個人用ツール

「Pandora:Documentation ja:Data Presentation/Visualization」の版間の差分

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索
(モバイルコンソール)
(組み合わせグラフの作成)
 
516行目: 516行目:
 
各データソースの ''実データ'' を表示する詳細表示を行います。
 
各データソースの ''実データ'' を表示する詳細表示を行います。
  
<br>
+
{{Warning|When exporting graphics in CSV format, it is important to bear in mind the decimal separator configuration of the CSV file management program to be used. Pandora FMS uses a dot as a separator by default.}}
 +
 
 +
{{Warning|グラフィックを CSV 形式でエクスポートする場合、ファイルの小数点区切り記号に留意してください。Pandora FMS では、デフォルトでドットを利用しています。}}
  
 
====組み合わせグラフへの要素追加====
 
====組み合わせグラフへの要素追加====

2019年10月12日 (土) 09:19時点における最新版

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

活字と言語

Pandora FMS includes a collection of fonts that can be used within graphics, maps and reports. Among the included fonts,smallfont.ttf is used by default, because it supports characters such as Latin, Arabic, hiragana, katakana and many others.

Pandora FMS は、グラフ、マップおよび、レポートで利用できるフォントを含んでいます。デフォルトでは、(smallfont.ttf) が使われています。これは、ラテン、アラビア、ひらがな、カタカナなどを含んでいます。

The fonts are located in the directory named '/include/fonts' in which you're able to paste new fonts if you need them.

フォントは '/include/fonts' ディレクトリにあり、必要であれば新たなフォントを追加できます。

グラフ

The graphs show the data collected by Pandora FMS during a time threshold defined by the user. Pandora FMS graphs show data on request, being generated every time the operator requires one of them, showing the most recent data.

グラフは、ユーザが定義した時間間隔で Pandora FMS によって収集されたデータを表示します。 Pandora FMS グラフはリクエストに応じて表示されます。オペレータが表示操作をするごとに最新のデータを表示するグラフを生成します。

Pandora FMS におけるグラフ

The graphs in Pandora represent the values that a module has had over a period of time.

Pandora におけるグラフは、モジュールがある期間にわたって保持していた値を表しています。

Due to the great amount of data that Pandora FMS stores, two different types of functionality are offered, the graphs normal and the graphs full scale or TIP.

Pandora FMS が保存するデータは大量であるため、通常フルスケール詳細 の異なるタイプのグラフが用意されています。

通常グラフ

General features

一般的な機能

These are graphs that represent the information stored by the module at a basic level.

これは、基本的なレベルでモジュールに保存された情報を表すグラフです。

It allows us to see an approximation of the values in which our module oscillates.

モジュールの変動する値の近似値を見ることができます。

They divide the module data into boxes in such a way that a sample of the module values is represented.

モジュールの値のサンプルが表現されるように、モジュールデータを ボックス に分割します。

Not all values are painted, which is complemented by dividing the view into three graphs:

全ての値が表示されるわけではなく、ビューを 3つのグラフに分割して補完します。

  • Max (maximum values),
  • min (minimum values)
  • avg (average values)
  • 最大(Max) (最大の値)
  • 最小(min) (最小の値)
  • 平均(avg) (平均の値)
  • Advantages: They are generated very quickly, without consuming hardly any resources.
  • Disadvantages: The information provided is approximate. The states of the monitors they represent are calculated based on events.
  • 利点: リソースをあまり消費せず、素早く生成されます。
  • 欠点: 表示される情報は近似値です。グラフが表す監視の状態はイベントに基づいて計算されます。

ファイル:Graphs normal.png

詳細グラフ

General features

一般的な機能

They represent real data.

実データ を表現します。

It shows us a true representation of the data reported by our module.

モジュールの実際のデータを表示します。

As these are real data, it will not be necessary to supplement the information with extra graphs (avg, min, max).

実データのため、情報の補完(平均、最小、最大)は行われません。

The calculation of periods in unknown state is supported by events, such as normal graphs, but is complemented by extra detection in cases where events have been purged (by performance optimization, for example).

通常のグラフのように不明状態の期間の計算はイベントで行いますが、(例えばパフォーマンス最適化のために)イベントが削除されている場合は追加の検出によって補完します。

  • Advantages: The data represented are all decompressed data from the database. It's the most realistic way to review module data.
  • Disadvantages: Its processing is slower than in normal graphs. Depending on the time range and the volume of data to be displayed, your display may be less fluid.
  • 利点: データベース内のすべてのデータを表示します。モジュールの実際の状態を最も忠実に表現したものとなります。
  • 欠点: 通常のグラフより処理が遅いです。時間範囲と表示されるデータの量によっては、表示が非常に遅くなります。

ファイル:Graphs tip.png


After having seen how Pandora FMS interprets the graphs, we will go into detail the different types of graphs available depending on the origin of the data:

Pandora FMS がどのようにグラフを処理するのかを見てから、元データに応じてさまざまな利用可能なタイプのグラフを詳しく説明します。

  • Module graphs.
  • Interface graphs.
  • Custom graphs.
  • モジュールグラフ
  • インタフェースグラフ
  • カスタムグラフ

モジュールグラフ

概要

Module graphs represent the data reported by specific modules.

モジュールグラフは、特定のモジュールのデータを表示します。

You can define in the visual configuration the interactive or static graphs. In the case of interactive graphs, by placing the mouse at some point on the backside of the graph, the specific data of that point will be shown.

表示設定で、動的または静的グラフを選択することができます。動的グラフの場合、グラフ上の任意の点にマウスを置くと、その時点のデータが表示されます。

Non-interactive graphics will generate a static image with which you cannot interact.

静的グラフは画像が静的に生成され、動的な操作はできません。

They have normal and TIP modes for painting.

通常および詳細モードがあります。

In normal mode, it is possible to adjust the resolution of the graph to improve the display, as you can see in the following example image. The values between which the resolution can be configured are 1 (lowest) and 5 (highest).

通常モードでは、次の例のようにグラフの解像度を調整することができます。

550px

Low resolution (1)

低解像度(1)

550px

High resolution (5)

高解像度(5)

550px

Pure Data TIP

実データ 詳細

Note: You can configure all aspects of the graphs in the menu Setup > Setup > Visual Style.

注意: 設定(Setup) > 設定(Setup) > 画面設定(Visual Style) メニューで、グラフの設定を行うことができます。

モジュールグラフはどこから参照できるのか?

Module graphs are son accesible through monitor detail, which can be reach by clicking on Monitoring > Views > Monitor detail.

モジュールグラフは、監視(Monitorig) > 表示(Views) > モニタ項目詳細(Monitor detail) をクリックして表示される画面である監視詳細からアクセスできます。

800px



You can also find them in the agent view (list of modules). To access these graphs you must choose an agent from Monitoring > Views > Agents Detail:

エージェント表示(モジュール一覧)からも参照することができます。グラフを参照するには、監視(Monitoring) > 表示(View) > エージェント詳細(Agent Detail) からエージェントを選択します。

Pre1.png

After filtering, click on the agent name, for example localhost.localdomain, to access the agent operation menu.

フィルタリングしたあとエージェント名(例では localhost.localdomain)をクリックし、エージェントの操作メニューへ行きます。

Pre2.png

In this screen we have a list with all the agent modules. In the module table view, two icons appear under the legend "Graph", one will show the raw data (right) and the other a link to access the module graph (left).

この画面で、エージェントの全モジュールが一覧表示されています。モジュール一覧では、"グラフ" のカラムに 2つのアイコンがあり、右側が実データを表示するものであり、左側がモジュールのグラフへアクセスするリンクです。

Pre3.png

If you click on the graphic icon, you will access a new window where you can customize the module data to be displayed.

グラフアイコンをクリックすると、表示するモジュールデータをカスタマイズ可能な新たなウインドウが表示されます。

Quick graph.png


The graphs have a configuration menu that allows (by hovering the mouse over the tab to the left of the graph window), reconfiguring the view of the current graph. In the legend you can see statistical data (Last value, Average, Maximum and Minimum) for each of the series shown.

グラフには設定メニュー(グラフウインドウの左側のタブへマウスオーバーすると表示されます)があり、現在のグラフを再設定できます。凡例には、表示されている各シリーズの統計データ(最新の値、平均、最大値、最小値)が表示されます。

Pre4.png

To select an area of ​​the graph that we want to represent, it will be enough by selecting this area with the mouse in the graph below, outcoming a zoom in the desired area.

グラフの表示範囲を選択するには、下のグラフでマウスで領域選択し、目的の領域を拡大表示するだけです。

The following parameters can be set in the quick graph configuration:

グラフ設定では、以下のパラメータを設定できます。

表示オプション

Refresh Time

更新時間(Refresh time)

The field in which the graph's refresh time is defined.

グラフを再描画する時間を指定します。

Avg. Only

平均のみ(Avg. Only)

If you select it, it's going to show the medium data without minimum and maximum only (This feature is not available for boolean modules).

これを選択すると、最小および最大値を外し平均値のみ描画します。 (この機能は、boolean モジュールには存在しません。)

Begin Date

開始日(Begin Date)

By a calendar, it's possible to define the moment from which the data is going to be shown.

グラフ描画を開始する日付を設定します。

Begin Time

開始時間(Begin Time)

Time represented in hour, minutes and seconds format

時間、分、秒で表現します。

Zoom Factor

ズーム倍率(Zoom Factor)

You may enlarge or reduce the graph by this combo.

グラフの拡大・縮小設定をします。

Time Range

時間範囲(Time range)

You may choose the graph's time frame by this combo.

描画するグラフの時間範囲を指定します。

Show Events

イベント表示(Show Events)

If you click on it, it's going to show the module's events.

これを選択すると、モジュールのイベントを表示します。

Show Alerts

アラート表示(Show Alerts)

If you click on it, it's going to show the module's alerts.

これを選択すると、モジュールのアラームを表示します。

"Show percentile"

パーセント表示

Adds a graph that indicates the percentile line (configurable in general visual options of Pandora FMS).

グラフにパーセントの線を表示します。(Pandora FMS の表示オプションで設定できます)

Time Compare (Overlapped)

時間比較(重ね合わせ)(Time Compare (Overlapped))

If you click on it, it's going to show a second overlapping graph along with the module's data within the previous interval, e.g. if the module represents one week, the previous week is also going to be shown.

クリックすると、グラフ表示期間の一つ前の期間のグラフと重ね合わせて表示します。たとえば、1週間モジュールデータをグラフ化した場合、その1週間前も表示されます。このオプションは数値および二値モジュールでのみ有効です。

Time Compare (Separated)

時間比較(分割)(Time Compare (Separated))

The same as the overlapped version but with separated graphs. For example, if we request a period of one week and activate this option, the week before the chosen one will also be shown.

別々に表示される以外は、上記の重ね合わせと同じです。例えば、1週間の期間でこのオプションを有効化すると、選択した一週間前も表示されます。

Show Event Graph:

イベントグラフ表示(Show Event Graph)

If you click on it, it's going to show a bar graph along with received events within the graph's interval below it (Pandora FMS versions 5 and above only).

クリックすると、グラフの範囲内で発生したイベントを棒グラフで表示します。(Pandora FMS バージョン 5以降)

"Show Unknowns Chart."

不明グラフの表示(Show Unknown Chart)

It shows boxes in grey shading covering the periods in which Pandora FMS cannot guarantee the module's status, either due to data loss, disconnection of a software agent, etc.

Pandora FMS がデータを受け取れなかったりソフトウエアエージェントとの通信ができなかった等で、モジュールの状態を確認できなかった期間をグレーの箱で表示します。

Show Full Scale Graph (TIP).

詳細グラフ表示(Show Full Scale Graph (TIP))

Switches the painting mode from "normal" to "TIP". In this mode, the graphs will show real data rather than approximations, so the time it will take to generate them will be longer.

表示モードを "通常" から "詳細" へ切り替えます。詳細モードでは、グラフは近似値ではなく実データを表示します。表示に時間がかかります。

Once the values have been changed, click on "Reload" to apply them.

変更をしたら、反映するには "再読み込み(Reload)" をクリックします。

インタフェースグラフ

Interface graphs are a specialized combined graphs that allow us to analyze the performance of a network interface.

インタフェースグラフは、ネットワークインタフェースのパフォーマンスを見ることができる特別な組み合わせグラフです。

They are automatically shown whenever the following modules exist in the agent:

エージェントに次のモジュールが存在する場合は、自動的に表示されます。

  • interface_ifOperStatus
  • interface_ifInOctets
  • interface_ifOutOctets

Octets in and out may also appear as your HC alternatives (ifHCInOctects, ifHCOutOctects).

Octets の入出力は HC(ifHCInOctects, ifHCOutOctects) も対応しています。

When the system detects the existence of these modules, it will automatically generate the interface analysis section and the following graphs:

システムがこれらのモジュールの存在を検出すると、インタフェース分析セクションと次のグラフが自動的に生成されます。

800px

Agent overview with network traffic data

ネットワークトラフィックデータを含むエージェント概要

ファイル:Interface charts2.png

Interface graph detail

インタフェースグラフ詳細



These graphs also allow the quick selection of options, as in the module graphs, with the particularity that they insert the information from different sources (input and output bytes) in the same view and the variety of painting options is smaller.

また、これらのグラフは、モジュールグラフのように選択オプションがあり、異なるソース(入力バイトと出力バイト)からの情報を同じビューに挿入することができます。


カスタムグラフ

Custom graphs allow you to combine information from multiple modules into a single, variable size graph. In this way, information from various sources can be compared visually.

カスタムグラフを使用すると、複数のモジュールの情報を単一の可変サイズのグラフにまとめることができます。これにより、さまざまなソースの情報を視覚的に比較することができます。

組み合わせグラフの作成

To add a combined graph, go to Reporting > Custom graphs

組み合わせグラフを追加するには、レポート(Reporting) > カスタムグラフ(Custom graphs) へ行きます。

ファイル:Cg menu.png

And click on "Create graph".

そして、"グラフ作成(Create graph)" をクリックします。

800px

Now we're going to describe the fields you're going to encounter there:

以下に、表示されるフィールドについて説明します。

Name

名前(Name)

Name we want to assign to the graph.

グラフに割り当てる名前です。

Group

グループ(Group)

Here you can add the graph to a specific group.

グラフを所属させるグループです。

Description

説明(Description)

In this field you can write the information you need.

このフィールドには、任意の情報を記入できます。

Width

幅(Width)

The field intended for the graph's 'width' value.

グラフの幅です。

Height

高さ(Height)

The field intended for the graph's 'height' value.

グラフの高さです。

Period

更新間隔(Period)

It's the combo by which you're able to define the temporary period used to create the graph.

グラフ作成をする一時的な間隔を選択します。

Graphic Type

グラフタイプ(Graphic Type)

By means of a combo the type of graph is marked choosing between Horizontal bars, Vertical bars, Bullet graph, Circular graph, Line, Stacked line, Meter, Area, and Stacked area.

水平バー、垂直バー、ブレットグラフ、円グラフ、線、線の積み上げ、メーター、塗り潰し、塗り潰しの積み上げから、グラフのタイプを選択します。

Equalize thresholds

最大閾値を合わせる(Equalize thresholds)

Indicates whether the general upper and lower thresholds should be set for value comparisons in bullet charting.

ブレットグラフでの値の比較に一般的な上限と下限のしきい値を設定する必要があるかどうかを示します。

Percentile

パーセント値(Percentile)

Displays the 0 percentile of the data.

データの 0パーセンタイルを表示します。

Add summation series

合計の表示(Add summation series)

Displays the summation of all data.

全データの合計値を表示します。

Add average series

平均の表示(Add average series)

Displays the average of all data.

全データの平均を表示します。

Modules and series

モジュール値と統計値(Modules and series)

This field will only be active if you select to add summatory and/or average series. If checked, the graph will show the module data next to its summation and average. Otherwise, it will only show the summation and average.

このフィールドは、合計の表示または平均の表示を選択した場合に有効になります。チェックすると、グラフには合計と平均と合わせてモジュールのデータが表示されます。チェックしないと、合計および平均のみ表示されます。

Show TIP graphic.

詳細グラフ表示

The TIP painting system will be used to display real values of each data source selected in the element configuration.

各データソースの 実データ を表示する詳細表示を行います。

Template warning.png

When exporting graphics in CSV format, it is important to bear in mind the decimal separator configuration of the CSV file management program to be used. Pandora FMS uses a dot as a separator by default.


Template warning.png

グラフィックを CSV 形式でエクスポートする場合、ファイルの小数点区切り記号に留意してください。Pandora FMS では、デフォルトでドットを利用しています。


組み合わせグラフへの要素追加

To add new modules, click on the Graph Editor button, you will be presented with a form where you can add new modules from any agent.

新たなモジュールを追加するには、グラフ編集ボタンをクリックします。任意のエージェントから新たなモジュールを追加するフォームが表示されます。

Pre8.png

The "weight" option allows you to adjust the data in order to compare graphs of different magnitudes. This field multiplies the data by the defined weight.

"ウエイト" オプションで、異なる大きさのグラフを比較するためにデータを調整することができます。このフィールドで指定したウエイトをデータに掛け合わせます。

For example, if we want to put in the same CPU graph with values between 0 and 100 and number of connections with values between 1000 and 10000, it is convenient to multiply the CPU by 10.

例えば、0 から 100 の間の CPU グラフと、1000 から 10000 の間の接続数のグラフを一つにまとめたい場合、CPU の値を 10倍すると便利です。

There is no limit on the number of elements that can be displayed, but from five onwards, the amount of information displayed makes it difficult to interpret, unless large graphics (800x600, etc.) are used.

表示する要素数に制限はありませんが、5つ以上になると、大きなグラフィックス(800x600など)を使用しないと、情報量が多く、表示が見にくくなります。

Example of custom graph:

カスタムグラフの例:

Pre7.png


You can adjust certain displays within the view screen:

表示画面で調整できます:

ファイル:Cg view.png

組み合わせグラフの参照

To see a combined graph, go to Reporting > Custom Graph where a list of all saved graphs appears. To see a graph, click on its name.

組み合わせグラフを参照するには、保存されたグラフの一覧が表示される レポート(Reporting) > カスタムグラフ(Custom Graph) へ行きます。グラフを見るためには、見たいグラフの名前をクリックします。

Pre12.png

When accessing the graph, it will be painted with the most recent values for the selected time threshold.

グラフへアクセスすると、選択した期間の最近の値が表示されます。

Pre13.png

From this page it is possible to modify certain display parameters such as time period, graph type and zoom (Graph definition, Zoom x1, Zoom x2 and Zoom x3).

このページから、時間間隔、グラフタイプ、倍率(グラフ定義、倍率 x1、倍率 x2、倍率 x3)などを調整することができます。

The following is an example with the different types of graphics (the area type is in the image above). Area, Horizontal bars, Vertical bars, Bullet charts, Gauge, Pie, Line, Stacked line y Stacked area.

以下は、グラフの異なるタイプの例です。(上記は 塗り潰し タイプです) 塗り潰し、水平バー、垂直バー、ブレットグラフ、ゲージ、円、線、線の積み上げおよび塗り潰しの積み上げです。

  • Area Type
  • 塗り潰しタイプ

ファイル:Area.png

  • Horizontal bars Type
  • 水平バータイプ

ファイル:Horbars.png



  • Vertical bars Type
  • 垂直バータイプ

ファイル:Vertbars.png

  • Bullet chart Type
  • ブレットグラフタイプ

Bear in mind, this type of chart is not compatible with negative values.

このタイプのグラフは、負の値に対応していないことに注意してください。

ファイル:Bullchart.png

  • Gauge Type
  • ゲージタイプ

ファイル:Gauge.png

  • Pie Type
  • 円タイプ

ファイル:Pie.png

  • Line Type
  • 線タイプ

Pre14.png

  • Stacked area Type
  • 塗り潰しの積み上げタイプ

Pre15.png

  • Stacked line Type
  • 線の積み上げタイプ

Pre16.png

保存済の組み合わせグラフの削除

To delete a stored combined graph, please click on 'Reporting' and 'Custom Graph'. It's the location in which all stored graphs are listed. Please click on the trash icon on the graph's right side to delete it.

保存済の組み合わせグラフを削除するには、'レポート(Reporting)' および 'カスタムグラフ(Custom Graph)' をクリックします。保存されているグラフ一覧が表示されます。グラフの右側にあるごみ箱アイコンをクリックします。

ファイル:Cg list2.png

グラフコンテナ

From Pandora FMS 7.0NG. 710 the concept of "Graph container" appears.

Pandora FMS 7.0NG 710 から、"グラフコンテナ(Graph container)" という概念があります。

This concept allows:

次のことができます。

  • Defining as many containers as we want.
  • Nesting containers.
  • Creating simple module graphs.
  • Referrencing to custom graps.
  • Creating graphs using dynamic rules.
  • 欲しい分だけコンテナ定義
  • コンテナのネスト
  • 単一モジュールグラフの作成
  • カスタムグラフの参照
  • 動的ルールを使ったグラフの作成
コンテナの作成

To create a Graph Container, access the container tab from the custom graphs homepage:

グラフコンテナを作成するには、カスタムグラフのページからコンテナタブへアクセスします。

ファイル:Cg container.png


Click on "Create container"

"コンテナ作成(Create container)" をクリックします。

ファイル:Cg container2.png

Which will take you to the creation fomr:

作成フォームが表示されます。

ファイル:Cg container3.png

In the creation form, you can fill in the following fields:

作成フォームでは、以下のフィールドに入力します。

Name

名前(Name)

The name of the container

コンテナの名前です。

Group

グループ(Group)

Owner group of the container.

コンテナが所属するグループです。

Description

説明(Description)

Customized description of the container.

コンテナの説明です。

Parent container

親コンテナ(Parent container)

Where to store this container.

コンテナを保存する場所です。


コンテナへのグラフ追加

There are three options to add graphs to a container:

コンテナにグラフを追加するためのオプションは 3つあります。

Simple module graph

単一モジュールグラフ

Allows you to add a simple module graph, select the agent and module to be painted, as well as the time threshold.

単一のモジュールグラフを追加できます。時間間隔と合わせて表示したいエージェントおよびモジュールを選択します。

You also have the following options:

以下のオプションもあります。

Only average: Displays only the graph corresponding to the average of values (normal system).

平均のみ(Only average): 値の平均値のみのグラフを表示します。(通常のシステム)

Show TIP graph: Shows the module's real data.

詳細グラフ表示(Show TIP graph): モジュールの実データを表示します。

ファイル:Cg container add1 new.png


Custom graph

カスタムグラフ

Allows you to select an existing custom graph and add it to the list of graphs in the container.

既存のカスタムグラフを選択でき、コンテナのグラフ一覧に追加できます。

Allows you to select the time threshold and whether or not you want real data.

時間間隔と、実データを表示したいかどうかを選択できます。

ファイル:Cg container add2.png


Simple module graphs based on dynamic rules

動的ルールに基づく単一モジュールグラフ

Allows you to add several simple module graphs using selectors based on regular expressions.

正規表現に基づく選択を用いて、複数の単一モジュールグラフを追加できます。

Specify the regular expressions that agents and modules must meet to be added to the list of graphs to generate.

生成するグラフ一覧に追加するエージェントとモジュールにマッチする正規表現を指定します。

For example, if we have the agents called office1,office2,room1,room2 with the inOctects modules, and we would only like to represent the modules of the office agents, we would specify it as follows:

例えば、office1,office2,room1,room2 というエージェントで inOctets モジュールがあった場合に、office エージェントのモジュールのみを表現したいとすると、次のように定義します。

  • agent: office.*
  • module: inOctects

Automatically, the system would create 2 graphs, one for the office1 agent module inOctects, and another for the office2 agent inOctects module.

自動的に、システムは 2つのグラフを生成し、1つは office1 エージェントのモジュール inOctets で、もう一つは、office2 エージェントの inOctets モジュールです。

You also have the following options:

次のオプションもあります。

Only average: Displays only the graph corresponding to the average of values (normal system).

平均のみ(Only average): 値の平均値のみのグラフを表示します。(通常のシステム)

Show TIP graph: Shows the module's real data.

詳細グラフ表示(Show TIP graph): モジュールの実データを表示します。

ファイル:Cg container add3 new.png


コンテナグラフの一覧と管理

At the bottom of the container's editing page, you will be able to see the list of graphs registered in this container, you can delete them by clicking on the trash can icon.

コンテナ編集ページの下に、そのコンテナに登録されているグラフの一覧があります。ごみ箱アイコンをクリックすることによる削除することができます。

It is not possible to edit container graphics, you must create it again with the necessary modifications and then remove it.

コンテナグラフを編集することはできません。必要な設定を行ったものを再作成したり不要なものを削除する必要があります。

ファイル:Cg container edit list.png


コンテナ表示

By clicking on the container tab, you can access the list of containers and their graphs:

コンテナタブをクリックすることにより、コンテナ一覧とそのグラフにアクセスできます。

ファイル:Cg container list.png

On this tab you will see nested those containers defined in this way.

このタブには、定義されたコンテナがネストされて表示されます。

To view the graphs stored in a container, click on the container title.

コンテナに保存されたグラフを参照するには、コンテナのタイトルをクリックします。

リアルタイムグラフ

There are two ways to display graphs in real time. On the one hand, we have a series of checks generated by Pandora FMS and others generated by SNMP modules.

リアルタイムでグラフを表示するには 2つの方法があります。一つは、Pandora FMS と SNMP モジュールによって生成された一連のチェックがあります。

First, let's talk about the graphs created by Pandora FMS. To do this we have to go to Monitoring > Views > Real-time graphs.

最初に、Pandora FMS により生成されるグラフについて述べます。そのためには、モニタリング(Monitoring) > 表示(Views) > リアルタイムグラフ(Real-time graphs) 行きます。



ファイル:Grafica realtime.png



These graphs are based on the execution of commands from the console to the machine where it is hosted where the following checks can be performed:

これらのグラフは、コンソールからホストされているマシンでのコマンド実行に基づいており、次のチェックを実行します。

  • Pandora FMS Server Apache load: shows us in real time the load caused by the Apache service.
  • Pandora FMS Server CPU: shows us in real time the load of the CPU where the Pandora FMS console we are working with is installed.
  • Pandora FMS Server Disk IO wait: shows us in real time the input/output requests of the disk that are in queue.
  • Pandora FMS Server load: shows us in real time the load caused by the server.
  • Pandora FMS Server MySQL load: shows us in real time the load caused by the MySQL service.
  • Pending packages from Pandora FMS Server: shows us in real time the amount of packages in queue that the Pandora FMS server has to manage.
  • SNMP Interface throughput: Once introduced the SNMP data about the machine: IP, community and OID, it will show us in real time the data returned by the machine to which we are making the request. In this type of graphs only versions 1, 2 and 2c can be checked. In order to know the OID there is the SNMP walk tool with which we can observe in tree form the OID of the machine to which we point. To learn more about SNMP monitoring go to the following link.
  • Pandora FMS サーバ apache ロード (Pandora FMS Server Apache load): Apache サービスによるロードをリアルタイムで表示します。
  • Pandora FMS サーバ CPU (Pandora FMS Server CPU): Pandora FMS コンソールをインストールしたマシンの CPU ロードをリアルタイムで表示します。
  • Pandora FMS サーバディスク IO ウエイト (Pandora FMS Server Disk IO wait): キューに入っているディスクの入出力リクエストをリアルタイムで表示します。
  • Pandora FMS サーバロード (Pandora FMS Server load): サーバによるロードをリアルタイムで表示します。
  • Pandora FMS サーバ MySQL ロード (Pandora FMS Server MySQL load): MySQL サービスによるロードをリアルタイムで表示します。
  • Pandora FMS サーバのペンディング処理 (Pending packages from Pandora FMS Server): キューに入っている Pandora FMS サーバの処理量をリアルタイムで表示します。
  • SNMP インタフェーススループット (SNMP Interface throughput): IP、コミュニティ、および OIDといったマシンに関する SNMP データを読み込んだ際に、要求先のマシンから返されたデータをリアルタイムで表示します。 このタイプのグラフでは、バージョン 1、2、および 2c のみを確認できます。 OID を知るために、OID をツリー形式で確認することができる snmpwalk ツールがあります。SNMP モニタリングの詳細については、こちらを参照してください。


ファイル:Grafica realtime snmpwalk.png





ファイル:Grafica realtime snmpwalk OID.png



Besides choosing the type of graph we want to use, we must select the update interval of the graph (which minimally affects the performance) and if we want to show the data incrementally or not. If you use the incremental, you will see a rate of the changes made in the results per second (in the case of interval to 1 second). It is important to emphasize that it is not possible to generate new graphs of the ones that come by default in Pandora FMS.

使用するグラフの種類を選択するだけでなく、グラフの更新間隔(パフォーマンスへの影響を最小限に抑える)を選択し、データを段階的に表示するかどうかを選択する必要があります。増分を使用すると、1秒あたりの結果に加えられた変更の割合がわかります(間隔が1秒の場合)。 Pandora FMS にデフォルトで設定されている以外の新たなグラフを作成することはできません。

Secondly, we are going to talk about the graphs generated by SNMP modules, which, unlike the graphs described above, can also be made in version 3. These graphs can be observed in two places. Both in Monitoring > Views > Monitor Detail or within the view of an agent.

次に、SNMP モジュールによって生成されるグラフについて説明します。これは、上記のグラフとは異なり、バージョン3 でも作成できます。これらのグラフは、2か所で確認できます。 モニタリング(Monitoring) > 表示(Views) > モニタ項目詳細(Monitor Detail)、またはエージェント表示内にあります。



ファイル:Grafica realtime monitor detail.png



These graphs are the same as those generated in SNMP Interface throughput explained above, with the data we have passed to the module.

これらのグラフは、上で説明した SNMPインタフェースのスループット で生成されたものと同じですが、データはモジュールに渡されています。

表示

概要表示

This section shows general information about the status of Pandora FMS. On the one hand, you can see a visual report with the status of the server, of the modules and the alerts, a count of created and fired alerts, a summary of modules by state, the total of agents and modules, as well as the performance of the server. On the other hand, the last generated events can be observed, as well as their statistics. Finally, we also find a list with the status of active servers.

このセクションでは、Pandora FMS の状態に関する一般的な情報を表示します。 サーバの状態、モジュールとアラート、作成されたアラートと発生したアラートの数、状態別のモジュールの要約、エージェントとモジュールの合計、およびサーバのパフォーマンスを見ることができます。また、生成された最新のイベントとその統計を見ることができます。 さらに、アクティブなサーバの状態一覧も見ることができます。

ファイル:Vista tactica nueva.png

グループ表示

This section shows a summary of the status of agents and modules divided by groups. On the one hand, it is possible to observe a percentage statistic of agent and module states. On the other hand, a matrix with the number of agents and modules by state and by group.

このセクションでは、グループごとに分けられたエージェントとモジュールの状況の概要を示します。また、エージェントとモジュールの状態を割合で見ることができます。さらに、状態別およびグループ別のエージェントとモジュールの数をマトリックスで見ることができます。

ファイル:Vista grupos nueva.png

ツリー表示

This section shows information about agents and modules in tree form. It is possible to choose through which classification this information can be observed. In all of them we will be able to filter by group, agent or module.

このセクションでは、エージェントとモジュールに関する情報をツリー形式で表示します。どの分類を通してこの情報を見るかを選択することが可能です。 それらのすべてにおいて、グループ、エージェントまたはモジュールによってフィルタリングすることができます。

The clasification can be sorted byr:

分類は以下でソートできます。

  • Groups (default view)
  • Tags
  • OS
  • Module groups
  • Module
  • Policies
  • グループ (デフォルトの表示)
  • タグ
  • OS
  • モジュールグループ
  • モジュール
  • ポリシー

ファイル:Tree nueva.png

The information about and agent will be displayed by clicking on it.

クリックすると、エージェントに関する情報が表示されます。

ファイル:Tree agent.png

At the same time, clicking on a module its graph or information will be able to be shown.

同時に、モジュールをクリックするとそのグラフや情報が表示されます。

ファイル:Tree module.png

ファイル:Tree module2.png

ファイル:Tree module3.png

エージェント詳細

This section shows a list with the existing agents in Pandora FMS installation. The result of the list can be filtered by group, agent name, status or custom fields.

このセクションでは、Pandora FMS をインストールした際の既存のエージェントの一覧を表示します。 一覧は、グループ、エージェント名、ステータス、またはカスタムフィールドでフィルタできます。

Inside the represented information we can see the agent status and the alerts it contains. The status of the agent will depend on the status of its modules or the status of the agent:

表示された情報の中に、エージェントの状態とそれに含まれるアラートを見ることができます。 エージェントの状態は、そのモジュールの状態またはエージェントの状態によって異なります。

  • Critical (red): At least one monitor is in critical condition.
  • Warning (yellow): At least one monitor is in warning state.
  • Normal (green): All your monitors are in normal state
  • Not Started (blue): No associated data
  • Unknown (grey): Agent down
  • 障害(赤): 少なくとも一つの監視項目が障害状態。
  • 警告(黄): 少なくとも一つの監視項目が警告状態。
  • 正常(緑): 全監視項目が正常状態。
  • 未初期化(青): データなし。
  • 不明(グレー): エージェント停止。

The status of the alerts will depend on whether any alerts have been fired (orange), whether they have been disabled (grey) or no alerts have been fired (green).

アラートの状態は、アラートが発生したか(オレンジ)、無効になっているか(グレー)、アラートが発生していないか(緑)によって異なります。

From this view we will be able to accede to the edition or visualization of the agent that we want.

このビューから、エージェントの編集や表示をすることができます。

ファイル:Vista detallesagentes nueva.png

監視詳細

This section shows a list with the existing monitors in Pandora FMS installation. You can filter the list result by group, monitor status, module group, module name, label, server type, data type and if they are enabled/disabled.

このセクションには、Pandora FMS をインストールした際の既存の監視一覧が表示されます。 グループ、監視の状態、モジュールグループ、モジュール名、ラベル、サーバタイプ、データタイプ、およびそれらが有効/無効のいずれであるかで、一覧をフィルタできます。

Inside the represented information we can see the agent to which it belongs, the data it houses and the state it has. The states of a module can be:

表現された情報の中に、それが属するエージェント、それが収容するデータ、そしてそれが持つ状態を見ることができます。 モジュールの状態は次のとおりです。

  • Critical (red): The data received is within the threshold configured as critical.
  • Warning (yellow): The data received is within the threshold configured as warning.
  • Normal (green): The data received is outside the critical and warning thresholds.
  • Not initiated (blue): No information received.
  • Unknown (grey): Has received information at some time, but is currently not receiving information.
  • 障害(赤): 受け取ったデータが障害として設定された閾値の範囲内にある。
  • 警告(黄): 受け取ったデータが警告として設定された閾値の範囲内にある。
  • 正常(緑): 受け取ったデータが、障害および警告の閾値の範囲外にある。
  • 未初期化(青): データ未受信。
  • 不明(グレー): 過去にデータを受信していたことがあるが、現在は受信していない。

ファイル:Vista detallesmonitores nueva.png

タグ表示

This section shows a list of agents and modules that have tags. They can be filtered by group, monitor status, module group, module name, server type, agent custom field or labels.

このセクションには、タグを持つエージェントとモジュールの一覧が表示されます。グループ、監視状態、モジュールグループ、モジュール名、サーバタイプ、エージェントカスタムフィールド、またはラベルでフィルタできます。

ファイル:Vista etiquetas nueva.png

アラート詳細

This section shows a list of alerts created in Pandora FMS. They can be filtered by group, state, label, text, action and whether they are enabled or disabled. Besides the information of each alert, we can force its execution.

このセクションには Pandora FMS で作成されたアラートの一覧が表示されます。 一覧は、グループ、状態、ラベル、テキスト、アクション、そしてそれらが有効か無効かによってフィルタリングできます。 各アラートの情報参照に加えて、その実行を強制することができます。

Additionally, we can validate an alert. With this, we will only change the state of the alert to "not fired" restoring this way the counter of the same ones, without having to wait for the configured threshold.

また、アラートを承諾することもできます。これは、設定されたしきい値のデータを待たずに、アラートのカウンタをリセットしてアラートを "未発報" の状態に変更します。

ファイル:Vista detallesalertas nueva.png

エージェント/アラート表示

This section shows a list of agents that have alerts, with the type of alert they have. You can also show those agents that do not have any type of alert.

ここでは、アラートがついているエージェントの一覧をアラートのタイプと共に表示します。アラートがついていないエージェントも表示することができます。



ファイル:Agente-alerta.png



エージェント/モジュール表示

By clicking on 'Monitoring' > 'Views' and 'Agent/Module View', a matrix containing modules, agents and the state of every single module is displayed.

'モニタリング(Monitoring)' -> '表示(Views)' および 'エージェント/モジュールビュー(Agent/Module view)' をクリックすると、モジュールとエージェントの状態を表す表が表示されます。

Go to the extension from Operation>Extansions>Agents/Modules view.

操作(Operation) > 拡張(Extensions) > エージェント/モジュールビュー(Agents/Modules view) でも見れます。

800px

If we tick the recursion token, we can list the agent / module content taking into account the secondary groups and subgroups of the agents.

再帰(recursion)をチェックすると、エージェントのセカンダリグループおよび子グループを含めたエージェント/モジュール一覧となります。

モジュールグループ表示

This section allows to have a total vision in a module table by its state, regarding the module group and the module. In order to access the extensions, please click on 'Monitoring' > 'Views' and 'Module Groups'.

ここでは、モジュールグループごとに、モジュールの状態を表で表示します。 この拡張にアクセスするには、'モニタリング(Monitoring)' -> '表示(Views)' および 'モジュールグループ(Module group)' をクリックします。

Ex4.png

Ex5.png

As you can see at the image, there is a matrix with the modules number by agent group and with different colors depending on if there are modules in Critical,Warning or OK state.

ご覧の通り、エージェントグループごとのモジュール数と、モジュールの障害、警告、正常の状態に応じて異なる色で表を表示します。

モバイルコンソール

Pandora FMS comes with a new mobile console. This is a reduced version of the default console, and allow any user with a mobile device with at least 600x280 px of screen resolution to browse all information provided by Pandora FMS: agents, monitor view, alerts, agent detail (graphs included), group view, last events, etc.

Pandora FMS には、新たなモバイルコンソールがあります。これは通常のコンソールの簡易版で、600x280 以上の画面解像度があるモバイル端末で利用できます。エージェント、モニタ状態、アラート、エージェント詳細 (グラフも含む)、グループ参照、最新のイベントなど、Pandora FMS が提供する全ての情報を参照できます。

The mobile interface is located at '/mobile' [url], so if your regular console is located at 'http://firefly.artica.es/pandora_demo/' your mobile console is located at 'http://firefly.artica.es/pandora_demo/mobile'.

モバイルインタフェースの URL は、/mobile です。コンソールが、http://firefly.artica.es/pandora_demo/ であれば、モバイルコンソールは、http://firefly.artica.es/pandora_demo/mobile になります。

This URL is compatible with any device able to surf native websites. Has been tested with iPhone and Android devices, as well as Tablets (ipad and android). It adapts automagically to your device width.

この URL は、ネイティブのウェブサイトを参照できる任意のデバイスに対して互換性があります。iPhone と Android デバイスでテストしており、タブレット(ipad および android)も含みます。デバイスの画面サイズに自動的に合います。

ファイル:Mobile1.png
Login screen in the mobile web interface モバイルwebインタフェースのログイン画面

ファイル:Mobile2.png
Tactical view mobile web interface モバイルwebインタフェースの監視概要

ファイル:Mobile3.png
Detailed event view イベント参照

ファイル:Mobile4.png
Detailed module graph. モジュールグラフ

ファイル:Mobile5.png
General options menu オプションメニュー

ファイル:Mobile6.png
Detailed agent view. エージェント表示

ファイル:Mobile7.png
Detailed module view. モジュール表示