個人用ツール

Pandora:Metaconsole:Documentation ja:Glossary

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

メタコンソールの用語集

基本および拡張アクセス

Accesses that are given to users, to the module components and the alerts.

ユーザに与えられる、モジュールコンポーネントおよびアラートへのアクセス権。

Users with basic access will only could use the components and alerts of this level.

基本アクセスのユーザは、このレベルのコンポーネントとアラートのみ利用可能です。

Users with advanced access will could use the components and alerts of any level.

拡張アクセスのユーザは、任意のレベルのコンポーネントとアラートを利用可能です。

On the other hand, the Advanced components type will be more configurable than the Basic type.

言い換えると、拡張コンポーネントタイプは、基本タイプよりもより多くの設定が可能です。

  • It will be possible to change the name
  • Showing the configuration of the actions in the alerts. In the basic type, the alerts will be created with the actions by default.
  • More fields will be shown in its edition: Advanced fields, as for example, unities´macros in case of the local components or from network type plugin, ...
  • 名前を変更することができます。
  • アラートでアクション設定を表示します。基本タイプでは、デフォルトのアクションでアラートが作成されます。
  • 編集において次のような多くのフィールドが表示されます: 拡張フィールドの例としてユニット数、ローカルコンポーネントやネットワークプラグインでは、マクロに対応したフィールドなど

コンポーネント

A component is a template to create one module

コンポーネントは、モジュールを作成するためのテンプレートです。

It can be:

次のようなものがあります。

  • Local
  • From Network
    • Network type
    • Plugin type
    • WMI type
  • ローカル
  • ネットワーク
    • ネットワークタイプ
    • プラグインタイプ
    • WMIタイプ

インスタンス

Pandora FMS normal installation, configured to it could be accessed through the Metaconsole and optionally, to replicate its events to the Metaconsole.

メタコンソールからアクセスできるように設定した、通常にインストールされた Pandora FMS です。オプションで、イベントをメタコンソールへ複製できます。

メタコンソール

Pandora FMS special installation that is made up of agents, modules and alerts from the Instances

インスタンスからのエージェント、モジュール、アラートを集約する特別なインストールをした Pandora FMS です。

The Metaconsola also store their own data:

メタコンソールは、それ自身のデータとして次のデータも保存します。

  • Some of them are configurations that are used to visualize data that it gets from the Instances as reports, network maps and netflow
  • Others are data that is created and stored in the Metaconsole, but they should be synchronized with the Instances as users, groups, components and alerts
  • インスタンスから取得したデータを、レポート、ネットワークマップ、Netflow の表示のために利用する設定
  • メタコンソールで作成および保存されたユーザ、グループ、コンポーネント、アラートの設定。これらはインスタンスへ同期されます。

ウィザード

Assistant to create modules.

モジュール作成のためのアシスタントです。

Using the module components and the alert templates, it will be possible to create modules of different types in the Instances in an easy and transparent way. In the wizard the different instances are not distinguished. All agents and modules will be shown mixed as if they come from the same source.

モジュールコンポーネントおよびアラートテンプレートを使って、簡単に透過的にインスタンス内に異なるタイプのモジュールを作成することができます。ウィザードでは、それぞれのインスタンスは区別されていません。同一のソースからのものであれば、すべてのエージェントおよびモジュールがまとめて表示されます。

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る