個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Backup and restore procedures

提供: Pandora FMS Wiki JP

2019年4月27日 (土) 22:51時点におけるJunichi (トーク | 投稿記録)による版 (データベースリストア)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

バックアップ手順

目的

The purpose of this document is to illustrate the backup and restore procedures of Pandora FMS appliance.

このドキュメントの目的は、Pandora FMS アプライアンスのバックアップおよびリストア手順の説明です。

データベースバックアップ

First, we need to backup the existing database:

mysqldump -u <pandora_db_user> -p <pandora_db_name> | gzip > pandoradb.sql.gz
<enter the password in console>

Caution: If you use a history database, you must perform a backup of it as well.

最初に、データベースをバックアップする必要があります。

mysqldump -u <pandora_db_user> -p <pandora_db_name> | gzip > pandoradb.sql.gz
<コンソールでパスワードを入力>

注意: ヒストリデータベースを利用している場合は、それに対しても同様に実行する必要があります。

設定ファイルバックアップ

In order to backup Pandora's agents and server configuration files, we type:

tar -pcvzf pandora_configuration.tar.gz /etc/pandora/*.conf

Pandora のエージェントおよびサーバの設定ファイルをバックアップするには、次のコマンドを実行します。

tar -pcvzf pandora_configuration.tar.gz /etc/pandora/*.conf

エージェントバックアップ

We also need to backup the agent folder. This is very important to maintain the already deployed collections and the agent plugins.

tar -pcvzf agent.tar.gz /usr/share/pandora_agent

エージェントディレクトリもバックアップする必要があります。すでに配布されているコレクションやエージェントプラグインを保存するために重要です。

tar -pcvzf agent.tar.gz /usr/share/pandora_agent

サーババックアップ

サーバブラグイン

The default folder of the server plugins is under /usr/share/pandora_server (the main Pandora's server folder).

サーバプラグインが置かれているデフォルトディレクトリは、/usr/share/pandora_server (Pandora サーバのメインディレクトリ) です。

Caution: If you have server plugins placed in other folders, you must backup them as well.

tar -pcvzf pandora_server.tar.gz /usr/share/pandora_server
tar -pcvzf my_plugin_folder.tar.gz /home/myuser/my_plugin_folder

注意: 他のディレクトリ内にサーバプラグインがある場合は、それもバックアップする必要があります。

tar -pcvzf pandora_server.tar.gz /usr/share/pandora_server
tar -pcvzf my_plugin_folder.tar.gz /home/myuser/my_plugin_folder

リモート設定

A backup of the remote configuration files and collections must be performed in order to maintain the remote agent's normal behavior

tar -pcvzf collections.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/collections
tar -pcvzf md5.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/md5
tar -pcvzf remote_agents_conf.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/conf

リモートエージェントの動作のために、リモート設定ファイルおよびコレクションのバックアップが必要です。

tar -pcvzf collections.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/collections
tar -pcvzf md5.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/md5
tar -pcvzf remote_agents_conf.tar.gz /var/spool/pandora/data_in/conf

コンソールバックアップ

We now perform a backup of the console, so we mantain our custom images, extensions, and more.

tar -pcvzf pandora_console.tar.gz /var/www/html/pandora_console

カスタム画像、拡張などを保存するために、コンソールのバックアップを実行します。

tar -pcvzf pandora_console.tar.gz /var/www/html/pandora_console

リストア手順

4.1 アプライアンスのインストール

Insert the CD in your system and press a key in the boot screen. The boot menu will be displayed then.

サーバに CD を入れ起動画面でキーを押します。起動メニューが表示されます。



600px



If you select "Install (Text mode) the installation will be performed in text mode. However, if you choose the Install option, the graphical installation will start (recommended). Choose between one of these two options, and reboot the machine after the installation.

"Install (Text mode)" を選択すると、テキストモードでインストールが実行されます。インストールオプションを選択すると、グラフィカルなインストールが開始されます(推奨)。いずれかのオプションを選択し、インストール後、マシンを再起動します。

データベースリストア

Template warning.png

If you use a history database, you must perform a restore of it as well.


Template warning.png

ヒストリ DB を利用している場合は、そのリストアも実行する必要があります。


手動リストア

Make sure that your database is up and running, and the Pandora's server and agent are stopped.

データベースが起動し、Pandora サーバとエージェントが停止していることを確認します。

[root@localhost ~]# /etc/init.d/mysqld start
Starting mysqld: [ OK ]
[root@localhost ~]# /etc/init.d/pandora_server stop
Stopping Pandora FMS Server
[root@localhost ~]# /etc/init.d/pandora_agent_daemon stop
Stopping Pandora Agent.

Then, we restore the database

その後、データベースをリストアします。

[root@localhost ~]# gunzip pandora.sql.gz
[root@localhost ~]# cat pandoradb.sql | mysql -u root -p pandora
Enter password: <enter the password in console>

Additionally we can perform the recovery in the following way.

次の方法でもリカバリできます。

mysql –u root –p pandora
create database pandora;
use pandora;
source PATH BACKUP;

Template warning.png

The database to be created must have the same name as the database we backed up.


Template warning.png

作成するデータベース名は、バックアップしたものと同じである必要があります。


Pandora FMS データベースバックアップユーティリティを使ってのリカバリ

Template warning.png

This functionality is only valid for those backups made using this tool.


Template warning.png

この処理は、このツールを用いて作成したバックアップでのみ有効です。


Recuperacion_backup_utility.png

In order to restore a backup, we must go to the backup we want to recover from the list of backups made, and click on the option 'Rollback to this backup'. Later we will get a message in the console with the manual steps to restore the selected database.

バックアップをリストアするには、作成したバックアップの一覧からリカバリしたいバックアップを選択し、'このバックアップへ戻す(Rollback to this backup)' オプションをクリックします。その後、選択したデータベースを復元するための手動の手順を示すメッセージがコンソールに表示されます。

Recuperacion_backup_utility2.png

設定ファイルリストア

First, we restore the agents and server configuration files:

最初に、エージェントおよびサーバ設定ファイルをリストアします。

[root@localhost ~]# tar -zxvf pandora_configuration.tar.gz -C /

エージェントリストア

Now, we perform the restore of the agent directory

エージェントディレクトリのリストアを実行します。

[root@localhost ~]# tar -zxvf agent.tar.gz -C /

サーバリストア

サーバプラグイン

We restore the pandora server main folder, and every other plugin folder that you may have.

pandora server のメインのディレクトリおよび、プラグインの入ったディレクトリをリストアします。

[root@localhost ~]# tar -zxvf pandora_server.tar.gz -C /
[root@localhost ~]# tar -zxvf my_plugin_folder.tar.gz -C /

リモート設定

A restore of the remote configuration files and collections must be performed in order to maintain the remote agent's normal behavior.

リモートエージェントが正しく動作するために、リモート設定ファイルおよびコレクションファイルをリストアします。

[root@localhost ~]# tar -zxvf collections.tar.gz -C /
[root@localhost ~]# tar -zxvf md5.tar.gz -C /
[root@localhost ~]# tar -zxvf remote_agents_conf.tar.gz -C /

コンソールリストア

We now perform a restore of the console, so we mantain our custom images, extensions, and more.

カスタム画像や拡張などを含め、コンソールのリストアを行います。

[root@localhost ~]# tar -zxvf pandora_console.tar.gz -C /

Pandora FMS サーバおよびエージェントの起動

The last step, is to start the Pandora FMS server, and agent.

最後に、Pandora FMS サーバとエージェントを起動します。

[root@localhost ~]# /etc/init.d/pandora_server start
[root@localhost ~]# /etc/init.d/pandora_agent_daemon start

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る