個人用ツール

「Pandora:Documentation ja:User Monitorization」の版間の差分

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索
(Linux への Selenium サーバの展開)
(PWRD ノードの HUB への追加)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
1,147行目: 1,147行目:
 
HUB の管理コンソールにアクセスすることにより、HUB の状態を常に確認することができます。
 
HUB の管理コンソールにアクセスすることにより、HUB の状態を常に確認することができます。
  
  http://hub:4444/grid/console
+
  <nowiki>http://hub:4444/grid/console</nowiki>
  
 
<br>
 
<br>
1,192行目: 1,192行目:
  
 
   # Start and register in the HUB, replace "hub" with the server IP PWRD HUB
 
   # Start and register in the HUB, replace "hub" with the server IP PWRD HUB
   /etc/init.d/pwrd start-node http://hub:4444/grid/register
+
   /etc/init.d/pwrd start-node <nowiki>http://hub:4444/grid/register</nowiki>
  
 
  Check status
 
  Check status
1,209行目: 1,209行目:
 
  # 停止
 
  # 停止
 
  /etc/init.d/pwrd stop-node
 
  /etc/init.d/pwrd stop-node
 
  
 
==== Pandora サーバ設定 ====
 
==== Pandora サーバ設定 ====

2019年9月8日 (日) 09:23時点における最新版

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

目次

概要

User experience monitoring consists of making recordings of automated tasks for both web browsing and interaction with the desktop and Windows system applications. These recordings can consist of a clicking on a browser, writing a text and performing a research in web browsing, such as being able to open an application on the desktop. This will enable performing the recorded functions automatically and running them to get results, such as time spent on tasks. To achieve this, UX monitoring and web user experience monitoring have been automated (WUX).

ユーザエクスペリエンス監視は、ウェブブラウジングと Windows システムのデスクトップアプリケーションにおける操作を自動的に記録する仕組みから成ります。これらの記録は、ブラウザ上でのマウスクリック、テキスト入力、ウェブブラウジングでの検索、デスクトップ上でのアプリケーションを開くことなどです。記録した処理を自動的に実行し、処理にかかった時間などの結果を得ることができます。これを行うために、自動 UX 監視およびウェブエクスペリエンス監視(WUX)があります。

From Pandora FMS version 7.0NG.728, UX and WUX monitors have been merged inside Pandora FMS console, having both functionalities in only one screen.

Pandora FMS バージョン 7.0NG 728 からは、UX および WUX 監視は Pandora FMS コンソールに統合されました。両方の機能が一つの画面上に存在します。

ファイル:Wux ux unifcado.png

Next, we will see the differences between the WUX and UX systems and the description of both functionalities with their different possibilities.

次に、WUX および UX 監視の違いと、それぞれの異なる機能について説明します。

UX および WUX 監視の違い

Both monitoring systems are used for the execution of automated web browsing tasks through Pandora Web Robot Daemon (PWRD) system.

両方の監視の仕組みは、Pandora Web Robot Daemon (PWRD) システムを通してウェブブラウジングタスクを実行するために利用されます。

The UX system carried out these monitoring by means of the software agent installed in a machine, while the WUX monitoring is based on a server integrated inside Pandora FMS.

UX システムは、マシンにインストールされたソフトウエアエージェントによって監視を実現します。WUX は、Pandora FMS の内部に統合されたサーバを用いて監視をします。

Pandora Web Robot Daemon (PWRD) is a service that provides the necessary tools to automate web browsing sessions. For it uses a file that contains a list of the necessary actions to navigate through the user's web portal.

Pandora Web Robot Daemon (PWRD) は、ウェブブラウジングセッションを自動実行するために必要なサービスです。これは、ユーザの Web ポータルをナビゲートするのに必要なアクションのリストを含むファイルを使用します。

Additionally, UX monitoring allows the execution of automated tasks that interact with the desktop and Windows system applications. This type of tasks cannot be performed with WUX.

加えて、UX 監視は、Windows デスクトップの自動化タスクを実行することができます。このタイプのタスクは、WUX では実行できません。

自動 UX 監視

概要

Pandora UX is an automated task-execution system that subsequently reports the results of executions and chronometries to Pandora FMS, and also includes screenshots of possible errors, to provide more intuitive, visually-oriented feedback.

Pandora UX はウェブアクセスや Windows デスクトップアプリケーションの操作を自動的に実行するシステムで、Pandora FMS に実行結果や実行時間の結果をレポートし、エラーのスクリーンショットを表示してより直感的で視覚的なフィードバックを提供します。

Pandora UX employs two default technologies for automatizing tasks:

Pandora UX は、自動処理のために 2つの技術を使っています。

  • Pandora Web Robot (PWR): which permits web navigation and replicates user actions. It checks contents, texts, etc. and is ideal for monitoring sites and apps not based on flash. Pros: quicker, can run in the background.
  • Pandora ウェブロボット(PWR): ユーザの動作を再現したウェブナビゲーションを行います。テキストなどのコンテンツをチェックします。フラッシュを使っていないサイトやアプリの監視に適しています。バックグラウンドで素早く実行できるという利点があります。
  • Pandora Desktop Robot (PDR): replicates user-interactions with Windows and Linux OSs. Pandora UX launches prepared scripts using this tool, allowing for more advanced and specific monitoring. E.g., plugins can be deployed on hardware and connect to distinct networks to check that what users would see is functioning correctly. Its principal use is to monitor heavy desktop apps.
  • Pandora デスクトップロボット(PDR): Windows や Linux でユーザの動作を再現します。より拡張性のある特定の監視をするために、Pandora UX はこのツールを用いて事前に用意したスクリプトを起動します。例えば、プラグインはハードウエアに展開でき、ユーザが使う機能が正しく動作しているかどうかを確認するために、ネットワークへ接続します。主な用途は、重いデスクトップアプリを監視することです。

It also includes Flex-tech application monitoring (adobe), which would be incompatible with Selenium without modifying the app itself.

また、アプリケーションの変更無しで行う、Selenium と互換性のないFlexテクノロジーアプリケーション(adobe)の監視の機能もあります。

If your system already has automated task-execution Pandora UX can still be used to execute pre-existing scripts and also to monitor their execution.

すでに、自動的なタスク実行の仕組みがある場合は、Pandora UX は既存のスクリプトを利用しその実行を監視することもできます。

ウェブ UX (PWR)

PWR の展開

Pandora UX set-up.

Pandora UX 設定。

Windows への Selenium サーバの展開

Prerequisites:

C:\PWR
C:\probes

事前準備:

C:\PWR
C:\probes

Create file distribution:

  • File decompression PWR_Server.zip a C:\PWR\
  • Export Firefox profile to C:\PWR\profile

ファイルの展開:

  • PWR_Server.zip を C:\PWR\ へ展開
  • Firefox プロファイルを C:\PWR\profile へ展開

Using a profile to carry out checks is optional, but recommendable in case of using proxies or password autofill. To create a Firefox profile follow the steps in the following screenshots:

チェックを実行するためのプロファイルはオプション」ですが、プロキシの利用やパスワードの自動入力を行う場合は必須です。 Firefox のプロファイルを作成するには、次のようにします。

Choose directory address:

ディレクトリを選択します。

Start Firefox with the new profile to customize options such as proxies, popups, etc.:

プロキシやポップアップなどのオプションを設定するために、新たなプロファイルで Firefox を起動します。

Install the service by executing BAT file service_installer.bat provided, and initiate:

BAT ファイル service_installer.bat を実行してサービスをインストールし、開始します。

net start PWRSRV

The Selenium server is now running. It can also be manually executed (after interrupting the service) in order to debug. Use the command:

Selenium サーバが起動します。デバッグのために(サービスを中断した時は)手動でも実行できます。 次のコマンドを使います。

java -jar selenium-server-standalone-2.53.0.jar -firefoxProfileTemplate C:\selenium\firefox_profile -port 4444 -v

Linux への Selenium サーバの展開

Prerequisites:

事前準備:

To install the dependencies from the repositories:

リポジトリから依存パッケージをインストールするは次のようにします。

yum install xorg-x11-server-Xvfb
yum install java
yum install screen

If it's not in the repositories, the rpm file can be found at the following link: ftp://rpmfind.net/linux/centos/6.6/os/x86_64/Packages/xorg-x11-server-Xvfb-1.15.0-22.el6.centos.x86_64.rpm

リポジトリに無い場合は、rpm ファイルは以下から入手できます。 ftp://rpmfind.net/linux/centos/6.9/os/x86_64/Packages/xorg-x11-server-Xvfb-1.17.4-16.el6.centos.x86_64.rpm

To install the rpm packet manually:

rpm パッケージを手動でインストールするには次のようにします。

yum install xorg-x11-server-Xvfb-1.17.4-16.el6.centos.x86_64.rpm

Once the prerequisites are installed, we continue the installation of the install_pwrd.sh. The default PATH is /usr/share/pandora_server/util/pwrd/install_pwrd.sh and it's execution is:

必要なパッケージのインストールをしたら、install_pwrd.sh のインストールに進みます。デフォルトのパスは、/usr/share/pandora_server/util/pwrd/install_pwrd.sh で、次のように実行します。

/usr/share/pandora_server/util/pwrd/install_pwrd.sh --install

Once installed will have to start the service:

インストールが完了したらサービスを開始します。

/etc/init.d/pwrd start

The Selenium server can be booted up with the script:

以下のスクリプトで Selenium サーバを起動できます。

#!/bin/sh
# Monitoring selenium process
if [[ "` ps aux |grep selenium |grep -v grep |grep -v selenium.sh |wc -l `" != "0" ]]; then
   exit
else
   if [[ "`ps aux |grep Xvfb |grep -v grep | wc -l `" != "0" ]]; then
      Xvfb :99 -ac &
      export DISPLAY=:99
   fi
   export DISPLAY=:99
   java -jar /usr/share/pandora_server/util/pwdr/selenium-server-standalone-2.53.1.jar  &
fi

Or manually with the following commands:

または、手動で以下のコマンドを実行します。

# screen
$ Xvjb :99 -ac &
-> Press Enter to continue
$ export DISPLAY=:99
$ java -jar seleniumXXX.jar &
-> Press Ctrl + 'A' and then 'D' to disconnect from the virtual screen

Pandora ウェブロボットデーモン (PWRD)

Pandora Web Robot Daemon is a service, which provides tools to automate web browser sessions, using a file containing a list of necessary actions in order to navigate the user's web portal.

Pandora Web Robot Daemon は、ユーザーの Web アクセスをナビゲートするために必要なアクションのリストを含むファイルを使用して、Webブラウザセッションを自動化するツールを提供するサービスです。

It comes integrated with the Pandora server and we can find it in the folder /usr/share/pandora_server/util/pwrd when installing the Enterprise server (Linux) or in the module library (Windows)

Pandora サーバに統合され、Enterprise サーバ(Linux) またはモジュールライブラリ(Windows) のインストール時に /usr/share/pandora_server/util/pwrd に置かれています。

It contains:

以下が含まれます。

  • Firefox 46 Binary for Windows.
  • Pre-built profile to perform web browser sessions.
  • Server for session automation (Selenium server).
  • Windows 版 Firefox 46 のバイナリ
  • Web ブラウザセッションを実行するために、あらかじめビルドされたプロファイル
  • セッション自動化のためのサーバ (Selenium サーバ)

PWR セッションの記録

Before UX monitoring can take place, you need to record a session. Depending on the type of tech you use, various recording options are available.

UX 監視を行う前に、セッションを記録する必要があります。利用する技術に応じて、さまざまは記録オプションがあります。

To record the navigation with PWR, you need the PWR recorder available at plugin module library:

PWR で操作を記録するには、プラグインモジュールライブラリにある PWR レコーダが必要です。

https://pandorafms.com/library/pandora-ux-and-wux-pwr-recorder/

The package contains:

パッケージには以下が含まれます:

Start PWR_recorder.exe:

PWR_recorder.exe を実行します。



The recorder will start automatically Firefox with a prebuilt environment:

レコーダが、あらかじめ構築した環境の Firefox を起動します。




After start Selenium IDE, we'll be able to record our web navigation test:

Selenium IDE を起動したら、ウェブ操作を記録できます。

Now you can navigate the website you want to monitor and register the different actions associated with each step on the recording. To stop recording use the following button, located on the upper-right of the screen:

これで、監視するウェブサイトをナビゲートし、各ステップに関連するさまざまなアクションを録画(記録)できます。 記録を停止するには、画面の右上にある以下のボタンをクリックします。

Once the actions are completed the page can be checked, e.g. verification of a text to ensure the correct page has loaded. Right click on a section of text in the browser window while recording and select verifyText:

アクションが完了したらページのチェックができます。例えば、正しいページが読み込まれたかをテキストで確認するには、記録中にブラウザウィンドウのテキスト部分を右クリックし、verifyText を選択します:

Another step will appear on the recording indicating the text to be checked:

テキストをチェックするステップが表示されます。

The entire sequence can be reproduced by clicking Play entire test suite and checking that it finishes correctly:

Play entire test suite をクリックすることにより、全体のシーケンスが再現されます。正しく終了するか確認します。

Once the whole browsing sequence has been checked and verified save it (File -> Save Test Case) in order to execute it on Pandora UX. The resulting file is an HTML document that Pandora UX can then interpret.

全体のブラウズのシーケンスの確認ができたら、Pandora UX 上で実行できるように保存します(File -> Save Test Case)。出力ファイルは HTML で、Pandora UX はそれを解釈します。

Pandora UX PWR でのトランザクションセッションの記録

Pandora UX in PWR mode (Pandora Web Robot) allows browser monitoring to be divided among multiple modules, that represent each of the steps taken.

PWR モード(Pandora ウェブロボット)の Pandora UX は、ブラウザによるそれぞれのステップの監視を複数のモジュールに分割できます。

To insert a new control point and generate the phase modules (to this point) right-click on the point where the phase is to start.

新たな制御ポイントを挿入しフェーズモジュールを作成するには、フェーズがスタートする部分で右クリックします。

Use the following as the New Comment:

新たなコメントとして、次のような記述を用います。

phase_start:name_of_phase

The phase includes the timings and results of all the commands up to the following comment:

フェーズには、次のコメントまでのすべてのコマンドのタイミングと結果が含まれます。

phase_end:name_of_phase

All commands executed between a phase_start and a phase_end are included in that phase.

phase_start と phase_end の間で実行されるすべてのコマンドが、1つのフェーズに含まれます。

PWR セッションの実行

標準実行

To launch prerecorded PWR sessions call the pandora_ux_x64.exe executable. It can be downloaded in: https://pandorafms.com/library/user-experience-pandora-ux/

あらかじめ記録した PWR セッションを起動するには、pandora_ux_x64.exe を実行します。これは、https://pandorafms.com/library/user-experience-pandora-ux/ からダウンロードできます。

Select PWR work mode and the file containing the session guidelines. Any error screenshots will be saved in the route indicated on the -folder parameter, optional. You can also user the parameter -retries to reexecute the script after a failure execution. The execution in Windows is:

PWR 動作モードとセッションガイドラインを含んだファイルを選択します。エラーのスクリーンショットが、-folder パラメータで指定された場所に保存されます。実行に失敗したときに再実行するための -retries パラメータを利用することもできます。Windows での実行は次のようにします。

pandora_ux_x64.exe -exe PWR -script tests\std.html -retries 3

The following modules are returned:

  • UX_Status_project_name: whether or not the sequence was successful
  • UX_Time_project_name: time taken to complete the sequence
  • UX_Snapshot_project_name: screenshot of the last point before any error occurred

次のモジュールが返ります。

  • UX_Status_project_name: シーケンスが成功したかどうか
  • UX_Time_project_name: シーケンスを完了するのにかかった時間
  • UX_Snapshot_project_name: エラーが発生した直前のスクリーンショット

Example of correct execution:

正常実行結果例:

<module>
   <name><![CDATA[UX_Status_std.html]]></name>
   <type>generic_proc</type>
   <![CDATA[1]]>
   <description><![CDATA[Test OK]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
</module>
<module>
   <name><![CDATA[UX_Time_std.html]]></name>
   <type>generic_data</type>
   <![CDATA[16.317]]>
   <description><![CDATA[Test OK]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
   <module_parent>UX_Status_std.html</module_parent>
</module>

Example of incorrect execution:

エラー実行結果例:

<module>
   <name><![CDATA[UX_Status_std.html]]></name>
   <type>generic_proc</type>
   <![CDATA[0]]>
   <description><![CDATA[Failed to execute verifyText]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
</module>
<module>
   <name><![CDATA[UX_Time_std.html]]></name>
   <type>generic_data</type>
   <![CDATA[15.463]]>
   <description><![CDATA[Failed to execute verifyText]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
   <module_parent>UX_Status_std.html</module_parent>
</module>

<module>
   <name><![CDATA[UX_Snapshot_std.html]]></name>
   <type>async_string</type>
   <![CDATA[data:image/png;base64, iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAA…JRU5ErkJggg==]]>
   <description><![CDATA[Image (last error)]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
   <module_parent>UX_Status_std.html</module_parent>
</module>

Provided everything is OK the execution line can be added to the Pandora agent (already installed on the machine) which is going to carry out the checks. It should look something like this:

すべて問題なければ、監視を実行するために実行コマンドラインを(マシンにインストール済の) Pandora エージェントに追加できます。例えば以下の通りです。

module_plugin C:\Users\artica\Documents\Producto\UX-Trans\UX\pandora_ux_x64.exe -exe PWR -script C:\Users\artica\Documents\Producto\UX-Trans\PWR\sesion.html -folder C:\probes

Once the agent is reporting to the Pandora FMS server the corresponding modules will appear. Enable hierarchy mode to see the relation among them:

エージェントが Pandora FMS サーバへデータを送ると、関連するモジュールが作られます。モジュールの関係を見るには、階層モード を有効にします。

As previously indicated, the result of the execution (successful or not) can be seen on the UX_Status_session.html module, the time taken (in secs) on the UX_Time_session.html module , and another with the screenshot of the last error on UX_Snapshot_session.html which, in this case, is empty. Use these modules to create alerts and display the individual graphs from each module.

前述の通り、実行結果(成功・失敗)は、UX_Status_session.html モジュールで、所要時間(秒)は、UX_Time_session.html モジュールで、失敗時のスクリーンショット(例では空です)は UX_Snapshot_session.html に保存されます。アラートを設定したり個々のグラフを表示したりするには、これらのモジュールを使います。

トランザクションベースの実行

If there is a Pandora UX PWR transaction recording as outlined in previous sections, it will be the system itself that generates the necessary modules to identify each of the phases indicated, which means the execution won't vary with respect to the previous case. Indicate the corresponding html file, which, in this case, contains the different phases. E.g.:

前の章で説明した Pandora UX PWR トランザクションの記録がある場合、各フェーズを特定するのに必要なモジュールはシステムが生成します。これは実行は一つ前と関連性が無いことを意味します。対応する htmlファイル(この場合、異なるフェーズを含む)を指定します。

pandora_ux_x64.exe -exe PWR -script tests\std.html –folder C:\probes

The following modules will be returned:

次のモジュールが返されます。

  • UX_Time_project_name.phase_order
  • UX_Status_project_name.phase_order

If any phase returns an error, the following module is created:

フェーズでエラーが返る場合は、次のモジュールが作成されます。

  • UX_Snapshot_project_name.phase_order

A screenshot with the moment the error took place will be displayed.

エラー時のスクリーンショットが表示されます。

Global status modules are returned with the following labels:

全体の状態モジュールが、次のラベルで返されます。

  • UX_Global_Time_project_name
  • UX_Global_Status_project_name
  • UX_Global_Snapshot_project_name

A screenshot showing the moment the error took place will be displayed.

エラー時のスクリーンショットが表示されます。

The agent's execution line looks similar to the previous example, but with an html file containing the phases. Something like this:

エージェントの実行コマンド設定は前述の例に似ていますが、フェーズを含む html ファイルがあります。例えば次の通りです。

module_plugin C:\Users\artica\Documents\Producto\UX-Trans\UX\pandora_ux_x64.exe -exe PWR -script C:\Users\artica\Documents\Producto\UX-Trans\PWR\session_phases.html -folder C:\probes

When the data reaches the Pandora FMS server it is displayed as modules. Enable hierarchy mode in the modules list to see the information clearly:

Pandora FMS サーバにデータが届くと、モジュールとして表示されます。情報を見やすくするには、モジュールの 階層モード を有効にします。

Access the agent's UX section to see extra details on the transaction and its phases:

トランザクションおよびフェーズの詳細を確認するには、エージェントの UX にアクセスします。

In the previous screenshot the time difference between the two phases into which the recording was divided can be seen.

上記のスクリーンショットでは、記録が分割された 2つのフェーズ間の時間差が見られます。

The following example represents a browsing process, plus the purchase of various articles, performed on our website, and divided into five phases to exactly measure the time taken and to locate areas that could be improved or where bottlenecks are being produced:

以下の例は、ブラウジングの処理を示しています。我々のウェブサイトで実施されたさまざまな記事の参照と、5つのフェーズに分けた正確な所要時間の測定、改善できる部分やボトルネックが発生している場所を特定します。

データ取得

From version v1.20171003 pandora_UX is able to retrieve data from web content while testing the user experience test.

バージョン v1.20171003 の pandora_UX から、ウェブのブラウジング監視中にウェブコンテンツのデータを取得できるようになりました。

To use this feature, you must add some directives as comments in the user experience test recorder in Selenium IDE.

この機能を利用するには、Selenium IDE でテストケースにコメントとしていくつかのディレクティブを追加する必要があります。



In the attached exampled, both values will be retrieved after test the navigation, and will be added to Pandora as modules (both getValue directives).

この例では、監視の実行後に値を取得しています。そして、モジュール(getValue ディレクティブ)として Pandora に追加されます。

The stepts to make the plugin retrieve values are following:

  • Add a new comment to our navigation test in the Selenium IDE.
  • Fill the comment with the directive.

値を取得するプラグインを作成するステップは次の通りです。

  • Selenium IDE で、テストケースにコメントを追加します。
  • ディレクティブをコメントで記載します。

Data retrieval directive:

データ取得ディレクティブ:

getValue;module name;module type;Regular expression for data capture
getValue;モジュール名;モジュールタイプ;データ取得のための正規表現

¿qué representa cada campo separado por punto y comas?

各フィールドはセミコロンで区切ります。

  • getValue: UX system directive
  • Module name: module name as it will appear in Pandora
  • Module type: datatype to use, any from Pandora datatypes is allowed (generic_proc,generic_data,generic_data_string,async_proc,async_data,async_string...)
  • Perl regular expression: Must be a perl regex, specifing data to be retrieved between parenthesis
  • getValue: UX システムのディレクティブです。
  • モジュール名: Pandora に表示されるモジュール名です。
  • モジュールタイプ: Pandora が取り扱えるデータタイプです。(generic_proc,generic_data,generic_data_string,async_proc,async_data,async_string...)
  • Perl 正規表現: perl の正規表現です。カッコ内のデータが取得されます。

For example, in following text:

以下に例を示します。

 <p>The temperature of the solar plate is: <span class="temperatura">54º C</span></p>

If we want to retrieve the temperature of the solar plate to monitor it, we must specify the regex as:

solar plate の温度を取得したい場合、正規表現を以下のようにします。

<span class="temperatura">(\d+\.*\,*\d*).*</span>

So, the system will retrieve the number "54" from the example, or any number with decimal positions.

すると、システムは数値 "54"、または小数点以下の任意の数を取得します。

Then, the complete directive will appear as:

ディレクティブ全体は次のようになります。

getValue;Solar plate temperature;generic_data;<span class="temperatura">(\d+\.*\,*\d*).*</span>

デスクトップ UX (PDR)

PDR の展開 (Windows のみ)

The PDR system only works on Windows systems, and once run by the Pandora FMS agent it must run in process mode, as running in service mode will not work. Furthermore, it will not be possible to block the desktop session, so we recommend its use in virtual machines.

PDR は Windows でのみ動作するように設計されています。Pandora エージェントで実行されるとき プロセスモード で実行する必要があります。サービスモードでは動作しません。デスクトップセッションのブロックはできませんので、仮想マシンの利用をお勧めします。

Prerequisites:

  • Windows OS in desktop mode, auto startup, and auto login.

事前準備:

  • デスクトップモード、自動起動、自動ログインでの Windows OS

To configure, execute:

control userpasswords2

設定には以下を実行:

control userpasswords2

Uncheck "Users must enter a user name and password to use this computer":

"このコンピュータを使うにはユーザ名とパスワードが必要(Users must enter a user name and password to use this computer)" のチェックを外します。

To set up the environment create the following directories:

環境設定するには、以下のディレクトリを作成します。

C:\PDR
C:\probes

Decompress the "PDR.zip" file from C:\PDR.

"PDR.zip" ファイルを C:\PDR へ展開します。

To start the recorder, execute:

レコーダを実行するには以下を実行します。

C:\PDR\pdr.cmd

PDR セッションの記録

Requirements:

  • Automation system (decompress pdr.zip in a directory of your choice) installed.
  • Start recording system (pdr.cmd).

事前準備:

  • 自動化システムのインストール(pdr.zip を任意のディレクトリへ展開)
  • レコーディングシステムを開始(pdr.cmd)

After loading, we will enter the recording environment:

起動したら、レコーディング環境に入ります。

Select the actions and the zones where they are to be carried out. Here are some of the most common ones:

実行するアクションとゾーンを選択します。 最も基本的なものをいくつか挙げます。

General actions:

一般的なアクション:

Flow control actions:

フロー制御アクション:

More information about this scripting language: http://sikulix-2014.readthedocs.io/en/latest/index.html

このスクリプト言語の詳細は、http://sikulix-2014.readthedocs.io/en/latest/index.html を参照してください。

When the project is recorded a file will be created with the following elements:

  • File .py with the script automation code.
  • Web browser control images.

プロジェクトが記録されると、次の要素を持つファイルが作成されます。

  • 自動実行コードを含んだ .py ファイル
  • ウェブブラウザ制御イメージ

A simple example of an execution would be something like monitoring to check that the Windows calculator works correctly. Let's take a look at how to go about it, one slide at a time.

実行の簡単な例としては、Windows の電卓が正しく動作するかどうかを確認します。 一度に1つずつスライドさせる方法を見てみましょう。

1. Choose the action "click" and the area where we want to apply the action; the screen will change to "area selection" mode:

1. "click" アクションを選択し、アクションをしたいエリアを選択します。画面が "エリア選択" モードに変わります。

2. Enter the type action and the text "calc", wait for the calculator area to appear and click. Afterwards, we will wait for the calculator window to appear to enter the following actions:

2. type アクションとテキスト "calc" を入力し、電卓が表示されるのを待ってクリックします。電卓が操作できるようになったら、次のようにアクションを入力します。

3. Then we will click on the corresponding buttons, selecting the areas as in the previous steps.

3. 関連する部分クリックし、以前と同様の領域を選択します。

4. Lastly, save and replay clicking on Run.

4. 最後に、保存して Run をクリックして実行します。

Important notes:

重要な注意点:

  • If we double-click on any of the images within the recording environment, we can adjust details of the control capture, such as selecting the exact point where to click.
  • It is highly recommended to enter wait actions between each click to make sure that the execution will not be stopped due to a delay in the operating system.
  • The recorder will look for the area that looks like the screenshot, so we need to be especially careful if there is something highlighted when the button is placed on top of it (for example, the calculator buttons change to orange when the cursor is over them).
  • 記録環境内の任意の画像をダブルクリックすると、クリックする場所を正確に選択するなど、コントロールキャプチャの詳細を調整できます。
  • オペレーティングシステムの遅延によって実行が停止しないように、各クリックの間に「待機」アクションを入力することを強くお勧めします。
  • レコーダーはスクリーンショットのような領域を探しますので、ボタンがその上に置かれているときに強調表示されているものがあれば特に注意する必要があります(たとえば、カーソルがそれらの上にあるときに電卓のボタンがオレンジ色に変わります)。

The image files can be viewed in the folder where the recording is saved, as well as the python file.

記録を保存したフォルダに、python ファイルと画像ファイルがあります。

Nota: You can customize the capture from the PDR recording engine by using the following code:

注意:次のコードを使用して、PDR レコーディングエンジンからによるキャプチャ内容をカスタマイズできます。

## OPTIONAL ##capture file names
import shutil
file = "C:\probes\screenshot_prueba.sikuli.png"
focusWindow = App.focusedWindow()
regionImage = capture(focusWindow)
shutil.move(regionImage, file)


This will create an image of the active window in the destination indicated by file with which we can make the screenshot at the specific time we want. We can customize this screenshot using coordinates, so we will specify the following syntax:

これは、指定したファイルに、指定した特定の時間のアクティブウインドウのスクリーンショットを作成します。 座標を使用してスクリーンショットをカスタマイズすることができます。次の構文を用います:

capture(x, y, w, h)

Where:

ここで、変数は以下の通りです。

X: X position of the rectangle we want to capture

X: キャプチャしたい領域の X 軸の位置

Y: Y position of the rectangle we want to capture

Y: キャプチャしたい領域の Y 軸の位置

W: Width of the capture

W: キャプチャしたい幅

H: Heigth of the capture

H: キャプチャしたい高さ




Pandora UX PDR でトランザクションセッションの記録

Recording a specific session is not necessary, just record the sessions you need in different scripts. Pandora UX will return the results and organize them as a complex transaction. In the next point we will see how to make the call of the execution so that it works correctly.

特別なセッションの記録は必要ありません。異なるスクリプトでセッションを記録するだけです。Pandora UX は、複雑なトランザクションの結果を返し整理します。次の段階では、正しく動作させるための実行の呼び出し方を見ていきます。

If we are going to make several recordings to create a transactional process we must be careful when recording that the elements we are looking for are present. The manual execution of the recordings that we want to use in a single transactional process is recommended, followed by a manual execution to ensure that the actions take place as expected.

トランザクション処理を作成するために複数のレコーディングを行う場合は、記録時に探している要素が存在することに注意する必要があります。 単一のトランザクション処理ごとに、レコーディング内容を手動で実行することをお勧めします。手動で実行してみたあとに、アクションが期待どおりに行われるようにします。

In the next example you can see a recording process that will constitute the second phase of the process from the example above. Take the result returned by the calculator and paste it into a note. It should look like this:

次の例では、上記の例のプロセス次の段階を構成する記録プロセスを確認できます。電卓の結果をメモ帳にペーストします。以下に例を示します。

Here's another sequence that consists of saving the text file in a specific location, overwriting the previous. This gives great flexibility, affording the possibility of parallel file monitoring, reflecting information from a variety of checks against heavyweight desktop applications. This third sequence consists of the following steps:

ここでは、テキストファイルを特定の場所に保存し、前のファイルを上書きするという別の手順を示します。これにより、柔軟性が大幅に向上し、並行してファイルの監視が可能になり、ヘビー級のデスクトップアプリケーションに対するさまざまな情報を扱えます。この 3つ目のシーケンス例は、以下のステップからなります。

PDR セッションの実行

標準実行

To launch prerecorded PDR sessions, indicate work mode as file route pdr.cmd deployed in the corresponding point, the argument of said file being “-r”, the file that contains the session guidelines (-script), the directory where the screenshots will be saved (-folder) finishing ‘\’, optional. You can also user the parameter -retries to reexecute the script after a failure execution.

あらかじめ記録した PDR セッションを起動するには、pdr.cmd ファイルを置いた場所とともに動作モードを指定します。このファイルの引数は "-r"、セッションガイドラインを含むファイル(-script)を指定し、スクリーンショットが保存されるディレクトリ(-folder)の指定は "\"で終了します。実行失敗時にスクリプトを再実行するための -retries オプションも利用できます。

In the following execution the screenshot can be customized to capture only the active window:

次の実行では、スクリーンショットはアクティブウインドウのみが対象です。

pandora_ux_x64 -exe C:\PDR\pdr -args -r -script C:\pandora_ux\calculadora.sikuli -folder C:\pandora_ux\ -ss_config active -retries 3

The following modules will be returned:

  • UX_Time_project_name.
  • UX_Status_project_name.
  • UX_Control_Snapshot_project_name (only on first execute).

次のモジュールが返されます。

  • UX_Time_project_name
  • UX_Status_project_name
  • UX_Control_Snapshot_project_name (初回の実行時のみ)

If any phase returns an error, the following module will be created:

  • UX_Snapshot_project_name.

フェーズでエラーが発生した場合は、次のモジュールが作成されます。

  • UX_Snapshot_project_name

An image from the active window will be shown (with -ss_config active) displaying the error when it occurred.

エラー時には、アクティブウインドウの画像が表示されます(-ss_config が有効な場合)。

Correct output execution example:

正常時の実行結果例:

<module>
   <name><![CDATA[UX_Status_calculadora.sikuli]]></name>
   <type>generic_proc</type>
   <![CDATA[1]]>
   <description><![CDATA[C:\pandora_ux\calculadora.sikuli execution completed Control snapshot rebuild ]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
</module>
<module>
   <name><![CDATA[UX_Time_calculadora.sikuli]]></name>
   <type>generic_data</type>
   <![CDATA[20.204]]>
   <description><![CDATA[C:\pandora_ux\calculadora.sikuli execution completed Control snapshot rebuilt ]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
   <module_parent>UX_Status_calculadora.sikuli</module_parent>
</module>
<module>
   <name><![CDATA[UX_Control_Snapshot_calculadora.sikuli]]></name>
   <type>async_string</type>
   <![CDATA[data:image/png;base64, IBCAIAAAAOCnfhAAAAAXNSR…/4x79e/7757f8H2C00s1C73yMAAAAASUVORK5CYII=]]>
   <description><![CDATA[Control image rebuilt]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
   <module_parent>UX_Status_calculadora.sikuli</module_parent>
</module>

Incorrect iutput execution example:

エラー時の実行結果例:

<module>
   <name><![CDATA[UX_Status_std.html]]></name>
   <type>generic_proc</type>
   <![CDATA[0]]>
   <description><![CDATA[Failed to execute verifyText]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
</module>
<module>
   <name><![CDATA[UX_Time_std.html]]></name>
   <type>generic_data</type>
   <![CDATA[15.463]]>
   <description><![CDATA[Failed to execute verifyText]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
   <module_parent>UX_Status_std.html</module_parent>
</module>
<module>
   <name><![CDATA[UX_Snapshot_std.html]]></name>
   <type>async_string</type>
   <![CDATA[data:image/png;base64, iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAA…JRU5ErkJggg==]]>
   <description><![CDATA[Image (last error)]]></description>
   <tags>UX</tags>
   <module_group>UX</module_group>
   <module_parent>UX_Status_std.html</module_parent>
</module>

If everything is A-OK add the execution line for the Pandora FMS agent installed on the Windows device as a plugin. The line looks like this (one line):

すべて問題なければ、Windows マシンの Pandora FMS エージェントのプラグインとしてコマンド設定を行います。以下に例を示します。(1行です)

module_plugin C:\Users\artica\Documents\Producto\UX-Trans\ux\pandora_ux_x64.exe -exe C:\PDR\pdr.cmd -args -r -script C:\PDR\calc.sikuli -folder C:\PDR\ -ss_config active -checkpoint -post "taskkill /F /IM calc.exe"

As can be seen, the execution has more options. The parameter -checkpoint displays a screenshot of the final result, even if there are no errors to display, -post will execute actions once the session replay has finished, in which case close the calculation process initiated by the recording to avoid a system collapse due to an excess of open windows, or any similar problem.

ご覧の通り、実行にはオプションが追加されています。パラメータ --checkpoint は、エラーが無かったとしても最終結果のスクリーンショットを表示します。-post は、セッションの実行が完了した後にアクションを実行します。この場合、ウインドウを多重に開くなどを防ぐために、電卓のプロセスを終了します。

Now that the agent has the execution line module_plugin ready launch it in process mode, executing the following from the admin command line:

エージェントに module_plugin の設定ができたら、プロセスモードでの起動準備完了です。管理者権限のコマンドラインから以下を実行します。

"C:\Program Files\pandora_agent\PandoraAgent.exe" --process

Obviously, the complete route to the executable PandoraAgent.exe should correspond to your installation.

PandoraAgent.exe の場所はインストールに依存します。

When launched you can see how actions are executed automatically according to the recording. From now on, the agent process must not be closed or a session initiated on the machine from a remote desktop or the executions may be interrupted. The machine should remain untouched, this being the reason for which virtual machines are recommended.

起動すると、どのようにアクションが記録に従って自動的に実行されるかを見ることができます。ここからは、エージェントのプロセスは終了してはいけません。 また、リモートデスクトップで開始したセッションや実行は中断してはいけません。マシンには触れない状態にしておきます。これが、仮想マシンが必要である理由です。

ファイル:Imagen nueva pdr.png

Info.png

If you have other automatic monitoring tests, you can include them in Pandora FMS with the following execution.


Info.png

他の自動監視のテストがある場合、次のようにしてPandora FMS に読み込むことができます。


pandora_ux.64 -exe <exe of the aumotatic monitoring system> -args <system parameters> -script <file PAHT of the test>

トランザクションベースの実行

Once there are various processes recorded, and verified for correct functioning, with the PDR, execute the following:

いろいろな処理が記録され、正しく機能することが確認されたら、PDR で以下を実行します。

C:\Users\artica\Documents\Producto\UX-Trans\ux\pandora_ux_x64.exe -exe C:\PDR\pdr.cmd -args -r -t calculadora_trans -script C:\PDR\calc.sikuli,C:\PDR\savecalc.sikuli,C:\PDR\savefile.sikuli -folder C:\PDR\ -ss_config active

As can be seen, you only need to indicate the new script's route in the -script parameter, separated by a comma from the previous script, and employ the -t parameter with the name of the transaction which covers all the different phases. If the process contains more phases simply apply the same logic, e.g.:

見ての通り、-scrit のパラメータで新たなスクリプトの場所を指定する必要があるだけです。前のスクリプトとはカンマで区切ります。また、-t パラメータですべての異なるフェーズをカバーするトランザクションの名前を指定します。より多くのフェーズがあったとしても設定の考え方は同じです。以下に例を示します。

pandora_ux_x64.exe -exe C:\PDR\pdr.cmd -args -r -t proceso_transaccional -script C:\PDR\script1,C:\PDR\script2,C:\PDR\script3,C:\PDR\script4 -folder C:\PDR\ -ss_config active

Add the following line to the agent configuration file:

次の行をエージェントの設定ファイルに追加します。

module_plugin C:\Users\artica\Documents\Producto\UX-Trans\ux\pandora_ux_x64.exe -exe C:\PDR\pdr.cmd -args -r -t calculadora_trans -script C:\PDR\calc.sikuli,C:\PDR\savecalc.sikuli,C:\PDR\savefile.sikuli -folder C:\PDR\ -ss_config active -checkpoint -post "taskkill /F /IM calc.exe"

Thanks to the -checkpoint parameter screenshots of the final result from each phase can be viewed on the Pandora console.

-checkpoint パラメータで、それぞれのフェーズの最終スクリーンショットを Pandora コンソールに表示することができます。

The following modules will be returned, per phase:

  • UX_Time_project_name.phase_order.
  • UX_Status_project_name.phase_order.

フェーズごとに、以下のモジュールが返ります。

  • UX_Time_project_name.phase_order
  • UX_Status_project_name.phase_order

If any of the phases returns an error, the following module will be created:

  • UX_Snapshot_project_name.phase_order.

フェーズでエラーになった場合は、次のモジュールが作成されます。

  • UX_Snapshot_project_name.phase_order

In case of error it will also display a web image with the moment the error was produced.

エラーの場合は、エラーが発生した時点の画像が表示されます。

It also returns global summary modules with the following IDs:

  • UX_Global_Time_project_name.
  • UX_Global_Status_project_name.
  • UX_Global_Snapshot_project_name.

次の名前で全体のまとめのモジュールも返されます。

  • UX_Global_Time_project_name
  • UX_Global_Status_project_name
  • UX_Global_Snapshot_project_name

When the agent is running in process mode and the modules are recovered by Pandora FMS they can be seen on the console. Once again, via hierarchy mode view, the relation among the modules, and the boundaries between phases, can be clearly seen:

エージェントがプロセスモードで動き、モジュールを Pandora FMS が受け取ると、コンソールで見ることができます。繰り返しになりますが、階層モード で、モジュール間の関係とフェーズ間の区切りがわかりやすく表示されます。

Details of the phases and time charts can be viewed in the transaction display:

フェーズとタイムチャートの詳細は、トランザクションの画面で見ることができます。

Error screenshots are only shown when the UX client (PWR) and the PWR server are both running on the same machine. Otherwise, the PWR server image delivery directory should be accessible for the client in order to view the image on Pandora.

エラーのスクリーンショットは、UX クライアント(PWR)と PWR サーバが共に同じマシンで動作しているときにのみ表示されます。そうでない場合は、Pandora で画像を表示するために、PWR サーバの画像配布ディレクトリがクライアントからアクセスできる必要があります。

Using these same modules you can create alerts and view the history in order to generate graphs and display the evolution over time of your systems.

同じモジュールを使用して、アラートを作成し、システムの時間経過に伴う変化を表示するために、履歴表示やグラフ生成ができます。

It is recommendable to create a programmed task that boots the Pandora agent in process mode when the system boots up, to avoid interrupting executions, even when the system has been force-booted, and to ensure the agent executes even though the machine is on automatic login mode, without password protection.

システムを再起動したときなどに実行の中断を避けるために、システムが起動したときに、Pandora エージェントをプロセスモードで起動させるプログラムタスクを作成することと、パスワード無しでマシンへ自動ログインし、エージェントが確実に実行されるようにすることをお勧めします。

This guarantees that on the Windows instance in question the Pandora FMS agent will always be running in process mode even when the machine restarts, being always able to send the data harvested by the PDR probe.

これにより、対象の Windows インスタンスでは、マシンが再起動しても Pandora FMS エージェントが常にプロセスモードで実行され、常にPDR プローブによって収集されたデータを送信できることが保証されます。

Systems with various desktops can present problems, in which case it's recommendable to always use the configuration previously described, on any machine in desktop mode and autostart and a single desktop.

さまざまなデスクトップシステムでは問題が発生する可能性があります。そのため、前述の設定を使い、デスクトップモードで自動起動を単一のデスクトップ使用することをお勧めします。

WEB User experience トランザクション監視 (WUX)

概要

Pandora WUX is a Pandora FMS internal component, which allows users to automate web browser interaction.

Pandora WUX は Pandora FMS の内部コンポーネントで、Web ブラウザの操作を自動的に行うものです。

In order to work, WUXServer must be connected to a Pandora Web Robot Daemon (PWRD) server.

動作させるためには、WUXServer が Pandora Web Robot Daemon (PWRD) サーバに接続する必要があります。

PWRD is a service that executes step by step pre-recorded actions by the user in a web portal.

PWRD は、Web サイトでユーザが事前に実行したアクションを一つ一つ再実行するサービスです。

To achieve this, PWRD uses Selenium web automation technology.

そのために、PWRD は、Selenium の自動実行技術を用います。

It is therefore imperative that the user shows Pandora WUXServer the actions that must be performed to navigate through the web portal.

したがって、ユーザが Web サイトをに対して実行した操作を Pandora WUXServer に示すことが必要です。

With this data, Pandora WUXServer will generate a report with the results of the performances, time spent, and screenshots with the possible errors found.

このデータで、Pandora WUXServer は、所要時間、問題が発生したスクリーンショットといった、パフォーマンスレポートを生成します。

Pandora WUXServer is able to split the browsing sessions into phases, which simplifies the view and helps us to debug possible bottlenecks.

Pandora WUXServer は、ブラウジングセッションをフェーズに分割できます。これにより、表示を単純化し、ボトルネックの分析の手助けになります。



設定

In order to enable WUXServer on our Pandora FMS server,we will need to configure the Pandora Web Robot service (PWRD)

Pandora FMS サーバで WUXServer を有効化するには、Pandora Web Robot service (PWRD) を設定する必要があります。

Pandora ウェブロボットデーモン (PWRD)

Pandora Web Robot Daemon is a service, which provides tools to automate web browser sessions, using a file containing a list of necessary actions in order to navigate the user's web portal.

Pandora Web Robot Daemon は、ユーザーの Web アクセスをナビゲートするために必要なアクションのリストを含むファイルを使用して、Webブラウザセッションを自動化するツールを提供するサービスです。

It comes integrated with the Pandora server and we can find it in the folder /usr/share/pandora_server/util/pwrd when installing the Enterprise server (Linux) or in the module library (Windows)

Pandora サーバに統合され、Enterprise サーバ(Linux) またはモジュールライブラリ(Windows) のインストール時に /usr/share/pandora_server/util/pwrd に置かれています。

It contains:

以下が含まれます。

  • Firefox 46 Binary for Windows.
  • Pre-built profile to perform web browser sessions.
  • Server for session automation (Selenium server).
  • Windows 版 Firefox 46 のバイナリ
  • Web ブラウザセッションを実行するために、あらかじめビルドされたプロファイル
  • セッション自動化のためのサーバ (Selenium サーバ)

Linux でのインストール

The Selenium component of the PWRD daemon requires java in order to work, we will need to install it:

PWRD デーモンの Selenium コンポーネントは、動作のために java が必要です。次のようにインストールします。

 yum install java 

In order for PWRD to be able to launch Firefox on our Linux server, it will be necessary to install xorg-x11-server-Xvfb, gtk2 and gtk3 to be able to virtualize graphical environments.

PWRD が Linux サーバで Firefox を起動できるようにするには、グラフィカル環境を仮想化できるように xorg-x11-server-Xvfb、gtk2、gtk3 のインストールが必要です。

yum install xorg-x11-server-Xvfb gtk2 gtk3

If its not available in your repos, you can find the RPMs files in following links: ftp://rpmfind.net/linux/centos/6.6/os/x86_64/Packages/xorg-x11-server-Xvfb-1.15.0-22.el6.centos.x86_64.rpm

ftp://rpmfind.net/linux/centos/7.4.1708/os/x86_64/Packages/gtk2-2.24.31-1.el7.x86_64.rpm

リポジトリに無い場合は、RPM ファイルを以下から入手できます。 ftp://rpmfind.net/linux/centos/6.6/os/x86_64/Packages/xorg-x11-server-Xvfb-1.15.0-22.el6.centos.x86_64.rpm

ftp://rpmfind.net/linux/centos/7.4.1708/os/x86_64/Packages/gtk2-2.24.31-1.el7.x86_64.rpm

To do the RPMs installation manually:

RPM のインストールを手動で実行するには次のようにします。

yum install xorg-x11-server-Xvfb-1.15.0-22.el6.centos.x86_64.rpm
yum install gtk2-2.24.31-1.el7.x86_64.rpm

Then, proceed to install PWRD daemon, which can be found in the folder /usr/share/pandora_server/util/pwrd/ when installing the Enterprise server.

次に PWRD デーモンのインストールに進みます。Enterprise サーバをインストールしたときに /usr/share/pandora_server/util/pwrd/ に配置されます。

sudo /bin/bash /usr/share/pandora_server/util/pwrd/install_pwrd.sh --install [user] [directory]

In version 730 and later, the possibility of performing the customized installation with a user and a directory different from the default installation has been introduced.

バージョン 730 以降では、デフォルトと異なるユーザとディレクトリでインストールすることができます。

Once installed, we must start it.

インストールが完了したら、起動させます。

PWRD provides several working modes:

PWRD にはいくつかの動作モードがあります。

  • Standalone: This is the standard mode; it will launch a single PWRD instance, each will be assigned to a Pandora FMS server.
  • HUB: Concentrator mode. In this mode, PWRD service will not evaluate browser sessions directly; instead, "nodes" will have to be registered to execute tasks. This is the cluster mode from the PWRD service. Each HUB will be assigned to a Pandora FMS server.
  • Standalone: こちらが通常のモードで、PWRD の単一のインスタンスを起動します。インスタンスは Pandora FMS サーバに割り当てられます。
  • HUB: 集中モードです。このモードでは、PWRD サービスはブラウザセッションを直接は評価せず、代わりにタスクを実行するためのノードが登録されます。これは、PWRD サービスのクラスタモードです。それぞれの HUB が Pandora FMS サーバに割り当てられます。

PWRD の "Standalone" モード

PWRD in standalone mode, will start the daemon and will prepare it to execute the actions indicated by the user through WUXServer.

Standalone モードの PWRD は、デーモンを起動し、WUXServer を通してユーザが要求したアクションを実行します。



# Start 
/etc/init.d/pwrd start
#Get status
/etc/init.d/pwrd status
# Stop it
/etc/init.d/pwrd stop


# 起動 
/etc/init.d/pwrd start
# 状態確認
/etc/init.d/pwrd status
# 停止
/etc/init.d/pwrd stop


PWRD の "HUB" モード

Concentrator mode or HUB will start the daemon as a load balancer. In this working mode, the system will balance the load between all nodes registered in the system, assigning the execution of the navigation sessions, depending on their workload.

集中モードまたは HUB は、ロードバランサーとしてデーモンを起動します。この動作モードでは、システムに登録されたすべてのノード間で負荷をバランシングし、負荷に応じてセッションの実行割り当てをします。

You can always check the status of the HUB by accessing the HUB administration console:

HUB の管理コンソールにアクセスすることにより、HUB の状態を常に確認することができます。

http://hub:4444/grid/console



# Start
/etc/init.d/pwrd start-hub
# Get status
/etc/init.d/pwrd status-hub
# Stop it
/etc/init.d/pwrd stop-hub


# 起動
/etc/init.d/pwrd start-hub
# 状態確認
/etc/init.d/pwrd status-hub
# 停止
/etc/init.d/pwrd stop-hub


PWRD ノードの HUB への追加

To add a new PWRD node, you will need:

新たな PWRD ノードを追加するには、以下が必要です。

  • A hub (PWRD in HUB mode)
  • PWRD files, on the same or different machine
  • TCP/4444 connectivity from the computer that hosts the node to the computer that hosts the HUB.
  • HUB (HUB モードの PWRD)
  • 同一または異なるマシン上の PWRD ファイル
  • ノードをホストするコンピュータから HUB をホストするコンピュータへの TCP/4444 接続

In this work mode, the service will process all queued requests from the hub (HUB), returning the results of the executions to it. It will be the HUB who will speak exclusively with the WUXServer, being transparent to the one who is executing the actions of the user.

この動作モードでは、サービスはキューに入れられた HUB からのすべての要求を処理し、実行結果を返します。 HUB のみが WUXServer との通信を行い、アクションの実行は透過的です。

 # Start and register in the HUB, replace "hub" with the server IP PWRD HUB
 /etc/init.d/pwrd start-node http://hub:4444/grid/register
Check status
/etc/init.d/pwrd status-node
Stop it
/etc/init.d/pwrd stop-node


# 起動および HUB への登録。"hub" の部分は PWRD HUB のサーバ IP に置き換えてください。
/etc/init.d/pwrd start-node http://hub:4444/grid/register
# 状態確認
/etc/init.d/pwrd status-node
# 停止
/etc/init.d/pwrd stop-node

Pandora サーバ設定

Regardless of the chosen mode, once started, we can start assigning executions of our browsing sessions, adding the configuration parameters of WUXServer to the configuration file of our Pandora server.

選択したモードにかかわらず、一度起動すると、Pandoraサーバーの設定ファイルに WUXServer の設定パラメータを追加して、ブラウジングセッションの実行の割り当てを開始できます。

Assuming that we have deployed our PWRD server on the same server that runs our Pandora FMS server, we would add the following configuration:

PWRD サーバーを Pandora FMS サーバと同じサーバに配置するのであれば、次の設定を追加します。

# add to /etc/pandora/pandora_server.conf
wuxserver 1
wux_host 127.0.0.1
wux_port 4444
# /etc/pandora/pandora_server.conf へ追加
wuxserver 1
wux_host 127.0.0.1
wux_port 4444

Windows でのインストール

Steps to prepare a working environment for Pandora WUX on Windows.

Windows での Pandora WUX の環境準備の手順を示します。

Nota: We strongly recommend Linux to host the PWRD service.

注意: PWRD サービスには、Linux を利用することを強くお勧めします。

You can get the files needed for your deployment of the module library in https://library.pandorafms.com/index.php?sec=Library&sec2=repository&lng=en&action=view_PUI&id_PUI=816

展開に必要なファイルはモジュールライブラリ https://library.pandorafms.com/index.php?sec=Library&sec2=repository&lng=en&action=view_PUI&id_PUI=816 から取得できます。

Windows システムにおける PWRD の展開

Prerequisites:

事前準備:


We will create the following file distribution:

  • File Decompression PWR_Server.zip a C:\PWR\
  • Export Firefox profile to C:\PWR\profile

以下のファイルを準備します。

  • PWR_Server.zip を C:\PWR\ へ展開します。
  • Firefox プロファイルを C:\PWR\profile へ展開します。

Using a profile for the checks is not essential, however it is recommended especially when using proxy or when using autocomplete passwords. To create a profile of Firefox follow the steps in the following screenshots:

チェックにプロファイルを使用することは必須ではありませんが、特にプロキシを使用する場合やオートコンプリートパスワードを使用する場合はお勧めします。 Firefox のプロファイルを作成するには、次に示すステップに従います。




Choose the destination directory:

出力先ディレクトリを選択します。



We must start Firefox with the new profile to customize options such as proxy, shown popups, etc:

プロキシ、ポップアップなどのオプションをカスタマイズするには、新しいプロファイルでFirefoxを起動する必要があります。



Then we install the service by executing the BAT file service_installer.bat provided and we will start the service:

次に、service_installer.bat というバッチファイルを実行することによりサービスをインストールし、サービスを起動します。

net start PWRSRV

From this moment you have the Selenium server running on your machine. However, we can run it manually (by previously stopping the service) if we want to carry out debugging tasks, using the following command:

このタイミングでサーバ上で Selenium サーバが起動します。ただし、次のコマンドを使用してデバッグタスクを実行する場合は、(事前にサービスを停止して)手動で実行できます。

java -jar selenium-server-standalone-2.53.1.jar -firefoxProfileTemplate C:\selenium\firefox_profile -port 4444 -v

PWR セッションの記録

Before monitoring a user experience we must record the actions we want the system to perform, in order to browse through our web portal

User experience 監視の前に、システムが実行する Web ブラウズアクションを記録する必要があります。

To do this we have available the "PWR recorder" utility in the module library.

これには、モジュールライブラリ に置いている "PWR recorder" ユーティリティを利用します。

Run the downloaded file to start the recording environment. Once the environment is started, you can access the recorder by clicking on the following button:

記録環境を開始するには、ダウンロードしたファイルを実行します。 環境が起動したら、次のボタンをクリックすることによりレコーダーにアクセスできます。




You should see a window like the one shown in the image:

次のようなウインドウが表示されます。




From this moment we will be able to browse the website that we want to monitor and the different actions of each step that we advance will appear in the recorder.

ここから、監視したいウェブサイトをブラウズし、それぞれのステップのアクションがレコーダーに現れます。

To stop recording we will use the following button, located at the top right of the recorder:

記録を停止するには、レコーダーの右上にある次のボタンを利用します。




After completing the actions, we can perform checks on the page, for example verify the existence of a certain text to ensure that the page loaded is correct. To do this we will right click on a section of text in the browser window while we continue to record, and select the option verifyText:

処理が完了したら、ページのチェックを実施できます。たとえば、特定のテキストの存在を確認して、読み込まれたページが正しいことを確認できます。これには、記録を行っているときに、ブラウザウィンドウのテキスト部分を右クリックし、オプション verifyText を選択します:



A new step will appear in the recorder indicating the said text checking action:

テキストチェックアクションを示す新しいステップがレコーダに表示されます。




We can reproduce the entire sequence using the button Play Entire test suite and check that successfully completes:

Play Entire test suite ボタンで全体の流れを再現し、一通り成功するか確認できます。




After verifying the validity of the sequence of navigation, save it (File -> Save Test Case).This will be the file that we will load when creating a new web analysis module in our Pandora console.

一連の動作を確認したら、それを保存します(File -> Save Test Case)。 これが、Pandora コンソールで新たな Web 分析モジュールを作成するときにロードするファイルになります。

Pandora WUXのトランザクションセッションを記録する

Pandora WUX allows you to split browsing monitoring of a website into multiple modules, representing each of the steps performed.

Pandora WUX は、ウェブサイトのブラウジング監視を、それぞれのステップを表す複数のモジュールに分割することができます。

To insert a new control point and generate the phase modules (up until that point) right-click on the point where you want to identify the start phase.

新たなコントロールポイントを追加しフェーズモジュールを生成するには、フェーズを開始したい場所で右クリックします。



We will write the next text as a comment:

次のテキストをコメントとして書きます。

phase_start:name_of_phase

The Phase will encompass the time and result of all commands that exist up until the following comment:

フェーズは、次のコメントまでに存在するすべてのコマンドと時間の結果を含みます。

phase_end:name_of_phase

All commands that are run between a phase_start y phase_end label will be covered in this phase.

phase_start と phase_end の間に実行されるすべてのコマンドが、一つのフェーズとして扱われます。



Pandora FMS コンソールでの Web 分析モジュールの作成

Once we have our browsing session recorded, it's time to deploy it as a module in Pandora FMS console.

ブラウジングセッションを記録したら、Pandora FMS コンソールのモジュールとして展開します。

To do so , we will access to any agent associated with a server with WUX feature enabled and we will create a module "Web analysis":

そのためには、WUX 機能が有効化されたサーバで任意のエージェントにアクセスし、"Web analysis" モジュールを作成します。



After selecting "create" we must fill in all fields showed in the form:

"作成" を選択後、次のフォームに入力します。

  • Module Name: Module WUX (Father), all sub-modules with monitoring results will be dependent on this new module.
  • Target Web site: For monitoring performance statistics of website.
  • Run performance test: Indicates that we want to monitor not only the browsing experience, but also the performance statistics of access to the target web site.
  • Historical data: Saving or not saving the historical data modules that monitor that user experience.
  • textarea section: in this text box we must copy (or upload) content files of the browsing session we have previously recorded.
  • モジュール名(Module Name): モジュールWUX(親)、監視結果を持つすべてのサブモジュールはこの新しいモジュールに依存します。
  • 対象ウェブサイト(Target Web site): 監視、パフォーマンス統計を取る対象のウェブサイト
  • パフォーマンステスト実行(Run performance test): 閲覧可否の監視だけでなく、対象のウェブサイトへのアクセスのパフォーマンス統計も監視することを示します。
  • データ保存(Historical data): 実行結果のモジュールデータを保存するかどうか。
  • テキスト入力領域: このテキストボックスには、あらかじめ録画したブラウジングセッションのコンテンツファイルをコピー(またはアップロードします。

カスタムマクロ

The operation of custom macros involves the substitution of certain text strings that are present in our file of browsing session with certain customizable values.

カスタムマクロは、ブラウジングセッションのファイル内に設定した特定の文字列を、変化する特定の値に置き換える動作をします。

In the case of web analytics modules, this feature has been improved, allowing dynamic macros which allow these values to be translated into dates and times variables.

ウェブ解析モジュールの場合、この機能が改善され、値を日時の変数に変換できる 動的マクロ が利用可能になりました。

Why this feature then?

なぜこの機能が必要なのでしょうか?

Let’s suppose that we need to monitor, through a browsing session, the proper functioning of a web application that focus on booking meeting rooms.

会議室を予約するウェブアプリケーションの機能を、ブラウジングセッションを通して監視する必要があるとします。

If we establish a date and time fixed, the system would probably cancel the reservation because at some point it might stay in the past , for example could be trying to book a room for last week.

固定の日時を設定すると、システムはおそらく予約を取り消すことになります。これは、ある時点で過去に予約されている可能性があるためです。たとえば、先週の予約と同じ予約をしようとしている可能性があります。

We may also find a maximum of time to carry out that reservation, and that the system requires us to book the room within a certain period of time, for example, not exceeding the current month.

また、予約の実行が可能な期間を見つけることも必要です。例えば、システムは当月を超えないなど一定の期間内に部屋を予約する必要があります。

To avoid editing the macro every few days, and worrying about the configuration section, you can use the dynamic macros, telling the system to always book the room for the next day when doing the test.

数日おきに設定を気にしたりマクロを編集するのを避け、動的マクロを使用することにより、テストを行う翌日の部屋を常に予約するようにシステムを設定することができます。

To use this feature, the values must have a specific format, making possible the following substitutions:

この機能を利用するには、次のような特定の形式を用います。

@DATE_FORMAT (current date / time with user-defined format)
@DATE_FORMAT_nh (hours)
@DATE_FORMAT_nm (minutes)
@DATE_FORMAT_nd (days)
@DATE_FORMAT_ns (seconds)
@DATE_FORMAT_nM (month)
@DATE_FORMAT_nY (years)
@DATE_FORMAT (ユーザ定義フォーマットでの現在の日付/時間)
@DATE_FORMAT_nh (時間)
@DATE_FORMAT_nm (分)
@DATE_FORMAT_nd (日)
@DATE_FORMAT_ns (秒)
@DATE_FORMAT_nM (月)
@DATE_FORMAT_nY (年)

"n" may be an unsigned number (positive) or negative.

"n" は、符号なしの数値(正の数)または負の数です。

And FORMAT follows the standard strftime de perl

書式は、perl の strftime に従います。

Examples:

例:

@DATE_%Y-%m-%d %H:%M:%S
@DATE_%H:%M:%S_300s
@DATE_%H:%M:%S_-1h

Firefox プロファイルへの証明書アップロード

It is possible that some of the configured checks will run against web pages that use self-signed certificates or signed by a CA not included in the Firefox default accepted CA, so in such cases it will be necessary to load the certificate in question into the Firefox profile being used.

Firefox のデフォルトの CA に含まれていない、自己証明書や CA による証明書を必要とする Web ページの監視を行うこともできます。そのような場合、利用する Firefox のプロファイルに証明書を読み込ませる必要があります。

To do this, the easiest way is to launch the browser in a graphical environment, access the URL and add the SSL certificate. Next we will explain how to do it both in Windows and Linux:

それには、グラフィカルな環境でブラウザを起動し、URL にアクセスし SSL 証明書を追加するのが一番簡単です。以下に Windows および Linux でのその方法を説明します。

Windows システムにデプロイした PWRD の場合

In this case, since we will have a graphical environment, we only have to start the Firefox browser with the profile we are using for checks:

この場合、GUI 環境があるのでチェック用のプロファイルを使って Firefox ブラウザを起動するだけです。

Once started, access the URL with the certificate you want to upload and add it as an exception for the browser:

起動したら、アップロードする証明書を使用して URL にアクセスし、ブラウザの例外として追加します。

Another possibility, if you want to accept any SSL certificate, would be to access the Firefox options, the "Privacy & Security" tab, and uncheck the field "Query OCSP responder servers to confirm the current validity of certificates":

別の方法として、SSL 証明書を設定するには、Firefox のオプション、"Privacy & Security" タブにアクセスし、"Query OCSP responder servers to confirm the current validity of certificates" のチェックを外します。

Linux システムにデプロイした PWRD の場合

In general, when a Linux server is installed, it does not include a graphical desktop environment, so in order to follow the same steps as in the previous case we have to make a redirection of the graphical X to a computer where we do have a graphical desktop environment. This is done differently if we redirect the X to a graphical desktop in Linux or Windows.

一般的に、Linux サーバがインストールされている場合、グラフィカルなデスクトップ環境は含まれていません。前のケースと同じ手順を実行するには、X を GUI 環境を持つコンピュータにリダイレクトする必要があります。

Linux デスクトップへの X11 のリダイレクト

Doing this is very simple, since it will be enough to establish an SSH connection to the PWRD server with the "-X" parameter:

PWRD サーバから "-X" オプションをつけて SSH 接続をするだけで十分であるため非常にシンプルです。

ssh -X user@pwrd_ip_address

Having done this, if we launch the Firefox browser, we can see how it shows on our desktop:

その後、Firefox ブラウザを起動すると、デスクトップに画面表示されます。

firefox -p

In a default installation we will only see the default profile, so it would be advisable to do as in the Windows installation and create a new profile to use:

デフォルトのインストールでは、デフォルトのプロファイルのみ見ることができます。Windows へのインストールの場合と同様に、新しいプロファイルを作成して使用することをお勧めします。

If you save the profile in a path other than /opt/firefox_profile, you will need to edit the PWRD start script /etc/init.d/pwrd to indicate the path to the new profile:

プロファイルが /opt/firefox_profile 以外にある場合、PWRD の起動スクリプト /etc/init.d/pwrd でプロファイルのパスを指定するように編集する必要があります。

PWROPTS=" -firefoxProfileTemplate /path/to/profile/folder"

With the profile created, you can start the browser:

プロファイルを作成したら、ブラウザを起動します。

Once started, access the URL with the certificate you want to upload and add it as an exception for the browser:

起動したら、アップロードする証明書を使って URL にアクセスし、ブラウザの例外として追加します。

Another possibility, if you want to accept any SSL certificate, would be to access the Firefox options, in the "Advanced > Certificates" tab, and deselect the field "Query the OCSP respondent servers to confirm the current validity of the certificates":

他の方法として、SSL 証明書を受け入れたい場合は、Firefox の "Advanced > Certificates" タブのオプションへアクセスし、"Query the OCSP respondent servers to confirm the current validity of the certificates" を選択します。

Windows デスクトップへの X11 リダイレクト

In the case of Windows, first we will have to install an X server to be able to do the redirection, as for example Xming. Once installed and started, we will be able to do the X redirection.

Windows の場合、リダイレクトを行えるようにするために、Xming などの X サーバをインストールする必要があります。インストールして起動すると、X のリダイレクトができるようになります。

Using the SSH Putty client, we will have to go to the section "Connection > SSH > X11" before making the connection, and make sure that we mark the option "Enable X11 forwarding" as well as fill the field "X display location" as "localhost:0":

SSH Putty クライアントを用いて、接続前に "Connection > SSH > X11" にアクセスします。そして "Enable X11 forwarding" がチェックされ、"X display location" が "localhost:0" になっていることを確認します。

Then we go back to the "Session" section and establish the connection:

そして、"Session" セクションに戻り、接続を確立します。

Once the connection is established, if we launch the Firefox browser on the PWRD server, we will be able to visualize it on the Windows desktop.

接続したら、PWRD サーバ上で Firefox ブラウザを起動すると、Windows デスクトップでその画面を見ることができます。

firefox -p

In a default installation we will only see the default profile, so it would be advisable to do as in the Windows installation and create a new profile to use:

デフォルトのインストールでは、デフォルトのプロファイルのみ見ることができます。Windows へのインストールの場合と同様に、新しいプロファイルを作成して使用することをお勧めします。

If you save the profile in a path other than /opt/firefox_profile, you will need to edit the PWRD startup script /etc/init.d/pwrd to indicate the path to the new profile:

プロファイルが /opt/firefox_profile 以外にある場合、PWRD の起動スクリプト /etc/init.d/pwrd でプロファイルのパスを指定するように編集する必要があります。

PWROPTS=" -firefoxProfileTemplate /path/to/profile/folder"

With the profile created, you can start the browser:

プロファイルを作成したら、ブラウザを起動します。

Once started, access the URL with the certificate you want to upload and add it as an exception for the browser:

起動したら、アップロードする証明書を使って URL にアクセスし、ブラウザの例外として追加します。

Another possibility, if you want to accept any SSL certificate, would be to access the Firefox options, in the "Advanced > Certificates" tab, and deselect the field "Query the OCSP respondent servers to confirm the current validity of the certificates":

他の方法として、SSL 証明書を受け入れたい場合は、Firefox の "Advanced > Certificates" タブのオプションへアクセスし、"Query the OCSP respondent servers to confirm the current validity of the certificates" を選択します。

データ表示

The information generated by WUX is displayed in modules as follows. Enabling view hierarchically in the list of modules, will help us to display the information much more clearly:

WUX で生成された情報は、次のようにモジュールに表示されます。モジュール一覧の中で階層表示を有効化することにより、情報をより分かりやすく表示します。




Within this hierarchy we will find the following modules:

階層表示では、次のモジュールを見ることができます。

  • module_Global_Status: Indicates the global state of complete browsing.
  • module_Global_Time: Indicates the global time lapsed of complete browsing.
  • module_Global_Screenshot: contains an image with the result of browsing error, it will be generated only in case of error
  • module_Phase X: Name of phase_Status: Indicates the status of the browsing in Phase X
  • module_Phase X: Name of phase_Time: Indicates time lapsed in Phase X
  • module_Global_Status: ブラウズ完了の 全体の 状態を表示します。
  • module_Global_Time: ブラウズ完了の 全体の 所要時間を表示します。
  • module_Global_Screenshot: ブラウズでエラーとなった画面キャプチャで、エラーの場合のみ生成されます。
  • module_Phase X: フェーズ名_Status: フェーズ X におけるブラウジングの状態を示します。
  • module_Phase X: フェーズ名_Time: フェーズ X における所要時間を示します。

Example: Error capture view.

例: エラー画面キャプチャ



Template warning.png

Attention: If you upgraded from versions prior to Pandora FMS 7.0NG 712 you must make a small change.


Template warning.png

注意: Pandora FMS 7.0NG 712 以前のバージョンからアップグレードした場合は、少し変更する必要があります。


In order to store the screenshots generated by WUXServer, you must execute the following operations on your database schema:

WUXServer によって生成された画面キャプチャを保存するには、データベースにて次の操作を行う必要があります。

alter table tagente_estado modify column datos mediumtext;
alter table tagente_datos_string modify column datos mediumtext;

If you don't execute this actions, your screenshots may be incomplete or cropped

この操作を行わないと、スクリーンショットは、切り取られる可能性があります

Accessing the WUX section Agent , we can view additional details of the transaction and its phases:

エージェントの WUX セクションにアクセスすることによって、トランザクションとフェーズの追加の詳細を見ることができます。




In the screenshot above you can see the difference in time of the two phases that our record is divided into as well as access statistics to the front portal.

上記のスクリーンショットでは、分割されている 2つのフェーズの時間差とフロントポータルへのアクセス統計を確認できます。

Website statistics are summarized in the following concepts:

ウェブサイトの統計情報は、以下の概念でまとめられています。

  • Stats_TT: Total time to obtain the website.
  • Stats_TDNS: Total time to resolve the IP address of the target.
  • Stats_TTCP: Time spent on connecting via TCP..
  • Stats_TSSL: Time spent on establishing SSL communication.
  • Stats_TST : Time lapsed until data transfer started.
  • Stats_TTC : Time spent transferring data, It will gather all the transfer time of the resources.
  • Stats_TTR : Time used to transfer the content of the page.
  • Stats_TTR_main: Time lapsed to transfer the HTML code.
  • Stats_TTR_image: Time used to transfer resources of type of image (png|jpg|jpeg|bmp|tiff|gif|webp|svg).
  • Stats_TTR_css: Time spent on transferring style sheets.
  • Stats_TTR_js: Time spent on transferring the JavaScript files.
  • Stats_TT: ウェブサイトの取得にかかるトータルの時間。
  • Stats_TDNS: 対象の IP アドレスを名前解決するためにかかるトータルの時間。
  • Stats_TTCP: TCP の接続にかかった時間。
  • Stats_TSSL: SSL のネゴシエーションにかかった時間。
  • Stats_TST : データ転送が開始されるまでにかかった時間。
  • Stats_TTC : データ転送にかかった時間。すべての処理にかかった時間の合計です。
  • Stats_TTR : ページのコンテンツの転送にかかった時間。
  • Stats_TTR_main: HTML コードを転送するのにかかった時間。
  • Stats_TTR_image: 画像(png|jpg|jpeg|bmp|tiff|gif|webp|svg)の転送にかかった時間。
  • Stats_TTR_css: スタイルシートを転送するのにかかった時間。
  • Stats_TTR_js: JavaScript ファイルを転送するのにかかった時間。

ウェブ解析モジュールへのアラートの割り当て

Alerts associated with Web analysis modules follow the same dynamics of operating as the entire system of alerts in Pandora FMS.

ウェブ解析モジュールに関するアラートは、Pandora FMS の全体のアラートシステムと同様です。

For compatibility, it is recommended to assign templates of alerts on self-generated sub-elements by the analytics web module, such as:

互換性を保つため、次のようにウェブ分析モジュールによって生成されたサブ要素にアラートテンプレートを割り当てることをお勧めします。

  • The state of the global browisng
  • Alerts on thresholds times
  • Emails warning template set as "always" for screenshots modules of results
  • 全体のブラウジングの状態
  • 時間の閾値へのアラート
  • スクリーンショットのモジュールに対して、常に Email のテンプレートを設定

ダッシュボードの新たなウィジェット

To be able to display user browsing information, two new widget types have been added:

ブラウジング情報を表示するために、新たに 2つのウィジェットが追加されました。

Widget for status of browsing phases

ブラウジングのフェーズの状態ウィジェット。



Widget for website statistics

ウェブサイトの統計ウィジェット。