個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Tentacle

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

Tentacle について

Tentacle is a client/server file transfer protocol that aims to be:

Tentacle は、以下を意識したクライアント/サーバのファイル転送プロトコルです。

  • Secure by design.
  • Easy to use.
  • Versatile and cross-platform.
  • 安全な設計
  • 使いやすい
  • 汎用性とクロスプラットフォーム

Tentacle was created to replace more complex tools like SCP and FTP for simple file transfer/retrieval, and switch from authentication mechanisms like .netrc, interactive logins and SSH keys to X.509 certificates. Simple password authentication over a SSL secured connection is supported too.

Tentacle は、SCP や FTP のようなより複雑なツールの置き換えとして、認証の仕組みも .netrc のようなものや、インタラクティブなログイン、SSH キーから、X.509 へ切り替え、簡単にファイルを転送できるツールとして作成されました。SSL で保護された接続による単純なパスワード認証もサポートされています。

The client and server (TCP port 41121) are designed to be run from the command line or called from a shell script, and no configuration files are needed.

クライアントとサーバ(TCP ポート 41121)は、コマンドラインやシェルスクリプトから呼び出されて動くように設計されており、設定ファイルは不要です。

Since 2008, Tentacle is the default file transfer method for Pandora FMS

2008年以降、Tentacle は Pandora FMS のデフォルトのファイル転送方式です。

Tentacle is implemented in Perl and ANSI C (Windows platforms included).

Tentacle は、Perl および ANSI C (Windows プラットフォームも含む)で実装されています。

You can download it and get more information at the official Sourceforge website [1].

ダウンロードおよび詳細情報の確認は、Sourceforge 上の公式のウェブサイトでできます。 [2]

ドキュメント