ja:documentation:04_using:14_incidence_management

インシデント管理

Pandora FMS は、Integria IMS チケット管理ツールと統合できます。

Integria IMS はオンプレミスのインシデント管理ソフトウエアです。Pandora FMS スイートに属し、さまざまなプロファイルをサポートし、内部監査に対応したマルチユーザおよびマルチグループで設計されています。

Pandora FMS と Integria IMS の通信は、Integria IMS API を通して行われます。

統合動作が正しく動くようにするには、最新バージョンの Integria IMS が必要です。バージョン 739 へアップデートする際は、以前の Integria IMS との統合情報は失われます。データを保持するためには、バックアップを取得しておくことをお勧めします。

統合は、Pandora FMS のコンソールの セットアップ(Setup) > セットアップ(Setup) > Integria IMS メニューから行います。

ここで、Integria IMS との統合の設定画面にアクセスします。ここには、アカウントにアクセスするために必要な情報を入力します。次のフィールドがあります。

  • ユーザ(User): Integria IMS と接続するためのユーザ。
  • パスワード(Password): ユーザのパスワード。
  • API ホスト名(API Hostname)
  • API パスワード(API Password)
  • 要求タイムアウト(Request timeout): API リクエストの最大待ち時間です。0 で無効化します。
  • テスト(Test): 接続テストをします。

正しい情報を入力し終わったら、アラートデフォルト値(Alert default values) および イベントカスタム応答(Event custom response) という別の 2つのセクションがあります。

  • アラートデフォルト値(Alert default values)>

アラートを通して作成されるチケットのデフォルト値として使われます。

この画面で Integria IMS との統合が有効になっている場合にのみ、対応するアラートコマンドを使用できます。

  • イベントカスタム応答(Event custom response)>

イベント応答を使用してチケットを作成するときにチケットが持つデフォルト値を設定するために使用されます。

カスタム応答設定

  • デフォルトグループ(Default group): チケットに割り当てられるグループです。これは、Integria API の “get_groups” により取得したものです。
  • デフォルトの重要度(Default criticity): チケットの優先順位です。これは、Integria API の “get_incident_priorities” により取得したものの選択です。
  • デフォルトの所有者(Default owner): チケットの所有者です。これは、Integria API の “get_users” により取得したものです。
  • チケットタイプ(Ticket type): Integria API の “get_types” により取得したチケットのタイプです。
  • チケットタイトル(Ticket title): デフォルトのチケットタイトルのテキストです。
  • チケットの説明(Ticket description): デフォルトのチケットの説明テキストです。

Version NG 753 or later. It is necessary to have the latest version of both Pandora FMS and Integria IMS for the configuration to work.

バージョン NG 753 以上。設定を機能させるには、Pandora FMS と Integria IMS の両方の最新バージョンが必要です。

When using Integria IMS together with Pandora FMS you may integrate different work computers and each software will take care of avoiding duplicates without losing synchrony nor control between both applications.

Integria IMSPandora FMS と一緒に使用すると、異なる作業用コンピューターを統合できます。各ソフトウェアは、重複することなく両方のアプリケーション間の同期や制御を行います。

Pandora FMS feeds Integria IMS though events and/or inventory, making sure to have a single follow-up. In addition, you may delete them automatically in Integria IMS, as long as they do not have incidences. Although you may see Ingria IMS summaries in Pandora FMS, all information is actually in Integria IMS. All of this is possible by using the APIs created specifically for those tasks.

Pandora FMS は、イベントやインベントリを介して Integria IMS にデータを受け渡し、連携した動作を行います。 さらに、問題がない場合は、Integria IMS でそれらを自動的に削除できます。 Pandora FMS で Integria IMS の概要が表示される場合がありますが、すべての情報の実体は Integria IMS にあります。 これらすべては、これらのタスク用に特別に作成された API を使用することで実現しています。

As for the inventory, you are provided with a manual option that synchronizes all the required information from Pandora FMS to Integria IMS, as well as inventory alerts to set in place alert triggering for Integria IMS.

インベントリに関しては、Pandora FMS から Integria IMS に必要なすべての情報を同期する手動オプションと、Integria IMS のトリガーとなるアラートを設定するためのインベントリアラート が提供されます。

チケット表示

Once configuration is enabled, a new submenu is added to the menu WorkspaceIssuesIntegria IMS Tickets. By clicking there, Pandora FMS will look for the information in Integria IMS (you may filter it) and next the list of all tickets.

設定を有効にすると、新しいサブメニューが ワークスペース(Workspace)問題(Issues)Integria IMS チケット として追加されます。 そこをクリックすると、Pandora FMS は Integria IMS で情報を検索し(フィルターをかけることができます)、すべてのチケットの一覧を検索します。

チケット検索

Through the search tool, you may filter and request through Integria IMS API by the following fields:

検索ツールを使用すると、次のフィールドでフィルタリングし、Integria IMS の API を通して検索できます。

Text filter

テキストフィルタ(Text filter)

Text field that searches through id, title and description fields.

idタイトル説明 フィールドを通して検索するテキストフィールドです。

Status

状態(Status)

Status of the searched tickets (status list obtained through the API get_incident_status). See in the reference section the the normalized values.

チケットの状態による検索(状態は API get_incident_status を介して取得されます)。監視の値 を参考にしてください。

Group

グループ(Group)

Group the searched ticket belongs to (groups obtained through the API get_groups).

チケットのグループによる検索(グループは、API get_groups を介して取得されます)。

Owner

所有者(Owner)

User the searched ticket belongs to (list of users obtained through the API get_users).

チケットのユーザによる検索(ユーザ一覧は、API get_users を介して取得されます)。

Creator

作成者(Creator)

User who created the searched ticket (list of users obtained through the API get_users). Enter at least two characters to see the list of matching users.

チケットの作成者による検索(ユーザ一覧は、API get_users を介して取得されます)。2文字以上入力するとマッチするユーザの一覧が表示されます。

Priority

優先度(Priority)

Ticket priority (list obtained through the API get_incident_priorities). See in the reference section the the normalized values.

チケットの優先度による検索(一覧は、API get_incident_priorities を介して取得されます)。参考情報の監視の値を参照してください。

Resolution

解決状況(Resolution)

Searched ticket resolution (list obtained through the API get_incident_resolution). See in the reference section the the normalized values.

チケットの解決状況による検索(一覧は、API get_incident_resolution を介して取得されます)。参考情報の監視の値を参照してください。

Date

Searched ticket creation date. You may set from a certain date to another in Created from and Created to, accordingly.

日付(Date)

チケットの作成日による検索。開始作成日 および 終了作成日 で特定の日付の範囲を設定できます。

チケット編集

From the ticket list, click on the name of one of them to see its details.

チケット一覧から、名前をクリックすると詳細を見ることができます。

If you have permissions, at the bottom you will see the attached file and comment management box. They can be edited by clicking on Attached files and Comments accordingly.

権限がある場合は、下部に添付ファイルとコメント管理ボックスが表示されます。 それに応じて 添付ファイルコメント をクリックして編集できます。

Click on the pencil icon to edit the ticket. Also through the icons next to ityou may go to the ticket list, configure Integria IMS (if necessary) and see the ticket again (refresh screen).

鉛筆アイコンをクリックしてチケットを編集します。 また、その横にあるアイコンから、チケット一覧に移動し、Integria IMS を設定して(必要な場合)、チケットを再度表示することができます(更新画面)。

チケット作成

You may create tickets in Integria IMS manually and through event custom response; also automatically: through general alerts and inventory alerts.

Integria IMS で、手動でイベントカスタム応答を介してチケットを作成できます。 また一般のアラートとインベントリアラートを介してチケットを自動的に作成することもできます。

手動でのチケット作成

チケットは、作成フォームまたはイベントのカスタム応答を使用して手動で作成できます(この場合、マクロも使用できます)。

以下の権限が必要です: IR, IW e IM.

Go to WorkspaceIssuesIntegria IMS Tickets and click Create.

ワークスペース(Workspace)問題(Issues)Integria IMS チケット へ行き、作成(Create) をクリックします。

Remember that all these fields and their options are obtained from Integria IMS through the API of that system (the incidence is created with the API create_incident).

これらすべてのフィールドとそのオプションは、Integria IMS の API を通して取得されることに注意してください(インシデントは API create_incident で作成されます)。

Title

タイトル(Title)

Incidence name field.

インシデントの名前フィールド。

Type

タイプ(Type)

Ticket type obtained (API get_types).

チケットタイプ(API get_types)。

Group

グループ(Group)

Group the ticket will be assigned to (API get_groups).

チケットに割り当てられているグループ(API get_groups)。

Criticity

重要度(Criticity)

Ticket priority (API get_incidet_priorities).

チケットの優先順位(API get_incidet_priorities)。

Status

状態(Status)

Ticket status (API get_incident_status).

チケットの状態(API get_incident_status)。

Creator

作成者(Creator)

Ticket creator (API get_users).

チケット作成者(API get_users)。

Owner

所有者(Owner)

User the ticket belongs to (API get_users).

チケットのユーザ(API get_users)。

Description

説明(Description)

Text field for comments.

コメントのテキストフィールド。

Once you finish filling up the data, click Create to save the new ticket. The creation process will be performed through the API create_incident.

データの入力が完了したら、作成(Create) をクリックして新しいチケットを保存します。 作成処理は、API create_incident を介して実行されます。

イベントカスタム応答を通してのチケット作成

From the icon Show more of each event, in the tab Responses you may select a Custom response by choosing the Integria IMS option Create incident in Integria IMS from event. Click Execute and the process will be the same as that described in the previous section. The fields will be those configured in the Setup (Event custom response default values), which can be changed if necessary.

イベント詳細アイコンから、応答(Responses) タブで、Integria IMS オプション イベントから Integria IMS にインシデントを作成(Create incident in Integria IMS from event) を選択することにより、カスタム応答(Custom response) を選択できます。実行(Execute) をクリックすると、処理は前の章で説明したものと同じになります。 フィールドは、セットアップイベントカスタム応答のデフォルト値(Event custom response default values))で必要に応じて変更できます。

Remember to select the field Type; click Create to save.

フィールド タイプ(Type) を選択して 作成(Create) をクリックして保存することを忘れないでください。

一般のアラートを通してのチケット作成

Define the alert command specifying the name and the group the alert command belongs to. You may create as many different commands as you need. For Integria IMS, it is a special case, internal type.

アラートコマンドが属する名前とグループを指定してアラートコマンドを定義します。 必要な数の異なるコマンドを作成できます。 Integria IMS の場合、これは特殊なケースである内部タイプです。

Once done, go to alert correlation creation which is explained in detail in that section.

完了したら、相関アラートの作成へ移動します。詳細は、そちらの説明を確認してください。

インベントリアラートを通してのチケット作成

Inventory alerts are available from version NG 751. They work similarly to ticket creation through general alerts and are described in more detail in this link.

インベントリアラートは、バージョン NG 751 から存在します。これらは、一般的なアラートによるチケット作成と似たように動作し、より詳細は、こちらを確認してください。

参考情報


It is necessary to have the latest version of both Pandora FMS and Integria IMS for the configuration to work.


設定を機能させるには、Pandora FMS と Integria IMS 両方が最新バージョンである必要があります。

Integria IMS 優先度(priority)の値

  • Informative: (デフォルト).
  • Low.
  • Maintenance.
  • Medium.
  • Serious.
  • Very serious.
Integria IMS 解決状況(resolution)の値

  • Duplicate.
  • Expired.
  • Fixed.
  • Incomplete.
  • In process.
  • Invalid.
  • Moved.
  • None.
  • Won't fix.
  • Works for me.
Integria IMS 状態(status)の値

  • Assigned.
  • Closed.
  • New(デフォルト).
  • Pending on a third person.
  • Pending to be closed.
  • Re-opened.
  • Unconfirmed.

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

  • ja/documentation/04_using/14_incidence_management.txt
  • 最終更新: 2021/11/13 23:23
  • by junichi