個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Export Server

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

エクスポートサーバ

概要

Pandora FMS Enterprise Version implements, through the export server, a data scaling device that allows you to do a virtually distributed implementation able to monitor an unlimited number of information, as long as you design it properly and break it up into different information profiles.

Pandora FMS エンタープライズ版は、データスケーリングデバイスであるエクスポートサーバを通して、情報量に制限なく仮想的にデータを配布することができます。加えて、異なる情報プロファイルに適用することができます。

The main idea consist on creating a hierarchical structure that distribute the information from down to top, being the top point the more global one, that collect only an extract of basic information of Pandora FMS installations at the lowest level, instead of collecting a bigger number of information, and that allows to the Pandora FMS highest installation to have a «filter» vision and more information density.

主たる考え方は、情報を下から上へ配布する、上へ行くほど広い範囲となる階層構造を作ることです。最下位レベルでは、多くの情報を収集するかわりに、Pandora FMS の基本的なインストール情報のみを抽出し、Pandora FMS の上位のインストールに対して、情報をフィルタできるようにします。

ES1.png

The server that exports is hierarchically bellow the server that gets this information. In a different sketch of the filter vision, you could use this technology to do a reply of all data reported by a server, though it could affect to the server performance in an important way.

情報を取得している下位のサーバから階層的にエクスポートします。フィルタという考え方でいえば、サーバの全てのデータの複製を作るための技術ととらえることができます。ただし、サーバのパフォーマンスに影響を与えます。

Each independent installation of Pandora FMS could export those data that the administrator prefer to one or several servers.

個々の Pandora FMS は、自身のデータを一つもしくは複数のサーバへエクスポートすることができます。

It is possible to export data that comes from modules, so a Pandora FMS installation that is hierarchically higher could receive the important data.

モジュールのデータをエクスポートすることができ、つまり、Pandora FMS は階層でより上のサーバが重要なデータを受け取ることができます。

The processing of events, view, reports, users and permissions will be different for each installation of Pandora FMS.They will be installations totally different at all purposes. Higher request could not be executed in real time data refresh petitions, so these data is obtained in a passive way and there is not access to the monitored elements of lower petitions , so the access security, information partition and access to privileged information is totally guarantee by the architecture design.

イベント、ビュー、レポート、ユーザおよび、パーミッションの処理は、それぞれの Pandora FMS ごとに異なります。すべてが違う目的でインストールされているかもしれません。より上位では、データをリアルタイムに処理することができません。なぜなら、データは下位のサーバから受け取るのみであり、また、下位のモニタ項目にアクセスする手段が無いためです。情報の分類とアクセス権限が、アーキテクチャのデザインによって完全に決められています。

The server that gets data, receive it through an XML, similar to the one that an agent would generate, in a way that it only need to have available a data server. The higher server, the one that receives data, only receives data, it does not receive events, and it can not reuse the alerts defined in the server that first receives data, this is, it should define its own alerts, and also its own reports, customized graphs, etc

サーバは、XML を通してデータを受け取ります。エージェントが生成したデータをデータサーバが受け取るのと似ています。上位のサーバは、データのみを受け取ります。イベントはうけとりません。また、元サーバのアラート再利用はできません。アラートやレポート、グラフなどは受け取るデータを元に上位サーバで定義します。

To export module data, the first step is to define a scaling server with different configuration options that would allow the export link between a server that exports (or client) and a server that imports.

モジュールデータをエクスポートする最初のステップは、エクスポートするサーバと、インポートするサーバの間の接続を行えるようにする異なる設定のスケーリングサーバを定義することです。

In Administration> Manage Servers> Export Targets click on "Create".

システム管理メニューの サーバ管理(Manage Servers) -> エクスポートターゲット(Export Targets) で、"作成(Create)" をクリックします。

ターゲットサーバの追加

ファイル:Export 1.png

Once you have click on Create it will show you an screen like this:

作成をクリックすると、次のような画面が表示されます。

ファイル:Export 2.png

Next we are going to detail the fields:

以下に各フィールドの詳細について説明します。

Name

名前(Name)

Pandora FMS server name.

Pandora FMS サーバの名前です。

Export Server

エクスポートサーバ(Export Server)

Combo to choose the server petition of export server that will be used to export the data.

データをエクスポートするのに利用するエクスポートサーバを選択します。

Prefix

プレフィックス(Prefix)

Prefix that is used to add to the agent name that send the data. For example, when the data of an agent named "Farscape" is resent, and its prefix in the export server is "EU01",the resent agent data will be seen in the destination server with the agent name EUO1-Farscape. This allow to know the data origin in case of that in a server we receive different sources of information, coming from different Pandora FMS servers, so we force that there would be name duplicity. The server will always add the "_" character after the prefix , so though it would be empty , the "_" character will be put before the agent name in the destination server.

プレフィックスは、データを送信するエージェント名に追加されるものとして使われます。例えば、"Farscape" という名前のエージェントのデータが再送され、エクスポートサーバのプレフィックスが "EU01" であるなら、送信先のサーバではエージェント名が EU01-Farscape となります。これにより、異なる発信元の Pandora FMS サーバからの情報を受け取っているサーバで、データの発信元を知ることができます。同じ名前があっても大丈夫です。サーバは、プレフィックスの後に常に "_" を追加します。そのため、プレフィックスの設定を行わないと、送信先のサーバでは "_" がエージェント名の前に付きます。

Interval

間隔(Interval)

Define the time interval, and how often (in seconds) you want to send the data that is unresolved. Data will always be collected from the original source, this is: if an agent collect data every 300 seconds and here it configures 1000 seconds, it means that the server will send what it has collected until this moment. In this case, three packages from this agent with interval 300.

データを送信する間隔 (秒単位) を設定します。データは常にオリジナルソースから収集されます。エージェントのデータ収集が 300秒ごとでも、この設定を 1000秒にすると、この間隔でサーバはデータを送信します。この場合、300秒ごとに収集されているエージェントのデータは、3つまとめて送信されます。

Target directory

対象ディレクトリ(Target directory)

It will be the target directory (used for SSH or FTP only), where it will leave remotely the data.

リモートでデータを置く (SSH もしくは FTP を利用) ターゲットのディレクトリです。

Address

アドレス(Address)

Data server address that is going to receive the data.

データを受け取るデータサーバのアドレスです。

Transfer Mode: files transfer mode. You can choose between:

転送モード(Transfer Mode): ファイルの転送モードです。以下から選択可能です。

  • Local:The server that receives the data is on the same machine that the server which export them.
  • Local:データをエクスポートするサーバと同じマシンで受け取る場合。
  • SSH: the transfer if made through SSH. It is necessary to copy the certificate of the server that export the data at the server that receives them.
  • SSH: SSH での転送の場合。データをエクスポートするサーバの鍵を受け取るサーバに設定する必要があります。
  • FTP: the transfer is made through FTP.
  • FTP: FTP での転送の場合。
  • Tentacle: the transfer is made through Tentacle (recommended).
  • Tentacle: Tentacle を使った転送の場合。(推奨)

User

ユーザ(User)

User for FTP

FTP のユーザです。

Password

パスワード(Password)

FTP user password

FTP のユーザパスワードです。

Port

ポート(Port)

Port used in the files transfer. For Tentacle it is the 41121 standard port.

ファイル転送に使うポート番号です。Tentacle では、41121 が通常のポート番号です。

Extra options

拡張オプション(Extra options)

Field for additional options such as the ones that Tentacle needs to work with certificates.

Tentacle を認証付きで利用する場合などの、追加のオプションを設定するフィールドです。

ターゲットサーバの編集

To edit a target server, click on the target server name or on the icon that is selected on the image.

ターゲットサーバを編集するには、ターゲットサーバ名をクリックするか、以下の例に示すアイコンをクリックします。

ファイル:Export server 6.png

ターゲットサーバの削除

To delete a target server,click on the trash icon that is on the right of the target server name.

ターゲットサーバを削除するには、対象サーバの右にあるゴミ箱アイコンをクリックします。

ファイル:Export server 7.png

ターゲットサーバのモジュールへのリンク

In order to scale the information, you're required to select the modules one by one which are able to send the information to a higher instance. In order to do this, the Pandora FMS console's module editor implements an option which allows you to assign one export server for each type of data. To do this, go to the configuration of those modules we want to send information about. Within the advanced options we will choose the necessary export target.

情報を縮小するためには、上位インスタンスに情報を送信できるモジュールを 1つずつ選択する必要があります。 これを行うために、Pandora FMS コンソールのモジュールエディタには、データの種類ごとに 1つのエクスポートサーバを割り当てることを可能にするオプションが実装されています。 これを行うには、情報を送信したいモジュールの設定を行います。高度なオプションの中から、必要なエクスポート先を選びます。

ファイル:Export server 8.png

Please click on the 'Update' button so that Pandora FMS is able to begin the data-exporting process to the afore selected server.

Pandora FMS が前述のサーバへデータエクスポート処理を開始できるように、'更新(Update)' ボタンをクリックしてください。