個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Anexo Upgrade

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

手動アップデート

It is important to understand the basic components in which Pandora FMS is divided. Basically we can distinguish: console, server and database. In Opensource installations we will update these three components quickly, but in Enterprise installations the process will take a few more steps since the components have extended Enterprise functionalities that need to be updated separately.

Pandora FMS の基本的なコンポーネントに関して理解しておくことが重要です。Pandora FMS は、コンソール、サーバ、データベースの 3つの要素に分けることができます。オープンソースでは、これらの 3つのコンポーネントは素早く更新できますが、Enterprise 版ではもう少し手順が必要で、別途アップデートが必要な追加機能があります。

The breakdown of components is as follows:

コンポーネントの内訳は次の通りです。

Opensource installations:

  • Web Console.
  • Server.
  • Database.

オープンソース版:

  • ウェブコンソール
  • サーバ
  • データベース

Enterprise installations:

  • Open Web Console.
  • Enterprise Web Console (extended console functions).
  • Open Server.
  • Enterprise Server (extended server functions).
  • Database (additional charts of the Enterprise version ).

Enterprise版:

  • オープンソースのウェブコンソール
  • Enterpriseウェブコンソール(コンソールの機能を拡張します)
  • オープンソースのサーバ
  • Enterpriseサーバ(サーバ機能を拡張します)
  • データベース(Enterprise版の追加のグラフなど)

Updates will always include console changes, occasionally server changes, and rarely database changes. We will organize the updates into two major categories: minor version upgrades, with no database changes, and major version upgrades, with database changes.

更新には、常にコンソールの変更、時々サーバの変更、まれにデータベースの変更を含みます。アップデートは 2つのカテゴリに分けており、データベースの変更を伴わないマイナーリリースと、データベースの変更を伴うメジャーリリースがあります。

マイナーバージョンアップ

These don't include any changes to the database, only to the console and sometimes to the server. Eg. updates 6.1 SP1 to 6.1 SP2.

これにはデータベースの変更は含まれません。コンソールおよび時々サーバのみです。例えば、6.0SP1 から SP2 などです。

Initial precautions/safeguards:

準備:

1. Back up the database. E.g.

mysqldump -u root -p pandora > backup_pandora_X.Y.sql

1. データベースをバックアップします。例:

mysqldump -u root -p pandora > backup_pandora_X.Y.sql

2. Back up the config files: pandora_server.conf, config.php, pandora_agent.conf.

2. 次の設定ファイルをバックアップします: pandora_server.conf, config.php, pandora_agent.conf

3. Back up server and agent plugins, at:

3. サーバおよびエージェントプラグインを次のようにバックアップします。

/etc/pandora/plugins
pandora_console/attachment/plugin
/usr/share/pandora_server/util/plugin

4. Suspend the following services: pandora_server, tentacle_serverd, httpd, pandora_agent and mysqld.

4. 次のサービスを停止します: pandora_server, tentacle_serverd, httpd, pandora_agent および mysqld

5. Update.

5. アップデートします。

RPM パッケージにて

  • Open console update:
  • オープンソースのコンソールアップデート:
rpm -U pandorafms_console_package.rpm
  • Enterprise console update:
  • Enterprise コンソールアップデート:
rpm -U pandorafms_console_enterprise_package.rpm
  • Open server update:
  • オープンソースサーバアップデート:
rpm -U pandorafms_server_package.rpm
  • Enterprise server update:
  • Enterprise サーバアップデート:
rpm -U pandorafms_server_enterprise_package.rpm

You can find out which version you're running at any time, before or after the installation by executing the command:

インストール前後で、どのバージョンで動いているか、以下のコマンドで確認できます。

rpm -qa | grep -i pandora

DEB パッケージにて

  • Open console update:
  • オープンソースコンソールアップデート:
dpkg -i pandorafms_console_package.deb
  • Enterprise console update:
  • Enterprise コンソールアップデート:
dpkg -i pandorafms_console_enterprise_package.deb
  • Open server update:
  • オープンソースサーバアップデート:
dpkg -i pandorafms_server_package.deb
  • Enterprise server update:
  • Enterprise サーバアップデート:
tar zxvf pandorafms_server_enterprise_package.tar.gz
cd pandora_server/
./pandora_server_installer --install

In case of dependency problems, they can be resolved directly with:

依存関係の問題がある場合は、以下のコマンドで解決できます。

apt-get install -f

tar ボール、ソースにて

  • Open console update:
  • オープンソースコンソールアップデート:
tar xvzf pandorafms_console_package.tar.gz
cd pandora_console
./pandora_console_upgrade -p /yourconsolepath
  • Enterprise console update:
  • Enterprise コンソールアップデート:
tar xvzf pandorafms_console_enterprise_package.tar.gz
cd pandora_console
./pandora_console_upgrade -p /yourconsolepath
  • Open server update:
  • オープンソースサーバアップデート:
tar xvzf pandorafms_server_package.tar.gz 
cd pandora_server
./pandora_server_upgrade --upgrade
  • Enterprise server update:
  • Enterprise サーバアップデート:
tar xvzf pandorafms_server_enterprise_package.tar.gz 
cd pandora_server
./pandora_server_upgrade --upgrade
  • Agent update:
  • エージェントアップデート:
tar xvzf pandorafms_agent_package.tar.gz
cd pandora_agent
./pandora_agent_installer --force-install

バージョン 7.0NG ( ローリングリリース )

If we decide to update manually the Pandora FMS Console in version 7.0NG, (through rpms, tarball or deb) we can find ourselves facing the need to manually apply the migration scripts between the different versions. To avoid this situation in version 7 we always recommend updating the console using Update Manager.

Pandora FMS バージョン 7.0NG のコンソールを(rpm や tarボール、deb を用いて)手動でアップデートする場合、特定のバージョンから別のバージョンへマイグレーションするスクリプトを手動で適用する必要がある場合があります。これを避けるために、コンソールはアップデートマネージャ経由でアップデートすることをお勧めします。

In case of us having an outdated database (a rare error that should not occur under normal conditions), administrator users will see a warning on the notification tab indicating this problem:

古いデータベースを利用していると(通常の状態では発生しない稀なエラー)、管理者ユーザにこの問題を知らせる警告タブが表示されます。

To solve this problem enter the server where the Pandora FMS console is installed and go to the directory named /var/www/html/pandora_console/extras/mr. There should be another directory located labeled as 'updated'. All sqls that are already applied must be stored within the 'updated' directory, and those that are not must be stored outside. So once we apply an sql to the database, we must move them to the 'updated' directory. Let's give the example of MR1 execution. In this case we don't have any MR applied on the database and the MR0 will appear in the footer of the Pandora FMS console. We have installed version 704 manually and we have to apply the MR1 executing the sql that we will find in /var/www/html/pandora_console/extras/mr/ called 1. sql. We'll have to execute it like this:

この問題を解決するためには、Pandora FMS コンソールがインストールされているサーバへログインし、シェルで /var/www/html/pandora_console/extras/mr ディレクトリへ行きます。'updated' という名前のディレクトリが存在します。すでに適用されているすべての SQL は、'updated' ディレクトリに格納されていなければなりません。 したがって、データベースにSQLを適用したら、それらを 'updated' ディレクトリに移動する必要があります。 MR1 の実行例を見てみましょう。この例では、データベースに MR は適用されていません。Pandora FMS コンソールのフッターに MR0 が表示されています。バージョン 704 が手動でインストールされ、MR1 の SQL を手動で適用する必要があります。SQL は、/var/www/html/pandora_console/extras/mr/ に 1.sql という名前であります。以下のように実行します。

[root@localhost mr]# cat 1.sql | mysql -u root -p pandora

The MySQL user is root and the database is labeled pandora.

MySQL のユーザは root で、データベースは pandora です。

Once applied, we must update the MR value in the table tconfig of our MySQL. We'll have to execute the following command once entered MySQL:

適用したら、MySQL の tconfig テーブルの MR の値を更新する必要があります。MySQL に接続して、次のコマンドを一度実行します。

mysql> use pandora;
mysql> update tconfig set value= XX where token='MR';

Once applied, the warning message will disappear from the Console and in the footer the MR1 appears as applied. The next step is to move the sql to the 'updated' file.

適用すると、コンソールから警告メッセージは消え、フッターに MR1 が表示されます。次に、SQL を 'updated' へ移動します。

[root@localhost mr]# mv 1.sql updated/

メジャーバージョンアップ

Major release updates always include database changes so you need to update your database schema, eg. updates from version 6.0 to 6.1; or 6.1 to 7.0.

メジャーバージョンアップには常にデータベースの変更が含まれます。そのため、データベーススキーマのアップデートが必要です。 例えば、バージョン 6.0 から 7.0 などです。

データベースのアップデート ("メジャーリリース")

In order to update the database you first need to update the Open or Enterprise console, depending on your version. These updates allow the necessary sql files to be downloaded.

データベースをアップデートするには、最初にバージョンに応じたオープンソースおよび Enterprise コンソールをアップデートする必要があります。これらのアップデートによって必要な SQL ファイルをダウンロードできます。

Once the console is up to date, the sql database update scripts can be found in /extras or /enterprise (again, depending on your version) on the console. On a standard CentOS installation they can be found at:

コンソールをアップデートしたら、SQL のデータベースアップデートスクリプトがコンソールの /extras や /enterprise に見つかります(バージョンに依存します)。CentOS の場合であれば、以下にあります。

/var/www/html/pandora_console/extras/pandoradb_migrate_X.Y_to_Z.T.mysql.sql
/var/www/html/pandora_console/enterprise/pandoradb_migrate_vX.Y_to_vZ.T.mysql.sql

Before updating it's recommendable to follow the precautions described above: make a backup of the database and the config files, and suspend the Pandora FMS server:

アップデートの前に最初に説明した、データベース、設定ファイルのバックアップ、Pandora FMS サーバの停止といった準備を行います。

service pandora_server stop
  • Open database update:
  • オープンソースデータベースのアップデート:
mysql -u ユーザ名 -p -D データベース名

Eg.

例:

mysql -u pandora -p -D pandora 

Execute the following from the MySQL command-line:

MySQL コマンドラインで以下を実行します。

source /yourconsolepath/extras/pandoradb_migrate_X.Y_to_Z.T.mysql.sql;
  • Enterprise database update:
  • Enterprise データベースのアップデート:
mysql -u ユーザ名 -p -D データベース名

Eg.

例:

mysql -u pandora -p -D pandora 

Execute the following from the MySQL command line:

MySQL コマンドラインで以下を実行します。

source /yourconsolepath/enterprise/pandoradb_migrate_vX.Y_to_vZ.T.mysql.sql;

To exit MySQL execute "quit". The database is now updated to the correct version.

MySQL から抜けるには "quit" を実行します。以上でデータベースがバージョンに合わせてアップデートされました。

In case you need to go back to a previous version, you can restore the backed up database with:

以前のバージョンに戻す必要がある場合は、以下のようにバックアップからリストアします。

mysql -u ユーザ名 -p データベース名
> drop database データベース名;
> create database 新たなデータベース名;
> use 新たなデータベース名;
> source backup_pandora_X.Y.sql

Eg.

例:

mysql -u root -p pandora
> drop database pandora;
> create database pandora;
> use pandora;
> source backup_pandora_X.Y.sql;

アップデートマネージャを使った自動アップデート

オープンソース版の更新

Since Pandora FMS 4.0.2 you can update, using OpenSource version, from weekly semiautomatic updates. This feature is based on a improvement of Update Manager system, previously only available with Enterprise version, now you can check online if there is a new update and download and update your console automatically under request.

Pandora FMS 4.0.2 から、オープンソース版でも週単位の半自動更新ができます。この機能は、以前はエンタープライズ版のみにあったアップデートマネージャシステムの改善によります。新たなアップデートがあるかどうかをオンラインで確認することができ、リクエストごとにコンソールを自動的にダウンロードして更新することができます。

This feature has the following characteristics:

この機能は次のような仕組みです。

  • The server which has Pandora FMS console must be connected to Internet.
  • Pandora FMS コンソールがインストールされているサーバはインターネットに接続されていなければなりません。
  • Update Manager will contact our server for new updates (on Sourceforge). Send anonymous statistical data about the use of Pandora FMS (# of agents).
  • アップデートマネージャは、我々のサーバ(Sourceforge)に接続します。Pandora FMS の利用状況(エージェント数)を発信者を特定しない状態で送信します。
  • An update from Sourceforge will be downloaded from weekly updates folder.
  • 更新ファイルが Sourceforge から週単位で更新フォルダにダウンロードされます。
  • The updates are incremental and they have the content of the whole console, so this process could take a lot of time (the packages weight is about 25 MB).
  • 更新はインクリメンタルですが、コンソール全体のファイルを含みます。そのため、処理には時間がかかります。(パッケージは約 25MB あります)
  • Updates are automatic: they are not reviewed by the team, in the 99% of cases no problem is expected but we could not guarantee nothing if a problem occurs.
  • 更新は自動です。開発チームによるレビューはされていません。99%は問題無いと思いますが、何も問題が無いことを保証するわけではありません。
  • The updates are only for console not for agents and server.
  • 更新は、コンソールのみです。エージェントおよびサーバの更新はありません。

コンソールの更新手順

Go to extensions -> Update manager. On the main screen you'll see if there are any updates pending or available to install, plus the latest console version. Click to install.

拡張(Extensions) -> アップデートマネージャ(Update Manager) へ行きます。メインの画面では、インストール待ちおよび存在するアップデート、最新のコンソールバージョンが表示されます。インストールをクリックします。

After downloading the packet a dialog will appear with the option to accept or reject the update.

パッケージをダウンロードすると、アップデートを行うかどうかのオプションが表示されます。

Click Confirm to begin the installation process.

インストール処理を開始するには確認をクリックします。

Some updates contain modifications in the database. The update process launches a dialog to inform about these changes, as in the following screenshot.

いくつかのアップデートにはデータベースの修正も含みます。アップデート処理では、これらの変更に関する情報を次のようにダイアログ表示します。

At this point there are two possibilities, apply the changes to the database and update the console, or reject the update, and leave the console and database as they are.

この時点で、データベースとコンソールのアップデートを適用するか、それを実施せずにコンソールとデータベースを現状のままとするかの 2つの選択肢があります。

Info.png

For Update Manager to work you need an outgoing Internet connection. It uses WGET by default to download packets, you can use the CURL method (this must be changed in the Pandora configuration) but it is slower.


Info.png

アップデートマネージャが動作するためにはインターネットへの接続が必要です。パッケージのダウンロードに、デフォルトでは wget を利用します。curl を利用することもできます(Pandora の設定で変更します)がさほど早くありません。


After the process the main update page will appear with the updated console version displayed. Congratulations, you've successfully updated your version!

処理が終わると、メインのアップデートページにコンソールのバージョンが表示されます。 おめでとうございます、これが表示されればアップデート成功です。

エンタープライズ版の更新

Unlike Open updates, Enterprise updates have several additional features:

オープンソース版の更新とは異なり、エンタープライズ版の更新では追加の特徴があります。

  • 100% tested by development team, so you can enjoy updates the same day (even a few hours later) that an incident was open.
  • 開発チームによって 100% テストされています。そのため、公開されたと同時に(もしくは数時間以内に)更新することができます。
  • Specific updates (incremental) which allow you to update only the part that is outdated, without downloading heavy packages.
  • 大きなパッケージをダウンロードする必要はなく、更新されたもののみを適用することができます。
  • Enables "offline" updates, downloading packets from the support page, for Pandora FMS installations that don't have an Internet connection (security reasons).
  • オフラインの更新ができます。サポートページからダウンロードして、(セキュリティの理由等で)インターネットに接続されていない Pandora FMS に適用できます。

設定

In order to be able to use Update Manager in the Enterprise version, first you must have the Updater correctly configured , which has its own section in the menu:

Enterprise 版のアップデートマネージャを利用できるようにするには、最初にアップデータを正しく設定する必要があります。該当メニューから設定を行います。

"オンライン" 更新

Access Update Manager from the update section. If you have Enterprise version installed, you can use the interface (if not, the Open version will appear).

アップデートのメニューから、アップデートマネージャへアクセスします。Enterprise 版をインストールしている場合は、インタフェースを利用可能です。(そうでなければオープンソース版が表示されます)

From this page you can see the version of Pandora FMS you are currently using, plus any new updates available.

このページで現在利用している Pandora FMS のバージョンと新たなアップデートがあるか確認することができます。

To update to the last version click on the link that shows the image in your Pandora FMS console.

最新バージョンにアップデートするには、Pandora FMS コンソールのリンクをクリックします。

A dialog will appear that giving you the option to continue or not.

継続するかどうかのオプションダイアログが表示されます。

If you click Continue, either, 1) the console will be updated and the process will finish; or, 2) the update includes changes to the database and a dialog will appear asking if you want to update the database or not.

継続をクリックすると、1) コンソールをアップデートして終了するか、2) データベースを含めて更新するかを確認するダイアログが表示されます。

If you update the database, the process will execute normally; however, if not, neither the database or the console will be updated, as some database changes can have critical consequences for console changes in the same update.

データベースを更新するとプロセスは正常に実行されます。 ただし、そうでない場合、データベースまたはコンソールのいずれも更新されません。データベースの変更によっては、同じ更新プログラムでのコンソールの変更に重大な影響を及ぼす可能性があるためです。

After, the updater will appear with the current version installed on Pandora FMS.

その後、Pandora FMS にインストールされた現在のバージョンのアップデータが表示されます。

"オフライン" 更新

"Offline" Pandora FMS updates can also be downloaded, as they have .OUM extensions. Go to the official Pandora FMS support page to download.

Pandora FMS は "オフライン" アップデートも可能です。 .OUM という拡張子のパッケージがあります。それには、Pandora FMS の公式サポートページへ行き、.OUM ファイルをダウンロードしてください。日本におけるエンタープライズ版更新ファイルダウンロードは、(株)アールワークス が提供しています。

Upload it to the console using this control:

次の画面からそれをアップロードします。

Once uploaded, the file will appear. Click to start the update.

アップロードが完了するとファイルが表示されます。アップデートには開始をクリックします。

The update follows the same operation flow as online downloads, displaying the corresponding console and database update dialogs, if there are any changes to be applied there.

アップデートは、オンラインのダウンロードと同じフローです。適用する変更がある場合、関連するコンソールおよびデータベースのアップデートダイアログが表示されます。

Info.png

The Pandora Console can be updated in the same way, using zip files created by our team.


Info.png

我々のチームが提供している zip ファイルを使っても、同じ方法で Pandora コンソールをアップデートできます。


アップデートマネージャのための PHP の追加設定

For Open Update Manager to execute correctly it needs more memory than it has pre-determinedly assigned. To assign more memory to PHP execution and for Open Manager to function, the php.ini file must be edited and a minimum memory of 256M established.

オープンアップデートマネージャを正しく動作させるためには、デフォルトの割り当てよりも多くのメモリが必要です。PHP に多くのメモリを割り当てるために、php.ini を編集し、少なくとも 256M のメモリを確保してください。

The line is:

設定は次の通りです。

memory_limit = 256M	; Maximum amount of memory a script may consume (256MB)

Commonly, on Debian/Ubuntu systems the file is located in directory /etc/php5/apache2.

Debian/Ubuntu のシステムであれば、ファイルは /etc/php5/apache2 以下にあります。

他のシステムへのマイグレーション

We can encounter the circumstance that we want to use a new version of Pandora in another different or newer system or distribution , for example, migrating from a SUSE 11 to a SUSE 12 or from an Ubuntu to CentOS.

たとえば、SUSE 11 から SUSE 1 2へ、または Ubuntu から CentOS への移行など、別の異なるシステムまたはディストリビューションで新しいバージョンの Pandora を使用したいという場合もあります。

For this, all we have to do is install Pandora FMS from scratch in the new system , or download the ISO that we provide and install it.

これを実行するには、Pandora FMS を新規インストールするか、ISO アプライアンスをダウンロードしてインストールする必要があります。

1. When Pandora FMS is running on the new system, back up the previous system's database:

mysqldump -u root -p pandora > backup_pandora_X.Y.sql

1. 新たなシステムで新規の Pandora FMS が動作するようになったら、以前のシステムのデータベースバックアップを行います:

mysqldump -u root -p pandora > backup_pandora_X.Y.sql

2. Then, send the backup_pandora_X.Y.sql file from the oldd system to the new one.

2. バックアップファイル backup_pandora_X.Y.sql を新たなシステムへ転送します。

3. Close all running processes except MySQL.

3. mysql 以外の全プロセスを停止します。

/etc/init.d/pandora_server stop 
/etc/init.d/pandora_agent_daemon stop 
/etc/init.d/tentacle_serverd stop 
/etc/init.d/apache2 stop  o /etc/init.d/httpd stop (parar servidor apache, variará dependiendo de la distribución que usemos)

4. Enter MySQL as root user. Access the Pandora FMS database on the new system (¨pandora¨by default) and import the database.

4. 新システムの mysql へ root ユーザでコマンドラインに入ります。pandora データベース(デフォルトの場合の名前は pandora です)へアクセスし、インポート操作を実行します。

#mysql -u root -p
mysql>use pandora
Database changed
mysql>source /home/artica/backup_pandora_X.Y.sql ( put the full path to the backup file you created a few steps back )

5. In the case of a migration to a higher version in which the database structure changes, this would be the time to run the migration scripts as indicated in the major version update procedure.

5. 新しいバージョンへのマイグレーションでは、メジャーバージョンのアップデート手順に示すデータベースのマイグレーションスクリプトを実行する必要があります。

6. If we've changed to a different distribution, keep in mind the console path has also changed and some database fields will be different, such as tconfig "attachment_store" and "fontpath". To modify these fields, introduce these queries. In the example you can see how a migration to CentOS would look. For other distributions, just change the Apache directory path.

6. OS のディストリビューションを変更する場合には、システム内のコンソールのパスおよび、tconfig の "attachment_store" および "fontpath" など、pandora データベース内のいくつかのフィールドを変更する必要がある可能性があることに注意してください。これらのフィールドを修正するには次のクエリを実行します。この例は、CentOS へのマイグレーションです。他のディストリビューションでは、Apache のディレクトリパスを変更します。

#mysql -u root -p
mysql>use pandora
Database changed
mysql>UPDATE tconfig SET value = '/var/www/html/pandora_console/attachment' WHERE token LIKE 'attachment_store'
mysql>UPDATE tconfig SET value = '/var/www/html/pandora_console/include/fonts/smallfont.ttf' WHERE token LIKE 'fontpath'

Keep these paths in mind in relation to server and console configuration (config.php and pandora_server.conf)

これらのパスは、サーバとコンソールの設定(config.php および pandora_server.conf)に関係することを認識しておいてください。

7. Once the database is migrated check that the previous .../pandora_console/include/config.php and /etc/pandora/pandora_server.conf files and the new ones contain the same data in the dbname, dbuser, dbpass fields. If they are the same you don't need to do anything. If not, we can do one off these two things :

7. データベースをインポートしたら、設定ファイル <コンソールパス>/pandora_console/include/config.php および /etc/pandora/pandora_server.conf の dbname, dbuser, dbpass フィールドを確認する必要があります。同じ値になっていれば特に何もする必要はありません。そうでなければ、次のようにします。

a. Replace the new files with the old ones or replace the data of the new files for the old ones.

a. 古い設定ファイルまたは設定フィールドを新しいものに置き換えます。

b. Give the database permissions with the data from the new installation. E. g. with the following data; dbname=pandora, dbuser=pandora1 and dbpass=pandora2, like this:

b. 設定ファイル内に記載されているデータベースへのアクセス設定を更新します。新たな設定ファイルに dbname=pandora, dbuser=pandora1, dbpass=pandora2 という設定があるとすると、次のような対応を実施します。

#mysql -u root -p
mysql>grant all privileges on pandora.* to 'pandora1'@'localhost' identified by 'pandora2';
mysql>flush privileges;

Restart the daemons and access the Pandora FMS console, including all agents, modules, alerts, etc. already configured and, if you change the IP of the new host for the previous, all the local agents will report to the new system.

その後、すべてのデーモンを再開し、すべての設定が完了しすべてのエージェント、モジュール、アラートなどを含んだ Pandora コンソールにアクセスします。IP アドレスを変更している場合は、全エージェントのデータ送信さきを新たなシステムへ変更します。

This procedure is also valid for the Enterprise version.

この手順は、Enterprise 版であっても同様です。

Windows でのサーバとコンソールのインストーラを使ったアップグレード

In the installation executable of the console and the server there is a new option that allows to update Pandora FMS if a previous version is installed in the computer.

コンソールとサーバのインストーラには、Pandora FMS の以前のバージョンがインストールさている場合に、それをアップグレードするオプションがあります。

Start the installer (. exe) as if you were going to perform an installation frorm scratch and select the language:

Pandora FMS をクリーンインストールした時同様に、インストーラプログラム(.exe)を実行し、言語を選択します。

ファイル:Pandora agent 3.0 RC3 install windows 01 eng.png

Please follow the installer steps:

インストーラのステップに従います。

ファイル:Pandora server install windows 01.png

Please accept the license terms:

ライセンス条項に同意してください。

ファイル:Pandora server install windows 02.png

Please select only the 'Update installed version' option:

'Update installed version' オプション のみ を選択します。

ファイル:Pandora server update windows 01.png

Please choose the desired installation path and continue. The installer will ask for the Pandora FMS server's name or IP address:

希望のインストールパスを選択して続けます。インストーラは、Pandora FMS サーバ名または IP アドレスを訪ねてきます。

ファイル:Pandora server install windows 05 eng.png

The update will take place now. Please remember that Microsoft Visual C++ is required for the modules to work properly.

アップデートが実行されます。モジュールが正しく動作するためには、Microsoft Visual C++ が必要なことを忘れないようにしてください。

ファイル:Pandora server install windows 06 2 eng.png

Please wait while the files are being copied and all the setup-related settings are being carried out. The updating process will end shortly.

ファイルがコピーされ設定が完了するのを待ってください。アップデート処理は短い時間で完了します。

ファイル:Pandora server install windows 08 eng.png

Pandora FMS is now updated and ready to use.

Pandora FMS がアップデートされ、使える状態になります。

Info.png

Pandora will be updated to the last version available, which replaces Apache with Nginx as the default web server, among other changes. In case you want to keep Apache as your web server, please update the console with the OUM files, or through Update Manager Online.


Info.png

Pandora は最新バージョンにアップデートされます。デフォルトのウェブサーバは、Apache から Nginx に変更されます。ウェブサーバを Apache のままにしたい場合は、コンソールを OUM ファイルでアップデートするか、オンラインのアップデートマネージャを使ってください。


以前のバージョンへの変更

To be able to update your software to a previous version, just downgrade Pandora FMS console. As a precaution, it is recommended to do a database and Pandora FMS configuration file backup as shown previously (poner link más arriba). The Open package must always be installed first and the Enterprise version afterwards

以前のバージョンへ戻すには、Pandora FMS コンソールをダウングレードするだけです。事前に、前述と同様にデータベースと Pandora FMS 設定ファイルのバックアップを行うことをお勧めします。オープンソースのパッケージを最初にインストールし、Enterprise 版をその後にインストールします。

RPM パッケージより

  • Open console update:
rpm -i --force pandorafms_console_package.rpm
  • Enterprise console update:
rpm -i --force pandorafms_console__enterprise_package.rpm
  • オープンソースのコンソールアップデート:
rpm -i --force pandorafms_console_package.rpm
  • Enterprise 版コンソールのアップデート:
rpm -i --force pandorafms_console__enterprise_package.rpm

DEB パッケージより

  • Open console update:
dpkg –i  --force pandorafms_console_package.rpm
  • Enterprise console update:
dpkg -i --force pandorafms_console__enterprise_package.rpm
  • オープンソースのコンソールアップデート:
dpkg –i  --force pandorafms_console_package.rpm
  • Enterprise 版コンソールのアップデート:
dpkg -i --force pandorafms_console__enterprise_package.rpm

Tarball/ソースコードより

  • Open console update:
tar -xvzf pandorafms_console_package.tar.gz
mv –f ./pandora_console/* /yourconsolepath
  • Enterprise console update:
tar -xvzf pandorafms_console_package.tar.gz
mv -f ./enterprise /yourconsolepath
  • オープンソースのコンソールアップデート:
tar -xvzf pandorafms_console_package.tar.gz
mv –f ./pandora_console/* /yourconsolepath
  • Enterprise 版コンソールのアップデート:
tar -xvzf pandorafms_console_package.tar.gz
mv -f ./enterprise /yourconsolepath