個人用ツール

Pandora:Metaconsole:Documentation ja:Introduction

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

Template warning.png

This is an advanced topic. You should already be familiar with Pandora FMS before attempting to deploy a Metaconsole. For more information contact us at teacher@support.artica.es.


Template warning.png

これは高度な内容です。メタコンソールを導入する前に、Pandora FMS に関してあらかじめよく理解いただいている必要があります。より詳細に関しては Enterprise 版のサポート窓口へお問い合わせください。


メタコンソール概要

The Metaconsole is a console where you can visualize, synchronize and manage in a unified way different Pandora FMS monitoring systems, from now on Instances (nodes), exclusive of the Enterprise version. Thanks to this console we can monitor hundreds of thousands of different devices in a centralized way, without having to look at each Instance (node) individually.

メタコンソール は、インスタンスと呼ぶ、異なる Enterprise 版の Pandora FMS 監視システムを一か所で表示、同期、管理できるコンソールです。このコンソールにより、個々のインスタンス(ノード)を見ることなく、数百、数千もの異なるデバイスを集中して監視できます。

The metaconsole offers a multitenant service, where it can be the access point for a user that belongs to a company or where a single console can offer service to different companies, and within each company to different users of the same. Below is a schematic of the architecture of the meta console where we can see its horizontal scalability, where each instance has its own database to operate.

メタコンソールは マルチテナント サービスを提供します。それ自身をある企業に属しているユーザのアクセス先としたり、または異なる企業向けの単一コンソールとすることができます。また、それぞれの企業内の異なるユーザに対しても単一コンソールを提供できます。 以下は、メタコンソールのアーキテクチャの模式図で、水平のスケーラビリティを見ることができます。各スケーラビリティでは、各インスタンスが独自のデータベースを操作します。


Pandora metaconsole overview2.png

It is a very complex environment, which incorporates the necessary functions to manage the different Instances. The metaconsole is designed not to operate at a low level as the Instances, but to manage in a centralized way all the infrastructure of all the Instances.

非常に複雑な環境で、さまざまなインスタンスを管理するために必要な機能が組み込まれています。 メタコンソールは、インスタンスとして動作するのではなく、すべてのインスタンスのすべてのインフラストラクチャを集中管理するように設計されています。

Thanks to this console we can observe a lot of information through different functions such as the generation of reports or visual consoles with elements of different Instances, as well as the synchronization of events. In addition, we can manage the different Instances with the creation of new agents, their distribution, management of alert templates, policies and other functions.

このコンソールのおかげで、イベントの同期だけでなく、異なるインスタンスの要素を持つレポートやビジュアルコンソールの生成など、さまざまな機能を通じて多くの情報を確認することができます。 さらに、新しいエージェントの作成、配布、アラートテンプレートの管理、ポリシーなどの機能を使用して、さまざまなインスタンスを管理できます。

メタコンソールの比較

If you knew Pandora FMS before version 5.0, then you know that the Metaconsole concept already exist

Pandora FMS バージョン 5.0 以前を知っている方なら、メタコンソールのコンセプトがすでにあることは知っているかと思います。

In this section, we are going to analyze the differences between the current Metaconsole and the old one,and also the problems solved and the improvements proposed.

この章では、現在のメタコンソールと以前のものの違いおよび、改善された問題と改善点を示します。

バージョン 5.0 以前

Before version 5.0, a normal installation (Console+Server) of Pandora FMS could also work, as Metaconsole.

バージョン 5.0 以前は、Pandora FMS の通常インストール (コンソール + サーバ) で、メタコンソールとしても動作しました

通信

The communication between the Metaconsole and the instances was unidirectional. The Metaconsole connected with the instance data base and Managed all the data in memory.

メタコンソールとインスタンスの間の通信は、直接ではありませんでした。メタコンソールは、インスタンスのデータベースへ接続し、メモリ上で全データの管理をしていました。

It did not store almost nothing in its own database.

自分自身のデータベースには、ほとんど何も保存しませんでした

500px

同期

Synchronization was done between the instances.

同期は、インスタンス間で実施されました。

For example:

例:

Lets suppose that we want to configure some alert templates so as all the instances would have them.

全てのインスタンスで、いくつかのアラートテンプレートを設定したいと仮定します。

We should enter in one of the instances, configure them, go back to the Metaconsole and synchronize the templates of that instance with the other ones.

一つのインスタンスに入って設定し、メタコンソールへ戻って設定したインスタンスのテンプレートを他へ同期する必要がありました。

500px

問題

The Metaconsole was very inefficient because of its not centralized architecture. A lot of connections were done to different databases and the user experience was poor.

集中管理アーキテクチャではないため、メタコンソールはとても非効率でした。多くの異なるデータベース接続が必要で、ユーザにとってわかりにくくなっていました。

The available options were insufficient to get the wanted control of the instance environments without exit from the Metaconsola.

メタコンソールから離れることなくインスタンス環境を制御するためのオプションも不十分でした。

Summarizing,the Metaconsole was slow in case it had a bit of load and the user was very limited by its options.

結果、メタコンソールは負荷のある環境では遅く、オプションとして使うユーザは限定的となっていました。

バージョン 5.0 から

The Metaconsole from version 5.0 is an special environment completely independent and incompatible with the console.

バージョン 5.0 からの メタコンソールは、完全に独立した特別な環境となり、コンソールとは別のものとなっています。

通信

The communication between the Metaconsole and the instances is bi-directional. The Metaconsole connect with the instance database and the instances replicate part of their data to the Metaconsole database.

メタコンソールとインスタンスの間の通信は、双方向です。メタコンソールは、インスタンスのデータベースへ接続し、また、インスタンスはデータの一部をメタコンソールのデータベースに複製します。

Other data, such as groups, alert templates, tags... are stored in the Metaconsole.

グループ、アラートテンプレートタグなどのその他データは、メタコンソールに保存されます。

500px

同期

The synchronization is done in a one way: From the Metaconsole to the instances.

同期 は、メタコンソールからインスタンスの一方方向にて実施されます。

For example:

例:

Lets suppose that we want to configure some alert templates for the ones that have several or all instances.

いくつか、または、全インスタンスで、いくつかのアラートテンプレートを設定したいと仮定します。

Without exit from the metaconsole we could configure the templates and synchronize them with the instances that we want.

メタコンソールから離れることなく、テンプレートの設定と必要なインスタンスに同期を行うことができます。

500px

改善

The Metaconsole from version 5.0 is a much more'centralized,quick, and flexible tool than the previous version.

バージョン 5.0 からのメタコンソールは、以前のバージョンと比べて、より中央管理高速柔軟なツールとなっています。

It includes much more views and features, and also improvements in the ones that previously exist.

多くの表示や機能を備え、以前のものよりも改善がされています。

It does not manage all data in memory, storing part of the information, improving this way the user experience.

メモリ上でのデータ管理は実施せず、一部の情報を保存し、ユーザの利便性を向上しています。

表でのまとめ

in the following table you can see the differences between the old Metaconsole features and the new ones.

以下の表に、新旧のメタコンソールの違いを示します。

Before version 5.0 From version 5.0
The metaconsole can work as an instance
ファイル:Yes tick.png
ファイル:No tick.png
Synchronization
Decentralization
Centralized
Communication
Unidirectional
Bidirectional
Instance configuration
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
User panel
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
Tactic view
Through instances
General and 15 last events
Agent browser
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
Group view
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
Event visor
ファイル:Yes tick.png
(Data in Instances)
ファイル:Yes tick.png
(Data in the Metaconsole)
Tree view
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
Alert view
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
Module view
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
Network map
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
Traffic monitoring (Netflow)
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
Synchronization tools
  • Users/Profiles
  • Components
  • Policies
  • Alerts
  • Users/Profiles
  • Groups
  • Components
  • Alerts
  • Tags
Move agents between instances
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
Report templates
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
Editors
  • Reports
  • Visual console
  • Users/Profiles
  • Groups
  • Components
  • Reports
  • Visual console
  • Alerts
  • Tags
  • Categories
Apply/Policy queue
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png


バージョン 5.0 以前 バージョン 5.0 から
メタコンソールがインスタンスとして動作
ファイル:Yes tick.png
ファイル:No tick.png
同期
非中央管理
中央管理
通信
一方方向
双方向
インスタンス設定
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
ユーザパネル
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
概要表示
インスタンス経由
全体および最新の 15イベント
エージェントブラウザ
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
グループ表示
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
イベント表示
ファイル:Yes tick.png
(インスタンス内データ)
ファイル:Yes tick.png
(メタコンソール内データ)
ツリー表示
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
アラート表示
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
モジュール表示
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
ネットワークマップ
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
トラフィックモニタリング (Netflow)
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
同期ツール
  • ユーザ/プロファイル
  • コンポーネント
  • ポリシー
  • アラート
  • ユーザ/プロファイル
  • グループ
  • コンポーネント
  • アラート
  • タグ
インスタンス間のエージェント移動
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png
レポートテンプレート
ファイル:No tick.png
ファイル:Yes tick.png
エディタ
  • レポート
  • ビジュアルコンソール
  • ユーザ/プロファイル
  • グループ
  • コンポーネント
  • レポート
  • ビジュアルコンソール
  • アラート
  • タグ
  • カテゴリ
適用/ポリシーキュー
ファイル:Yes tick.png
ファイル:Yes tick.png

(OBSOLETE)

インタフェース

Through a simplified interface (compared with Pandora FMS) the actions availables in the Metaconsola are distributed in 6 groups:

(Pandora FMS 全体と比較して)単純化されたインタフェースを通して、メタコンソールのアクションは次の 6つに分類されます。

  • Monitoring
  • Tree view
  • Tactic view
  • Group view
  • Alert view
  • Monitor view
  • Wizard
  • Events
  • Reports
  • Create new reports
  • Reports
  • Templates
  • Template wizard
  • Screens
  • Network map
  • Visual console
  • Netflow
  • Advanced
  • Synchronization
  • User management
  • Agent management
  • Module management
  • Alert management
  • Tag management
  • Policy management
  • Category management
  • Metasetup
  • 監視
  • ツリー表示
  • 概要表示
  • グループ表示
  • アラート表示
  • モニタ表示
  • ウィザード
  • イベント
  • レポート
  • 新規レポート作成
  • レポート
  • テンプレート
  • テンプレートウィザード
  • 画面
  • ネットワークマップ
  • ビジュアルコンソール
  • Netflow
  • 拡張
  • 同期
  • ユーザ管理
  • エージェント管理
  • モジュール管理
  • アラート管理
  • タグ管理
  • ポリシー管理
  • カテゴリ管理
  • メタセットアップ


Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る