個人用ツール

Pandora:Metaconsole:Documentation ja:FAQ

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

メタコンソール FAQ (よくある質問と回答)

アクセス権のあるグループのエージェントが見えません

The user must have the same permissions in the Metaconsole and in the node. The correct creation flow is to create and assign permissions to the user from the Metaconsole and synchronize them.

ユーザは、メタコンソールとインスタンスで同じパーミッションである必要があります。確認してください。 正しい作成フローは、メタコンソールでパーミッション定義しユーザに割り当て、同期させます。

For more info visit the following link where the synchronization and propagation of users can be observed.

より詳細は、こちら を参照してください。ユーザの同期と伝播について確認できます。

ユーザのパーミッションを変更しましたが、動作しません

To change the permissions of one user we should do it from the Metaconsole and we will synchronize this user from the Synchronization section.

ユーザのパーミッションを変更するには、メタコンソールから実行する必要があります。また、ユーザを同期メニューから同期する必要があります。

The profile synchronization is based on creating new profiles in the node user.This way, it won't be possible to touch accidentally profiles that are configured in the node.

プロファイル同期は、ノードのユーザでの新規プロファイル作成を実行しています。このため、ノードの設定が正しくないと実行できません。

For more info visit the following link where you can learn more about the synchronization and propagation of users.

より詳細は、こちら を参照してください。ユーザの同期と伝播について確認できます。

インスタンスの設定をしようとすると失敗します

We should make sure that:

以下を確認してください。

  • The machine where the Metaconsole is can see the instance machines
  • メタコンソールがインスタンスのマシンを 参照 できること。
  • The Metaconsole machine has permissions on the Instance database.
  • メタコンソールから、インスタンスのデータベースへアクセスできること。
  • We have defined the authentication parameters (auth) and the Api password in the instances and configured correctly in the Metaconsole
  • インスタンスに認証パラメータ(auth)と API パスワードが設定されており、メタコンソールで正しく設定されていること。
  • We should have configured the list of IPs that can have access to its API (including the one of the Metaconsole) in the Instances.
  • インスタンスで API アクセス可能な IP アドレス一覧(メタコンソールのマシンを含んでいること)が設定されていること。

ノードをメタコンソールと同期するにはどうしたら良いでしょうか

To be able to synchronize a node to the Metaconsole, we have to click on Advanced -> Consoles Setup and fill in correctly the node's data: Server name, auth token…

ノードをメタコンソールに同期できるようにするには、拡張(Advanced) -> コンソール設定(Console Setup) をクリックし、サーバ名、認証トークンなど、ノードのデータを正しく入力する必要があります。

For more info visit this link, where the synchronization of instances is explained in more detail.

より詳細は、こちら を参照してください。インスタンスの同期に関する詳細が確認できます。

インスタンスでイベントの参照やイベントからのアクション実行ができません。

If it is not possible to perform actions on the events it means that we have activated the token of "Event replication" of the Setup->Enterprise of the Instance, with which we will be able to see the events of the Instance in the Metaconsole.

イベントに対してアクションを実行することができない場合は、インスタンスの 設定(Setup)-> Enterprise の "イベントの複製(Event replication)" を有効化していることを意味しています。インスタンスのイベントは、メタコンソールで見ることができます。

Once we start the event replication, having the "Centralized management" Metaconsole token active, the events can only be managed from it. From it they can be validated, put in progress and add comments and responses. To be able to visualize the events in the Instance we will have to go to Setup->Enterprise and activate the token "Show event list in the local console (read only)" to 'only to be able to see them.

イベントの複製を開始すると、メタコンソールによる "中央管理" が動作し、イベントを管理できるのはメタコンソールのみからとなります。メタコンソールから、承諾、進捗の設定、コメントや応答の追加ができます。インスタンスでイベントを表示するには、設定(Setup) -> Enterprise へ行き、"ローカルコンソールでイベント一覧を表示(リードオンリー)(Show event list in the local console (read only))" を有効化します。

For more info visit the following link where we can learn more about event replication.

より詳細は、こちら を参照してください。イベントの複製についてより詳細を確認できます。

ノードライセンスをメタコンソールライセンスへ同期するにはどうしたら良いでしょうか

In order to synchronize the license of the meta console, once validated, we will have to instantiate all the nodes in the meta console we want to synchronize. Once this is done, go to Advanced -> License and press the "Validate and sync" button that will synchronize the license to all the instantiated nodes.

メタコンソールのライセンスを同期するためには、一旦認証したのち、同期したいメタコンソール内の全ノードをインスタンス化する必要があります。これを行ったら、拡張(Advanced) -> ライセンス(License) をクリックし、"認証と同期(Validate and sync)" ボタンをクリックします。これにより、すべてのインスタンスノードにライセンスが同期されます。

For more info about the Metalicense visit this the following link.

より詳細は、こちら を参照してください。

インスタンスデータベースをメタコンソールに接続できません

In order to synchronize the data of the Instances Database with the Metaconsole, we need to give permission to the user of the Metaconsole to the Instance database. For them we have to make use of the following mandate:

インスタンスデータベースのデータをメタコンソールへ同期するためには、メタコンソールのユーザにインスタンスデータベースへアクセスできる権限を付与する必要があります。それには、次の SQL を実行します。

GRANT ALL PRIVILEGES on <MetaconsoleDatabaseName>.* to <UserName>@<HostAddress> IDENTIFIED BY <UserPass>;

メタコンソールにおけるノードのチェックリスト確認

Once we have an instance referenced to the Metaconsole, it appears in the Console Setup view where we can check the status of the database, API, compatibility, event replication, agent cache and synchronization with the node.

メタコンソールを参照するインスタンスができると、コンソール設定に表示され、データベース、API、互換性、イベントレプリケーション、エージェントキャッシュ、およびノードとの同期のステータスを確認できます。

ファイル:CHECKLIST META2.png

To be able to check the status of a connection again, just click on the checklist you want to review.

接続の状態をもう一度確認するには、確認したいチェックリストをクリックします。

The status can be:

  • Synchronized: The checklist will be in green color.
  • Not synchronized: The checklist will be in red. Hovering the mouse over the button will show in more detail the failure that causes the lack of synchronization.

状態は以下のいずれかです。

  • Synchronized: チェックリストは緑です。
  • Not synchronized: チェックリストは赤です。ボタンの上にマウスオーバーすると、同期に失敗している原因の詳細が表示されます。

メタコンソール API の呼び出し方

The use of the API in the Metaconsole does not differ in excess with the use of the same one in any instance. To do this we must first know the username, API password and the definition of the list of IPs accessing the API. Once the three elements have been configured, the desired actions can be carried out.

メタコンソールの API 利用は、インスタンスのものと内容が同じものについては大きな違いはありません。利用するには、ユーザ名、API パスワードおよび、API へアクセスする IP アドレス一覧の定義が必要です。これら 3つの要素を設定したら、意図した処理ができるようになります。

ファイル:API META.png

For more information on API calls visit the following link where we can see more detailed information about the APIs.

API 呼び出しについてのより詳細は、こちら を参照してください。API に関する詳細が確認できます。

メタコンソールデータベースの確認方法

In order to check that the Metaconsole database is working correctly, we'll place ourselves in a node and perform the following check: “mysql –h IPMETA –r USERMETA –pPASSMETA DataBaseMETA”

メタコンソールデータベースが正しく動作しているかチェックするには、ノードで次のコマンドを実行します: “mysql –h IPMETA –r USERMETA –pPASSMETA DataBaseMETA"

mysql –h 127.0.0.1 –r root –ppandora metapandora

ファイル:Sql META.png

キャッシュエージェントが正しく動作しているか確認する方法は?

In order to be able to check if the cache agent is working correctly, we will have to check the information in the database of the instance and the Metaconsole.

キャッシュエージェントが正しく動作しているかを確認するには、インスタンスとメタコンソールのデータベースの情報を確認します。

First of all, we must go to the instance database and see the information stored inside the pandora database, in the table t_agent: "Use pandora; select * from tagente;".

まず最初に、インスタンスのデータベースへ行き、pandora データベースの tagente テーブルに保存されている情報を確認します: "Use pandora; select * from tagente;"

Afterwards, we will go to the meta console database and we will see the data stored in the table '"tmetaconsole_agent", where the same data should appear as in the instance.

その後、メタコンソールデータベースへ行き、"tmetaconsole_agent" テーブルに保存されているデータを見ます。ここで、インスタンスと同じデータが表示されます。

More data will appear depending on how many instances we have referenced in the Metaconsole. To be able to filter by console we will have to make use of the field: "servername" in the table "tmetaconsole_agent"..

メタコンソールが参照しているインスタンス数がいくつかによりデータ数は異なります。"tmetaconsole_agent" テーブルの "servername" フィールドを使って、フィルタすることもできます。

イベントを正しく同期する方法

In order to synchronize events from the instance to the meta console, we will have to modify parameters in the console and in the instance server.

インスタンスからメタコンソールへイベントを同期するには、メタコンソールおよびインスタンスサーバのパラメータを編集する必要があります。

You can consult more info about this by following this link where we can see in more detail the replication of events.

より詳細は、 こちら を参照してください。イベントの複製について詳細を確認できます。

メタコンソールからインスタンスのログを参照する方法

To be able to observe the logs of an instance from the Metaconsole, a report must be created from the Metaconsole to collect the logs.

メタコンソールからインスタンスのログを参照するには、ログを収集するためのレポートをメタコンソールから作成する必要があります。

ファイル:LOG META.png

For more info visit this link.

より詳細は、こちら を参照してください。

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る