個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Interface

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

Pandora FMS のインタフェース

概要

In this section we are going to provide you with the Pandora FMS interface base menus, and also with all icons and required features for start to learn how to use Pandora FMS.

このセクションでは、Pandora FMS の使い方を学べるように、Pandora FMS の基本的なインタフェースのメニューと各アイコンの機能について説明します。

Pandora FMS ログイン画面

On the image below, we see the default Pandora FMS start session screen:

次に示すのは、Pandora FMS のデフォルトのログイン画面です。



At the bottom of the screen, we can see the version of Pandora FMS we're currently using.

画面の下に、Pandora FMS のバージョン番号が表示されます。

There are text entry boxes in the center to enter the username and password with the button to start the session (login).

中央には、コンソールに入る(ログインする)ためのユーザ名とパスワードを入力する場所およびログインボタンがあります。

Introduce credentials to start. The defaults are:

デフォルトのアカウントは次の通りです。

  • ユーザ名(ログイン): admin.
  • パスワード: pandora

The console displays the default Pandora FMS main welcome page. Pandora FMS start session screens can be customized. This will be explained in the Custom welcome screen section.

ログインすると、デフォルトの Pandora FMS コンソールのメインページが表示されます。Pandora FMS のセッション開始画面はカスタマイズすることができます。その方法については、ログイン画面のカスタマイズにて説明します。

Pandora FMS メインページ

The Pandora FMS default main page shows basic and general information about the status of the systems and the number and type of checks that Pandora FMS performs.

Pandora FMS のデフォルトのメインページは、システムの状態やモニタリングしている数などの情報が表示されます。

This default screen of Pandora FMS and its elements looks like this:

以下に、Pandora FMS のデフォルトのメイン画面を示します。





The static elements -that does not change in different screens-at the interface are:

以下の項目は、変化しない静的な項目です。

  • Operation menu
  • 操作メニュー
  • Administration menu
  • 管理メニュー
  • Defined links
  • リンクメニュー
  • Header
  • ヘッダー

The dynamic elements-that change in different screens- are:

以下は、動的に変化します。

  • Header information:
  • ヘッダー情報
    • User information, pending messages, system notifications, etc. (this will be explained in the header subsection below).
    • ユーザ情報、未読メッセージ、システムの警告など (これらは、サブセクション に表示されます)
  • Site news
  • サイトニュース
  • Web console last activity
  • ウェブコンソールの最新の状態
  • General basic information
  • 一般的な基本情報
  • Cheking main view in Pandora FMS
  • Pandora FMS のメインビュー

This is the default home page, but the user can customize it.

以上がデフォルトのページですが、カスタマイズすることもできます。

Pandora FMS カスタマイズページ

In the Workspace-> Edit my user view you can choose the Pandora home screen.

操作メニューのユーザ情報編集にて、Pandora FMS のメインページを選択できます。





Note: Shortcut bar functionality is implemented from Pandora FMS 5.0 onwards

注意: ショートカットバー機能は、Pandora 5.0 から実装されています。

Available options:

設定可能なオプション:

  • Default. Pandora FMS main page by default.
  • デフォルト(Default): デフォルトの Pandora FMS メインページ
  • Dashboard. You can choose a user dashboard.
  • ダッシュボード(Dashboard): ユーザのダッシュボードを選択できます
  • Visual console. You can choose a user visual console.
  • ビジュアルコンソール(Visual console): ユーザのビジュアルコンソールを選択できます
  • Event list.
  • イベント一覧(Event list)
  • Group view.
  • グループビュー(Group view)
  • Tactical view.
  • モニタリング概要(Tactical view)
  • Alert detail.
  • アラート詳細(Alert detail)
  • Other. User can customize the home page. By default, will display Default view. Example: Select \'Other\' and type sec=estado&sec2=operation/agentes/estado_agente to show agent detail view.
  • その他(Other): ユーザがホームページをカスタマイズできます。デフォルトでは、デフォルトビューが表示されます。例えば、\'Other\' を選択し、type sec=estado&sec2=operation/agentes/estado_agente を設定するとエージェント詳細が表示されます。

操作メニュー

The Operation menu allows you to view all checking done by Pandora FMS agents, the visual maps, network maps, inventory, see and manage the incidents (if you have permissions), see the SNMP console, see the messages and use the extensions.

操作メニューでは、Pandora FMS エージェントによってチェックしたステータスの確認や、ビジュアルマップ、ネットワークマップ、インベントリ、インシデントの参照と管理(権限がある場合)、SNMP コンソール、メッセージの参照、拡張の利用などができます。

Menuope.jpg

From the Operation menu down to any submenu, there could be other elements that will be displayed.

操作メニューのいくつかにはサブメニューがあり、(親)メニューを選択することにより表示させることができます。

All of these elements link to other pages containing information and all of them will be explained in the chapters dealing with Operations in Pandora FMS in great detail.

これらの要素はすべて、情報を含む他のページにリンクしています。それらのすべてについては、Pandora FMS の操作を扱う章で詳しく説明します。

管理メニュー

The Administration menu allows you to visualize and manage the checks carried out by Pandora FMS agents, the modules and components of said checks, the alerts that these modules and agents can launch and how these alerts work, the existing policies, the users, the user profiles, the Pandora FMS servers and their assigned tasks, the system audit log, the general behavior of the Pandora FMS web console.

管理メニューでは、Pandora FMS エージェントが実施するモニタリング内容を参照したり管理することができます。また、これらのモニタリングのためのモジュールやコンポーネントの可視化をします。さらに、モジュールやエージェントからどのようにアラートを発生させるか、設定されているポリシー、ユーザ、ユーザプロファイル、Pandora FMS サーバと設定タスク、システム監査ログ、Pandora FMS ウェブコンソール自体の設定、データベース管理およびコンソール拡張などの操作ができます。



Extension.jpg



There could be other elements which will be displayed when selecting menus in any submenu down from Administration.

管理メニューのいくつかにはサブメニューがあり、(親)メニューを選択することにより表示させることができます。

Each of these elements provides another page with information. All of them will be explained in detail in the chapters of operation and management with Pandora FMS.

これらの項目は、異なる追加情報を提供します。詳細は、Pandora FMS の操作と管理の章にて説明します。

リンクメニュー

The links menu simply displays a link to preconfigured sites. These can be added, modified and deleted from the Pandora FMS Administration menu. These links allow you to link Pandora FMS with other WEB applications of your organization and make Pandora FMS a central management point.

リンクメニューは、あらかじめ設定されたサイトへのリンクを表示しています。これらは、Pandora FMS 管理メニューより、追加、変更、削除可能です。ここへは任意の他のウェブアプリケーション等へのリンクを設定することができ、Pandora FMS をシステム管理の中心として使うことができます。

Enlaces.jpg

ヘッダー

The Pandora FMS header offers several quick links or direct access to important features of the system and a search bar:

Pandora FMS ヘッダーは、システムで重要な機能へのリンクおよび、検索窓を提供しています。





From left to right, the header provides the following:

左から右へ、ヘッダーは次のようになっています。

  • The search bar which allows to run a search in several elements: Agents, reports, alerts, maps, combined graphs, users and / or policies in the Pandora FMS database.
  • The auto-refresh button which, apart from updating the screen, it can be configured to auto-refresh in a determined time interval. This allows you to configure it to be refreshed every X time on any page. By doing this, the session or the information in it won't get lost. It also displays the updated data.
  • If there are pending system notifications, an alert icon will be displayed and clicking on it will display a modal window with the current alerts.
  • A link to the system status which shows the Pandora FMS server status.
  • A link to the general support of Pandora FMS.
  • A link to the general contextual help content of Pandora FMS.
  • A button to close the session.
  • Pandora FMS データベース内の、エージェント、レポート、アラート、マップ、結合グラフ、ユーザ、ポリシーといった要素を検索できる検索バー。
  • 選択した時間間隔で画面を自動更新する設定をするための自動更新ボタン。任意のページを任意の時間間隔で更新するように設定できます。これによりセッションが維持され更新データが表示されます。
  • システムの警告がある場合はアラートアイコンが表示されます。それをクリックすると、最新のシステムの警告を表示するウインドウが開きます。
  • Pandora FMS サーバの状態を表示するシステム状態へのリンク
  • Pandora FMS のサポートへのリンク
  • Pandora FMS のヘルプへのリンク
  • ログアウトボタン





  • If the user has pending messages to read then a card will be shown and when you click it then a modal window with the current messages will be shown.
  • 未読メッセージがある場合は、封筒アイコンが表示されクリックするとメッセージが表示されます。

The link to the system status also alerts you when a service is down, changing icon:

システム状態へのリンクは、サービスが停止したときにアイコンを変更することにより警告します。



Servers.jpg



By clicking on the link, it takes you directly to the server status, reporting various details about them:

リンクをクリックすることにより、サーバの状態の詳細を直接参照できます。



Config.jpg



In the user editing section we can configure the auto-refresh for certain sections. If enabled in the section where we are, the auto refresh button allows you to update the page by clicking on it, or select an update frequency:

ユーザ編集画面でいくつかのセクションにおける自動更新を設定できます。有効化すると自動更新ボタンで自動更新の有効化や更新間隔を設定することができます。





Once this has been selected, the remaining time until the next update will be shown near to the link name:

更新間隔を選択すると、次の更新までの残り時間を表示します。

ファイル:Autorefresh count down pandora v5.png

The autorefresh is only in some pages, because in the rest of pages is disabled for to avoid conflicts and lost data for example when you fill a form. The list of pages with autorefresh is:

  • Tactical View
  • Group View
  • Agent Detail
  • Alert Detail
  • Monitor Detail
  • Service View
  • Dashboard
  • View Events
  • SNMP Console
  • Network Map
  • Cluster view
  • Graph viewer
  • Visual Consoles

自動更新は、いくつかのページでのみ有効です。その他のページでは、フォームに入力したデータが消えたり不整合が発生するのを避けるために無効になっています。自動更新が有効なページは次の通りです。

  • モニタリング概要
  • グループ
  • エージェント詳細
  • アラート詳細
  • モニタリング詳細
  • サービス概要
  • ダッシュボード
  • イベント参照
  • SNMP コンソール
  • ネットワークマップ
  • クラスタ表示
  • グラフ表示
  • ビジュアルコンソール



TThe search bar allows you to look for entries in maps, reports, graphs, alerts, users, agents and policies. It shows a summary of what has been found. The information is arranged in tabs for each kind of data, the agent tab is selected in advance:

検索バーでは、マップ、レポート、グラフ、アラート、ユーザー、エージェント、ポリシーのエントリを検索できます。 見つかったものの概要を示します。 情報は各種類のデータのタブに配置され、エージェントタブは事前に選択されています。





The direct link to events is the same as the one shwn by the Operation menu. This shows events which occur in the system and allows their management if there are sufficient permissions to do that. The event management will be explained in the chapter "Management of the application".

イベントへのリンクは、操作メニューのそれと同じです。これは、システムのイベントを表示し、権限があれば管理もできます。イベントの管理は、"アプリケーションの管理" にて説明します。

Pandora FMS インタフェースのアイコン

In Pandora FMS there are several icons next to text, with other icons, by themselver, etc. In this section we will explain the most important ones.

Pandora FMS には、テキストに関連したもの、他のアイコンに関連するもの、また単独のものなど、いくつかのアイコンがあります。この章では、重要なアイコンについて説明します。

オンラインヘルプアイコン

The help on line icon gives a general help on the field it comes with or in the application form or page where it is. It opens a pop up window (you should have the pop up windows activated in the browser).It will give you full information. To show this help you should have to press on the icon.

オンラインヘルプアイコンは、それぞれのページやアプリケーションのヘルプを呼び出します。アイコンをクリックすることにより、ポップアップウィンドウを開き(ブラウザでポップアップを有効にする必要があります)、該当機能のヘルプを表示します。

The icon is an interrogation mark on green background and round shape:

このアイコンは、緑の背景にクエスチョンマークの丸い形をしています。

Icono.jpg

補足説明アイコン

The suggestion and advice icon provide you with some help on the field it comes with. It's shown by moving your cursor over it.

補足説明アイコンは、アイコンにマウスポインタを合わせることにより該当部分のヘルプを表示します。



Estrella.jpg



設定アイコン

The management icon comes with some lines in some tables. It represents a direct link to the element's configuration. To have access to the linked page, you just have to click on it.

設定アイコンは、現在表示している内容に対する設定画面へのリンクになっています。このアイコンをクリックすることにより、該当の設定画面を開くことができます。



Mango.jpg



全画面アイコン

It is present in mainly visual sections to display information in full-screen mode by hiding the menus.

このアイコンは、メニューを隠すことによって該当ページを全画面表示します。



Flecha.jpg



魔法の杖アイコン (ウィザード)

The magic wand icon indicates that the functionality will be useful to easily apply (via an assistant) to a large number of items an action.

現在の機能を表示する魔法の杖アイコンは、(アシスタントを経由して)一つのアクションで多くの要素を適用するのに便利です。



Magica.jpg



リモート設定アイコン

ソフトウエアエージェントの設定ファイルをリモートから編集する場合に利用します。



Oso.jpg



アップデートアイコン (強制実行)

Pandora FMS remote checking has an update interval - but this could be forced by clicking on a button.

Pandora FMS のリモートチェックは、更新間隔に従って実施されます。しかし、このアイコンをクリックすることにより強制実行することができます。





リフレッシュアイコン (アップデートアイコンの後に利用)

Once the forced update icon has been pressed it will change to show that it has been activated.

強制実行されたあと、表示を更新するときにクリックします。

Toner.jpg

It will return to his usual state once the checking has been updated.

現在の状態を反映します。

アイコン上にマウスポインタを置いたときのテキスト表示

Almost all Pandora FMS images have an alternative text that is shown when you put the mouse pointer over them.In this way you could obtain alternative textual information as well as the information that the images offer.

多くの Pandora FMS の画像には、マウスカーソルをその上に持っていったときに表示されるテキストがあります。これにより、その画像がどのようなものであるかの情報を知ることができます。

Raton.jpg

サーバ管理

The detailed view of the servers is used to know, besides the general status of the Pandora FMS servers, their load level and delay in the executions.

Pandora FMS サーバの一般的な状態のほかに、サーバの詳細表示を使用して、それらの負荷レベルと実行の遅延を知ることができます。

Some icons have special relevance, as you can see in the screenshot above:

上のスクリーンショットでわかるように、いくつかのアイコンは特別な関連性があります。

  • Poll request Requests the remote test server to execute all the checks it has, forcing it to execute them again. Valid for all network servers, e.g. Network server, WMI server, Plugin server, WEB Server, etc.
  • Edit recon server tasks.
  • Edit remote server configuration. Valid for pandora or satellite server servers.
  • ポーリング要求で、リモートテストサーバが持っているすべてのチェックを実行するように要求し、それらを再度実行するように強制します。 ネットワークサーバ、WMIサーバ、プラグインサーバ、ウェブサーバなど、すべてのネットワークサーバに有効です。
  • 自動検出サーバタスクの編集
  • リモートサーバ設定の編集。pandora またはサテライトサーバで有効です。

In this view we can see different informationin each column:

ここではそれぞれのカラムで異なる情報を見ることができます。

  • Server name: Generally the hostname of the machine is used.
  • Status: (green = active, gray = stopped or down).
  • Type of server: Data server, network server, etc.
  • Version: Shows the current version of our Pandora FMS server.
  • Modules: Number of modules of this type executed by the server with respect to the total number of modules of this type.
  • Server Lag / Delayed Modules: Highest time that the oldest module is waiting to receive data / Number of modules that are out of their life time. This indicator is used to know if we have too many modules and to know if the server is at the limit of its load capacity. Delayed modules indicates the number of modules that have not reported to the server.
  • T/Q (Current threads/queued modules currently): Shows the number of threads currently active on each server. Total number of modules in queue waiting to be attended. These parameters reflect status of excessive load. There should almost never be modules queued, this reflects the inability of the server to process the data.
  • Data update: Each server has a Keepalive that updates its status, to make sure it is active, also updating its statistics.
  • サーバ名(Server name): 一般に、利用しているマシンのホスト名です。
  • 状態(Status): (緑 = 稼働中, グレー = 停止中)
  • サーバタイプ(Type of server): データサーバ、ネットワークサーバなど。
  • バージョン(Version): Pandora FMS サーバの現在のバージョンを表示します。
  • モジュール(Modules): このタイプのモジュールの総数に対する、該当サーバによって実行されたこのタイプのモジュール数。
  • 平均遅延/遅延モジュール(Server Lag / Delayed Modules): 最も情報が古いモジュールがデータの受信を待っている最長時間/実行間隔を過ぎているモジュールの数。 この指標は、モジュールが多すぎるかどうか、およびサーバがその負荷容量の限界にあるかどうかを知るために使用します。遅延モジュールは、サーバにデータが届いてないモジュールの数を示します。
  • T/Q (現在のスレッド/キューに入っているモジュール): 各サーバで現在アクティブなスレッド数を示します。 実行を待っているキュー内のモジュールの総数。これらのパラメータから過負荷状態がわかります。モジュールがキューに入れられ待ちが続くことはほとんどないはずです。キューが増えている場合サーバがデータを処理できていないことを意味します。
  • 更新(Data update): 各サーバには、稼働中であることを確認し統計も更新するための、状態更新のキープアライブがあります。

エージェント、モジュール、グループの状態ととりうる値

An agent have data, and this data could be in several states:

エージェントには状態があり、それらは次のように表示されます。

  • OK: Green
  • Warning / Notice: Yellow
  • Critical: Red
  • Unknown: Grey.
  • Not started: They can't be seen. They only appear in blue in the management view.
  • 正常: 緑色
  • 警告: 黄色
  • 障害:
  • 不明: グレー
  • 未初期化: 表示されません。管理画面でのみ青で表示されます。

This would be a data view of one agent, that in Pandora FMS is called modules. In it is shown the module name, its state (a colored box) and its numeric or alphanumeric value.

これは、Pandora FMS からモジュールのチェックが実行されたエージェントの状態表示です。モジュール名とその状態(色)および現時点の値が表示されています。


Modulos descr.jpg
Agent's data view
エージェントのデータ表示


There is also the detailed agent view. This view quickly summarizes the agent's overall status and the summarized status of the modules. We can see several agents in different states in this view:

エージェントの詳細表示もあります。ここではエージェントの全体の状態とモジュールの概要を表示します。この画面では、複数のエージェントの状態を参照できます。


Agents view
エージェント表示


In this view, the agent called 'Database Server' has one configured module and one module in 'critical' state. Having an agent with at least one module in 'critical' state is displayed as a red box.

ここでは、'Database Server' というエージェントに一つのモジュールがあり、'障害' 状態となっています。少なくとも 1つのモジュールで '障害' 状態のモジュールがある場合は、赤い四角が表示されます。



Group View

グループ表示

As before, the group view summarizes the status of all agents for each group.

グループ表示では、それぞれのグループの全エージェントの状態を示します。

In this group view, we can see the following status:

ここでは、つぎのような状態を参照できます。

  • OK: All agents are working appropriately (green).
  • Warning / Notice: At least one agent of this group is in a 'warning' status (yellow).
  • Critical: At least one agent is in a 'critical' status (red).
  • Unknown: All agents of this group have an 'unknown' status (grey).
  • Without Modules: When the agents of a group don't have modules or if they are not initialized (white).
  • 正常: すべてのエージェントが正しく動作しています。(緑色)
  • 警告: 該当グループ内の少なくとも一つのエージェントが '警告' 状態です。(黄色)
  • 障害: 該当グループ内の少なくとも一つのエージェントが '障害' 状態です。(赤)
  • 不明: 該当グループ内の全エージェントが '不明' 状態です。(グレー)
  • モジュールなし: 該当グループ内のエージェントにモジュールがないか、未初期化です。(白)

Module View

モジュール表示

This view provides a list which contains all modules of all agents. The list shows the status of all modules using the same color coding as described above.

この表示は、全エージェントの全モジュールの一覧を提供します。一覧では、上記と同様の色を用いて全モジュールの状態を表示します。

エージェント自動補完ウィジェット

Maybe you can see in some pages in Padora:

Pandora のいくつかのページで次のような動作を見ることができます。

ファイル:Agent autocomplete.png

This widget searchs as you are tyiping in this with the filter and show the agents that are in the terms of the search. And the list shows by blocks:

このウィジェットは、タイプした文字を検索しエージェントの候補を表示します。リストは次のようなブロックで表示されます。

  • First block with green color, the agents that coincide with the name of typed.
  • Second block with yellow color, the agents that coincide with the description of typed.
  • Third block with purple color, the agents that coincide with the address of typed.
  • 緑色の最初のブロック, 名前が入力文字に一致したエージェント
  • 黄色の 2つ目のブロック, 説明が入力文字に一致したエージェント
  • 紫色の 3つ目のブロック, アドレスが入力文字に一致したエージェント

Remember the widget start to working when have almost two characters typed.

ウィジェットは、2文字入力した時点から動作し始めることに注意してください。

ネットワークインタフェース一覧

This table can appear in places such as an agent overview, the detail view of an agent in the tree view, certain report types, etc. As its name indicates, it displays information about the network interfaces of a given agent.

この一覧は、通常のエージェント表示画面、ツリー表示のエージェント詳細、いくつかのレポートなどで表示することができます。定義済エージェントのネットワークインタフェースに関する情報を表示します。

ファイル:Snmp-interface-table.png

There are some ways to show the table:

一覧表示させるには、いくつかの方法があります。

  • Recon script: More information. This script will create agents and modules prepared to properly show the information in case of being network interface modules.
  • 自動検出スクリプト(Recon script): 詳細はこちら。このスクリプトは、ネットワークインタフェースモジュールにおける情報表示のために、エージェントとモジュールを作成します。
  • SNMP interfaces wizard: Through a simple setup, this assistant, which is located into the agent's setup view, will show the found interfaces and the only thing to do will be choose the modules to be created. The module ifOperStatus is required to see the interface in the table. To view the input and output traffic graph, the modules ifInOctets and ifOutOctets also will be required.
  • SNMP インタフェースウィザード(SNMP interfaces wizard): エージェント設定画面にあるこのアシスタントは、見つけたインタフェースを表示し、作成するモジュールを選択します。一覧にインタフェースを表示させるには、モジュール ifOperStatus が必要です。入出力トラフィックグラフを表示するには、ifInOctets および ifOutOctets も必要です。
  • Manual creation: To display the interface into the table, a module should be created following certain naming conventions. This module should be called ifOperStatus_<interface name> and should be of one of this types: remote_snmp_proc, remote_icmp_proc, remote_tcp_proc, generic_proc. It's recommended the use of the remote_snmp_proc type and attack to the ifOperStatus OID of the interface (.1.3.6.1.2.1.2.2.1.8.<index>) to get its real status. To view the input and output traffic graph, two modules of remote_snmp_inc type and called ifInOctects_<interface name> and ifOutOctets_<interface name> should be created. This modules should attack the OID .1.3.6.1.2.1.2.2.1.10.<index> and .1.3.6.1.2.1.2.2.1.16.<index>, respectively. To show the IP and the MAC of the interface into the table, it's necessary to add this data to the ifOperStatus module's description.
  • 手動作成: 一覧にインタフェースを表示するには、次に示すネーミングルールでモジュールを作成する必要があります。モジュールは、<インタフェース名>_ifOperStatus という名前である必要があり、remote_snmp_proc, remote_icmp_proc, remote_tcp_proc, generic_proc のいずれかのタイプである必要があります。remote_snmp_proc タイプを利用し、実際の状態を取得するために、ifOperStatus の OID (.1.3.6.1.2.1.2.2.1.8.<index>)を参照することをお勧めします。入出力トラフィックグラフを参照するには、remote_snmp_inc タイプで <インタフェース名>_ifInOctects<インタフェース名>_ifOutOctets という 2つのモジュールを作成する必要があります。これらのモジュールは、OID .1.3.6.1.2.1.2.2.1.10.<index> および .1.3.6.1.2.1.2.2.1.16.<index> にアクセスします。インタフェースの IP と MAC アドレスを一覧に表示するには、ifOperStatus モジュールの説明にそのデータを追加する必要があります。