個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Glosario Terminos

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

Pandora FMS で使われている用語の説明


When starting to work with Pandora FMS, it is important to have clear some of the terms that are used. Because the different monitoring systems use their own terms to refer to similar concepts, it is important that each of them are clear to avoid later confusion. The purpose of this glossary is to unify and define in a detailed way all the definitions of terms commonly used in Pandora FMS

Pandora FMS を使い始めるにおいて、使われている用語を明確にすることが重要です。なぜなら、別の監視システムでは似たような概念で独自の言葉が使われているからです。それぞれを明確にして混乱をさけることが重要です。この章の目的は、Pandora FMS で通常使われている用語の詳細をまとめることです。

エージェント

An agent in Pandora FMS is an organizational entity, which is usually a machine, system or host (a computer), that contains information of different checks called modules, and belongs to a single group. It can be related to other agents through a kinship relationship (parent-child).

Pandora FMS におけるエージェントは、一つの集まりを意味します。通常は、マシン、システム、またはホスト(コンピュータ)であり、モジュールと呼ばれるさまざまな監視項目の情報を含み、単一のグループに属します。 それは関係性(親子関係)を通じて他のエージェントと関連させることができます。

ソフトウエアエージェント

This refers to the service that is installed on computers to collect local information, and can be installed on all types of systems: Windows, UNIX, etc. It runs on the system in which it is installed to collect and send information from time to time, called interval. The software agent generates a data file in XML format that is sent to the Pandora FMS server through the network, generally using the Tentacle protocol.

これは、監視対象のローカル情報を収集するために、すべてのタイプのシステム(Windows、UNIXなど)にインストールできるサービスを指します。インストールされているシステム上で実行され、定期的な間隔で情報を収集して送信します。 ソフトウェアエージェントはXML形式のデータファイルを生成します。XMLファイルは、一般には Tentacle プロトコルを使用してネットワークを介して Pandora FMS サーバーに送信されます。

モジュール

A module is an atomic entity of information that stores numerical or alphanumeric/text values. Each module only stores data from an individual check (CPU, RAM, traffic...). The modules are contained within the agents, and always associated with a single agent. An agent can contain multiple modules.

モジュールは、数値または英数字/テキスト値などの個々の情報を格納する単位です。 各モジュールは個々のチェック(CPU、RAM、トラフィックなど)からのデータを格納します。 モジュールはエージェント内に含まれ、常に単一のエージェントに関連付けられます。 エージェントには複数のモジュールを含めることができます。

リモートサーバ

Server that is on net and that isn't the local server.

ローカルサーバではなく、ネット上にあるサーバです。

サーバ

The Pandora FMS server is the one that processes the collected information in different ways, it also executes alerts, applies the policies and sends the information to the database. The Pandora FMS server also contains different components that perform their own functions, some of them are the network server, the SNMP server, the data server... All of them are components that are part of the Pandora FMS server and can be enabled or disabled depending on the needs.

Pandora FMS のサーバは、異なる手法で情報を収集するプロセスの要素です。それらはまた、アラートを実行したり、データをデータベースに送ったりします。それらは Pandora FMS サーバの中でネットワークサーバ、SNMP サーバなどの個々の要素にわかれており、それぞれが特定の処理を実行します。例えば、ネットワークサーバであれば、リモートモニタリングを実施します。これらはすべてPandora FMS サーバの一部であり、必要に応じて有効または無効にすることができるコンポーネントです。

Sometimes 'Server' refers to a computer, when speaking about a system.

時々、システムについて語るとき、"サーバ" について言及します。

コンソール

The Pandora FMS console or web console is the interface that allows Pandora FMS to be managed through the browser.

Pandora FMS コンソール、もしくは、コンソールは、ウェブを通して Pandora FMS を管理するためのウェブアプリケーションです。

メタコンソール


A Web portal where you can view, synchronize and manage different Pandora FMS monitoring systems in a unified and transparent way. In this way, the data from different monitoring environments will be handled centrally from this hierarchically superior point.

メタコンソールは、複数の Pandora FMS システムをまとめて管理・参照することができるウェブポータルです。これにより、異なる監視環境のデータ管理を階層的に一か所から行うことができます。

グループ

Sets containing agents, used to filter and control visibility and permissions. They work closely with user profiles, and by combining, they create rules that establish which elements of the console a user can or cannot view. Groups may contain other groups.

表示とアクセス権のフィルタリングと制御に使用されるエージェントを含むセットです。ユーザープロファイルと緊密に連携し組み合わせることで、ユーザーが表示できるコンソールの要素を制御するルールを作成します。 グループには他のグループを含めることができます。

プロファイル

A group of 'permissions' on different possible operations under Pandora FMS: To see an agent, modify an agent, assign alerts, define reports, manage the database, etc. They are associated with users for specific groups.

エージェント参照、エージェント編集、アラートの割り当て、レポートの定義、データベースの管理など、Pandora FMS で可能な操作の "権限" です。特定のグループのユーザーに関連付けられています。

ACL

ACL is an acronym in English of Access Control List, or Listas de Control de Accesos (LCA in Spanish), that in Pandora FMS are defined by assigning a profile on a group to one user.

ACL は、英語の Access Control List の頭文字です。Pandora FMS では、ユーザにグループのプロファイルを割り当てることにより定義されます。

モニタ

A module with an associated status.

状態を持ったモジュールです。

データファイル / XML データ

An XML file is a data file, generated by the Pandora FMS software agents. Besides containing the agent module's information, it contains information about the agent itself (the version, the operating system, etc.).

XML は、Pandora FMS ソフトウエアエージェントが生成するデータファイルです。エージェントモジュールの情報が含まれているほか、エージェント自身の情報 (バージョン、OS など) を含んでいます。

イベント

An event is everything that occurs in a monitored system. The information displayed ranges from any module status change, alerts triggered or retrieved, to system restarts or custom events.

イベントとは、監視対象システムで発生するすべてのものです。 表示される情報の範囲は、モジュールステータスの変化、発報または復旧したアラート、システムの再起動またはカスタムイベントです。

アラート

An automatic request configured via an alert template, based on circumstances. It can have different associated actions and has two possible status: 'Triggered' or 'not triggered'. The alert, in Pandora FMS, is in charge of sending a warning email or an SMS to a person, displaying what happened. An alert consists of a template + action + command.

状況に基づいて、アラートテンプレートを介して設定された自動処理です。異なる関連付けられたアクションを持つことができ、'発報済' または '未発報' の2つのステータスがあります。 Pandora FMS のアラートは、人に警告メールまたは SMS を送信し、何が起こったかを示します。アラートは、テンプレート + アクション + コマンド で構成されます。

アラートテンプレート

Is one of the three components of the alerts. It defines an alert configuration in a general way (properly speaking we call alert to a template request). It allows to specify the firing condition, that can depend on the value or the state of one module, and other details, such as the maximum number of times that it will be fired in an specific interval or the recovery options.

アラートの 3つのコンポーネントのうちの一つです。一般的な方法 (正しくは、テンプレートに応じてアラートを実行します) でアラートの設定を定義します。アラートを発生させる状態を定義することができ、それはモジュールの値や状態、また、特定の間隔で発報する最大回数やリカバリ通知オプションに依存します。

アクション

The action is one of the parts of the alert. Actions are request (that is, the particularity) of one command. This particularity makes that the actions include specific parameters. For example, on the command eMail we could define the actions Send an email to the administrator and Send an email to the project distribution list, defining some of the fields that the command had, specifying the administrator email or the email distribution list, following the previous example.

アクションは、アラートの一機能です。アクションは、(個別の) コマンドを実行します。この個別性により、アクションは特定のパラメータを持つことができます。例えば、eMail コマンドでは、管理者へのメール送信プロジェクトのメーリングリストへのメール送信 など、メールアドレスを指定するコマンドフィールドを設定することにより、アクションを定義することができます。

コマンド

Is another component of the Pandora FMS list. Excluding the Pandora FMS internal commands, that allow to generate events, send emails, etc, a command represents a program or external utility that the server executes.

Pandora FMS 外のコンポーネントです。Pandora FMS の内部コマンド以外で、サーバが実行するプログラムや外部ユーティリティをコマンドとして、イベントを生成したりメールを送信したりできます。

シェルまたはコマンドライン

Interface that allows the introduction of commands through the keyboard.

キーボードからコマンドを入力するインタフェースです。

パッケージ

A package contains a program or group of programs packaged in an specific format ready to be installed in an specific operative system and version. For example: an RPM package for OpenSUSE linux.

パッケージは、特定のフォーマットで特定の OS とそのバージョン用にインストールできるように、プログラムや複数のプラグラムをまとめたものです。例えば、OpenSUSE linux であれば RPM パッケージです。

tarアーカイブ

Same as one package, it contains a program or group of programs packed in TAR format, but different from this, it hasn't information about how to install it, and on principle they aren't specific for an specific operative system (though it's possible that the program that it has would be).

パッケージと同様に、プログラムや複数のプログラムを TAR フォーマットでまとめたものです。ただし、インストール方法に関する情報や、特定の OS 用の情報は含まれていません。(プログラム自体をまとめたものです)

SVN / Subversion / リポジトリ

Is a version control system that stores one repository with the different version of the files that integrate one project as long at it exist. The group of files in an specific moment in time is called Revision, so two people that have the same revision of the project will have two identical copies of the same files.

プロジェクトにおける異なるバージョンのファイルを一つのリポジトリに保存するリビジョン管理システムです。特定のタイミングにおけるファイルのグループをリビジョンと呼びます。複数の人が、プロジェクトの同じリビジョンのファイルをそれぞれ持つことができます。

データベース

Is a group of data that belong to the same context and that are kept systematically for its later use. Pandora FMS uses relational database, where the place and the way that data is stored has no particular importance and you can have access to them through an structured language of standard request (SQL).

同じ種類のデータの集合であり、あとから利用するためにシステム的に保持しているものです。Pandora FMS は、リレーショナルデータベースを利用しており、そこにデータを保持しています。特別なものではなく、標準的な言語 (SQL) を使ってアクセスすることができます。

データベーススキーマ

The Database Schema describes the database structure in a formal language. In a relational database, the sketch defines the tables, the fields of each table, and the connections between fields and tables.

データベーススキーマは、データベース構造を正式な言語で記述したものです。リレーショナルデータベース内に、テーブル、それぞれのテーブルにフィールド、また、フィールドとテーブルの関係を定義しています。

Tentacle

Is the data transfer protocol that the software agents use to send data to the Pandora FMS server. Tentacle is multiplatform and is designed to be a protocol secure and easy to use. It uses port 41121 port (assigned by IANA) by default.

ソフトウエアエージェントが Pandora FMS サーバにデータを送信するための、データ転送プロトコルです。Tentacle は、マルチプラットフォームで動作し、セキュアに、そして使いやすいように設計されています。デフォルトでは、41121 番ポート (IANA により割り当てられています) を利用します。

状態

Usually we refer to the state of one module. It gives us information about the module at the present moment. The state of an agent is get considering the worst of the state of all its modules as a group (if it has 5 modules and one is in CRITICAL, two in WARNING and two in NORMAL) the module state will be CRITICAL. Same for the state of one group.

通常は、一つのモジュールの状態を指します。その時点のモジュールの情報を示します。エージェントの状態は、全てのモジュールの最も悪い状態を示します (5つのモジュールがあり一つが障害状態で二つが警告状態、残りが正常であれば、障害状態となります)。グループの状態についても同様です。

障害および警告状態

NORMAL, WARNING and CRITICAL are the three possible states of one module. The WARNING and CRITICAL states usually show error conditions of different severity. Pandora FMS allows to define in an independent way different thresholds for the WARNING and CRITICAL states of each module.

正常、警告、障害は、モジュールがとりうる 3つの状態です。警告および障害状態は、通常、異なる重要度でのエラー状態を示します。Pandora FMS は、それぞれのモジュールが警告および障害状態になるしきい値を個別に設定することができます。

不明状態

We say that one module is on state unknown if it doesn't get data from more than twice its interval. This is,one module that sends data every 5 minutes is selected as unkown after 10 minutes of no receiving any data. Although, the module still keeps its state NORMAL, WARNING or CRITICAL depending on the last data that it got.

2回以上データを取得できなかった場合のモジュールの状態を不明状態といいます。5分間隔でデータを送信するモジュールであれば、10分間何もデータを受信しないと不明状態になります。データを受信していれば、正常、警告、障害の状態を維持します。

アラートのしきい値

It's the time interval where the defined restrictions are applied when configuring the alert template. For example: an alert template that defines a 10 minutes threshold and a maximum number of alerts of 5, warranties that in a 10 minutes interval the alert won't be fired more than 5 times. Besides, except if the recovery is already configured, the alert will remain fired until this time interval ends.

アラートテンプレートを設定する時の、時間間隔の制限です。例えば、アラートテンプレートを 10分のしきい値とし、最大のアラート数を 5にすると、10分間隔で 5回以上アラート処理を行わないようになります。リカバリ設定が行われている場合は、アラートはこの時間間隔が終わるまでが発生状態となります。

ポジティブ/ネガティブな障害

When a check returns an error and this hasn't take place, then we consider it a false positive. When it doesn't give back any error and it has taken place, we say that it's a false negative. For example, we have a false positive if a module that returns 1 when the server is available and 0 when it isn't returns 1 but the server is not available.

もし、チェックでエラーを返しても実際には問題が発生していない場合、それをポジティブな障害とみなします。エラーを返してないが実際には問題が発生している場合、ネガティブな障害と呼びます。例えば、サーバが正常な時にモジュールが 1を返している場合はポジティブな障害であり、サーバが異常な時に 1ではなく 0を返していればネガティブな障害です。

連続抑制回数

The flip flop protection of one module shows the number of times that the state change condition should be to the state change could be possible. This allow to protect one module from false positives/negatives. For example, if we know that a module returns false positive, but never more than two consecutives, we can configure the flip flop protection to three in order to avoid that the false positives would do state changes.

モジュールの連続抑制回数は、モジュールの状態変化を何回まで許すかを示します。これにより、許容範囲回数までの状態変化を、障害として検出されないようにします。例えば、あるモジュールは連続 2回までの状態変化は正常動作内であり得るが、それ以上連続することはないような場合は、正常な状態変化回数の範囲を障害として検出しないよう連続抑制回数を 2 に設定します。

同期モニタリング

We consider a module as synchronous when it returns data at regular intervals. For example: a temperature measurement every 5 minutes

標準の間隔でデータを取得しているモジュールを同期モジュールと呼びます。例えば、5分間隔の温度計測などです。

非同期モニタリング

We consider that one module is asynchronous when it returns data depending on its availability. For example: it search an string in a log file. If it doesn't find the string, the module doesn't return data. Another example -very common- is that of the SNMP traps, that are generated only when an error takes place (for example, power supply failure).

発生したときのみデータを返すモジュールを非同期モジュールと呼びます。例えば、ログファイルの文字列チェックです。文字列が見つからなければ、モジュールはデータを返しません。ほかには、SNMP トラップがあげられます。エラーが発生した場合 (例えば、電源故障) のみ生成されます。