in the visual console automatically placed with the selected icon.

サービスウィザードは、若干のクリックで複数のサービスタイプ要素を作成する小さいフォームがあります。選択したサービスは、選択したアイコンでビジュアルコンソールに自動的に表示されます。


ファイル:Pandora new visual console, tab services wizard.png
Screenshot of the services wizard tab. サービスウィザード画面


作成 - 要素一覧

This tab provides a form in rows of the items contained in the visual console you are editing. It's a quick way to edit the various items, and it's a useful tool for users who need to tune into certain item values.

このタブでは、行ごとに編集中のビジュアルコンソールに含まれる要素のフォームを表示します。要素を簡単に編集することができます。要素のいくつかの値を調整する必要がある場合に便利なツールです。

The actions allowed in this form are: editing (but not changing the element type) and deleting elements (but not creating them). This action must be done in the Editor tab. Each row of this screen will be an element of the VC.

ここで出来る操作は、要素の編集 (ただし要素の種類は変更できません) および削除で、作成はできません。作成は編集タブで行ってください。この画面の各行はビジュアルコンソールの要素です。

Pandora new visual console, tab list elements.png
List of Elements example in a VC ビジュアルコンソールの要素一覧

ビジュアルコンソールの作成と編集

This section contains most of the functionality of the Visual Console editor, and this is where the elements that make up a VC can be added and modified (except for the background image, which we saw previously).

ここには、ビジュアルコンソールエディタの機能のほとんどが含まれています。ここでは、ビジュアルコンソールを構成する要素を追加および変更できます(これまで見た背景画像を除く)。

At the top left, there are the different elements that we can include in a VC (from left to right):

左上に、ビジュアルコンソールに含めることができる異なる要素があります。左から右へ、

Static image, progress, graph, histogram of events (AutoSLA), raw data, label, statusless icon, group, rectangle, line and service.

静的画像、パーセント表示、グラフ、イベントのヒストグラム(自動SLA)、生データ、ラベル、状態の無いアイコン、グループ、矩形、線、サービスです。

ファイル:Vc o2017 izq.jpg

At the top right, the actions you can perform with an existing element: duplicate, delete, edit or activate a grid where you can "force" the placement of all elements.

右上に、既存の要素に対してできるアクションがあります。複製、削除、編集、全要素を強制的に配置できるグリッドの有効化です。

ファイル:Vc o2017 drcha.jpg

Let's take a step by step look at the most relevant characteristics of the elements that can compose a VC.

ビジュアルコンソールを構成する要素で最も関連のある特徴を一つ一つ見てみましょう。

マップに含めることができる要素

静的画像

This item displays a static image that will be displayed in four possible colors:

この要素は、静的画像を以下の 4種類の色で表示します。

  • Gay, for UNKNOWN status
  • Green, for normal status (OK)
  • Red, for CRITICAL status
  • Yellow, for WARNING status
  • グレー: 不明状態
  • 緑: 正常状態
  • 赤: 障害状態
  • 黄色: 警告状態

Depending on the status of the module, agent or map, it will show one or another image. In a normal Pandora installation they should be in:

モジュール、エージェント、マップの状態に依存して、一つまたは他の画像を表示します。通常の Pandora のインストールでは以下に画像があります。

./images/console/icons

And these files use a special nomenclature for these images: <name_image>_<status>.png where the status can be:

これらのファイルは <name_image>_<status>.png という特別な命名で、次のようになります。



Static image, example.png
Example of images with name and status. 名前と状態の画像例



  • "": when the agent, module or visual console that it links has no status.
  • "Bad":when the agent has a failed module, the module is in failure or the visual console that links contains some element in 'bad'.
  • "Ok":when the agent, module or visual console that it links are correct.
  • "Warning": when the agent has some module in warning, the module is in warning or the visual console that it links contains some element in warning.
  • "" エージェントやモジュール、ビジュアルコンソールに状態が無い場合
  • "Bad" エージェントの一つ以上のモジュールが障害状態もしくは、ビジュアルコンソールがリンクしているエレメントが障害状態の場合
  • "Ok" エージェント、モジュール、もしくはビジュアルコンソールのリンクが正常の場合
  • "Warning" エージェントの一つ以上のモジュールが警告状態もしくは、ビジュアルコンソールがリンクしているエレメントが警告状態の場合

A tag can be associated to the static image, or it can be left blank, that tag can be formatted and certain macros can even be added to the text (see below).

タグを静的画像に関連付けることも、空白のままにすることもできます。タグを成形し、特定のマクロをテキストに追加することもできます(下記参照)。

The static image can be associated to a specific module, to a whole agent (so that if it has at least one bad module will go to red and will only go green if all its modules are in normal state). You can also choose whether to enable the last value, not to display it or just hide it for boolean modules (default option). The static image can also be associated with the general status of another visual console (see advanced options at the end of this chapter).

静的画像は、特定のモジュール、エージェント全体に関連付けることができます(少なくとも 1つのモジュールが障害状態になると赤色になり、すべてのモジュールが正常状態にある場合にのみ緑色になります)。 また、最新の値の表示を有効化するかどうかや、二値モジュールを非表示にすることもできます(デフォルトオプション)。静的画像は、別のビジュアルコンソールの一般的なステータスと関連付けることもできます(この章の最後にある拡張オプションを参照)。

アイコン

It is very similar to the static image, except that the selected icon will always appear in gray, as if it were in unknown. Often, icons that don't have status information are used, meaning they cannot be used as a static image, but as an icon. A simple image, such as a logo, for example.

選択したアイコンが常に不明状態を意味するグレーで表示されることを除き、静的画像にとても似ています。アイコンは状態を持ちません。静的画像として利用できないアイコンです。例えば、ロゴのような単純な画像です。

Icons linking other pages

アイコンの他のページへのリンク

By means of the tag field and in case a complete URL address is entered, the icon can be linked to a web page. For example, to link a visual map icon to the SNMP console viewer, an icon type element must be created that has the full URL of the viewer as a tag field:

タグフィールドに URL を入力した場合、アイコンは Web ページへのリンクになります。例えば、ビジュアルマップ上のアイコンを SNMP コンソールビューワにリンクすると、タグフィールドにビューワのリンクを持った要素として作成されます。

http://<pandora_home>/index.php?sec=snmpconsole&sec2=operation/snmpconsole/snmp_view

It can also be useful for linking to another visual console, for example, so that we can build "navigation icons" between our own visual consoles.

これは、他のビジュアルコンソールへリンクするのに便利です。例えば、独自のビジュアルコンソール間のナビゲーションアイコンを作成することができます。

パーセント表示

Progress type items allow us to see the status of a module in a very graphic and descriptive way. They can be progress bar, ball, donut or full doughnut type graphics.

パーセント表示では、モジュールの状態をさまざななグラフおよび表現で見ることができます。進捗バー、円、ドーナツなどのグラフです。

ファイル:Pandora new visual console, Percentile bar.png
Example of an element of type Percentage bar, in this example the result of a module that monitors the CPU is shown. パーセント表示バーの要素例。この例は、CPU を監視するモジュールの結果です。


Options of the percentile

パーセント表示のオプション

The percentage bar has far fewer controls than the rest of the elements, but it has two controls that we will explain:

パーセント表示は他のエレメントより設定項目が少く、2種類の制御を以下に説明します。

  • Width: which will be the width in pixels of the selected element (stick, ball, doughnut/circular).
  • Max value: is the maximum value that the module can have to represent. So it is interesting that you examine the module to be monitored well to see what is the maximum value, for example, in the case of the screenshot is the CPU module that goes from 0 to 100.
  • Type: The type will allow you to define how to represent the element graphically (bar, ball, doughnut, etc.).
  • 幅(Width): 選択した要素の幅をピクセル数で指定します。(棒、ボール、ドーナツ、円)
  • 最大値(Max value): モジュールがとりうる値の最大値です。これにより、最大値内に制限してモジュールを表示することができます。例えば、画面ショット例では、CPU モジュールで 0 から 100 までの範囲の値を表示します。
  • タイプ(type): 要素をどのように表現するかを設定できます。(棒、ボール、ドーナツなど)
モジュールグラフ

Displays a graph in real time. It can be a graph of an ordinary data module, a combined graph or one of the graphs that obtain its value in tabular form, which can be of various types.

グラフをリアルタイムで表示します。これは、通常のデータモジュール、組み合わせグラフ、または、さまざまな種類の表形式でその値を表示するグラフです。

Options of a module graph

モジュールグラフのオプション

In the graph it is necessary to define the width and height, so it is no longer hidden in the advanced options to be displayed.

グラフでは、幅と高さを定義する必要があります。

  • Interval: the range of data that will display the graph from the current moment backwards, e. g. 1 day.
  • Size: width and height of the image that the graphic will occupy on screen and the figures of the axes.
  • Background color: White, black or transparent. This allows us to better fit it visually to our VC.
  • Type: allows us to choose the type: module graph, combined graph or tabular graph.
  • Agente/Modulo: if you have chosen a graph associated with a data series.
  • 間隔(Interval): 現時点から遡ってグラフ表示する範囲。例: 1日
  • 大きさ(Size): グラフの画面上の画像の幅と高さ、および軸の図。
  • 背景色(Background color): 白、黒、透明。ビジュアルコンソールの表示に合わせて選択します。
  • タイプ(Type): モジュールグラフ、組み合わせグラフ、表形式を選択できます。
  • エージェント/モジュール: データのグラフを選択した場合。

Graphs are not "previewed" in edit mode, so a white box is displayed instead.

編集モードではグラフのプレビューはできません。白い領域が表示されます。

ファイル:VC edit o2017.jpg
Example of editing view of a VC with several items 複数アイテムでのビジュアルコンソールの編集例

ファイル:VC edit o2017-2.jpg
Example of user view for that same VC 同じビジュアルコンソールでのユーザ表示例

円グラフ、棒グラフおよび連続グラフ

These two elements of the visual console allow complex pie graphs or vertical/horizontal bars to be incorporated into a visual console. Unlike a combined graph of the "pie" or "bars"type, these serialized graphs incorporate data from a single module, with a special format. We can only incorporate data from a "Text" module that contains series of data in the following format:

ビジュアルコンソールのこれら 2つの要素により、複雑な円グラフまたは垂直/水平の棒グラフをビジュアルコンソールに組み込むことができます。 組み合わせグラフの「円」または「棒」タイプとは異なり、これらの連続グラフは、特別なフォーマットの単一モジュールからのデータを取り込みます。次の形式のデータを含む "テキスト" モジュールからデータを取り込むことができます。

tag,value
tag2,value2
tag3,value3
tag4,value4
..

Up to a maximum of six elements. To create a module with this data it is recommended to do it with an agent plugin. This would be an example of a Linux local plugin that generates an XML for such a module. In this case we are using the REST API of Integria IMS to obtain data of the open incidents, separated by status:

最大 6つの要素までです。 このデータを含むモジュールを作成するには、エージェントプラグインを使用することをお勧めします。 以下は、そのようなモジュールの XML を生成する Linux ローカルプラグインの例です。 このケースでは、Integria IMS の REST API を使用して、オープンインシデントのデータをステータス別に取得しています。

#!/bin/bash

#NEW
echo New,`curl -s "https://support.mycompany.comintegria/include/api.php?user=external_api&user_pass=mysecret&pass=mysecret2&op=get_stats&params=opened,,1"` > /tmp/soporte2.tmp

#UNCONFIRMED
echo Unconfirmed,`curl -s "https://support.mycompany.comintegria/include/api.php?user=external_api&user_pass=mysecret&pass=mysecret2&op=get_stats&params=opened,,2"` >> /tmp/soporte2.tmp

#ASSIGNED
echo Assigned,`curl -s "https://support.mycompany.comintegria/include/api.php?user=external_api&user_pass=mysecret&pass=mysecret2&op=get_stats&params=opened,,3"` >> /tmp/soporte2.tmp

#REOPENED
echo ReOpened,`curl -s "https://support.mycompany.comintegria/include/api.php?user=external_api&user_pass=mysecret&pass=mysecret2&op=get_stats&params=opened,,4"` >> /tmp/soporte2.tmp

#MOVED TO DEVELOPMENT
echo Developing,`curl -s "https://support.mycompany.comintegria/include/api.php?user=external_api&user_pass=mysecret&pass=mysecret2&op=get_stats&params=opened,,5"` >> /tmp/soporte2.tmp

#PENDING:
echo Pending,`curl -s "https://support.mycompany.comintegria/include/api.php?user=external_api&user_pass=mysecret&pass=mysecret2&op=get_stats&params=opened,,6"` >> /tmp/soporte2.tmp

echo "<module>"
echo "<name>Support_Status</name>"
echo "<type>generic_data_string</type>"
echo "<data><![CDATA[`cat /tmp/soporte2.tmp| tr -d ' '`]]></data>"
echo "</module>"

This will generate an XML similar to his one:

これは、次のような XML を生成します。

<module>
<name>Soporte_Estados</name>
<type>generic_data_string</type>
<data><![CDATA[New,0
Unconfirmed,0
Assigned,43
Reopened,6
Developing,5
Pending,197]]></data>
</module>

Which will show a graph like this one when interpreted (in the case of a pie graph type):

これは、次のようなグラフを表示します(円グラフタイプの場合):

ファイル:Tarta serie.jpg
Editor view

ファイル:Pie serie graph vc.jpg
Visual console view

単一値

This element allows the visual console to show the value of a module in real time. You only need to define a label (optional), and choose the agent and the module. To replace the value you must use the macro (_VALUE_). Several examples can be seen in the previous section.

この要素は、ビジュアルコンソールにリアルタイムでモジュールの値を表示します。ラベルの定義(オプション)および、エージェントとモジュールの選択のみが必要です。値を置き換えるためには、マクロ(_VALUE_)を利用する必要があります。これまでの章でいくつかの例が見られます。

Image-type data.

画像タイプデータ

If the module is a string type data, and contains a binary data encoded in Base64, it will display the image. It must start with "data:image".

モジュールが文字列タイプでかつ、Base64 でエンコードされたバイナリデータが含まれる場合は、画像を表示します。その場合、"data:image" でデータが始まります。

ファイル:Data image vconsole.png
Screenshot showing editor creating a single-value item with base64 content. base64 のデータに対して単一値要素を作成する編集画面

ファイル:Data image vconsole 2.png
Screenshot of an error collected as single value in base64, displayed as an image. base64 での単一値でエラーがある場合

イベントヒストグラム / 自動SLA

Displays a horizontal bar, similar to the main agent view, where events that have occurred in the last 24hrs are shown for an agent or an agent/module combination.

メインのエージェント表示のように、24時間以内に発生したイベントをエージェントまたはエージェント/モジュールの組み合わせで横の棒グラフで表示します。

ファイル:Autosla o2017.jpg
Display example of an autosla with several elements 複数の要素での自動SLAの表示例

サービス

It allows to represent (and provide a link to) the current status of a service. It also indicates the % of SLA compliance in real time.

サービスの最新の状態を表示(リンクを含む)することができます。また、リアルタイムで SLA 達成率を % 表示します。

テキストタグ

This type of item can be used to create a text label without associated content. Contains text and HTML code (which can create an internal link or other advanced options).

この要素タイプは、何らかの関連付けが存在しないテキストラベルの作成に用います。テキストおよび HTML コード(内部リンクやその他オプションを作成することができます)を含めることができます。

グループ

It is a static image that represents the status of a group.

グループの状態を表現する静的画像です。

ファイル:Group palete.png

Editing of a group-type item グループ要素の編集

箱と線

If you can't "customize" a background image, this is a simple but effective way to "customize" the look of your console, adding boxes of different colors and shapes to order and enhance the look of your visual console.

背景画像をカスタマイズすることができない場合に、コンソールの外観をカスタマイズしたり、さまざまな色や形のボックスを追加して、ビジュアルコンソールの外観を整えたり強化したりできる、シンプルで効果的な方法です。

時計

This item allows you to add to your visual console a dynamic clock, both analog and digital of any time zone, showing and updating the exact time at all times without having to reload the page.

この要素では、任意のタイムゾーンでアナログおよびデジタルの両方の表示形式の時計をビジュアルコンソールに追加できます。ページを再読み込みすることなく現在時刻を表示します。

ファイル:Reloj1.png

ファイル:Reloj2.png

ヒートマップ / カラークラウド

This element allows the representation of colored blurred clouds that depend on the value of the assigned module, this type of visualization is commonly called "heat map".

この要素は割り当てられたモジュールの値に依存した、ぼやけた色の雲の表現をします。このタイプの表現は一般的に "ヒートマップ" と呼ばれます。

ファイル:Color-cloud-settings.png
Edit view of the element.


The configuration allows you to create ranges of values (for now only numerical). When the value of the selected module is between the values (including limits) of a range, the chosen color of that range will be used for the element. If no range is met, the default color will be used.

設定で、値の範囲(数値のみ)を作成できます。選択したモジュールの値が範囲に入ると、その範囲の選択した色が要素に使用されます。範囲に入らない場合は、デフォルトの色が使用されます。

ファイル:Color-cloud-example.png
Example of a visual console with several elements of the color cloud type.


各要素の拡張オプション
位置(Position)

By default the position is 0x0, where the first digit is the X axis and the second digit is the Y axis. These values are in pixels, and note that the axis is defined in such a way that on the Y axis it is inverted, where the upper part is 0 and grows downwards. The X axis is defined in the classical form, i. e. it starts at the left edge and grows to the right. This position is automatically changed by clicking and dragging an item.

デフォルトの位置は 0x0 で、最初の桁は X軸、2番目の桁は Y軸です。これらの値はピクセルで表され、Y軸は上が 0 で、下に向かって値が大きくなることに注意してください。X軸は一般的な定義で、左端から右に向かって値が大きくなります。位置は、クリックしてドラッグすると自動的に変更されます。

親(Parent)

The relationship between visual console elements is represented with lines between them. The color of the line depends on the state of the parent element.

ビジュアルコンソールの要素間の関係性を線で表現します。線の色は、親の要素の状態に依存します。

関連付けマップ(Associated Map)

Several elements can be used to "summarize" the status of another visual console. In this way, the status of the icon (Green, Yellow or Red) is shown using the status of the linked console. It is also possible to activate a link from the element to the visual console.

いくつかの要素は、他のビジュアルコンソールの状態をまとめるために利用できます。これにより、リンクしたコンソールの状態によってアイコンの状態表示(緑、黄、赤)がされます。要素からビジュアルコンソールへのリンクを有効化することもできます。

Ways to calculate the status of the linked visual console

リンクしたビジュアルコンソールの状態計算方法

  • By Default
  • デフォルト
It calculates the status based on the status of all elements, as an agent would do.
エージェントのように、要素の状態に基づいて計算します。
  • By weight
  • ウエイト
It calculates the status of the elements that have a visual console, a module or an agent assigned in relation to a percentage of elements configured by the user. This percentage is the one that has to exceed the number of elements of a non-normal status with respect to the number of elements taken into account in the calculation for that status to change.
ユーザが設定した要素の関係の割合に基づいて、ビジュアルコンソール、モジュール、またはエージェントを持つ要素の状態を計算します。この割合は、非正常状態の要素数がどれくらいの数に達したら状態変化させるかという値です。
For example, given an element with a percentage of 50% and a visual console linked with 5 elements:
例えば、50% に設定した要素で、5要素がビジュアルコンソールにリンクされていたとします。
- 1 critical, 1 warning and 3 normal -> Status normal.
- 2 critical, 2 warning and 1 normal -> Status normal.
- 1 critical, 3 warning and 1 normal -> Status warning.
- 3 critical, 1 warning and 1 normal -> Status critical.
- 1 critical, 1 warning and 3 unknown -> Status unknown.
- 1つ 障害, 1つ 警告 3つ 正常 -> 状態は 正常
- 2つ 障害, 2つ 警告 1つ 正常 -> 状態は 正常
- 1つ 障害, 3つ 警告 1つ 正常 -> 状態は 警告
- 3つ 障害, 1つ 警告 1つ 正常 -> 状態は 障害
- 1つ 障害, 1つ 警告 3つ 不明 -> 状態は 不明
If several statuses exceed the weight, the priority is the same as in the rest of the status calculation (critical > warning > unknown). If there are no elements to perform the calculation, the status becomes unknown.
複数の状態がウエイトを超過した場合、優先順位は 障害 -> 警告 -> 不明 です。計算対象の要素が無い場合、状態は 不明 となります。
  • By critical elements
  • 障害要素
It calculates the status using the elements in critical status and the percentages of the thresholds defined by the user. If the number of elements in critical status with respect to the number of elements taken into account in the calculation exceeds the percentage assigned as warning, the status becomes warning. The same applies to the percentage assigned as critical, which also has preference.
障害 状態の要素および、ユーザが定義した閾値の割合を使って状態を計算します。計算で考慮される要素の数に対する 障害 状態の要素の数が 警告 として定義した割合を超える場合、状態は 警告 になります。障害 として定義した割合にも同じ処理が適用されます。これには優先度もあります。

Consolavisual_nodo1.png

From the Pandora FMS 727 version we can make massive changes in this section. To do it, we must go to Extensions -> Visual Console Manager. Here we must choose the visual map, the elements of the map and the type of status calculation that we want to change.

Pandora FMS バージョン 727 からは、一括での変更ができます。それには、拡張(Extensions) -> ビジュアルコンソール管理(Visual Console Manager) へ行きます。ここで、ビジュアルマップ、マップの要素、変更したい状態計算のタイプを選択します。

Consolavisual_nodo2.png

グループへのアクセス制限

Selecting one will restrict the display of this item in the Visual Console for those users who don't have reading permissions over the group in question.

選択すると、該当グループに対して参照アクセス権を持たないユーザに対しては、ビジュアルコンソールでこの要素の表示が制限されます。

It will also be taken into account when calculating the status weight in a linked console: it will only be calculated on the elements that the user can see.

これはまた、リンクされたコンソールで状態のウエイトを計算するときにも考慮されます。ユーザが見ることができる要素に対してのみ計算されます。

ビジュアルコンソールの共有

It is possible to share a visual map with anyone, even if you don't have a username/password to enter Pandora. You can share the visual console with any user, simply by providing access via a public URL. To do this, from the console view, access the "share" tab (the camera icon at the top right), as shown in this screenshot:

Pandora FMS にログインアカウントが無くても社内ネットワーク内の誰でもビジュアルコンソールを共有することができます。ビジュアルコンソールは公開 URL へのアクセスで共有することができます。それには、コンソール画面で "共有(share)" タブ(右上のカメラアイコン)にアクセスします。



400px



This is a static URL and looks like this:

この特別な URL は次のようなものです。

http://192.168.50.2/operation/visual_console/public_console.php?hash=86d1d0e9b6f41c2e3e04c5a6ad37136b&id_layout=3&id_user=admin2

Share that URL with anyone, and you'll be able to access the information displayed in the Visual Console. The user will not be able to access from there any of the links or information of any agent, only the information published in the visual console. This is an excellent way share data with anonymous users

この URL を共有すれば、ビジュアルコンソールに表示される情報にアクセスできます。 ユーザは、そこから任意のエージェントのリンクまたは情報にアクセスすることはできず、ビジュアルコンソールに公開された情報のみにアクセスすることができます。 これは任意のユーザにデータを共有する良い方法です。

ビジュアルマップのマクロ

Since version 7/712 it is possible to use keywords or "macros" that act dynamically, so when entering a macro in the text box when editing an element of the visual console, this macro will be substituted in the viewing mode by the data that you obtain from the feature of that macro.

バージョン 7.0 (712) から、動的に値を指定できるマクロが利用できます。ビジュアルコンソールの要素の編集でテキストボックスにマクロを書くと、表示する時にマクロに応じた値に置き換わります。


List of visual map macros:

_date_ : It shows the date using the local PHP format.
_time_ : It shows the time using the local PHP format.
_agent_ : It shows the agent selected alias
_module_ : It shows the module selected name.
_agentdescription_ : It shows the date using the local PHP format.
_address_ : It shows the agent selected ip address
_moduledescription_ : It shows the module selected description.

ビジュアルマップのマクロ一覧:

_date_ : PHP のフォーマットで日付を表示します。
_time_ : PHP のフォーマットで時間を表示します。
_agent_ : エージェントの別名を表示します。
_module_ : モジュールの名前を表示します。
_agentdescription_ : エージェントの説明を表示します。
_address_ : IPアドレスを表示します。
_moduledescription_ : モジュールの説明を表示します。


ファイル:Macro mapa visual.png


全画面表示

One of the most important features of visual consoles is to allow automatic refresh and full-screen display. This has its most obvious application in large information panels. There is a control that allows you to define how often you want the screen to refresh. If you activate the "full screen" mode of a visual console, you will see the refresh time at the top on the right.

ビジュアルコンソールの最も重要な機能の 1つとして、自動リフレッシュとフルスクリーン表示があります。これは、大きな情報パネルに表示するアプリケーションです。 画面をリフレッシュする頻度を定義できる制御があります。ビジュアルコンソールの「フルスクリーン」モードを有効にすると、右上にリフレッシュ時間が表示されます。

ファイル:Vc fullscreen control.jpg

There is a similar functionality in dashboards, but they also allow you to rotate these screens, be it visual consoles or other types of dashboards. You'll see it in the chapter about dashboards.

ダッシュボードにも同様の機能がありますが、ビジュアルコンソールや他の種類のダッシュボードなど、これらの画面をローテートすることもできます。 ダッシュボードについては、該当の章を参照してください。

ビジュアルコンソールのリンク例

A chip manufacturer sells computers via its website all around the world. The company consists of three big departments: Management, an on-line shop and support.

Chip Company は、ウェブサイトを通してコンピュータを世界中に販売しています。オンラインショップ、サポート、および管理の 3つの大きな部門があります。

Chip-departments.png

As you can see, there are three services which are offered to customers: An on-line shop, support and (indirectly) management. All services are crucial for the business, because if one fails, the others can be affected and the company could lose a lot of money - even customers. And in the end, as you know, happy customers bring more customers to your company.

ご覧の通り、オンラインショップ、サポート、直接ではありませんが管理の 3つのサービスが顧客に提供されています。すべてのサービスは、どれか一つが機能しなくなると他に影響が出て会社としての機会損失を発生させるため、ビジネスに重要です。最終的には、満足した顧客は、他の顧客を連れてきます。

To monitor the service of a chip-manufacturing company, we're required to understand all its services in detail.

Chip Company のサービスをモニタするには、それぞれのサービスの詳細をより知る必要があります。

The on-line shop department is responsible for ensuring the shop's website is online, that all product prices are appropriate for the intended market, creating the product categories, and, over all, to ensure that all information about products, delivery and payment methods are properly displayed on the website to render the shopping an easy task for the customers. In this example, we intend to monitor the following parameters from their service:

オンラインショップ部門は、ショップのウェブサイトが稼働し、買い物がしやすいように、すべての製品の価格が正しい状態であること、製品の分類をし製品の情報を提供すること、配送および支払い方法を正しく示すことに責任があります。このサービスでは、次のようなパラメータをモニタリングしたいと考えます。

Operation-detail.png

The support department has to solve all customer's problems by the computers they've purchased. Some tasks of this department are: Helping customers to configure their computers, manage the replacement of computer parts and manage the return of delivered products. This department in conjunction with the online shop are client side services. It's important for them to be perceived as a high-quality company. We intend to monitor the following parameters from their support service:

サポート部門は、顧客が買ったコンピュータに関する全ての問題解決を行います。この部門の業務は、顧客のコンピュータ設定に対するヘルプ、返品されたコンピュータの交換などです。この部門は、オンラインショップと連携し、顧客サイドのサービスを行っています。そのため、高品質な会社であると認識してもらうためにとても重要です。サポートサービスでは、次のようなパラメータをモニタリングしたいと考えます。

Support-service-detail.png

The third department is the management which consists of marketing, the production of commercials, HHRR (Human Health Risk Resources) and other departments which are focused on internal management. Their first and foremost job is to ensure all processes within the company are conducted appropriately. The services of this department are crucial, because it's considered the coordinator of all other departments. The most interesting parameters regarding management services (which we intend to monitor in this example) are the following:

3番目の部門は、マーケティング、広報など、その他内部管理を目的とした管理部門です。彼らの主な業務は、組織におけるすべてのプロセスが正しいかを見ることです。この部門のサービスは、すべての部門のとりまとめであるため、とても重要です。管理サービスのためのパラメータは次の通りです。

Management-detail.png

To monitor the services, we're generating some maps with the Pandora FMS Visual Console and the pictures we possess about the of the chip-manufacturing company's services hierarchy. These maps are calculated in real time, because you have to be able to evaluate the status of your services at any time. The first thing we have to do is to generate a map of each service.

サービスをモニタするために、Pandora FMS ビジュアルコンソールで Chip Company のサービス構造を説明した画像を使ってマップを作成します。これらのマップは、リアルタイムで更新されるため、常にサービスの状態を知ることができます。最初に作成するマップは、それぞれのサービスのマップです。

The picture below shows a map of the on-line shop service along with each parameter's status. As you can see, the parameter called 'Content Updated' bears a red dot. It means there is a problem with it. The other shown parameters are appropriate because they bear green dots. Clicking on the green arrow leads to a map which presents a more generalized view of the services, as you're going to see in the following steps.

次の画像は、それぞれのパラメータのステータスを含むオンラインショップサービスのマップを示しています。ご覧の通り、Content Updated というパラメータが赤くなっています。これは、そこに問題があることを意味しています。他のパラメータは、緑表示になっているため問題が無いといえます。緑の矢印をクリックすると、全体のビューに行くことができます。次のステップで示します。

Screen-onlineshop-detail.png

If you want to display detailed information about the problem, click on the red dot and you'll see a detailed view with which you're able to learn more about the problem. This detailed (and pretty technical) view displays the data which was gathered by Pandora FMS from a lot of sources like CRM, ERP, SAP servers, databases (e.g. MySQL, Oracle, etc), even from devices like PCs, servers and routers.

どんな問題が発生しているかを知りたい場合は、赤いアイコンをクリックします。すると、問題に関してより詳細を知ることができる、技術的な表示を見ることができます。この表示では、Pandora FMS が CRM、ERP、SAP サーバ、データベース (MySQL、Oracle など)、その他サーバやルータ、PC といったデバイスなど多くのソースから収集したデータが示されています。

Agent-detail.png

We've also generated another map for the support service which is shown on the picture below. As you can see, all important parameters of the support service are appropriate, because all of them bear green dots.

また、以下に示すようなサポートサービスのマップも作成します。ご覧の通り、サポートサービスの重要なパラメータが表示され、すべてが緑で問題無いことを示しています。

Screen-support-detail.png

To finish with the services map, we've also generated a map for management services, as you can see on the picture below. This display also shows all important parameters along with colored dots. In this case, all the dots are green - which means the parameters of the monitored services are all within areas which are considered to be normal.

サービスマップを完成させるために、下の図に示すように、管理サービス用のマップも生成しています。この表示には、色付きで重要な点がすべて表示されます。 ここでは、すべての点が緑色です。つまり、監視しているサービスのパラメータがすべて正常であることを意味します。

Screen-management-detail.png

As you can see on the picture below, we've also generated a map with a more generalized view on which all the services are displayed. On this map, you're able to see the chip-manufacturing company's entire service hierarchy and the states of all monitored services. If you click on any dot, you're going to see a detailed map of each service. With these maps, we've created a complete topological map of all the chip-manufacturing company's services. Each service's status is the same as the one shown on the detailed map for each service. As you can see, the values for the management and support services are normal, but the online shop service seems to have some kind of problem. As you can see, the status of the service climbs up in the hierarchy until it reaches the top for the purpose of informing the user of important incidences.

下の図に示すように、すべてのサービスを見ることができる、より一般化されたマップも生成されています。 このマップでは、チップ製造会社の全サービス階層とすべての監視対象サービスの状態を確認できます。 ドットをクリックすると、各サービスの詳細なマップが表示されます。 これらのマップを使用して、すべてのチップ製造会社のサービスの完全なトポロジーマップを作成しています。 各サービスのステータスは、各サービスの詳細マップに表示されているステータスと同じです。 見てわかるとおり、管理サービスとサポートサービスの値は正常ですがオンラインショップサービスには何らかの問題があるようです。 サービスの状態は、ユーザに重要な事態を知らせる目的で、一番上に達するまで階層構造で表します。

Screen-chip-overview.png

お気に入りビジュアルコンソール

The options of favorite visual consoles allow you to have shortcuts from the menu bar or to access to a list of visual consoles marked as favorites.

お気に入りビジュアルコンソールのオプションは、メニューバーから、お気に入りにチェックされたビジュアルコンソールにアクセスできるショートカットです。

To mark a visual console as a favorite, we must mark the favorite visual console checkbox when creating or editing it in its main editing section:

ビジュアルコンソールをお気に入りに設定するには、メインの編集画面で作成または編集するときに、お気に入りビジュアルコンソールのチェックボックスをチェックします。

To modify the options of favorite visual consoles we have to access to the Setup section -> Visual Styles from the sidebar menu.

お気に入りビジュアルコンソールのオプションを修正するには、サイドメニューから、設定 -> ビジュアルスタイル(Visual Styles) へ行きます。

  • Type of view of the visual consoles:The section of visual consoles by default will be the complete list of visual consoles or only the favorite ones
  • Number of visual consoles to be displayed in the menu: Number of visual consoles to be displayed in the sidebar menu.
  • ビジュアルコンソールの表示タイプ: デフォルトのビジュアルコンソールの選択を、ビジュアルコンソールの一覧かお気に入りのみにするかの選択です。
  • メニューに表示するビジュアルコンソール数: サイドバーメニューに表示するビジュアルコンソールの数です。

In case of entering a number in the number field of favorite visual consoles, then these will be displayed in such a way:

数を指定するフィールドにお気に入りビジュアルコンソール数を入力した場合は、以下のように表示されます。

Section of all visual consoles:

全ビジュアルコンソール表示:

Single section of the favorite visual consoles:

お気に入りビジュアルコンソール表示:

ビジュアルコンソールテンプレート

In this section you can see the templates of created visual consoles, as well as create new templates.

ここでは、作成したビジュアルコンソールのテンプレートを見るだけでなく、新たなテンプレートを作成することができます。

To be able to create a new template, all you have to do is choose a created visual console, a representative name and the group and a new template will be created.

新しいテンプレートを作成は、作成したビジュアルコンソール、名前、およびグループを選択するだけです。

ビジュアルコンソールウィザード

The visual console templates wizard is used to use one of the previously created templates to apply to a new visual console. You must choose the agents to which you want to apply the selected template. As many visual consoles will be created as agents have been chosen.

ビジュアルコンソールテンプレートウィザードを使用して、以前に作成したテンプレートの 1つを新しいビジュアルコンソールに適用します。 選択したテンプレートに適用したいエージェントを選択する必要があります。 エージェントが選択されると、ビジュアルコンソールが作成されます。

Info.png

After creating the template, if you want to make any changes, you must make them on the chosen visual console and re-create the template.


Info.png

テンプレート作成後に変更したい場合は、選択したビジュアルコンソール上でテンプレートを再作成する必要があります。


Once you have applied our template, you will create the visual consoles which will appear in your list.

テンプレートを適用すると、一覧に表示されるビジュアルコンソールが作成されます。

If the template is created through a favorite visual console, all visual consoles created from this template will also be favorites:

お気に入りのビジュアルコンソールからテンプレートを作成した場合、このテンプレートから作成されたすべてのビジュアルコンソールもお気に入りになります。

In order to make the use of templates more dynamic, we can add macros to the labels of the elements of the visual consoles: _agent_ and _agentalias_ replacing them with the name and alias of the agent.

テンプレートをより動的に使用できるようにするために、ビジュアルコンソールの要素のラベルに _agent_ と _agentalias_ という名前のマクロを追加して、エージェントの名前と別名に置き換えることができます。

(OBSOLETE)

ビジュアルマップの作成

In order to create a visual map, please click on 'Topology Maps' and 'Visual Console'. It's going to display a list, containing all the maps created so far. In order to create a new map, please click on the 'Create' button.

ビジュアルマップを作成するには、'トポロジマップ(Topology Maps)' および 'ビジュアルコンソール(Visual console)' をクリックします。すでに作成されているマップの一覧が表示されます。新たなマップを作成するには、"作成(Create)" をクリックします。

Pre54.png

There is a window where you should write the name of the map.Choose the group and select the map that you are going to use. Once you have filled all the fields, click on create.

マップの名前を入力するウインドウがあります。グループを選択し、利用するマップの背景を選択します。すべてのフィールドを入力したら、作成(create) をクリックします。

Pre55.png

ビジュアルマップの参照

To see the Visual Maps that have been created go to Reporting>Visual Console. There is a list with all the created Maps.

作成したビジュアルマップを参照するには、レポート(Reporting) -> ビジュアルコンソール(Visual Console) へ行きます。作成済のマップ一覧が表示されます。

The visual console items have the characters "_", "," , "[" , "(" for the first letter, it is show in the left menu into "Visual Console" submenu.

ビジュアルコンソールアイテムは、最初の文字が "_", "," , "[" , "(" になっています。 これは、"ビジュアルコンソール"サブメニューの中の左側のメニューに表示されます。

Pre73.png

To see the Map click on the name of the Map that you want to see.

マップを見るには、見たいマップの名前をクリックします。

Pre74.png

Bellow the map there is a combo where to choose the refresh time of the map. The map could be seen at full screen by clicking on this icon Pre75.png. It is possible to go to the map edition page by clicking on this iconPre76.png Also in this view is possible to show a public link to the current visual map that it's accessible without login in Console ファイル:Pre76 b.png

マップの下で、マップの更新時間の選択ができます。このアイコン Pre75.png をクリックすることにより、マップを全画面表示することができます。このアイコン Pre76.png をクリックすると、マップの編集ページへ行けます。 また、ここではファイル:Pre76 b.pngをクリックすると、コンソールにログインせずにアクセス可能な現在のビジュアルマップへのリンクを表示することができます。

ビジュアルマップの削除

In order to delete a visual map, please click on 'Topology Maps' and 'Visual Console'. It's going to display a list in which all maps created so far are contained. In order to delete a map, please click on the trashcan icon in the row of the visual map you intend to delete.

ビジュアルマップを削除するには、'トポロジマップ(Topology Maps)' および 'ビジュアルコンソール(Visual console)' をクリックします。作成済みのマップ一覧が表示されます。削除するには、対象のビジュアルマップの行のゴミ箱アイコンをクリックします。

Pre77.png

ビジュアルマップエディターのタブ

データ

In this one, you can edit and create the visual console basic data. It will be the only one visible for a new map until you save it. The essential values that it has are: visual console name, the group for the ACL management, and the background image.

ここでは、ビジュアルコンソールの基本データを編集したり作成したりできます。新規マップを保存する前にのみ表示されます。基本的な値は、ビジュアルコンソール名、ACL 管理のためのグループ、背景画像です。

By creating it, the size of the visual console is determined by the background image size, but by editing it, if you change the background, the last size that was defined by the user or the previous background will be kept.

これを作成することにより、背景画像を元にビジュアルコンソールの大きさが定義されます。しかし背景を変更したとしても、編集を行った場合は、最後に定義した大きさが保存されます。

The background images are stored at the Pandore Console directory (usuallyvar/www/pandora_console/) at the /images/backgrounds/ directory.

背景画像は、Pandora コンソールのディレクトリ (通常は、/var/www/pandora_console/) の /images/backgrounds/ に保存されます。

Pandora new visual console, tab data.png
Captura de pantalla del formulario de la pestaña data. データ設定タブの画面キャプチャ

プレビュー

The visual console view is an static view, so, if the state of the elements contained there, they will not be drawing again as it happens with the visual console view that hangs on the Visual Console menu.

ビジュアルコンソール表示は静的な表示です。そのため、ビジュアルコンソールメニューでできるような、エレメントの状態更新はされません。

Pandora new visual console, tab preview.png

ウィザード

Here, there is an small questionnaire to create several elements of static imagen kind at the same time in the visual console with only two clicks.

これは、静的画像のビジュアルコンソールの代わり、2クリックだけで複数のエレメントを設定できるウィザードタブです。

As you can see in the shootscreen, the form consist of:

画面ショットでわかる通り、次のフォームがあります。

  • The image, that will be the same for all the elements created in the batch.
  • 画像は、バッチで作成されたすべてのエレメント同じです。
  • The distance between the elements, that will be one after the other in a horizontal line from position (0, 0).
  • エレメント間の距離は、(0,0)の位置からどれだけ離れているかです。
  • Agent selection box, to select one or several agents (to select one or several agents, batch elements will be created for the visual console).
  • エージェント選択ボックスは、一つもしくは複数のエージェントを選択するためのものです。(一つもしくは複数のエージェントを選択するには、ビジュアルコンソール用にバッチエレメントが作成されている必要があります。)
  • Module selection box, which is a dynamic control and will be filled with the modules of the agents that you choose in the agent selection box . There you could choose the modules from which you want the Static image elements at the visual console will be created.
  • モジュール選択ボックスは、エージェント選択ボックスで選択したエージェントのモジュールを選択するためのものです。作成するビジュアルコンソールに静的画像を配置したいモジュールを選択することができます。

Pandora new visual console, tab wizard.png
Example of the Wizard tab. ウィザードタブの例

サービスウィザード


Info.png

This feature is belongs to the Pandora FMS Enterprise version.


Info.png

この機能は、Pandora FMS Enterpirse版のものです。


The services wizard contains a small questionnaire to create several service elements into the visual console by a few clicks clicks. The selected services will appear placed automatically into the visual console with the chosen icon.

サービスウィザードでは、若干の質問にいくつかクリックすることで、サービス要素をビジュアルコンソールに作成できます。 選択したサービスは選択したアイコンでビジュアルコンソールに自動的に表示されます。

ファイル:Pandora new visual console, tab services wizard.png
Screenshot of the services wizard tab. サービスウィザード画面

エレメント一覧

This tab gives a questionnaire tabulated in files of the elements that the visual console that you are editing has. It is a quick way of editing the different elements, besides being a useful tool for the users that need to adjust certain values of the elements.

このタブでは、ビジュアルコンソールにおけるエレメントファイルをまとめて編集できます。異なるエレメントを簡単に編集することができます。エレメントのいくつかの値を調整する必要がある場合に便利なツールです。

The actions allowed in this questionnaire are: editing (but not to change the kind of element) and deleting elements but not creating them. This action should be done with the Editor tab.

ここで出来る操作は、エレメントの編集 (ただしエレメントの種類は変更できません) および削除で、作成はできません。作成は編集タブで行ってください。

The first line is the background image configuration.

最初の行は、背景画像の設定です。

The rest of the lines will be the map elements, that as we can see in the screen shot are gather in lines of two each element and separated by an horizontal black line.

残りの行は、マップエレメントです。画面ショットでは複数のエレメントが表示され、黒い線で区切られていることがわかります。

Pandora new visual console, tab list elements.png
An example for the 'List of Elements' tab. エレメント一覧タブの例

編集

This tab has most of the part of the functionality of the visual console editor, because is where you could create the elements, edit and place them. It is a dynamic page, so it will be necessary that your browser support correctly the javascript languaje. As you can see in the screen shot, the screen is divided in two areas that are well defined: the button box, the work area (where you will "draw" the visual console) and the option palette ( that is not visible in this screen shot).

このタブは、ビジュアルコンソールエディタの機能の多くを持っています。なぜなら、ここでエレメントの作成、編集、配置ができるからです。これは動的なページのため、ブラウザが javascript に対応している必要があります。画面ショットで分かる通り、画面はボタンがある部分と (ビジュアルコンソールで "描画" することができる) ワークエリアの 2つの領域に分かれています。また、オプションパレットがあります。(画面ショットでは表示されていません。)

Pandora new visual console, tab editor.png
Example of the form tab's data. 編集タブの例

ボタン

The buttons that compose the tool are:

ツールを構成するボタンは次の通りです。

  • Buttons to create the different kinds of elements, located at the left side. They are: Static Graph, Percentile Item (Bubble and percentile type), Module Graph, Simple Value Label, Icon and Service. When you click on them, the palette of options with the fields to fill in order to create the element of this kind will appear.They can be deactivated if you are editing an element or creating an element. In this last case, if it is active, when you do click, it closes the palette of options.
  • 異なる種類のエレメントを作成するためのボタンは左側にあります。それらは、静的グラフ、パーセント表示(円とパーセンテージ)、モジュールグラフ、数値、アイコン、およびサービスです。ボタンをクリックすると、該当のエレメントを作成するためのフィールドがあるパレットが現れます。エレメントを作成したり編集したりしている時、アクティブになっているパレットのクローズをクリックすることにより、それの表示を消すことができます。
  • Delete Item, that is deactivated by default until you select an element ( except background). By doing click it eliminates for ever the element of this visual console deleting it from the database. Warning! this action can't be undo.
  • アイテムの削除は、エレメントを選択いないと表示されません(背景を除く)。クリックすることによりビジュアルコンソールからエレメントを削除します。この操作は取り消しができない点に注意してください。
  • Edit Item, also initially deactivated until you select any element of the visual console. By doing click it will display the palete of options of this element in order you can edit their values.
  • アイテムの編集も、ビジュアルコンソールのエレメントを選択しないと表示されません。クリックすることにより、値を編集するためのエレメントのオプションパレットが表示されます。
作業領域

The working area has the size of the 100% of your Pandora Console wide and it's 500 pixels hight. As you can see, it has scroll bars to make easier working with visual consoles of big size. Another thing you have to consider, is that the visual console size is the size of the background image. In the working area will be shown the different elements that has been created in the default position (0,0), that is the left upper corner.

作業領域は、Pandora コンソールの幅 100% および 500 ピクセルの高さとなっています。見ての通り、大きなサイズのビジュアルコンソールで作業しやすいように、スクロールバーがあります。ビジュアルコンソールのサイズは、背景画像と同じであるということを理解しておいてください。作業領域に表示されるエレメントは、デフォルトで左上の (0,0) の位置に作成されます。

拡張オプション

Position

位置

By default, the position is 0x0, where the first number is the X axis and the second one is the Y axis. These values are in pixels, and consider that the Y axis is inverted where the highest part is 0 and it grows downwards. The X axis is defined in the classical way. It starts in the left corner and it increases to the right side.

デフォルトでは、位置は 0x0 で、最初の値が X 軸、2つ目の値が Y 軸です。これらの値はピクセル数で表し、Y 軸については一番上が 0 で、下に行くほど大きくなります。X 軸は一般的な考えかたで左から右に向かって大きくなります。

Yo don't need to fulfill this control with the position, unless you want a very precise position, because after creating the element, you can locate it dragging through the visual console, same way as with a drawing tool.

正確な位置を指定したいのでなければ、位置は必ずしも指定する必要はありません。なぜならエレメントを作成したあとに、描画ツールの用にビジュアルコンソール上で位置決めを行うことができます。

Parent

To represent the link between elements from the visual console, we use lines that are drawn between them. It could be very useful in a visual way. Besides, the line gives an specific colour depending on the state of the parent element. In the control it will be displayed a list of elements that are in this visual console that could be the parent of the element.

ビジュアルコンソールでエレメント間のリンクを表現するために、それらの間に線を引いています。視覚的に大変わかりやすいです。 線は、親のエレメントの状態に依存して特定の色になります。ここでは、ビジュアルコンソールでエレメントの親になりうるエレメント一覧が表示されます。

Map linked

リンクされたマップ

The element can also be the gate to another visual console to get more usability, such for example: you have two visual consoles, one that represent the machines inside a building that you manage, and also you have another visual console that represents a world map. So the usual thing is that in this last one you have an element that even could change the state (only with the Static Image) that represent the building you are managing, and also could to have access in an easy way to this one.

エレメントはまた、より使いやすくするために他のビジュアルコンソールへの入り口にもなります。例えば、2つのビジュアルコンソールがあったとします。一つは管理しているビルの中のマシンを表示します。もう一つは、世界地図を表示します。後者には、管理しているビルを表す状態が変化するエレメント (静的画像) があり、さらにその中にアクセスしていくことが出来ます。

This control will give you a drop-down that shows the visual console already created to link it.

ここでは、リンクするために作成済のビジュアルコンソール一覧がドロップダウンリストで表示されます。

Associated map status weight

状態ウエイトによる関連付マップ

Only "static image" type elements can have this option. Through it we establish a percentage of elements in a status other than the normal one so that our element linked to that map picks up its status.

このオプションは、"静的な画像" タイプの要素にのみ存在します。これを使って要素のステータス割合を設定し、ステータスに応じたマップへのリンクを作ります。

For example:

例:

If we have a map 1 with a "static image" type element that points to map 2 and has its weight set at 50%, you will only see its status modified if at least half of the elements (items that must return a status from an agent, module or other linked console) of map 2 are not in normal status.

"静的画像" タイプの要素を持つマップ 1 があり、それはマップ 2 へリンクしており、重みが 50% であったとした場合、マップ 2 内の正常ではない状態の要素(エージェント、モジュールやリンクされたコンソールなどの状態を表すアイテム)が少なくとも半分あった場合にそれを参照することができます。

We can also have an element linked to a console with 10 elements that return a status, which in turn can have elements linked to other consoles. If our element from the first console has a weight of 20%, it is because we want it to show a critical (or warning) status if at least 2 of the 10 elements of the second console have a critical (or warning) status. Similarly, if the weight is 80%, 8 out of 10 elements must be in a non-normal status.

また、コンソールにリンクさせてステータスを返す要素を 10個持つことができます。要素は、他のコンソールにリンクすることができます。 最初のコンソールの要素の重みが 20% の場合は、2番目のコンソールの 10個の要素のうち少なくとも 2つが障害(または警告)状態になっていると、障害(または警告)状態を表示します。 同様に、重みが 80%の場合、10個の要素のうち 8個が非正常状態でなければなりません。

Restrict access to group

グループへのアクセス制限

If selected, restrict visualization of this item in the visual console to users who have access to selected group. This is also used on calculating child visual consoles.

選択すると、ビジュアルコンソールでのこのアイテムの表示を、選択したグループにアクセスできるユーザーに制限します。 これは、子のビジュアルコンソールにも適用されます。

Label color

ラベルカラー

If you prefer it (for esthetic reasons, or to improve the label text visibility if the map background is very dark), you can change the color of the text, that is black by default. It is also an intelligent control, and besides you can write by hand the color in the classical HTML hexadecimal format. You can display a popup with the typical color palette.

好みに応じて (マップの背景が暗い場合にラベルを見やすくするために) 、テキストの色を変更することができます。デフォルトでは黒です。これもまたインテリジェント制御になっています。また、16進フォーマットで色を指定することができます。カラーパレットをポップアップ表示することもできます。

Pandora new visual console, paleta opciones, label color.png
color palette screen shot in the label color. ラベルカラーのカラーパレット画面ショット

背景

It is an special kind of element, so it can't be created nor destroyed. Only the following values could be edited:

これは、特別な種類のエレメントで、作成したり削除したりできません。以下に示す値の編集のみができます。

  • The background image through the choice palette.
  • 選択したパレットでの背景画像。
  • The size that is created through the image selected as background. The 0x0 value, same as in the static image, is an special value that means that it takes the original value of width and hight of the background image file.
  • 背景として選択された画像のサイズ。0x0 は特別な値で、これを指定した場合は元の画像ファイルと同じサイズが利用されます。
  • It is possible to apply original size of bacground clicking on the button Original size.
  • オリジナルサイズボタンをクリックすることにより、背景のサイズをオリジナルサイズにすることができます。
  • Also it's possible to modify height-weight ratio of the brackground image so it's possible to respect between this two values. These canbe done by clicking in the Proportional width and Proportional height buttons.
  • また、背景の高さと幅の比率を編集することができます。2つの値の関係を維持することができます。これらは、独自の幅(Propotional width) および 独自の高さ(Propotional height) ボタンをクリックすることにより実行できます。

Since 5.0 version. バージョン5.0から

  • Grid: You can show a grid so you can move elements squared to that grid and finally all elements will be aligned. If this option it's deactivated then elements can be moved free again.
  • グリッド(Grid): グリッドを表示することができ、中の要素をそのグリッドに合わせて移動させることができます。このオプションを無効にすると、要素は再び自由に移動できるようになります。
  • Auto-save button: when it is disabled, you only can move items because the creations buttons are disabled.
  • 自動保存ボタン(Auto-save button): 無効の場合、作成ボタンが無効なためアイテムの移動のみが可能です。
Grid option in the palette
パレット内のグリッドオプション
Background image with the grid activated
グリッドを有効にした背景画像

Since 5.0 version.

  • Save current edition: Also you can deactivated the autosave functionality that works by default with Visual console. And then force the save action by clicking in the disk button. This is really useful in low connections when you don't have the security that the autosave have been done correctly.

バージョン5.0から

  • 現在の版を保存できます。また、ビジュアルコンソールととものデフォルトで動作している自動保存機能を無効化することもできます。ディスクボタンをクリックすることによって強制的に保存を実行します。これは、自動保存が正しくできないようなセキュリティ設定の場合に便利です。
Option to autosave the current visual map in the option palette
オプションパレットで、現在のビジュアルマップを自動保存するオプション

ファイル:Pandora new visual console, paleta opciones, background.png
Example of screen shot that shows the choice palette when editing the background. 背景を編集するときのパレット選択の画面ショット例

パレットの選択

It is shown when you double click on the item to edit, or when clicking on the edit button on the button box. The form of the option palette has the following controls for all elements, but the elements has some control more the you can check in its section on the article. .

編集するアイテムの ダブルクリック または、編集ボタンをクリックすると表示されます。オプションパレットのフォームでは、すべての要素に対して次の設定ができます。いくつかの要素では追加の操作ができ、それぞれの項で説明しています。

ラベル

The text that will be shown in the element in the visual console.

ビジュアルコンソール内のエレメントで表示されるテキストです。

エージェント

An intelligent control with which you could search an agent of your Pandora installation through the IP or the name of the agent.

IP アドレスまたはエージェント名で、エージェントを検索できる操作です。

Pandora new visual console, paleta opciones, agent.png
Screenshot of one search in the agent intelligent control. エージェント検索のスクリーンショット


モジュール

This control respond to the selection of the control of the agent and autofills with the modules that the agent contains.

この操作は、エージェントが持っている全てのモジュールを返します。

Pandora new visual console, paleta opciones, module.png
Screenshot of the control module filling authomatically with the agent modules. エージェントの全モジュールを自動的に表示する操作のスクリーンショット


ビジュアルマップで利用可能なエレメント

静的画像

This element shows an static image. Depending on the state of the module, agent or map, it's show an image or another, in a current Pandora installation you will have them availables at (/var/www/pandora_console/images/console/icons), and eve you could upload them with the file included tool.The image nomenclature is: <image_name>_<state>.png where the state could be:

このエレメントは、静的画像を表示します。モジュール、エージェント、マップの状態に依存して、画像その他を表示します。デフォルトの設定では画像ファイルは、/var/www/pandora_console/images/console/icons にあります。ファイルをuploadすることもできます。画像ファイルのファイル名は、<image_name>_<state>.png で、次のようになります。

Static image, example.png
Example of images with the name and the status. 画像ファイルの名前と状態の例

  • "" When the agent, module, or the visual console have any state.
  • "" エージェントやモジュール、ビジュアルコンソールの状態が不明の場合
  • "bad" When the agent has some module that fails, or the module fails or the visual console that links has some some element in bad.
  • "bad" エージェントの一つ以上のモジュールが障害状態もしくは、ビジュアルコンソールがリンクしているエレメントが障害状態の場合
  • "ok" When the agent, module or the visual console that could link are ok.
  • "ok" エージェント、モジュール、もしくはビジュアルコンソールのリンクが正常の場合
  • "warning" When the agent has any module in warning, or the module is in warning o the visual console that links has any element in warning.
  • "warning" エージェントの一つ以上のモジュールが警告状態もしくは、ビジュアルコンソールがリンクしているエレメントが警告状態の場合

Creating an static image

静的画像の作成

To create an static image, simply click on the Static Graph button that is the first one on the button box left side, and it'll be displayed a palette with the options for a new image. The common options could be seen at the entryPaleta de opciones, but the ones that are exclusives for the estatic image are in the following section.

静的画像を作成するには、左下にある静的画像ボタンをクリックします。すると、新規画像のオプションパレットが表示されます。共通のオプションは、Paleta de opcionesにあります。静的画像特有のオプションについては以下に示します。

Static Image Options

静的画像オプション

  • Image: where with a drop down control you can choose the image that will be shown, and could even see under the control an image preview.
  • 画像(Image): 表示された画像を選択できるドロップダウンリストになっています。画像のプレビューもできます。
  • Advanced options:
  • 拡張オプション(Advanced options):
  • Size: in this control game, you can give a size to the image.By default it comes with the value 0x0 that means that takes the original size of the image.
  • サイズ(Size): ここでは、画像のサイズを指定することができます。デフォルトでは 0x0 で、画像のオリジナルサイズを利用することを意味します。

Screen Shots

画面ショット

Pandora new visual console, paleta opciones, static graph, preview image.png
Palette showing the image preview that is going to be added to the visual console. ビジュアルコンソールへ追加しようとしている画像プレビューのパレット

Pandora new visual console, paleta opciones, static graph.png
View of the choice palette of a fair static image view 静的画像選択画面パレット


Tricks

テクニック

  • To create a floating text
  • テキスト文字列を設定するには、
  • It's an easy method, you need only to create an static image, but without image.
  • 画像無しで、静的画像を作成する操作をすれば良いです。

アイコン

This element shows a static image not associated to any module.

このエレメントは、モジュールに関連づけられていない静的画像を表示します。

ファイル:Items visual console.png
Icon in visual map editor. ビジュアルマップエディタでのアイコン

In a normal Pandora instalation you will have available the images in (<pandora_home>/images/console/icons) directory, you will also upload any new image through the file manager tool. Like any other element in visual console you can associate a label, a initial position, size, a parent element and link to another visual map.

通常の Pandora のインストールでは、画像ファイルは (<pandora_home>/images/console/icons) ディレクトリにあります。新たな画像ファイルはファイルマネージャを使ってアップロードすることができます。ビジュアルコンソールの他のエレメントのように、ラベル、初期位置、大きさ、親エレメント、他のビジュアルマップへのリンクに関連付けることができます。

All of this in the visual map editor:

ビジュアルマップエディタでの表示:

ファイル:Editor visual map.png
Example of icon creation. アイコン作成の例

Icons linked against other pages

他のページにリンクされたアイコン

Since 5.0 version. Through label field you can associate a complete URL in order to link with another web page.

Example: In order to link an icon in visual console with SNMP console you have to create one element of icon type. This icon will have a label with the complete URL of the SNMP console: http://<pandora_home>/index.php?sec=snmpconsole&sec2=operation/snmpconsole/snmp_view. In the preview mode of the visual console you can click over the icon and will redirect to tje SNMP console.

バージョン 5.0 から、ラベルフィールドで他の web ページへリンクするための URL に関連付けることができます。

: ビジュアルコンソールでアイコンを SNMP コンソールへリンクするには、アイコンを作成する必要があります。このアイコンには、SNMP コンソールの URL (http://<pandora_home>/index.php?sec=snmpconsole&sec2=operation/snmpconsole/snmp_view) のラベルがついています。 ビジュアルコンソールのプレビューモードでは、アイコンをクリックすることにより、SNMP コンソールへ行くことができます。

パーセント表示オプション

Percentile items allow to see module state in a very descriptive way.They can be of bubble or percentile (progress bar) type.

パーセント表示では、細かくモジュールの状態を表示することができます。円グラフまたはパーセントバーのタイプがあります。

The percentile bar has much less controls that the rest of the elements, but it has two controls that we are going to explain:

パーセント表示は、他のエレメントより設定項目が少ないです。次に示す 4つの項目があります。

  • Width: that will be the percentile bar width in pixels.
  • 幅(Width): パーセントバーの幅をピクセル数で指定します。
  • Max value: is the maximun value that the module to represent could have. By this reason, it's a good thing that you examine well the module to monitor just to see which is the maximum value, for example, in the case of the screen shot it's the CPU module that goes from 0 to 100.
  • 最大値(Max value): モジュールがとりうる値の最大値です。これにより、最大値内に制限してモジュールを表示することができます。例えば、画面ショット例では、CPU モジュールで 0 から 100 までの範囲の値を表示します。
  • Type: This allow to configure if the item type will be bubble or percentile. This is the graphical way of represent this item.
  • タイプ(type): 要素のタイプが円グラフか某グラフかを設定できます。表示の仕方の選択です。
  • Value to show: This allow to choose between percent of accomplishment or the last value of the module.
  • 表示する値(Value to show): モジュールのパーセンテージまたは最新の値かを選択できます。
  • Advanced Options: this element has not any different advanced control from the basic ones.
  • 拡張オプション(Advanced Options): このエレメントは、特殊な設定はありません。基本設定と同じです。

Pandora new visual console, paleta opciones, percentile bar.png
Example of screen shot of the choice palette for the percentile bar. パーセントバーを選択している画面ショット


モジュールグラフ

As its name shows, in the visual console will be shown a graph that gives the information of the activity of one agent module.

名前を表示するように、ビジュアルコンソールではエージェントのモジュールの状態がグラフ表示されます。

Pandora new visual console, module graph.png
Example of screen shot of a module graph element, where you can see in a graph the last data of a CPU module from one hour ago. 1時間前の CPU モジュールのデータをグラフ表示している、モジュールグラフエレメントの画面ショット


Module Graph Options

モジュールグラフオプション

In the graph, it is necessary to define width and hight, so it goes from being hidden in the advanced options to be shown.

グラフでは、幅と高さを定義する必要があります。隠れている拡張オプションで行います。

  • Period: the period or time frame that goes until the present time. Consider that this graph will change with time.
  • 間隔(Period): どれくらい前の時間からのグラフを表示するか指定します。グラフは時間で変更可能です。
  • Size: width and hight of the image that will be the graph, not only the graph itself, but of the graph and the ciphers of axes.
  • サイズ(Size): グラフ画像の幅と高さを指定します。グラフ本体だけでなく、縦横の軸と数値表示部分も含みます。
  • Opciones avanzadas: este elemento no tiene ningún control avanzado distinto de los básicos.
  • 拡張オプション(Advanced options): 基本的な拡張オプションと同じです。

Pandora new visual console, paleta opciones, module graph.png
Screen shot where is possible to see the graph choice palette of a module that is being edited. モジュールのグラフ設定画面ショット


Notes

注意

  • As the graphs have to be calculated and create images, it's not an instantaneous process, so depending on the architecture where you have built Pandora, it can be almost instantaneous or take a few seconds and see only the label of the element in the map without the graph image.
  • グラフ画像は計算して作成されます。軽い処理ではありません。そのため、Pandora をインストールしたシステムのアーキテクチャに依存して、処理が早く終わることもあれば数分かかることもあります。また、グラフ画像無しでエレメントのラベルのみを参照できるような場合もあります。

This element only show a text of the <label> <valor modulo>on the visual console. So you will only need to define a label(if you want), select the agent and the module that will show the last value in the visual console drawing.

このエレメントは、ビジュアルコンソール上に <ラベル> <モジュールの値> のテキストのみ表示します。ラベル(必要な場合)のみを設定し、ビジュアルコンソールに値を表示させるエージェントとモジュールを選択します。

Pandora new visual console, simple value.png
Screen shot fragment where is shown an example of a simple value of a CPU module. CPU モジュールの値を表示している画面ショット


Simple Value Options

値のオプション

The simple value choice palette hasn't its own controls.

このエレメントには、独自のオプションはありません。

Pandora new visual console, paleta opciones, simple value.png
Screen shot that shows the simple value choice palette. 値エレメントの設定画面ショット


Since 5.0.1 version.. You can set the style to the value, using the rich editor into the macro (_VALUE_).

バージョン 5.0.1 からは、エディタで (_VALUE_) マクロを使うことにより、値にスタイルを設定することができます。

From version 7.

バージョン 7 から

Subtype samples of single values, data image in base64

単一の値のサブタイプとして、base64 での画像データがあります。

When a module is selected that contains a string beginning with data:image as its latest status in the database it will be represented on the map not as a single value text but as an image made up of data from the text string that contains information from a coded image.

data:image で始まる文字列が最新の状態として含まれているモジュールが選択されると、マップ上に単一値のテキストではなく、エンコードされたテキスト文字列のデータから画像として表されます。



ファイル:Data image vconsole.png
Screenshot shows editor creating a single value item with base64 content. base64 エンコードされた状態の単一値のエディタ表示





ファイル:Data image vconsole 2.png
Error screenshot showing single value in base64, as an image. 画像として base64 の単一値を表示したエラースクリーンショット



ラベル

In order to create a label without associated content you can use this item. Only it's necessary to field the label field.

関連するコンテンツ無しでラベルを作成するにはこのアイテムを利用します。ラベルフィールドに入力するだけです。

Label item edition ラベルの編集