個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Massive Operations

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

一括操作

概要

The Massive Operations feature allows you to conduct actions related to agents, modules, users, alerts, policies, SNMP, satellite or plugins in a massive way. In recent years, the importance of massive operations have grown in large-volume environments. This functionality has been designed to facilitate the administrators work in situations in which they have to deal with systems which contain a very large amount of components.

一括操作では、エージェント・モジュール・ユーザ・アラート・ポリシー・SNMP・サテライト・プラグインに対してまとめて操作をすることができます。一括操作は、大きなシステムで重要です。この機能は、大量のコンポーネントがあるシステムを扱う管理者を手助けするために開発しました。

You can access to massive operations at Administration > Massive operations section:

一括操作は、システム管理メニューの一括操作(Massive operations)からアクセスできます。

ファイル:Massive operations1.png

一括操作: エージェント

エージェント一括編集

Within the 'massive agents edition' subsection, it's possible to filter by 'destination', 'agents' and 'group' and to change general parameters like 'parent agent', 'group', 'execution interval' or 'operating system'.

'エージェント一括編集' サブメニューでは、親エージェント、グループ、実行間隔、OS などの一般的なパラメータを変更するために、エージェントやグループでフィルタリングすることができます。

800px

When you choose some, you could modify some parameters:

いくつか選択すると、いくつかのパラメータを編集できます。


800px


  • Cascade protection: Parameter with which an avalanche of alerts can be avoided. It is possible to choose an agent or a module of an agent. In the first case, when the chosen agent is in critical, the agent will not generate alerts. In the second case, only when the specified module is critical, the agent will not generate alerts.
  • Module definition: Three work modes can be selected
    • Learning mode: If an XML arrives with new modules, they will be created automatically (by default).
    • Normal mode: If an XML arrives with new modules, will not be created unless they are already declared in the console previously.
    • Auto-disable mode: Same as learning mode, but if all modules go to unknown, the agent will be disabled until information arrives again.
  • 関連障害抑制(Cascade protection): アラートの大量発生を回避することができるパラメータ。 エージェントまたはエージェントのモジュールを選択することが可能です。 前者の場合、選択されたエージェントが障害状態にあると、エージェントはアラートを生成しません。 後者の場合、指定されたモジュールが障害状態の場合は、エージェントはアラートを生成しません。
  • モジュール定義(Module definition): 3つの動作モードを選択できます。
    • 学習モード(Learning mode): 新たなモジュールの XML を受信すると、自動的にそれが作成されます。(デフォルト)
    • 通常モード(Normal mode): 新たなモジュールの XML を受信すると、コンソールであらかじめ定義されていない限り作成を行いません。
    • 自動無効化モード(Auto-disable mode): 学習モードと同じですが、全モジュールが不明になるとデータを再度受信するまでエージェントが無効化されます。

エージェント一括削除

Within the 'massive agents deletion' subsection, it's possible to filter by group.

一括エージェント削除では、グループでフィルタリングすることができます。


800px



一括操作: モジュール

モジュール一括削除

When deleting modules, it is possible to select the modules to be edited in two ways:

モジュール削除は、次の 2つの方法で編集するモジュールを選択できます。

  • Module selection: If you choose search by module you can filter by module type, tags, module status and, in the last section, we will select the agents to which we want to eliminate the filtered modules.
  • モジュール選択: モジュールによる検索を選択した場合は、モジュールタイプ、タグ、モジュールの状態でフィルタリングし、最後のセクションで、フィルタリングされたモジュールを削除するエージェントを選択します。


800px



  • Agent selection: If you choose search by agent you can filter by agent group, agent status, module status, and tag. Once filtered, we will select the agents that contain modules that we want to eliminate.
  • エージェント選択: エージェントによる検索を選択すると、エージェントグループ、エージェントの状態、モジュールの状態、およびタグによってフィルタリングできます。 フィルタリングされたら、削除したいモジュールを含むエージェントを選択します。


800px



モジュール一括編集

When editing modules, it is possible to select the modules to be edited in two ways:

モジュールを編集する場合、モジュールの選択には 2つの方法があります。

  • Agent selection: If you choose search by agent you will be able to filter by group, module state, agent state, using tags and the agent or agents that contain modules that you want to modify. Finally, we will select the module or modules.
  • エージェント選択: エージェントによる検索を選択すると、グループ、モジュールの状態、エージェントの状態、タグ、編集したいモジュールを含むエージェントによってフィルタリングできます。 最後にモジュールを選択します。


800px



  • Module selection: If you choose search by module you can filter by module type, status, tag and the module or modules you want to modify. Finally, we will select which agent or agents to make this modification for their modules.
  • モジュール選択: モジュールによる検索を選択すると、モジュールタイプ、状態、タグ、編集したいモジュールによってフィルタリングできます。最後にモジュールの編集をしたいエージェントを選択します。


800px



Once this is done, a menu will be displayed in which we can adjust parameters for these modules. For example to change the contact interval, values for critical state, to modify the group to the selected module...

実行したら、モジュールのパラメータを調整できるメニューが表示されます。例えば、選択したモジュールの実行間隔、障害状態閾値、グループなどを編集します。


800px




800px





800px



  • FF threshold: FlipFlop (FF) is known as a common phenomenon in monitoring: when a value fluctuates frequently between alternative values (RIGHT/WRONG), which makes it difficult to interpret. When this occurs, a "threshold" is usually used so that in order to consider something as having changed status, it has to "stay" more than X intervals in a state without being altered. We call this in Pandora FMS terminology: "FF Threshold".
  • Post process: Parameter by which the data received by the module can be converted. By default it is disabled with the value 0.
  • FF interval: If the flip-flop threshold is activated and there is a state change, the module interval will be changed for the next execution.
  • TCP send: The field to configure the parameters intended to be sent to the TCP port. It accepts the '^M' string as a replacement for the sending of a CR. To send several strings in a row in a send/response manner, you're required to separate them by the character":"
  • TCP receive: The field to configure the text strings which we expect to receive on the TCP connection. If they send/receive in several steps, each step should be separated by the '|' (pipe) character.
  • WMI Query: WMI query. It's very similar to a sentence in SQL.
  • Plugin: Once choosed the plugin, you can use the following macros:
    • _agent_: Complete agent's name which fired the alert.
    • _agentdescription_: Description of the agent to which the module belongs.
    • _agentstatus_: Current status of the agent to which the module belongs.
    • _address_: Address of the agent to which the module belongs.
    • _module_: The module's name.
    • _modulegroup_: The module's group name.
    • _moduledescription_: A description of the module.
    • _modulestatus_: The status of the module.
    • _moduletags_: The module's associated tags.
    • _id_agent_: The ID of the agent. It's quite useful to generate a direct URL to redirect to a Pandora FMS console webpage.
    • _id_module_: The module's ID.
    • _policy_: The name of the policy the module belongs to (if that applies).
    • _interval_: The execution interval of the module.
    • _target_ip_: The target IP address of the module.
    • _target_port_: The target port number of the module.
    • _plugin_parameters_: The plug-in parameters of the module.
    • _email_tag_: The emails associated to module tags.
  • Web Checks: This essential field defines the WEB check to be performed. This is defined in one or more steps, or simple requests. These simple requests must be written in a special format in the Web checks field. Checks start with the tab page task_begin and end with the tab page task_end.
  • 連続抑制回数(FF threshold): 障害と復旧の繰り返しは、監視における一般的な現象として知られています。値が正常・障害の間で頻繁に変動する場合、扱いが難しくなります。 これが発生すると、通常 "しきい値" に従って状態が変化してしまうため、一定回数連続して障害状態になった場合のみ障害としたい場合があります。 これを Pandora FMS の用語では "連続抑制回数(FF threshold)" と呼びます。
  • 保存倍率(Post process): モジュールが受け取ったデータを指定の倍率で保存することができます。デフォルトは 0 で無効です。
  • 連続抑制間隔(FF interval): 連続抑制が有効で状態の変化があった場合、次のモジュール実行の間隔が変更されます。
  • TCP送信文字列(TCP send): TCP ポートに送信されるパラメータを設定するためのフィールド。 改行の送信には '^M' を利用できます。複数の文字列を送信/応答形式で連続して送信するには、それらを ":" で区切る必要があります。
  • TCP受信文字列(TCP receive): TCP 接続監視で受信することを期待するテキスト文字列を設定するためのフィールド。 いくつかのステップで送受信する場合は、各ステップを '|'(パイプ文字)で区切る必要があります。
  • WMIクエリ(WMI Query): WMIクエリです。SQL の書式に似ています。
  • プラグイン(Plugin): プラグインを選択すると、次のマクロを利用できます。
    • _agent_: アラートを発報したエージェント名。
    • _agentdescription_: モジュールが属するエージェントの説明。
    • _agentstatus_: モジュールが属する現在のエージェントの状態。
    • _address_: モジュールが属するエージェントのアドレス。
    • _module_: モジュール名。
    • _modulegroup_: モジュールグループ名。
    • _moduledescription_: モジュールの説明。
    • _modulestatus_: モジュールの状態。
    • _moduletags_: モジュールに関連付けられたタグ。
    • _id_agent_: エージェント ID。Pandora FMS コンソールの該当ページに直接アクセスする URL を生成するのに便利です。
    • _id_module_: モジュール ID。
    • _policy_: モジュールが属するポリシー名。(適用されている場合)
    • _interval_: モジュールの実行間隔。
    • _target_ip_: モジュールの対象 IP アドレス。
    • _target_port_: モジュールの対象ポート番号。
    • _plugin_parameters_: モジュールのプラグインパラメータ。
    • _email_tag_: モジュールタグに関連付けられたメールアドレス。
  • ウェブチェック(Web Checks): この項目は、実行されるウェブチェックを定義します。 これは 1つ以上のステップ、またはシンプルなリクエストで定義されます。 これらのシンプルなリクエストは、ウェブチェックフィールドに特別な形式で記述する必要があります。 チェックはタブページ task_begin で始まり、タブページ task_end で終わります。

モジュール一括コピー

Module copying allows you to select one or more modules and copy them to the agent of your choosing. Start by filtering them by group, status and agent, which will deploy a tag filter through which the module or modules contained within can be selected, having the possibility to copy their alerts too.

モジュールコピーで、1つまたは複数のモジュールを選択し、指定したエージェントにコピーすることができます。 これを行うには、グループ、状態、エージェントごとにフィルタリングします。タグが含まれるモジュールを選択するフィルタを表示することもできます。また、アラートをコピーすることもできます。


800px



In the lower zone we select the destination agent or agents for which to copy the modules and alerts. We will be able to filter by group and status.

下の方で、モジュールとアラートをコピーする対象のエージェントを選択します。グループおよび状態でフィルタリングできます。


800px



一括操作: プラグイン

Plugins will be able to be edited in a massive way. So, a plugin, the agents which contain it and the data that you want to modify must be chosen.

一括してプラグインを編集することができます。プラグイン、それを含むエージェント、および変更したいデータを選択します。


800px



一括操作: ユーザ

プロファイル一括追加

In order to add new profiles you can choose profile, group and finally user.

新たなプロファイルを追加するには、プロファイル、グループ、最後にユーザを選択します。


800px



プロファイル一括削除

In order to delete profiles you have to fill profile, group and user information.

プロファイルを削除するには、プロファイル、グループ、およびユーザ情報を入力します。


800px



一括操作: アラート

アラート一括追加

In order to add new alerts it is possible to filter by group and it is needed to select agent, module and the template to add.

新たなアラートを追加するには、グループでフィルタし、エージェント、モジュールおよび追加したいテンプレートを選択します。


800px



アラート一括削除

In order to delete alerts it is possible to filter by group and also is needed to select a template, group, agent and finally modules.

アラートを削除するには、グループでフィルタリングし、テンプレート、グループ、エージェントおよび最後にモジュールを選択します。

801px

アラートアクション一括追加

In order to add actions to alerts it is possible to filter by group and select agents, templates and finally select the action to add.

アラートにアクションを追加するには、グループでフィルタリングし、エージェント、テンプレート、および最後に追加したいアクションを選択します。


800px



アラートアクション一括削除

In order to delete alert actions it is possible to filter by group and select agents, templates and finally tha actions to delete.

アラートのアクションを削除するには、グループでフィルタリングし、エージェント、テンプレート、および最後に削除したいアクションを選択します。


800px



アラート一括有効化/無効化

To enable/disable alerts it is possible to filter by group and it is needed to fill information about agents, templates and two columns about enable/disable options of alerts.

アラートを有効化・無効化するには、グループでフィルタリングし、エージェント、テンプレートおよび、有効化または無効化するアラートを指定する 2つのカラムで対象を選択します。


800px



アラート一括スタンバイ

In order to set standby state to an alert is possible to filter by group and it is needed to fill information about agents, templates and alerts that user want to set it standby state.

アラートのスタンバイ状態を変更するには、グループでフィルタリングし、エージェント、テンプレートおよび、スタンバイ状態を変更したいアラートを選択します。


800px



一括操作: ポリシー

ポリシーアラート一括追加

In order to add alerts is needed to fill the destiny policy, template to add, a regular expression to match with policy agents and modules of the policy.

アラートを追加するには、対象のポリシー、追加するテンプレート、ポリシーエージェントにマッチする正規表現および、ポリシーのモジュールを入力します。


800px



ポリシーアラート一括削除

In order to delete policy alerts, it's required to fill out the destiny policy, the template to delete, to provide a regular expression to match the policy agents and its corresponding modules.

ポリシーアラートを削除するには、対象のポリシー、削除するテンプレート、ポリシーエージェントにマッチする正規表現および、ポリシーモジュールを入力します。


800px



ポリシーモジュールへの一括タグ追加

To add tags to the policy modules you must fill in the target policy and that said module , then select from the list of tags those that you want to add.

ポリシーモジュールにタグを追加するには、ターゲットポリシーとそのモジュールを記入し、追加するタグのリストからタグを選択する必要があります。



800px



タグへの一括ポリシーモジュール追加

To add modules to the tags you must fill in the target policy and that said tag , then select from the list of modules those that you want to add.

タグにモジュールを追加するには、ターゲットポリシーとそのタグを入力し、追加するモジュールのリストから選択します。


800px



既存エージェントからのポリシーへのモジュール一括追加

To add modules of a certain agent to the policy or policies we want, we must first select the source agent, using filters to make the search more direct. Then you must choose from your list of modules those you want to backup and then from the list of policies those ones to be the backup destination.

ポリシーに特定のエージェントのモジュールを追加するには、まずはソースエージェントをフィルタを使用して検索して選択する必要があります。 次に、モジュールのリストから対象を選択し、追加対象となるポリシーをリストから選択する必要があります。


800px



ポリシーモジュール一括編集

To edit modules of a certain policy, first we must select the policy we want. After we must choose from the list of modules the one we want to edit and then fill in the features we want to change.

特定のポリシーのモジュールを編集するには、まず、必要なポリシーを選択する必要があります。 モジュールのリストから編集したいものを選択してから、変更したい機能を入力します。


ファイル:Politicas, editarmodulos1.PNG



ファイル:Politicas, editarmodulos2.PNG



ファイル:Politicas, editarmodulos3.PNG


  • FF threshold: FlipFlop (FF) is known as a common phenomenon in monitoring: when a value fluctuates frequently between alternative values (RIGHT/WRONG), which makes it difficult to interpret. When this occurs, a "threshold" is usually used so that in order to consider something as having changed status, it has to "stay" more than X intervals in a state without being altered. We call this in Pandora FMS terminology: "FF Threshold".
  • Post process: Parameter by which the data received by the module can be converted. By default it is disabled with the value 0.
  • FF interval: If the flip-flop threshold is activated and there is a state change, the module interval will be changed for the next execution.
  • TCP send: The field to configure the parameters intended to be sent to the TCP port. It accepts the '^M' string as a replacement for the sending of a CR. To send several strings in a row in a send/response manner, you're required to separate them by the character":"
  • TCP receive: The field to configure the text strings which we expect to receive on the TCP connection. If they send/receive in several steps, each step should be separated by the '|' (pipe) character.
  • WMI Query: WMI query. It's very similar to a sentence in SQL.
  • Plugin: Once choosed the plugin, you can use the following macros:
    • _agent_: Complete agent's name which fired the alert.
    • _agentdescription_: Description of the agent to which the module belongs.
    • _agentstatus_: Current status of the agent to which the module belongs.
    • _address_: Address of the agent to which the module belongs.
    • _module_: The module's name.
    • _modulegroup_: The module's group name.
    • _moduledescription_: A description of the module.
    • _modulestatus_: The status of the module.
    • _moduletags_: The module's associated tags.
    • _id_agent_: The ID of the agent. It's quite useful to generate a direct URL to redirect to a Pandora FMS console webpage.
    • _id_module_: The module's ID.
    • _policy_: The name of the policy the module belongs to (if that applies).
    • _interval_: The execution interval of the module.
    • _target_ip_: The target IP address of the module.
    • _target_port_: The target port number of the module.
    • _plugin_parameters_: The plug-in parameters of the module.
    • _email_tag_: The emails associated to module tags.
  • Web Checks: This essential field defines the WEB check to be performed. This is defined in one or more steps, or simple requests. These simple requests must be written in a special format in the Web checks field. Checks start with the tab page task_begin and end with the tab page task_end.
  • 連続抑制回数(FF threshold): 障害と復旧の繰り返しは、監視における一般的な現象として知られています。値が正常・障害の間で頻繁に変動する場合、扱いが難しくなります。 これが発生すると、通常 "しきい値" に従って状態が変化してしまうため、一定回数連続して障害状態になった場合のみ障害としたい場合があります。 これを Pandora FMS の用語では "連続抑制回数(FF threshold)" と呼びます。
  • 保存倍率(Post process): モジュールが受け取ったデータを指定の倍率で保存することができます。デフォルトは 0 で無効です。
  • 連続抑制間隔(FF interval): 連続抑制が有効で状態の変化があった場合、次のモジュール実行の間隔が変更されます。
  • TCP送信文字列(TCP send): TCP ポートに送信されるパラメータを設定するためのフィールド。 改行の送信には '^M' を利用できます。複数の文字列を送信/応答形式で連続して送信するには、それらを ":" で区切る必要があります。
  • TCP受信文字列(TCP receive): TCP 接続監視で受信することを期待するテキスト文字列を設定するためのフィールド。 いくつかのステップで送受信する場合は、各ステップを '|'(パイプ文字)で区切る必要があります。
  • WMIクエリ(WMI Query): WMIクエリです。SQL の書式に似ています。
  • プラグイン(Plugin): プラグインを選択すると、次のマクロを利用できます。
    • _agent_: アラートを発報したエージェント名。
    • _agentdescription_: モジュールが属するエージェントの説明。
    • _agentstatus_: モジュールが属する現在のエージェントの状態。
    • _address_: モジュールが属するエージェントのアドレス。
    • _module_: モジュール名。
    • _modulegroup_: モジュールグループ名。
    • _moduledescription_: モジュールの説明。
    • _modulestatus_: モジュールの状態。
    • _moduletags_: モジュールに関連付けられたタグ。
    • _id_agent_: エージェント ID。Pandora FMS コンソールの該当ページに直接アクセスする URL を生成するのに便利です。
    • _id_module_: モジュール ID。
    • _policy_: モジュールが属するポリシー名。(適用されている場合)
    • _interval_: モジュールの実行間隔。
    • _target_ip_: モジュールの対象 IP アドレス。
    • _target_port_: モジュールの対象ポート番号。
    • _plugin_parameters_: モジュールのプラグインパラメータ。
    • _email_tag_: モジュールタグに関連付けられたメールアドレス。
  • ウェブチェック(Web Checks): この項目は、実行されるウェブチェックを定義します。 これは 1つ以上のステップ、またはシンプルなリクエストで定義されます。 これらのシンプルなリクエストは、ウェブチェックフィールドに特別な形式で記述する必要があります。 チェックはタブページ task_begin で始まり、タブページ task_end で終わります。

一括操作: SNMP アラート

SNMP アラートの一括編集

Firstly, alerts must be filtered by text, type and priority

最初に、アラートをテキスト、タイプ、優先度でフィルタする必要があります。


ファイル:SNMP, editaralertasSNMP1.PNG


Once the alerts have been selected, certain parameters may be changed.

アラートを選択したら、任意のパラメータを変更します。


ファイル:SNMP, editaralertasSNMP2.PNG


SNMP アラートの一括削除

First, alerts must be filtered according to text, type and priority, and then selected the alerts to be deleted.

最初に、アラートをテキスト、タイプ、優先度でフィルタする必要があります。そして、削除したいアラートを選択します。


ファイル:SNMP, borraralertasSNMP1.PNG