個人用ツール

Pandora:Metaconsole:Documentation ja:Visualization

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

メタコンソールの表示

In this section we will explain the Metaconsole options that refer to the navigation/visualization of the agent data, and the Instance modules and alerts from the Metaconsole.

この章では、エージェントデータおよび、インスタンスモジュール、メタコンソールからのアラートの参照・表示に関するメタコンソールのオプションについて説明します。

There are different ways to visualize data:

データの表示にはいくつかの方法があります。

  • Data tables
  • Tree views
  • Hierarchical network maps
  • Visual maps
  • Reports
  • Graphs
  • Netflow
  • データの表
  • ツリー表示
  • 階層ネットワークマップ
  • ビジュアルマップ
  • レポート
  • グラフ
  • Netflow

モニタリング

ファイル:Meta menu monitoring new.png

ツリー表示

This view allows the visualization of the agent monitors in a tree view. You could have access through Monitoring > Tree view

この表示は、エージェントのモニタ状況をツリー形式で表示します。モニタリング > ツリー表示 でアクセスできます。

It is possible to filter by module status (Critical, Normal, Warning and Unknown) and to search by agent name or by group. Adicionalmente, existe la opción de mostrar o no los agentes o módulos no iniciados, así como mostrar la jerarquía completa.

モジュールの状態(障害、正常、警告および不明)でのフィルタリングおよび、エージェント名やグループ名での検索ができます。加えて、開始していないエージェントやモジュールを表示・非表示にしたり、階層表示するオプションがあります。

In each level, it is shown a recount of the number of items of its branch: total number of elements,critical (red color), warning (yellow color),unknown (grey color), no initiated (blue) and normal status (green color).

それぞれのレベルにおいて、それぞれのブランチにおける正常状態(緑色)、障害(赤)、警告(黄色)、不明(グレー)、未初期化(青)の要素数を表示します。

The first level is loaded first. Clicking on the items of each level the branch with the items contained it it will be displayed.

最初のレベルが最初にロードされます。それぞれのブランチレベルの要素をクリックすると、その中の要素が表示されます。

Se trata de un árbol de grupos donde los agentes son mostrados filtrados por el grupo al que pertenecen.

グループツリー では、エージェントが所属するグループによってフィルタリングされて表示されます。

ファイル:Meta tree.png

Template warning.png

Items shown in the group are restricted by the ACLs permissions and by the the permissions for Tags that the user has


Template warning.png

グループ内に表示される要素は、ユーザの ACL およびタグによるパーミッションによって制限されます。


レベル

グループ

This is the first level.

これは、最初のレベルです。

Displaying the branch of one Group it shows the agents contained in the Group.

グループのブランチでは、グループに属するエージェントが表示されます。

The recount that is next to the group name refers to the number of Agents contained in it that are in each status.

グループ名の次の合計は、グループに含まれるそれぞれのステータスにおけるエージェントの数です。

El recuento que hay junto al nombre del grupo hace referencia al número de Agentes contenidos en él que están en cada estado.

グループ名の横にある数は、各状態に含まれるエージェントの数を示します。

Info.png

Only the not disabled agents that have at least one module not disabled and which is not in status Not initiated status will be shown.


Info.png

無効化かつ未初期化ではないモジュールを少なくとも一つ以上持つ、無効化されていないエージェントが表示されます。


ファイル:Meta tree grupos.png

エージェント

If you display the branch of one Agent the modules that are contained in the agent will be shown.

エージェントのブランチを表示すると、エージェントに含まれるモジュールが表示されます。

The recount that is next to the name of the Agent refers to the number of Modules contained in it that are in each status.

エージェントの名前の隣に、それぞれのステータスのモジュール数が表示されます。

Clicking on the agent name, it will show information about it on the right: Name, IP, date of last update, operative system... and also an event graph and other of accesses of the last 24 hours.

エージェント名をクリックすると、右側に名前、IP、最新の更新日時、OS などの情報が表示されます。また、直近 24時間以内のイベントグラフその他もあります。

ファイル:Meta tree agentes.png

モジュール

The module is the last branch of the tree.

モジュールは、ツリーの最後のブランチです。

Next to the name of each module, in this branch will be shown several buttons:

それぞれのモジュールの名前の隣に、ブランチ内でいくつかのボタンが表示されます。

  • Module Graph: One pop-up will be opened with the module graph.
  • Information In Raw state: You could have access to the module view where are shown the received data in one table.
  • If the module has alerts, it will show an alert icon: Clicking on the icon, it will show information about the module alerts at the right side: The templates to which they correspond and their actions...
  • モジュールグラフ: モジュールグラフのポップアップが開きます。
  • オリジナル状態としての情報: 一つの表として受信したデータを表示するモジュール表示にアクセスできます。
  • モジュールにアラートがついていれば、アラートアイコンを表示します: アイコンをクリックすると、右側に関連付けられたテンプレートやアクションなど、モジュールアラートに関する情報を表示します。

Clicking on the module name, it will show at the right side information about it: Name, Type, module group, description...

モジュール名をクリックすると、右側に名前、タイプ、モジュールグループ、説明などの情報を表示します。

ファイル:Meta tree modulo.png

概要表示

The tactical view of the Metaconsole is composed of:

メタコンソールの概要表示は次の内容から成り立っています。

  • Table with a summary of the agents and modules status.
  • Table with the last events.
  • Table with the las activity of the instances of Pandora FMS
  • エージェントとモジュール状態のサマリ表
  • 最新イベントの表
  • Pandora FMS インスタンスの最新の状態表

800px

エージェントとモジュールに関する情報

The number of agents, modules and alerts of each status is shown in a summary table:

エージェント、モジュールおよび、それぞれの状態のアラート数が表形式で表示されます。

  • Agents/Modules Normal
  • Agents/Modules Warning
  • Agents/Modules Critical
  • Agents/Modules Unknown
  • Agents/Modules Not started
  • Alerts defined
  • Alerts fired
  • エージェント/モジュール 正常
  • エージェント/モジュール 警告
  • エージェント/モジュール 障害
  • エージェント/モジュール 不明
  • エージェント/モジュール 未開始
  • 定義済アラート
  • 発報アラート

最新イベント

On the one hand, a table with the events of the last hour summed up in their different status is shown (critical, warning, normal and unknwon). On the other hand, the same events of the last hor are shown according to their order of arrival to the Metaconsole. This view only has briefing purposes, the events cannot be validated and their information cannot be displayed in detail.

過去 1時間に発生したイベント(障害、警告、正常、不明)を要約して表示する表があります。 一方、直近の 1時間で発生した同じイベントを発生順にメタコンソールへ表示します。 この表示は参照のみで、イベントの承諾や拡張情報の表示はできません。

グループ表示

The group view is a table with the groups of each Instance and the following information about each one:

グループ表示は、それぞれのインタフェースのグループと、次の情報の表です。

  • Name of the server of the instance to which it belongs to
  • Group name
  • Agent total number
  • Status of this group (the worst status from their agents)
  • Number of agents at Unknown status
  • Number of agents at No init status
  • Number of agents at Critical status
  • Number of modules in Unknown status
  • Number of modules in No init status
  • Number of modules in Normal status
  • Number of modules in Warning status
  • Number of modules in Critical status
  • Number of alerts fired
  • 属するインスタンスのサーバ名
  • グループ名
  • エージェントの合計数
  • そのグループの状態 (もっとも悪いエージェントの状態が反映されます)
  • 不明状態のエージェント数
  • 未初期化状態のエージェント数
  • 障害状態のエージェント数
  • 不明状態のモジュール数
  • 未初期化状態のモジュール数
  • 正常状態のモジュール数
  • 警告状態のモジュール数
  • 障害状態のモジュール数
  • 発報アラート数

ファイル:Meta groups view new.png

アラート表示

Alert view is a summary table with the alert information on the instances where the agent they belong to is displayed, as well as their module, used template, used action and the last time it was triggered.

アラート表示は、インスタンスにおけるアラート概要を表示します。ここでは、アラートが属するエージェント、そのモジュール、使用されているテンプレート、使用されたアクション、および最後に発報した時刻を見ることができます。

ファイル:Meta alerts view.png

モニタ表示

The monitor view is a table with information about the Instance monitors.

モニタ表示は、インスタンスのモニタに関する情報の表です。

Template warning.png

The modules that are shown are restricted by the ACLs permissions and by the permissions by Tags that the user would have.


Template warning.png

表示されるモジュールは、ACL のパーミッションおよびユーザのタグのパーミッションにより制限されます。


It could be filtered by:

次の情報でフィルタ可能です。

  • Group
  • Module status
  • Module group
  • Module name
  • Tags
  • Free search
  • Type of server
  • Type of data
  • グループ
  • モジュールの状態
  • モジュールのグループ
  • モジュール名
  • タグ
  • 任意の検索
  • サーバのタイプ
  • データのタイプ

Se pueden mostrar todos los monitores, solo aquellos que se encuentren activos o solo aquellos que se encuentren desactivados.

有効なもののみ、無効なもののみなど、すべての監視を表示することができます。

ファイル:Monitors view new.png

In this view not all the modules form the Instances are shown, because it would be not possible if they were big environments. A configurable number of modules is got from each instance. By default: 100. This parameter is Metaconsole Items from the Visual Styles Administration Section. El cual podemos modificar, teniendo en cuenta que podría bajar el rendimiento de la metaconsola si el número es muy elevado.

この表示では、インスタンスの全モジュールは表示されません。なぜなら大規模な環境では不可能だからです。モジュール数はそれぞれのインスタンスで設定されており、デフォルトは 100 です。このパラメータは、画面設定ページの メタコンソール要素(Metaconsole Items) にて設定します。変更する場合は、あまり大きな値にするとメタコンソールのパフォーマンスが落ちることに注意してください。

カスタムフィールド表示

This view shows in a simple way the status of the agents according to their custom fields.

ここでは、カスタムフィールドに応じてエージェントの状態を簡単な方法で表示します。

The Custom Fields view consists of:

カスタムフィールド表示は次の内容からできています:

  • Search form.
  • Custom filters management.
  • Agent and module counts for each value of the selected custom field.
  • General agent and module counts.
  • List of agents filtered by the search.
  • 検索フォーム
  • カスタムフィルタ管理
  • 選択したカスタムフィールドの各値のエージェントおよびモジュール数
  • 一般的なエージェントおよびモジュール数
  • 検索内容でフィルタしたエージェントの一覧

800px

Search Form:

検索フォーム:

  • Group: This allows us to filter by a specific group.
  • Custom field: It is mandatory to select a custom field of the agent. In order to select this field, it must have been previously created with the option "Show in list" checked.
  • Value/s of the custom field.
  • State/s of the agent.
  • Module name.
  • グループ(Group): 特定のグループでフィルタできます。
  • カスタムフィールド(Custom field): エージェントのカスタムフィールドを選択するための必須項目です。このフィールドを選択するためには、"一覧に表示する(Show in list)" オプションをチェックして作成されている必要があります。
  • カスタムフィールドの値。
  • エージェントの状態。
  • モジュール名。

800px

Custom Filters Management:

カスタムフィルタ管理:

  • Create, update and delete filters: To improve access to the custom field view you can create, save and remove search filters. To do this, choose the search parameters and click on the floppy disk icon. A modal window appears:
    • New Filter: Used for creation. It is mandatory to enter a name that has not been used before.
      ファイル:Custom fields 3.png
    • Existent Filter: It is used for updating and deleting.

ファイル:Custom fields 3.1.png

  • フィルタ尾の作成、更新、削除(Create, update and delete filters: カスタムフィールド表示へのアクセスを改善するために、フィルタを作成、保存、削除することができます。それには、検索パラメータを選択し、フロッピーディスクアイコンをクリックします。別ウインドウが表示されます。
    • 新規フィルタ(New Filter): 作成に利用します。使われていない名前を入力することが必須です。


ファイル:Custom fields 3.png

    • 既存フィルタ(Existent Filter): 更新および削除に利用します。

ファイル:Custom fields 3.1.png

Info.png

This filter management section will only be visible to administrator users..


Info.png

このフィルタ管理画面は、管理者ユーザでのみ参照できます。


  • Load filters: Click on the arrow icon and select the desired filter.
  • フィルタの読み込み(Load filters): 矢印アイコンをクリックし、フィルタを選択します。
ファイル:Custom fields 5.png
  • Add filters to a determined user: The assignment of filters to users will be done in the user create/edit view. When the user accesses this view he will do so with the selected filter loaded.
  • ユーザへのフィルタ追加(Add filters to a determined user): ユーザの作成・編集画面でのユーザへのフィルタ割り当てです。ユーザがこの画面にアクセスすると、選択したフィルタが読み込まれます。
800px

Agent and module counts for each value of the selected custom field:

選択したカスタムフィールドの各値のエージェントおよびモジュール数:

In this section of the view we will be able to visualize in a simple way the counts of the agents and modules for each data of the selected customized field.

この表示では、選択したカスタマイズされたフィールドの各データのエージェントとモジュールの数を簡単に表示することができます。

ファイル:Custom fields 7.png

General agent and module counts:

一般的なエージェントとモジュール数:

In this section of the view we will be able to visualize the counts of the agents and modules of all the data of the customized fields.

この表示では、カスタマイズされたフィールドの全データのエージェントとモジュール数を表示することができます。

ファイル:Custom fields 8.png

List of agents:

エージェントの一覧:

Shows a list with the following agent information:

以下のエージェント情報一覧を表示します。

  • Drop-down list where the following agent data will be shown with the chosen custom field:
    • Module name
    • Last data
    • Threshold
    • Interval time
    • Last contact time
    • Module status
  • Custom field value
  • Agent name
  • IP
  • Server
  • Status
  • 選択したカスタムフィールドと共に、以下のエージェントデータが表示されるドロップダウンリスト
    • モジュール名
    • 最新のデータ
    • 閾値
    • 監視間隔
    • 最新の接続時間
    • モジュールの状態
  • カスタムフィールド値
  • エージェント名
  • IP
  • サーバ
  • 状態

This table is paginated and can searches can be performed and sorted by the fields:

  • Custom Field
  • Agent
  • IP
  • Server

この表は、ページング、検索、以下のフィールドによるソートができます。

  • カスタムフィールド
  • エージェント
  • IP
  • サーバ
ファイル:Custom fields 9.png

イベント

800px


Pandora FMS uses an event system to "report" about all thing that have been happening in the monitored systems.

Pandora FMS は、監視対象システムで発生したすべての事象をレポートするためのレポートシステムを持っています。

In an event visor is shown when a monitor is down, an alert has been fired, or when the Pandora FMS system itself has some problem.

監視で障害を検知した場合、アラートを発報した場合、Pandora FMS システム自身で問題が発生した場合にイベントが発生します。

The Metaconsole has its own event visor where the events from the associated isntances are centralized.It is possible to centralize the events of all instances or only part of them. When the events of one instance are replicated in the metaconsole, its management becomes centralized in the metaconsole, so its visualization in the instance will be restricted to only reading.

メタコンソールは、関連付けられたインスタンスからのイベントを集約して表示する機能を持っています。全インスタンスのイベントや一部のイベントを集めることができます。一つのインスタンスのイベントがメタコンソールに複製されると、メタコンソール内でそれを管理するようになり、インスタンスでの表示は参照のみに制限されます。

インスタンスのイベントのメタコンソールへの複製

In order that the instances replicate their events to the metaconsole it would be necessary to configure them one by one

インスタンスがイベントをメタコンソールへ複製するためには、一つ一つ設定する必要があります。

To get more information about its configuration go to the section Instalar y Configurar la metaconsola del manual

この設定に関する詳細は、メタコンソールの設定 を参照してください。

イベント管理

To visualize the event management, it is divided in the view and in its configuration.

イベント管理は、表示と設定に分かれています。

イベントを見る

The events that are received from the Pandora nodes are viewed from two views.In a first view we could see all the events that are form less than n days and in a second view you could see the events without validation from more days.

Pandora ノードから受け取ったイベントは 2つの見方があります。一つ目は、n 日以内の全イベントを見る方法で、もう一つは、何日以上承諾されていないイベントを見る方法です。

イベント表示

You can go to the normal event view or to the all event view from less than n days, clicking on the Event icon from the metaconsole main page.

通常のイベント表示または n日以内の全イベントの表示は、メタコンソールのメインページからイベントアイコンをクリックします。

800px

イベントの履歴

If wan't to have an event history, we must activate and configure this option in MetaSetup -> Performance and with this the oldest events from some time (configurable) , that does not have been validated, will be go automatically to a secondary view : The event history view. This view is like the normal event view, and you can have access to it from a tab in the event view.

イベントの履歴を見たい場合は、メタセットアップ -> パフォーマンス のオプション設定で有効化し、どこまで遡るかを設定する必要があります。承諾されていないイベントは自動的に 2つ目のイベント履歴表示に現れます。これは、通常のイベント表示に似ています。イベント表示のタブからアクセスすることができます。

700px

イベントフィルタ

The event views have available a range of filtering options to could meet the user needs

イベント表示には、必要に応じてフィルタリングできるオプションがあります。

You can create filtering options in two different ways. One of them is to perform the filtering in the same event display, giving you to save the selected filtering.

2つの方法でフィルタオプションを作成することができます。1つは、同じイベント表示でフィルタリングを実行し、行ったフィルタリングを保存することです。

ファイル:Metaconsola Events filter guardar.png

Por otro lado, podemos ir a “Manage Events”-> “Filter List” y crear de manera manual los distintos posibles filtros que queramos. Posteriormente podremos cargar los filtros creados en las opciones de filtrado de los eventos.

また、"イベントの管理" -> "フィルタ一覧" に行き、必要なフィルタを手動で作成することができます。 後でイベントのフィルタリングオプションで作成したフィルタを読み込むことができます。



ファイル:Metaconsola Events filter.png



イベント詳細

In the event list (normal or from history) it is possible to see the details of one event clicking on the event name or in the 'Show more' icon from the action field.

イベント一覧(通常または履歴)では、イベント名をクリックもしくはアクションフィールドの '詳細を表示する(Show more)' アイコンをクリックすることにより詳細を見ることができます。

ファイル:AccesoDatosEvento new.png


The fields of one event are shown in a a new window with several tabs.

一つのイベントのフィールドが、いくつかのタブがついた新しいウインドウで表示されます。

一般

500px

The first tab shows the following fields:

最初のタブは、次のフィールドを表示します。

  • Event ID: It is an unique identifier for each event.
  • Event Name: It is the event name. It includes a description of it.
  • Date and Hour : Date and Hour when the event is created in the event console.
  • Owner: Name of the user owner of the event
  • Type:Type of event. There can be the following types: Ended Alert, Fired Alert, Retrieved Alert, Configuration change, Unknown, Network system recognized by the recon, Error, Monitor in Critical status, Monitor in Warning status, Monitor in Unknown status, Not normal, System and Manual validation of one alert.
  • Repeated: It defines if the event is repeated or not.
  • Severity: It shows the severity of the event. There are the following levels: Maintenance, Informative, Normal, Minor, Warning, Major and Critical
  • Status:It shows the status of the event. There are the following status: New, Validated and In process
  • Validated by: In case that the event have been validated it shows the user who validated it, and the date and hour when it did.
  • Group: In case that the event comes from an agent module, it shows the group to which the agent belongs to.
  • Tags: In case that the event comes from an agent module, it shows the module tags.
  • Extra ID: extra ID extra that can be put at the event yo match when you do a free search.
  • イベントID(Event ID): それぞれのイベントのユニークな ID です。
  • イベント名(Event Name): イベントの名前です。説明も含みます。
  • 日付と時間(Date and Hour): イベントがイベントコンソールに生成された日時です。
  • 所有者(Owner): イベントの所有者のユーザ名です。
  • タイプ(Type): イベントタイプです。次のタイプがあります: 終了アラート(Ended Alert), 発報アラート(Fired Alert), 復旧アラート(Retrieved Alert), 設定変更(Configuration change), 不明(Unknown), 自動検出によるネットワークシステム検知(Network system recognized by the recon), エラー(Error), 監視が障害状態(Monitor in Critical status), 監視が警告状態(Monitor in Warning status), 監視が不明状態(Monitor in Unknown status), 非正常(Not normal), システム(System), 単一アラートの手動承諾(Manual validation of one alert)
  • 繰り返し(Repeated): イベントが繰り返し発生しているかどうかの定義です。
  • 重要度(Severity): イベントの重要度を示します。次のレベルがあります: メンテナンス(Maintenance), 情報(Informative), 正常(Normal), マイナー(Minor), 警告(Warning), メジャー(Major), 障害(Critical)
  • 状態(Status): イベントの状態を示します。次の状態があります: 新規(New), 承諾済(Validated), 処理中(In progress)
  • 承諾者(Validated by): イベントが承諾されている場合、承諾したユーザと日時を示します。
  • グループ(Group): エージェントモジュールで発生したイベントの場合、エージェントが属するグループを示します。
  • タグ(Tags): エージェントモジュールで発生したイベントの場合、モジュールのタグを示します。
  • 拡張 ID(Extra ID): 任意の文字列検索時にマッチさせる追加の ID です。
詳細

500px

The second tab shows details of the agent and of the module that created the event. It is also possible to have access to the module graph.

As last data it will show the origin of the even that could be a Pandora server or any origin when the API is used to create the event.

2つ目のタブは、イベントを生成したエージェントとモジュールの詳細を表示します。モジュールグラフへアクセスすることもできます。

最新のデータとして、Pandora サーバが生成したイベントや、イベントを生成する API が使われた場合に生成されるイベントを表示します。

エージェントフィールド

500px

The third flap shows the Agent customized fields.

3つ目のタブは、エージェントのカスタムフィールドを表示します。

コメント

500px

The fourth tab shows the comments that have been added to the event and the changes that have been produced with the change of owner or the event validation.

4つ目のタブは、イベントへ追加されたコメントおよび、所有者の変更やイベントの承諾といった変更を表示します。

応答

500px

The fifth tab shows actions or answers that could be done on the event. The actions to do are the following:

5つ目のタブは、イベントに対して実行可能なアクションや応答を示します。実行できるアクションは次の通りです。

  • To change the owner
  • To change the status
  • To add a commentar
  • To delete the event
  • To execute a customized response: It would be possible to execute all actions that the user has configured.
  • 所有者の変更
  • 状態の変更
  • コメントの追加
  • イベントの削除
  • カスタマイズした応答の実行。ユーザが設定したすべてのアクションを実行することができます。

イベントの設定

Users with ACLs EW bits, will have available a tab to have access to the event configuration panel.

ACL で EW 権限のあるユーザの場合は、イベント設定パネルへアクセスするタブが表示されます。

800px

イベントフィルタ管理

Filters on events allow to parametrize the events that you want to see in the event console. With Pandora it is possible to create predefined filters so one or several users could use them.

イベントのフィルタで、イベントコンソールで見たいイベントを調整することができます。Pandora では、そのユーザ専用または複数のユーザが利用できるように事前にフィルタを作成することができます。

Filters could be edited clicking on the filter name.

フィルタは、フィルタ名をクリックすることにより編集できます。

800px

In order to create a new filter click on the button "create filters". There it will show a page where the filter values are configured.

新規フィルタを作成するには、"フィルタの作成(create filters)" ボタンをクリックします。フィルタの値を設定する画面が表示されます。

800px

The fields through the filter is done are these:

フィルタで設定するフィールドは次の通りです。

  • Group: Combo where you can select the Pandora group.
  • Event Type: Combo where you can select the event type.
  • Severity: Combo where you can select by the event severity.
  • Event Status: Combo where you can select by the event status.
  • Free search: Field the allows a free search of one text
  • Agent Search: Combo where you can select the agent origin of the event.
  • Max hour old: Combo where the hours are shown
  • User Ack: Combo where you can select between the users that have validated an event.
  • Repeated: Combo where you can select between show the events that are repeated or to show all events
  • グループ(Group): Pandora のグループの選択です。
  • イベントタイプ(Event Type): イベントのタイプを選択できます。次のタイプがあります。
  • 重要度(Severity): イベントの重要度を選択できます。次のオプションがあります。
  • イベント状態(Event Status): イベントの状態を選択できます。次のオプションがあります。
  • 検索語(Free search): 任意のテキストの検索ができます。
  • エージェント検索(Agent Search): イベント発生元のエージェントを選択できます。
  • 最大表示範囲(Max hour old): 表示する時間範囲を選択します。
  • 承諾したユーザ(User Ack): イベントを承諾したユーザを選択できます。
  • 繰り返し(Repeated): 繰り返し発生しているイベントまたは全イベントを選択できます。

Besides the search fields in the Event Control filter menu, it shows the option Block size for pagination,where you can select between the number of event that will be in each page when paginating.

イベントフィルタメニューの検索フィールドのほかに、ページごとの表示件数(Block size for pagination) オプションがあります。この設定で、1ページに何件のイベントを表示するかを選択することができます。

応答管理

In events you can configure responses or actions to do in some specific event. For example, to do a ping to the agent IP which generated the event, to connect through SSH with this agent, etc.

特定のイベントに対して応答やアクションを設定することができます。例えば、イベントを発生させたエージェントの IP に対する ping の実行をしたり、エージェントへ ssh 接続を行うなどです。

800px

The configuration of the responses allows to configure both a command and a URL.

応答の設定は、コマンドと URL の両方が可能です。

To do this, you can define a list of parameters separated by commas that will be filled in by the user when the response is executed. You can also use both the event's internal macros and those in this list:

これを行うには、応答が実行されるときにユーザが入力するカンマで区切られたパラメータのリストを定義します。 イベントの内部マクロと、以下のマクロ一覧の両方を使用することができます。

  • Agent address: _agent_address_
  • Agent ID: _agent_id_
  • Event related alert ID: _alert_id_
  • Date on which the event occurred: _event_date_
  • Extra ID: _event_extra_id_
  • Event ID: _event_id_
  • Event instructions: _event_instruction_
  • Event severity ID: _event_severity_id_
  • Event severity (translated by Pandora console): _event_severity_text_
  • Event source: _event_source_
  • Event status (new, validated or event in process): _event_status_
  • Event tags separated by commas: _event_tags_
  • Full text of the event: _event_text_
  • Event type (System, going into Unknown Status...): _event_type_
  • Date on which the event occurred in utimestamp format: _event_utimestamp_
  • Group ID: _group_id_
  • Group name in database: _group_name_
  • Event associated module address: _module_address_
  • Event associated module ID: _module_id_
  • Event associated module name: _module_name_
  • Event owner user: _owner_user_
  • User ID: _user_id_
  • Id of the user who fires the response: _current_user_
  • Custom fields: Custom event fields are also available in event response macros. They would have _customdata_*_ form here the asterisk (*) would have to be replaced by the custom field key you want to use.
  • エージェントアドレス: _agent_address_
  • エージェント ID: _agent_id_
  • イベントに関連したアラート ID: _alert_id_
  • イベントが発生した日時: _event_date_
  • Extra ID: _event_extra_id_
  • イベント ID: _event_id_
  • イベント指示: _event_instruction_
  • イベント重要度 ID: _event_severity_id_
  • イベント重要度(Pandora コンソールでの表現): _event_severity_text_
  • イベントソース: _event_source_
  • イベントの状態 (new, validated または event in process): _event_status_
  • カンマ区切りのイベントタグ: _event_tags_
  • イベントのテキスト: _event_text_
  • イベントタイプ (System, going into Unknown Status など): _event_type_
  • イベントが発生した utimestamp フォーマットでの日時: _event_utimestamp_
  • グループ ID: _group_id_
  • データベース内のグループ名: _group_name_
  • イベントが関連するモジュールのアドレス: _module_address_
  • イベントが関連するモジュール ID: _module_id_
  • イベントが関連するモジュール名: _module_name_
  • イベントの所有者: _owner_user_
  • ユーザ ID: _user_id_
  • 応答を実行したユーザ ID: _current_user_
  • カスタムフィールド: イベント応答マクロにはカスタムイベントフィールドもあります。それらは、 _customdata_*_ という形式で、アスタリスク(*)の部分は、利用したいカスタムフィールドキーに置き換えます。

800px

イベント表示におけるフィールドのカスタマイズ

With Pandora FMS it is possible to add or delete columns in the event view.Each column is a field for the event information, so it is possible to customize that view.

Pandora FMS では、イベント表示にカラムを追加したり削除したりすることができます。それぞれのカラムは、イベント情報のフィールドであり、カスタマイズすることができます。

From this screen it will be possible to add fields in the event view, passing them from the box on the right, available fields to the box at the right, fields selected. To delete fields from the event view, they will be go from the box on the right to the box on the left.

この画面から選択したフィールドを右側のボックスに追加することによって、イベント表示にフィールドを追加することができます。イベント表示からフィールドを削除するには、右側のボックスから左側へ移動させます。

800px

レポート

800px

In the Metaconsole, it is possible to do all kinds of reports on Instance data. The configuration of one report is stored in the Metaconsole, but when it is displayed, it retrieves data by connecting to the instances.

メタコンソールでは、インスタンスのデータにもとづく全種類のレポートを扱うことができます。レポートの設定はメタコンソールに保存されますが、表示するときはインスタンスに接続してデータを取得します。

Info.png

For the report editor, the origin of the agents and monitors is transparent. The user will not know from which Instance they come from.


Info.png

レポートエディタでは、元となるエージェントと監視項目は透過的です。どのインスタンスのものかどうかはユーザからは見えません。


Reports can be created in two different ways:

レポートは、次の 2種類の方法で作成できます。

  • Manually
  • With report templates
  • 手動
  • レポートテンプレートの利用

画面

ファイル:Meta menu screens new.png


ビジュアルコンソール

It is possible to configure a visual console in the Metaconsole, that is a panel made up by a background and items on top of it. These items can be:

メタコンソール内で、ビジュアルコンソールを設定することができます。背景やアイテムを配置するパネルになっています。 アイテムは次の通りです。

Data view and configuration are exactly the same as those of the visual maps in the usual console, but data is retrieved from the Instances in a transparent way for the user.

データの構成と表示は、通常のコンソールのビジュアルマップとまったく同じですが、データはインスタンスから透過的に取得されます。



ファイル:Meta visual console conf new2.png



In Pandora FMS version 727, a new feature, which was already present in previous node versions, has been added. Said development consists on calculating the status of the node visual console status from the Metaconsole. For example: a business critical point is surveyed through the visual console in two different instances. Through this tool, said elements can be monitored from a single place without needing to go to each instance separately.

Pandora FMS バージョン 727 では、以前のバージョンではノード側にあった機能が導入されました。 この変更により、メタコンソールからノードのビジュアルコンソールの状態を計算できることにあります。 例:2つの異なるインスタンスで、会社の重要な要素がビジュアルコンソールによって管理されます。このツールを使用すれば、個々のインスタンスを参照することなく、各要素を単一の場所で監視できます。

There is also the possibility to carry out massive operations on visual consoles regarding their status weight or their critical elements, as it can be done in the nodes. This feature can be found in Screens -> Visual Console Manager.

ビジュアルコンソール上では、ノードで実行できるのと同じように、ウエイトの状態や障害要素を参照するための一括操作を実行することができます。この機能は、画面 -> ビジュアルコンソール管理にあります。



ファイル:Meta visual console manager.png



All this information is in the section of Visual maps of the nodes.

より詳細は、ビジュアルマップ を参照してください。

メタコンソールサービス監視

As seen in service monitoring in nodes, a service is a IT resources map grouped by funcionality.

ノードにおけるサービス監視に見られるように、サービスは機能ごとにグループ化された IT リソースマップです。

With the service monitoring in the metaconsole, we can group the nodes' services and check all the infraestructure status in a look.

メタコンソールにおけるサービス監視では、ノードのサービスをグループ化し、インフラ全体の状態を確認することができます。

En la metaconsola podemos agregarlos de la siguiente manera: - Seleccionamos la opción "Informes" -> "Servicios"

メタコンソールでは次のようにサービスを追加できます。 - "レポート" -> "サービス" のオプションを選択します。

ファイル:Meta console services menu.png

To find out more about creating services and configuring them, visit the Service section in the following link.

サービスの作成および設定に関する詳細は、サービスモニタリングを参照してください。

Netflow

ファイル:Meta netflowmenu.png

To be able to have this option available in the Metaconsole, the section view must be activated within the MetaSetup options in the Metaconsole. At the same time, to be able to carry out a node Netflow from the Metaconsole, the node must have netflow activated in its setup.

メタコンソールでこのオプションを利用するには、メタコンソールのメタセットアップ内で有効化する必要があります。メタコンソールからノードの Netflow を操作できるようにするには、ノートで Netflow を有効化する必要があります。

To learn more about how to carry out the live view, the possible Netflow filters, as well as how to install necessary dependencies, visit the Netflow section through this link.

ライブビューおよび Netflow のフィルターがどのように動作するかの詳細、必要な依存ファイルのインストールについては、 Netflow ネットワークトラフィック管理を参照してください。

Info.png

Node information flow can only be obtained one at a time. Information from more than one node cannot be obtained simultaneously.


Info.png

ノードのフロー情報のみを抽出することができ、複数の情報は同時に出力することはできません。


(OBSOLETE)

ネットワークマップ

The network map shows a Hierarchical view of the Instance agents and modules filtered by an specific criteria.

ネットワークマップは、特定の要素でフィルタリングしたインスタンスのエージェントとモジュールを階層的に表示します。

In the normal console, there are 3 different network maps: By topology, by groups and by policies.

通常のコンソールでは、トポロジ、グループ、ポリシーの 3つの種類のネットワークマップがあります。

In the Metaconsole, there is only one type: A variation of the Map by groups.

メタコンソールでは、グループによるマップの一種類のみです。

800px

In this case there could be found configuration options in common with the map by groups:

この場合、グループによるマップで共通の設定オプションがあります。

  • Group (Except that you can't select the group All by performance)
  • Free search
  • Layout
  • Font size
  • Regenerate
  • No overlap
  • Simple
  • グループ(Group) (パフォーマンスの関係上、全て(All)グループは選択できません。)
  • 検索(Free search)
  • レイアウト(Layout)
  • フォントサイズ(Font size)
  • 再生成(Regenerate)
  • 重ね合わせ無し(No overlap)
  • シンプル(Simple)

And other new options:

加えて、次の新たなオプションがあります。

  • Show agent in detail: To show the map of one agent in particular
  • Show modules: To show or not the modules (In the normal console you could select between showing only the groups, the groups and agents or all. Like in the network map of the metaconsole, it is not possible to show more that one group, so only this option makes sense).
  • Show sons: To show or not the Instances to which the agents belong to.
  • Show module groups: It adds to the hierarchy the groups of modules from which the modules are pending
  • エージェント詳細表示(Show agent in detail): 特定の一つのエージェントのマップ表示
  • モジュール表示(Show modules): モジュールを表示するかしないか (通常のコンソールでは、グループ、グループおよびエージェント、または、すべてを選択することができました。メタコンソールのネットワークマップでは、一つのグループのみ表示可能なためこのようなオプションになっています。)
  • 子の表示(Show sons): エージェントが属するインスタンスを表示するかしないか
  • モジュールグループ表示(Show module groups): モジュールのグループを階層に加える

800px

There are two buttons in the configuration, one to apply it and see the result and another to save the map.

設定には、2つのボタンがあります。一つは適用し結果を見るためのもので、もう一つはマップの保存のためのものです。

Netflow

800px

The Metaconsole has available an option to monitor the Instances IP traffic (NetFlow).

メタコンソールは、インスタンスの IP トラフィックをモニタするオプションがあります (NetFlow)。

In the Metaconsole are configured the NetFlow monitoring parameters, included the Instance in which it will be used.

メタコンソールで設定した NetFlow モニタリングパラメータは、インスタンスで利用されます。

When it is executed, a request via API is done to the Instance. It will be return the result already processed.

実行すると、API を通してインスタンスにリクエストが送られます。処理した結果が返されます。

Info.png

The configuration is done in the Metaconsole, but all the monitoring work and data interpretation is done in the Instance


Info.png

設定はメタコンソールで実施しますが、モニタリングおよびデータ解析処理はインスタンスにて実行されます。


To have more information, please go to the section Gestión de red con Netflow

より詳細は、Netflow を使ったネットワーク管理 を参照してください。


Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る