個人用ツール

Pandora:Metaconsole:Documentation ja:Administration

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

目次

メタコンソールの管理

The Advanced section contains the Metaconsole administration options, between them:

拡張セクションには、次のメタコンソール管理オプションがあります。

  • The data synchronization between the Metaconsole and the Instances
  • The data management of the Metaconsole
  • The licence management of the Metaconsole
  • The Metasetup where there are:
  • The Instances configuration
  • The Metaconsole configuration options
  • メタコンソールとインスタンスの間のデータ同期
  • メタコンソールのデータ管理
  • メタコンソールのライセンス管理
  • 以下が可能なメタセットアップ
  • インスタンスの設定
  • メタコンソールのオプション設定

In this chapter we are going to talk about the Metasetup and the licence management, in the next chapter we will describe in detail the synchronization and data management of the Metaconsole.

この章では、メタセットアップとライセンス管理について説明します。以下では、メタコンソールの同期とデータ管理の詳細について説明します。

インスタンス設定

In the Metasetup section, besides all the options of the console configuration, there is a tab for the console Setup.

メタセットアップのセクションでは、コンソール設定の全オプションに加えて、コンソール設定のタブがあります。

In this tab, we will select the instances. All the configuration process is available at the manual section

タブではインスタンスを選択します。すべての設定手順は、以下にあります。

Install and Configure

インストールおよび設定

ファイル:Metasetup nodosnew.png

メタコンソール設定

In the Metasetup section we find tabs with the Metaconsole configuration different options:

メタセットアップのセクションには、違ったオプションのメタコンソール設定のタブがあります。

一般設定

In this section we find general data of the Metaconsole, such as the language, the date/hour configuration or customization about some sections, among others.

このセクションには、言語、日時設定、その他設定情報など、メタコンソールの一般的なデータがあります。

It is possible to customize if we want that the Netflow section would be enabled or disabled, the tree view classified by tags, the visual console and the possibility of web checks creation from the Wizard.

Netflow のセクションを有効化、無効化できます。ツリー表示はタグで分類され、ビジュアルコンソールおよびウェブチェックの作成がウィザードからできます。

ファイル:Metasetup general new1.png

ファイル:Metasetup general new2.png

The parameters that require explanation are:

以下にパラメータの補足をします。

  • Centralized Management: This option allows us to centrally manage the policies and events from the Metaconsole, without being able to manage it from the nodes.
  • Enable update manager: This option allows us to activate both the "Offline update manager" and the "Online update manager", which allow us to update the Metaconsole in this configuration.
  • 中央管理(Centralized Management): このオプションで、ノードからではなく、メタコンソールからポリシーおよびイベントを中央管理できます。
  • アップデートマネージャの有効化(Enable update manager): このオプションで、メタコンソール更新のための "オフラインアップデートマネージャ" および "オンラインアップデートマネージャ" の両方を有効化できます。

パスワードポリシー

It is possible to set a password policy with limitations in the password number of characters, expiration, temporary blocking of one user. To know more about the password policy go to the manual section Password policy

パスワードの文字数、有効期限、一時的なユーザのブロックなどの、パスワードポリシーを設定することができます。パスワードポリシーの詳細については、パスワードポリシーを参照してください。



ファイル:Metasetup passwords new.png



認証

To know more about the authentication go to the manual section Authentication.

認証に関しての詳細は、 認証 を参照してください。



ファイル:Metasetup auth.png



表示設定

All configuration related to the data representation. Colors and graph resolution, number of items in the view pagination,etc.You can see more information about the visual configuration in this link.

データ表示に関する全設定です。色とグラフの解像度、ページのアイテム数などがあります。表示設定の詳細は、こちら を参照してください。

ファイル:Metasetup visualnew.png

ファイル:Metasetup visualnew2.png

ファイル:Metasetup visualnew3.png

パフォーマンス

Visualization options, historic, event purging and maximum size of blocks in the data migration.

表示オプション、履歴、イベント削除および、データマイグレーションの最大ブロックサイズ設定ができます。

ファイル:Metasetup performance new.png

ファイル管理

File manager where it is possible to upload and delete the files from the images folder from the Metaconsole installation.

ファイルマネージャでは、メタコンソールの画像フォルダのファイルのアップロードおよび削除ができます。

Template warning.png

The Metaconsole code re-uses some images from the normal console code. These images will be not accessible form this manager and it will be necessary to get to the installation manually to manage them.


Template warning.png

メタコンソールでは、通常のコンソールと同じ画像を再利用しています。これらの画像は、このマネージャからはアクセスできません。それらを変更するには、手動でインストールする必要があります。


ファイル:Metasetup file manager new.png

文字列翻訳

With the string translation feature it is possible to customize translations.

文字列翻訳機能では、翻訳のカスタマイズが可能です。

We do a search of the string in the language that we want to customize. The original string will be shown, the translation to that language and a third column to writte the customized translation.

カスタマイズしたい言語の文字列を検索します。オリジナルの文字列が表示されます。対象の言語のカスタム翻訳文字列を 3番目のカラムに書きます。

ファイル:Metasetup string translations new.png

Email

With the mail utility we can customize the sending of mails from the metaconsole, where we must configure the email account with which we want to send, for example, the generated reports.

メールユーティリティでは、メタコンソールからのメール送信をカスタマイズできます。ここでは、例えば生成したレポートなどの送信時のメールアカウントを設定する必要があります。

ファイル:Mail metaconsola.png

アップデートマネージャオプション

In this section we can modify the options that are going to be used for the Update Manager. By default it is already configured to perform the online update. This section will only be visible if we have activated the "Enable update manager".

ここでは、アップデートマネージャで利用するオプションを編集することができます。デフォルトでは、オンラインで更新するように設定されています。このセクションは、"アップデートマネージャの有効化" が有効になっている場合のみ表示されます。

ファイル:Opciones update.png

オフラインアップデートマネージャ

In this section we can update the metaconsole without connecting to any other place. We will only have to upload the "rpm" files in order to the version that we want to update, given that they are not cumulative versions. This section will only be visible if we have activated the "Enable update manager"

ここでは、外部へのネットワーク接続無しにメタコンソールを更新することができます。差分更新ではないため、更新するには、更新したいバージョンの "rpm" ファイルをアップロードするだけです。このセクションは、"アップデートマネージャの有効化" が有効になっている場合のみ表示されます。

ファイル:Offline update.png

オンラインアップデートマネージャ

In this section we can update the metaconsole automatically, we only have to have a valid metaconsole license and internet access. This section will only be visible if we have activated the "Enable update manager".

ここでは、メタコンソールを自動で更新することができます。必要なのは、正しいメタコンソールのライセンスとインターネット接続のみです。このセクションは、"アップデートマネージャの有効化" が有効になっている場合のみ表示されます。

ファイル:Online update.png

(OBSOLETE)

同期ツール

ユーザ同期

This option allows to the user synchronize the Metaconsole users, and also their profiles with the Instances.

このオプションでは、メタコンソールユーザおよびプロファイルをインスタンスに同期することができます。

Info.png

The profiles that are not in the Instance will be created.


Info.png

インスタンスに存在しないプロファイルが作成されます。


There are two options:

次の 2つのオプションがあります。

  • To copy the profiles configured in the user.
  • ユーザに設定されたプロファイルのコピー

900px

  • With this option we can configure profiles that are different from the user profiles.
  • このオプションでは、ユーザプロファイルで定義されたプロファイルを編集できます。

900px

Template warning.png

In doubt of which one of these two options use, you should Copy the user profiles.


Template warning.png

どちらのオプションを使うべきかわからない場合は、ユーザプロファイルをコピーする必要があります。


グループ同期

This option allows to the user to synchronize the Metaconsole groups with the Instances.

このオプションでは、メタコンソールのグループをインスタンスに同期できます。

900px

Template warning.png

To avoid problems with the synchronization of groups, we shoud have done the recommended steps regarding Index scaling in the section of Install and Configure the Metaconsole.


Template warning.png

グループ同期の問題を回避するために、メタコンソールのインストールおよび設定の中の、インデックスのスケーリングに示す必要な対応を実施する必要があります。


Template warning.png

Once the groups are synchronized for the first time then the names of the groups can't be modified. If they are (modified or deleted) then the exact same changes need to be applied to the node as well. The group synchronization is based on the group id. The first time the synchronization between the node and the metaconsole is executed the name of the group is synchronized but on the future synchronizations the names of the groups aren't synchronized.


Template warning.png

初回のグループ同期がされるとグループ名は編集できません。編集したり削除したりすると、同じ変更をノードにする必要があります。グループ同期はグループ ID をベースに行われます。ノードとメタコンソール間の初回の同期では、グループ名が同期されます。しかし、以降の同期では、グループ名は同期されません。


アラート同期

This option allows to the user synchronize the alerts already created in the Metaconsole with the Instances.

このオプションでは、メタコンソールに作成済のアラートをインスタンスに同期できます。

900px

コンポーネント同期

This option allows to the user to synchronize the module components already created in the Metaconsole with the Instances.

このオプションでは、メタコンソールに作成済のモジュールコンポーネントをインスタンスに同期できます。

900px

タグ同期

This option allows to the user synchronize the tags already created in the Metaconsole with the Instances.

このオプションでは、メタコンソールに作成済のタグをインスタンスに同期できます。


900px

データ管理

ユーザ

It is possible to do the following actions in the user management section:

ユーザ管理セクションでは、次の操作ができます。

  • User Management
  • Profiles Management
  • Edit my user
  • ユーザ管理
  • プロファイル管理
  • 自身のユーザ編集

ユーザ管理

In the section Advanced>User Management>User Management, we can see the list of the already created users and modify their configuration and also create new users:

拡張(Advanced) > ユーザ管理(User Management) > ユーザ管理(User Management) のセクションでは、作成済ユーザ一覧の参照、その設定変更および、新たなユーザの作成ができます。

900px

ユーザの作成

To add an user click on Create user

ユーザを追加するには、ユーザの作成(Create user) をクリックします。

Next the following form is shown:

次のようなフォームが表示されます。

900px

The more remarkable parameters are these:

パラメータは次の通りです。

  • User ID: identifier that the user will use to authenticate in the application.
  • Full Display Name: Field to write the complete name.
  • Password: Field to put the password
  • Password confirmation: Field to confirm the password
  • Global Profile: you should choose between Administrator and Standard User. The Administrator will have absolute permissions on application over the groups where it is defined.The standar user will have permissions defined in the profile that they have assigned.
  • E-mail: Field to write the user mail address.
  • Phone Number: Field to write the user telephone.
  • Comments: Fields where comments are written
  • Interactive charts:Allows that the user could or not see the Interactive graphs and at last option to base on the option configured in the global configuration.
  • Metaconsole access: Sets the user access permissions to the Metaconsole, being these:
  • ユーザID(User ID): アプリケーションの認証に使うユーザの ID です。
  • 表示名(Full Display Name): 名前を入力するフィールドです。
  • パスワード(Password): パスワードの入力フィールドです。
  • パスワードの確認(Password confirmation): パスワードの確認入力フィールドです。
  • 全体プロファイル(Global Profile): 管理者または通常のユーザを選択します。管理者は、定義されているグループを超えてアプリケーション全体の権限があります。通常のユーザは、割り当てられたプロファイルに従ったパーミッションです。
  • E-mail: ユーザのメールアドレスを入力するフィールドです。
  • 電話番号(Phone Number): ユーザの電話番号を入力するフィールドです。
  • コメント(Comments): コメントを書くフィールドです。
  • 動的グラフ(Interactive charts): ユーザが動的なグラフを見るかどうかを設定します。デフォルトでは全体の設定に基づきます。
  • メタコンソールアクセス(Metaconsole access): ユーザがメタコンソールへアクセスできるかを設定します。次のオプションがあります。
    • Basic: With this access the user could user in the Wizard only the components whose Wizard level would be Basic as long as it has ACLs permissions on the group to which they belong to
    • Advanced: With this access the user could use in the Wizard any of the components, regardless what their Wizard level are. As long as it has ACLs permissions on the group to which they belong to.
    • 基本(Basic): これを選択すると、ユーザは所属するグループの ACL 内で、ウィザードでレベルが 基本 のコンポーネントのみを利用できます。
    • 拡張(Advanced): これを選択すると、ユーザはウィザードレベルにかかわらず、ウィザードで任意のコンポーネントを利用できます。所属するグループの ACL で制限されます。
  • Not Login: If this option is selected, the user could have access to the API
  • Enable agents management: This options is to enable the agent administration in the Wizard. If it is disabled only the module and alert Wizard will be available.
  • ログイン無し(Not Login): このオプションを選択すると、ユーザは API にアクセスできます。
  • エージェント管理を有効にする(Enable agents management): このオプションは、ウィザードでエージェント管理を有効にします。無効の場合、モジュールとアラートのウィザードのみ利用できます。
  • Enable node access: This option is to enable the access to the instances. If it is enabled, it will be possible to have access through the name of agents and modules in many places to the Instance consoles. For example, from the network map or the event view.
  • ノードアクセスを有効にする(Enable node access): このオプションは、インスタンスへのアクセスを有効にします。有効にした場合、インスタンスのコンソール上のエージェントおよびモジュール名でアクセスできます。例えば、ネットワークマップやイベント表示で使えます。
ユーザの編集/無効化/削除

In the user list are available options to:

ユーザ一覧では、次のオプションがあります。

  • Activate/Deactivate the user
  • Edit the user
  • Delete the user from the Metaconsole
  • Delete the user from the Metaconsole an from all Instances
  • ユーザの有効化/無効化
  • ユーザの編集
  • メタコンソールからユーザを削除
  • メタコンソールおよび全インスタンスからユーザを削除

ファイル:Dac6.1.png

The edition form for an user is the same to the creation one but including the profile editor.

ユーザの編集フォームは、プロファイルエディタが含まれること以外は作成と同じです。

900px

In the profile editor it is possible to assign to the user profiles in specific groups and besides, limit those privileges to the selected Tags. It tags are not selecte, the user will have access to all modules, have the associated Tags or not.

プロファイルエディタでは、特定のグループのプロファイルをユーザに割り当てることができます。加えて、選択したタグで権限を制限することができます。タグが選択されていない場合は、タグに関連付けられているかどうかにかかわらずユーザはすべてのモジュールにアクセスすることができます。

プロファイル管理

In the profiles are defined the permissions that an user can have. There is a serial of ACLs flags that will give access to the different Pandora FMS functionalities.

プロファイルでは、ユーザに設定する権限を定義します。これは、Pandora FMS の異なる機能へのアクセス権を与える ACL フラグです。

It is possible to see a profile list created by default:

デフォルトで作成されるプロファイルのリストを見ることができます。

900px

In order to know which function enables each ACLs flag from the profiles, go to user manual section Profiles in Pandora FMS

プロファイルでそれぞれの ACL フラグで何ができるかは、Pandora FMS でのプロファイル を参照してください。


プロファイルの追加

Clicking on Create, it will be possible to add profiles to the ones that comes by default to customize the user access.

作成(Create)をクリックすると、デフォルトのユーザアクセスをカスタマイズして、プロファイルを追加することができます。

900px

Then select the profile name and select the permissions that you want to assign to it.

割り当てたいプロファイル名とパーミッションを選択します。

Info.png

Some of these bits doesn't makes any sense in the Metaconsole.However, we may want to use the Metaconsole to synchronize profiles to the Instances, where they could be useful.


Info.png

いくつかのフラグはメタコンソールでは利用されませんが、メタコンソールからインスタンスへプロファイルを同期したい場合に便利です。


プロファイルの編集/削除

In the profile list there are available options to modify a profile and delete it.

プロファイル一覧には、プロファイルを編集および削除するオプションがあります。

ファイル:Dac2.1.png

自身のユーザの編集

In this section could be edited the data of the user that is authenticated in the Metaconsole. The profiles assigned to the user are shown in this screen with informative character.Its edition is done from the user administrator.

このセクションでは、メタコンソールで認証されるユーザデータを編集できます。画面にキャラクターとともにユーザに割り当てられたプロファイルが表示されます。

900px

This will be the only section available for users without administration permissions.

管理権限の無いユーザにのみあるメニューです。

エージェント

It is included in agent management:

エージェント管理には以下があります。

  • Auto-provisioning of agents
  • Movement of agents between instances
  • Group management
  • エージェントの自動プロビジョニング
  • インスタンス間のエージェント移動
  • グループ管理

エージェント自動プロビジョニング

When we deploy Pandora FMS in large and complex environments with many Pandora nodes and Meta console environment, we find the problem of deciding how to deploy the agents, to which server shluld they be assigned?how to balance the workload?to which group do I assign it?

Pandora のノードとメタコンソールを用いて、大規模かつ複雑な環境に Pandora FMS を展開する場合、どのサーバにどのエージェントを割り当てて展開するか、負荷分散をどうするか、グループをどう割り当てるかを決めることが問題になります。

For this purpose, the concept of agent autp-provisioning appears, which allows us to assign an agent to one of the multiple Pandora servers that we have in our infrastructure.

この目的に対して、エージェントの自動プロビジョニングは、インフラ内にある複数の Pandora サーバのどれにエージェントを割り当てるかを決定することができます。

Template warning.png

This functionality requires a Meta Console server with ProvisioningServer started to work.


Template warning.png

この機能を利用するためには、メタコンソールサーバと ProvisioningServer が起動している必要があります。


サーバの設定

For the auto-provisioning system to work, we must enable the ProvisioningServer in /etc/pandora/pandora_server.conf:

自動プロビジョニングシステムが動作するためには、/etc/pandora/pandora_server.conf にて ProvisioningServer を有効化する必要があります。

# Enables auto provisioning service
provisioningserver 1


Note: Verify that the IP address of your target servers (Dataserver) is configured in each node, you can access the following screen through Servers > Manage servers:

注: それぞれの対象サーバ(データサーバ)に設定されている IP アドレスを確認してください。サーバ -> サーバ管理 から次のような画面にアクセスできます。

ファイル:Configure server ip address.png

コンソールの設定

We will need to have the ProvisioningServer enabled for the auto-provisioning system to work.

自動プロビジョニングシステムが動作するためには、ProvisioningServer が有効である必要があります。

To configure the way in which the system will classify the agents among the different Pandora FMS servers registered in our Meta Console, we will access to the agent configuration section in Advanced > Agents administration > Provisioning management

メタコンソールに登録されている複数の Pandora FMS サーバ間でエージェントを分類する方法を設定するには、拡張 > エージェント管理 > プロビジョニング管理 のエージェント設定にアクセスします。

ファイル:Provisioning.png


We will choose one of the available server selection options:

存在するサーバ選択オプションの一つを選択します。

Round Robin
Use the Round-robin planning method to distribute all new Pandora software agents that arrive at the Meta Console in an equitable and rational order. The distribution of agents will be done in a circular way, assigning the corresponding server to each new agent.
Less Loaded
New agents will be assigned to those servers with less dynamic load.
Custom
In the custom classification, we can define our own classification rules, based on certain parameters retrieved from the information reported by the agent (agent name and IP address).
ラウンドロビン(Round Robin)
ラウンドロビンで、メタコンソールに到着したすべての新しい Pandora ソフトウェアエージェントを公平かつ合理的な順序で配布します。エージェントの配布は循環的に行われ、それぞれの新しいエージェントに対応するサーバが割り当てられます。
最小負荷(Less Loaded)
新しいエージェントは、負荷の少ないサーバーに動的に割り当てられます。
カスタム(Custom)
カスタム分類では、エージェントによって報告された情報(エージェント名と IPアドレス)から取得された特定のパラメータに基づいて、独自の分類ルールを定義できます。

Activate the desired method by clicking on the switch:

スイッチをクリックして目的の手法を有効化します。

ファイル:Provisioning enable.png


カスタム分類

Seleccione el método de clasificación personalizado para asignar el agente a un servidor específico en función de reglas.

ルールに基づいてエージェントを特定のサーバに割り当てるカスタム分類方法を選択します。

Para crear una nueva regla haremos clic en crear entrada personalizada

新たなルールを作成するには、カスタムエントリの作成(Create custom entry) をクリックします。

ファイル:Provisioning custom.png


We must indicate:

Name
Name of the configuration to be applied
Description
optionally a description.
Configuration
Content that will be added to the configuration file, is the customization that we will use for the agent classification, for example:

以下を設定する必要があります。;

名前(Name)
適用する設定の名前
説明(Description)
オプションで説明
設定(Configuration)
設定ファイルに追加する内容で、エージェントの設定に利用します。以下に例を示します。
# Text contained here will be validated and inserted in the agent configuration
server_ip 192.168.80.164
# ここに含まれるテキストは検証され、エージェント設定に挿入されます。
server_ip 192.168.80.164

ファイル:Provisioning rule desc.png


Once the configuration is created, we will indicate the rules that make the system apply it (like triggers). We will have to click on the button add to add a new rule:

設定を作成すると、システムに適用されるルール(トリガーなど)が示されます。新たなルールに追加するには、追加(add)ボタンをクリックします。

ファイル:Provisioning custom2.png


A pop-up will appear in which we will have to choose the fields that will be used to search for the matching agents:

ポップアップが表示されるので、一致するエージェントを検索するために使用するフィールドを選択する必要があります。

ファイル:Provisioning rule new.png


You can specify matching conditions in the form of rules using the following fields:

次のフィールドを用いて、ルールのフォームでマッチング条件を指定できます。

  • agent alias
  • agent address
  • エージェントの別名
  • エージェントのアドレス

Template warning.png

This functionality is used to manage the initial assignment of the agents to a specific server. When you install your agents for the first time, select as server_ip the IP address of the Console.


Template warning.png

この機能は、初期のエージェントのサーバへの割り当てを管理するために利用します。最初にエージェントをインストールしたときは、server_ip としてコンソールの IP アドレスを選択してください。




エージェントのマイグレーション

This option will allow us to migrate an agent between our Pandora FMS servers connected to our Meta Console.

このオプションでは、メタコンソールに接続された Pandora FMS サーバ間でエージェントを移動することができます。

750px


In the view form we will select the source server and the target server.

表示されているフォームで、移動元と移動先のサーバを選択します。

Next we will select the agents that we want to transfer to the new server, we will add them to the list of agents to transfer by pressing the '>' button.

次に、新たなサーバへ移したいエージェントを選択します。'>' ボタンを押すことにより、転送するエージェント(agents to transfer)の一覧に加えます。

Select the "Database only active" check box to no transfer the historical data of this module to the target server.

"アクティブなデータベースのみ" をチェックすると、モジュールの履歴データは対象サーバに転送しません。

When we start the migration process by pressing the move button, a series of pre-requisite checks will be performed that must be satisfied in order to start the process.

移動(move)ボタンを押すことによりマイグレーション処理を開始します。処理を行うために必要な一連の前提条件チェックが実行されます。

600px


List of requirements

条件一覧

Agents do not exist on the target server
There must be no agent to be migrated with the same agent name on the target server.
Required collections are synchronized with the target server
To prevent the agent from attempting to download non-existent collections after migration, verify that the collections exist on both servers (source and destination).
The required alert definitions are synchronized with the target server
Verify that the templates, actions and commands defined on the source server are also defined on the target server. Dependencies are made via ID, so these values must also be identical.
The configuration files of the software agents associated to the agents do not exist in the target server
There must not be configuration files with the same name as those associated to the agents that we are going to migrate in the target server. If so, we must remove them from the target server.
Both servers have the same version
Verify that Pandora FMS versions are identical in both servers.
The destination server address is configured
Verify that the IP address of your destination server (Dataserver) is configured, you can access the following screen through Servers > Manage servers:
エージェントが対象サーバに存在しないこと
移動先サーバ側にマイグレートするエージェントを同じ名前のエージェントが存在しない必要があります。
移動先サーバとコレクションが同期されていること
マイグレーション後に、エージェントが存在しないコレクションのダウンロードを行わないように、(移動元と先の)両方のサーバにコレクションが存在することを確認します。
移動先サーバとアラートの定義が同期されていること
移動元サーバで定義されているテンプレート、アクション、およびコマンドが、移動先サーバでも定義されている必要があります。依存関係はIDを介して行われるため、これらの値も同じでなければなりません。
ソフトウエアエージェントに関連付けられる設定ファイルが移動先サーバに存在しないこと
移動先サーバに移行しようとしているエージェントに関連付けられているものと同じ名前の設定ファイルは存在してはいけません。存在する場合は、移行先サーバからそれらを削除する必要があります。
両方のサーは同一バージョンであること
両方のサーバの Pandora FMS バージョンは同一であることを確認します。
移動先サーバのアドレスが設定されていること
移動先サーバの(データサーバの) IP アドレスが設定されていることを確認します。サーバ > サーバ管理 から次のような画面にアクセスできます。

ファイル:Configure server ip address.png


The required policies are synchronized with the target server
Verify that the policies of the source server are available on the target server. Dependencies are made via ID, so these values must also be identical.
Groups are synchronized with the target server
Verify that the groups on the source server are defined on the target server. Dependencies are made via ID, so these values must also be identical.
Remote plugins are synchronized with the target server
Verify that the server plugins are defined on the target server. Dependencies are made via ID, so these values must also be identical.
Inventory plugins are synchronized with the target server
Verify that the inventory plugins are defined on the target server. Dependencies are made via ID, so these values must also be identical.
移動先サーバでポリシーが同期できていること
移動元サーバに存在するポリシーが移動先サーバにも存在することを確認します。依存関係はIDを介して行われるため、これらの値も同じでなければなりません。
移動先サーバでグループが同期できていること
移動元サーバに存在するグループが移動先サーバにも存在することを確認します。依存関係はIDを介して行われるため、これらの値も同じでなければなりません。
移動先サーバでリモートプラグインが同期できていること
移動元サーバに存在するサーバプラグインが移動先サーバにも存在することを確認します。依存関係はIDを介して行われるため、これらの値も同じでなければなりません。
移動先サーバでインベントリプラグインが同期できていること
移動元サーバに存在するインベントリプラグインが移動先サーバにも存在することを確認します。依存関係はIDを介して行われるため、これらの値も同じでなければなりません。

Once you have solved all the requirements, click "Next" to start the migration of the selected agents to the new server.

必要条件を解決したら、選択したエージェントの新たなサーバへのマイグレートを開始するために "次(Next)" をクリックします。

Once the transfer has started, you can see the status of the transfer in the table below, under the form:

転送が開始したら、フォームの下の以下のような表で転送状況を確認できます。

ファイル:Move agents queue.png


When the transfer is complete, the status will be displayed in the table:

転送が完了したら、表に状態が表示されます。

ファイル:Move agents queue completed.png

Another example with a lot of historical data:

以下は、多くの履歴データを含む例です。

ファイル:Move agents queue completed2.png


Info.png

To avoid blocking the work queue, the agent to be transferred will always be processed with lower priority, this prevents the system from being blocked by transferring an agent with a lot of data, giving priority to the agent migration over the data migration.


Info.png

処理キューのブロックを避けるため、エージェントの転送は低い優先順位で実行されます。大量のデータと共にエージェントを転送することによりシステムがブロックされるのを防ぐため、データのマイグレーションよりエージェントのマイグレーションを優先しています。


Info.png

To optimize the process the original agent will be disabled and the automatic disable mode will be set. By default, this setting will remove the original agent in 30 days.


Info.png

処理の最適化のため、オリジナルエージェントは無効化され自動無効化モードが設定されます。デフォルトでは、この設定によりオリジナルのエージェントは、30日で削除されます。


Template warning.png

This functionality requires a Meta Console server started to run.


Template warning.png

この機能を利用するには、メタコンソールサーバが動作している必要があります。


Template warning.png

It is possible that the defined prediction modules will lose functionality once the agent is migrated. Review the definitions after the migration.


Template warning.png

エージェントが移動されると、定義していた予測モジュールが機能しなくなる可能性があります。 移行後の定義を確認してください。


高度な設定

You can configure the volume of information transferred by iteration in the section Advanced > Metasetup > Performance, adjusting the value of the parameter Migration block size, by default with value 300.

拡張 > メタコンソール設定 > パフォーマンスマイグレーションブロックサイズの値を調整することにより、繰り返し情報転送量を設定することができます。デフォルトの値は 300 です。

Indicates the number of data records to be transferred per iteration per module.

一つのモジュールの 1回あたりの転送データレコード数を指定します。

ファイル:Move agents setup.png



グループ管理

We can manage the groups defined in the Meta console.

メタコンソールで定義済のグループを管理できます。



800px



Template warning.png

After creating or updating a group, it must be synchronized with the Instances for proper operation.


Template warning.png

グループの作成または更新のあとは、正しく動作するようにインスタンスを同期する必要があります。


グループの追加

To add a group you have to click on “Create Group”.

グループを追加するには、"グループの作成(Create Group)" をクリックします。

The following form will appear:

つぎのようなフォームが表示されます。



800px



The fields of the form are detailed below.

以下にフォームの詳細を示します。

  • Name: name of the group
  • Icon: combo where you can choose the icon that the group will have.
  • Parent: combo where you can define another group as the parent of the group you are creating.
  • Alerts: if checked, the agents belonging to the group will be able to send alerts, if not checked, they will not be able to send alerts.
  • Custom ID:groups have an ID in the Database, in this field it is possible to put another custom ID that can be used from an external program to perform an integration (e.g.: CMDB's).
  • Propagate ACL: Allows ACLs to be propagated to child subgroups.
  • Description: Group Description
  • Contact: Contact information accessible from the group_contact_macro
  • Other: Information accessible from the group_other_macro
  • 名前(Name): グループ名。
  • アイコン(Icon): グループのアイコンを選択できます。
  • 親(Parent): 作成したグループの親グループを設定することができます。
  • アラート(Alerts): グループに所属するエージェントを選択すると、アラートを送信できます。選択しない場合はアラート送信ができません。
  • カスタムID(Custom ID): グループはデータベース内に ID を持っています。このフィールドでは、外部プログラム(CMDBなど)との統合で利用できる他のカスタム ID を設定することができます。
  • ACLの伝播(Propagate ACL): 子のグループへ ACL を伝播します。
  • 説明(Description): グループの説明。
  • コンタクト(Contact): マクロ group_contact_macro からアクセスできるコンタクト情報です。
  • その他(Other): マクロ group_other_macro からアクセスできる情報です。

Once the groups have been selected click on "Create" button.

グループを選択したら、"作成(Create)" ボタンをクリックします。

グループの編集/削除

In the list of groups you have options to modify or delete a group.

グループ一覧では、グループを編集したり削除するオプションがあります。



ファイル:Dac5.2.png



モジュール

In the module management we find options to configure the Metaconsole components and also the Plugins.

モジュール管理では、メタコンソールコンポーネントとプラグインを設定するオプションがあります。

コンポーネント

A component is a "generic module" that could be applied several times on one agent, as if it was a "master copy" of one module, generating a modules associated to one agent. This way, having a database of the components that we use more in our company, when monitoring new agents, it's very easy, so we have our own components adapted to the technologies that we generally use and we only have to apply these components to the new agents.

コンポーネントは、一つのエージェントに複数回適用可能な "generic module" です。モジュールのテンプレートとして、エージェントに関連付けたモジュールを生成します。これにより、新規のエージェントを監視する場合に、会社で何度も利用するコンポーネントのデータベースとして定義することができます。とても簡単であり、普段利用する技術に関連したコンポーネントを定義し、新たなエージェントにこれらのコンポーネントを適用するだけです。

There are two kinds of components:Network components, that groups all the remote type modules (wmi, tcp, snmp, icmp, plugin, web, etc), and local components, that are the definition of the modules that are defined in the software agents configuration, defined as text "pieces" that could be cut and pasted in the agent configuration.

コンポーネントには、ネットワークコンポーネントとローカルコンポーネントの 2種類があります。ネットワークコンポーネントは、リモートタイプのモジュール (wmi、tcp、snmp、icmp、プラグイン、ウェブなど) のグループです。ローカルコンポーネントは、ソフトウエアエージェントの設定で定義されるモジュールで、エージェント設定内でテキストをコピー&ペーストして定義することができます。

From the component management section the following actions can be done:

コンポーネント管理では、次の操作ができます。

  • Component Groups Management
  • Local Components Management
  • Network Components Management
  • コンポーネントグループ管理
  • ローカルコンポーネント管理
  • ネットワークコンポーネント管理
コンポーネントグループ管理

In the view you can see the list of component groups already created.

以下では、作成済のコンポーネントグループの一覧を見ることができます。

900px

コンポーネントグループの作成

To create a Component Group you only need to click on "Create "

コンポーネントグループを作成するには、"作成(Create)" をクリックします。

It will show the following form:

次のようなフォームが表示されます。

900px

Once it is filled in, click on "Create"

入力したら、"作成(Create)" をクリックします。

コンポーネントグループの編集/削除

In the category list are available some options to modify a category and delete it.

コンポーネントグループ一覧には、コンポーネントグループの編集および削除オプションがあります。


ファイル:Meta components groups op col.png


ローカルコンポーネント管理

The local components refers to the local modules templates that can be applied to create modules in the software agents through the Wizard

ローカルモジュールテンプレートを参照するローカルコンポーネントは、ウィザードを通してソフトウエアエージェントのモジュール作成に適用することができます。

In the view, you can see the list of the local components already created.

以下では、作成済のローカルコンポーネントの一覧を見ることができます。

900px

ローカルコンポーネントの作成

To create a new local component, click on "Create" button.

新たなローカルコンポーネントを作成するには、"作成(Create)" ボタンをクリックします。

It shows the following form:

次のようなフォームが表示されます。

900px

The configuration items are these:

設定項目は次の通りです。

  • Name:Component name. This name will be visible when you select the component when you create a module for one agent.
  • OS: Operative system for which the component is
  • Group: The group in which the module will be. It is useful to filter and order by monitoring technologies.
  • Description:Module description. In a predefined way a description already exists which could be changed.
  • Configuration: Component configuration,same as the module configuration for the software agents.
  • Wizard level: The Wizard level is fixed. It can be basic or advanced.
  • Type:Type of data that the module returns
  • Module group:Group to which the module will belongs to.
  • Interval: Module execution intervale.
  • Warning/Critical status:Minimum and Maximum range for the warning and critical status.
  • FF threshold:Number of times that a value should be return for it could be considered right
  • Unit:Field to show the value unity.
  • Post proccess:Value which the value that the module will return will be multiplied by
  • Critical/warning/unknown instructions:Instructions that will be executed when the module goes to a critical, warning or unknown status.
  • Category:Category to which the module will belongs to
  • Tags:Tags association to the policy
  • 名前(Name): コンポーネント名です。この名前は、エージェントモジュールを作成するときにコンポーネントを選択すると表示されます。
  • OS: コンポーネントの OS です。
  • グループ(Group): モジュールが所属するグループです。監視内容に応じてフィルタしたり並べ替えるのに便利です。
  • 説明(Description): モジュールの説明です。事前に定義された説明は変更することができます。
  • ウィザードレベル(Wizard level): 定義されたウィザードレベルです。基本もしくは拡張です。
  • タイプ(Type): モジュールが返すデータのタイプです。
  • モジュールグループ(Module group): モジュールが所属するグループです。
  • 間隔(Interval): モジュール実行間隔です。
  • 警告/障害状態(Warning/Critical status): 警告および障害状態となる最小値と最大値の範囲です。
  • 連続抑制回数(FF threshold): 正常と判断する回数です。
  • ユニット(Unit): ユニット値を表示するフィールドです。
  • データ保存倍率(Post process): モジュールの値がここに指定した倍率となります。
  • 障害/警告/不明手順(Critical/warning/unknown instructions): モジュールが障害、警告、不明状態になった場合の対応手順です。
  • カテゴリ(Category): モジュールが所属するカテゴリです。
  • タグ(Tag): ポリシーに関連付けられたタグです。
マクロ

It is possible to define macros in the local components. These macros will be used in the parameter module_exec and will have the structure _field1_ , _field2_ ... _fieldN_.

ローカルコンポーネントではマクロを定義することができます。これらのマクロは、module_exec パラメータで利用され、_field1_ , _field2_ ... _fieldN_ という構造です。

Each macro will have three fields:Description, Default value and Help.

それぞれのマクロは、説明、デフォルト値、ヘルプの 3つのフィールドがあります。

  • Description:It will be the tag next to the field in the module form.
  • Default value:Optional value to load by default in the module form field.
  • Help:Optional field to add additional information to the field. If it is defined, a tip will be shown next to the field with this string.
  • 説明(Description): モジュールフォーム内のフィールドの隣のタグになります。
  • デフォルト値(Default value): モジュールフォームフィールドで、デフォルトで読み込まれる値です。
  • ヘルプ(Help): フィールドに追加情報を加えるオプションフィールドです。定義されている場合、フィールドの隣にこの文字列のヘルプが表示されます。

900px

If the component Wizard level is basic, the macros couldn't be configured in the module creation process. They will have as value the one that will be assigned to them by default in the component.

コンポーネントウィザードが基本レベルの場合、モジュール作成処理ではマクロを設定できません。コンポーネントで、デフォルトで割り当てられる値となります。

Instead, if it is advanced, they will be shown in the module edition form (Wizard) as normal fields, in a transparent way for the user.

拡張レベルであれば、ユーザが参照できる形でモジュール編集フォーム(ウィザード)に通常のフィールドとして表示されます。

900px

ローカルコンポーネントの編集/削除/複製

To modify a local component, we click on its name.

ローカルコンポーネントを編集するには、その名前をクリックします。

In the local components list are available options to duplicate the component and delete it.

ローカルコンポーネント一覧では、コンポーネントの複製と削除のオプションがあります。

ファイル:Meta local component op col.png

It is possible to delete them one by one, or to select several ones and delete them in one step.

一つ一つ削除したり、複数を選択してまとめて削除することができます。

ネットワークコンポーネント管理

Network components refers to the templatesof network modules, plugins of WMI that could be applied to create modules in the agents through the Wizard.

ネットワークコンポーネントは、ウィザードを通してエージェントのモジュール作成に適用できる、ネットワークモジュールや WMI のプラグインのテンプレートです。

In the view, you can see the list of network components already created.

以下では、作成済のネットワークコンポーネント一覧を見ることができます。

900px

ネットワークコンポーネントの作成

It is possible to create three different kinds of network components:

次の 3つの異なる種類のネットワークコンポーネントを作成することができます。

  • Network (from Network).
  • Plugin (from server plugin).
  • WMI.
  • ネットワーク (ネットワークから)
  • プラグイン (サーバプラグインから)
  • WMI

To create a new network component in the drop-down menu, select a network component from the three possible ones (WMI, Red o Plugin): and press the button Create.

ドロップダウンメニューから新たなネットワークコンポーネントを作成するには、3つ(WMI、ネットワーク、プラグイン)の中からネットワークコンポーネントを選択し、作成(Create)ボタンをクリックします。

900px

Depending on the type of module there will be some field that could change,like the selection of the plugin in the type plugin or the WMI query or in the WMI type.

モジュールのタイプにより、変更可能ないくつかのフィールドがあります。例えば、プラグインタイプであればプラグインの選択、WMI タイプであれば WMI クエリです。

In the view it is possible to see the creation form from one of them:

以下は、作成フォームの一つです。

900px

ネットワークコンポーネントの編集/削除/複製

To modify a network component we click on its name.

ネットワークコンポーネントを編集するには、その名前をクリックします。

In the network components list are available some options to duplicate the component and delete it.

ネットワークコンポーネント一覧では、コンポーネントの複製および削除オプションがあります。

ファイル:Meta net component op col.png

It is possible to delete them one by one or select several of them and delete them in one step.

一つ一つ削除したり、複数を選択してまとめて削除することができます。

プラグイン

From this section is possible to create and modify the plugins that the Network components type plugin will use.

ここでは、ネットワークコンポーネントタイププラグインが利用するプラグインを作成したり編集することができます。

900px

プラグインの作成

It is possible to create new tags clicking on "Add".The following form will be shown:

"追加(Add)" をクリックすることにより作成することができます。次のようなフォームが表示されます。

900px

In plugins, same as in the local components, it's possible to use macros that will be replaced, in this case in their parameters.

ローカルコンポーネントと同じように、プラグインではパラメータ内で値を置き換えるマクロを利用することができます。

These macros will be shown as normal fields in the plugin type Network Component definition.This way they won't be differenced by an user with other one more field of the Component

これらのマクロは、ネットワークコンポーネント定義のプラグインの通常のフィールドのように表示されます。これにより、ユーザにはコンポーネントの追加フィールドと違いが無いように見えます。

900px

プラグインの編集/削除

In the plugin list some options are available to modify one plugin and delete it.

プラグイン一覧では、プラグインの編集および削除オプションがあります。

ファイル:Meta plugins op col.png

アラート

In the Metaconsole, alerts could be created. Alerts, same as in a Pandora FMS normal Instance are composed by Commands, Actions, and Templates.

メタコンソールでアラートを作成するこおができます。Pandora FMS の通常のインスタンスと同じように、アラートはコマンド、アクション、テンプレートで構成されます。

In this section there will be an introduction for each one of the sections where they are managed. To know more about their performance and configuration, you can see the Pandora FMS manual section Alerts System

ここでは、管理セクションの一つについて説明します。機能と設定についてより詳しくは、Pandora FMS ドキュメントの アラートシステム を参照ください。

Template warning.png

After creating or updating one alert, you should synchronize it with the Instances for a correct performance


Template warning.png

アラートを作成したり更新したあとは、正しく動作するようにインスタンスに同期する必要があります。


コマンド

Commands are the alerts lowest level. It could be the execution of one script or any other type of reaction to the alert firing

コマンドは、アラート設定における一番下位のレベルです。スクリプトを実行したり、アラート発報に応じた任意の処理を定義できます。

900px

We can manage the Metaconsole commands in an identical way to as it is done in the Pandora FMS instances.

Pandora FMS のインスタンスで実行するのと同じように、メタコンソールコマンドを管理することができます。

アクション

Actions are a higher level to the commands in the alerts. A command and its configuration is assigned to an action. For example their parameters.

アクションは、アラートにおいてコマンドの上のレベルの概念になります。コマンドとその設定はアクションに割り当てられます。パラメータ例を示します。

900px

We could manage the Metaconsole actions in an identical way as it is done in the Pandora FMS instances.

Pandora FMS のインスタンスで実行するのと同じように、メタコンソールアクションを管理することができます。

アラートテンプレート

Alert templates are the highest layer of alerts and which will be allocated directly to the modules. On the templates it is specified that trigger actions, under what conditions (fall in a given state of the module, overcoming certain values ??...) and when (certain days of the week, when the condition several times in a row ... )

アラートテンプレートは、アラートにおける最上位のレイヤでモジュールに直接割り当てるものです。テンプレートにおいて、どのような状態(モジュールが指定の状態になった場合や、ある値を超えた場合など)のときに、いつ(複数回ある状態が続いたときなど)アクションを実行するかを指定します。

900px

We manage templates metaconsole alerts in an almost identical as in the instances of Pandora FMS. The only difference is the field "Wizard level".

Pandora FMS のインスタンスで実行するのと同じように、メタコンソールのアラートテンプレートを管理することができます。唯一、"ウィザードレベル(Wizard level)" がある点が異なります。

900px

This field defines which users can use this template to create alerts from the Wizard.

このフィールドは、ウィザードがらアラートを作成するときに、どのユーザがこのテンプレートを利用できるかを定義します。

  • No Wizard: This template will not be available in the wizard.
  • Basic: Any user with wizard access can use this template to create alerts.
  • Advanced: Only users with advanced level access can use this template.
  • ウィザードなし(No Wizard): このテンプレートは、ウィザードには含まれません。
  • 基本(Basic): ウィザードにアクセスする任意のユーザが、アラート作成でこのテンプレートを利用できます。
  • 拡張(Advanced): 拡張レベルのアクセス権をもったユーザのみがこのテンプレートを利用できます。

タグ

From this section it is possible to create and modify tags.

ここでは、タグの作成および編集ができます。

900px

タグの作成

It is possible to create new tags clicking on the "Create tag" button. The following form will be shown:

"タグの作成(Create tag)" ボタンをクリックすると新たなタグを作成できます。次のフォームが表示されます。

900px

Parameters definition:

パラメータ定義:

  • Name:Tag name
  • Description:Tag description
  • Url:Hyperlink to help information that should have been previously created
  • E-Mail:Email that will be associated in the alerts that belongs to the tag
  • 名前(Name): タグの名前
  • 説明(Description): タグの説明
  • Url: 事前に準備したヘルプ情報へのハイパーリンク
  • E-mail: タグが属するアラートに関連付けられるメールアドレス

タグの編集/削除

In the tag list there are available options to modify one tag and to delete it.

タグ一覧では、タグの編集および削除オプションがあります。

ファイル:Meta tags op col.png

ポリシー

From this section, policies can be created and modified.

ここでは、ポリシーの作成と編集ができます。



800px



ポリシーの作成

New policies can be created by clicking on the "Create" button where the following form is shown:

"作成(Create)" ボタンをクリックすることにより新たなポリシーを作成できます。次のフォームが表示されます。



800px



Parameter definition:

パラメータの定義は次の通りです。

  • Name:Policy name
  • Group:Group to which the policy belongs to
  • Description: Policy description
  • 名前(Name): ポリシー名
  • グループ(Group): ポリシーが属するグループ
  • 説明(Description): ポリシーの説明

ポリシー設定

For a better understanding of how to configure policies, please go to policy management.

ポリシーの設定方法については、 ポリシー管理 を参照してください。

ポリシーの編集/削除

In the list of policies, there are options for modifying and deleting a policy.

ポリシー一覧に、編集および削除のオプションがあります。

To modify a policy simply click on the policy to be modified.

ポリシーを編集するには、編集したいポリシーをクリックします。

To delete a policy it is necessary that you do not have any associated agents.

ポリシーを削除するには、関連付けられているエージェントが存在しない必要があります。

If a policy has agents, the delete button is disabled and a button to delete all its agents appears next to it. This button will put the agent deletion in the queue, and as soon as it is processed, the policy deletion button will be active again.

ポリシーにエージェントがある場合、削除ボタンは無効化され、隣に全エージェントを削除するボタンが表示されます。このボタンはキューからエージェントを削除します。処理はすぐに実行され、ポリシー削除ボタンが有効化されます。



ファイル:Meta borrar.png



カテゴリ

In this section, we can manage the "categories". Later we will use this in module components.

ここでは、"カテゴリ"の管理ができます。これは、あとでモジュールコンポーネントで利用します。

900px

カテゴリの作成

Click on button "Create category".

"カテゴリの作成(Create category)" ボタンをクリックします。

900px

カテゴリの編集/削除

On the list, you can click on edit button or delete to delete it.

一覧では、編集および削除ができます。

ファイル:Meta category op col.png

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る