個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Data Presentation/Reports

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

目次

レポート

Pandora FMS offers you the possibility of presenting the monitored data in an orderly way in the form of reports.

Pandora FMSは、監視データをレポートの形式で整理した状態で表示することができます。

Within a report, the information to be presented is organized in 'report elements. There are many different types of elements, which perform calculations and present the information in very different ways. For example, we can choose a "simple graph" type element that makes individual graphs or an "SLA" type element that shows us the degree of compliance of a number of monitors.

レポート内では、提供される情報はレポートの要素として構成されます。多くの異なるタイプの要素があり、異なる方法で情報を計算し表現します。例えば、個々のグラフを表示する "単一グラフ"、多くの監視項目の信頼性の程度を示す "SLA" タイプの要素などです。

Although they generally have a very similar configuration form, each type of element will be configured independently.

一般的にとても似た設定フォームになっていますが、それぞれのタイプの要素はここに設定します。

You can have as many elements as you want, of the type you want.

必要なだけ任意のタイプの要素を持つことができます。

レポートの作成

In order to add a report, please click on Reporting -> Custom reporting.

レポートを追加するには、'レポート(Reporting)' -> 'カスタムレポート(Custom reporting)' をクリックします。

ファイル:Report menu.png

It's going to show you a list which contains all the reports. In order to create a report, please click on "Create Report".

作成済みのレポート一覧が表示されます。レポートを作成するには、"レポートの作成(Create Report)" をクリックします。

Pre18.png

There is one window within which the name of the report, the group it belongs to, whether it's private or not and the description is defined and contained.

レポート名、所属するグループ、公開するかどうか、および、説明を入力する画面が表示されます。

Once the fields have been filled out, please click on "Create Report".

入力したら、"保存(Create)" をクリックします。

Pre19.png

Once done, it will appear a blank report, where we will continue its edition including new elements.

完了すると、新たな要素を追加していくことができる空のレポートができます。

レポートの編集

In order to edit a report, please click on Reporting -> Custom Reporting. It contains a list in which all the reports so far are listed. In order to edit a report, please click on the report's name.

レポートを編集するには、'レポート(Reporting)' -> 'カスタムレポート(Custom Reporting)' をクリックします。作成済みのレポート一覧が表示されます。編集するにはレポート名をクリックします。

Pre43.png

レポートの削除

In order to delete a report, please click on 'Reporting' -> 'Custom Reporting' and 'Report Builder'. It contains a list in which all the reports so far are listed. In order to delete a report, please click on the trash icon which is located on the right side of the report's name.

レポートを削除するには、'レポート(Reporting)' -> 'カスタムレポート(Custom Reporting)' および 'レポートビルダ(Report Builder)' をクリックします。作成済みのレポート一覧が表示されます。削除するにはレポート名の右側のゴミ箱アイコンをクリックします。

Pre44.png

タブ

メインタブ

The main tab is the only one that is available in a new report, so this one defines de report's basic data (name, access group and description). After storing it properly, you'll have access to the rest of tabs.

新規のレポートには、メインタブのみがあります。ここでは、レポートの基本データ (名前、アクセスグループ、説明) を定義します。それを設定したあとに、他のタブへアクセスすることができます。

Main tab reporting builder.png

The fields that you have in this form are:

このフォームには次のフィールドがあります。

  • Name, where you define the name of the form.
  • 名前(Name): フォームの名称を定義します。
  • Group, where you define the access group that is visualized at the report
  • グループ(Group): レポートを表示する時のアクセスグループを定義します。
  • Description, this description, for giving more information about the report to the users, will be shown in the report list. It will also be shown in the visualization of the report as XML and PDF.
  • 説明(Description): ユーザにより詳細情報を示すための説明を設定します。レポート一覧に表示されます。レポートを XML および PDF で出力する場合にも表示されます。

アイテム一覧タブ

With this tab you'll get a global visualization of all items that make up the report. The items in the list will be shown in the order that they'll have in the report. From this tab it's possible :

このタブでは、レポートを構成する全アイテムの全体の表示を確認することができます。一覧に表示されるアイテムは、レポートに表示されます。このタブでは次の操作ができます。

  • To modify the item (by doing click on the adjustable spanner).
  • アイテムの編集 (スパナアイコンをクリックします)
  • To modify the order in an automatic way in the header cells with the white arrows, classifying them by alphabetically element kind or by agent name.
  • 白い矢印アイコンをクリックすることによる、エージェント名などアルファベット順でのアイテムの並び替え。
  • To modify the order manually through the green arrows on the left.
  • 左側の緑の矢印アイコンをクリックすることによる手動での並び替え。
  • To eliminate the item clicking on the red cross
  • 赤い×アイコンをクリックすることによるアイテム削除

If it's a big report with several items, it has a form on top in order to filter by different criteria.

複数のアイテムでレポートが大きくなった場合は、フォームの上の方にあるアイテムフィルタにて参照したいもののみを表示するようにフィルタすることができます。

List items tab reporting builder.png

The columns that this tab show are:

このタブで表示されるカラムは次の通りです。

  • S. : Column with green arrows to order manually.
  • 重要度(S.): 順番を変更するための緑の矢印が表示されます。
  • Type: column where the kind of items is shown.
  • タイプ(Type): アイテムのタイプが表示されます。
  • Agent: column where is the agent name. It could be in blank to kind of items like S.L.A., Custom Graph, Import text from URL, SQL, Query, Simple Graph and Text.
  • エージェント(Agent): エージェント名が表示されます。SLA、カスタムグラフ、URL からのテキストのインポート、SQLクエリ、単一グラフ、およびテキストでは、ブランクになります。
  • Module:column where is the module name from data will be get in order to do the report. It could be in blank for kind of items such as Agent detailed view, Alert report agent, Custom Graph, Event report agent, Import text from URL, S.L.A., SQL query y Text.
  • モジュール(Module): レポートを生成するためのデータを取得するモジュールが表示されます。SLA、カスタムグラフ、URL からのテキストのインポート、SQLクエリ、単一グラフ、およびテキストでは、ブランクになります。
  • Period: the time period that it will get at the back in the specific moment where the report is generated.
  • 更新間隔(Period): レポート生成時に、どの時点までさかのぼったデータを用いるかを示します。
  • Description: column that shows the description you have given to the item in order to make easier working on it.
  • 説明(Description): わかりやすいようにアイテムに設定した説明が表示されます。
  • Options: column that shows the buttons/icons to edit the item or to delete it.
  • オプション(Options): アイテムを編集したり削除したりするアイコンが表示されます。

アイテム編集タブ

The Item Editor tab is more complex than the others, because you'll be able to create the form items or to edit them by it. The form is dynamically designed, depending on the type of item you intend to create. In the editing process, all fields except the type are editable. If you e.g. need to change the type, the way to do it is to delete the current and to generate a new one along with a similar configuration.

アイテム編集タブは、他のものより複雑です。なぜなら、そこからアイテムフォームを作成したり編集したりすることができるためです。フォームは、作成するアイテムの種類に依存して動的に変わります。編集では、種類以外の全てのフィールドを編集することができます。種類を変更する場合は、現在のを削除し、再び同じ設定で作成する必要があります。

The common fields for all kinds are:

全ての種類で共通のフィールドは次の通りです。

  • Type: pop up list with the kinds of items for the report, which by selecting the kind, authorizes and unauthorizes the necessary fields to configure this kind of item. The available kinds are: Agent detailed view, Alert report agent, Alert report module, Avg. Value, Custom graph, Event report agent, Event report module, Import text from URL, MTBF, MTTR, Max. Value, Min. Value, Monitor report, S.L.A., SQL query, Serialize data, Simple graph, Sumatory, TTO, TTRT y Text.
  • タイプ(type): レポートするアイテムの種類を選択します。アイテムを選択すると、それを設定するためのフィールドが現れます。選択できるアイテムは、エージェント詳細表示、エージェントアラートレポート、モジュールアラートレポート、平均値、カスタムグラフ、エージェントイベントレポート、モジュールイベントレポート、URLからのテキストインポート、MTBF、MTTR、最大値、最小値、モニタレポート、SLA、SQLクエリ、連続データ、単一グラフ、合計、TTO、TTRT、およびテキストです。
  • Description: Text box where you should describe the report item.
  • 説明(Description): レポートアイテムの説明を書くボックスです。

アイテムの種類

グラフアイテム
単一グラフ

Shows one module simple graph.

一つのモジュールの単一グラフを表示します。

Simple graph - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: Time interval over which the report will be calculated (from the current point in time).
  • Agent: Intelligent control to choose the agent for this item.
  • Module: Drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • Time comparison (overlapped): shows you overlapped above the module graph in that time frame, for example if the graph shows a 1 month span, the overlapped graph above is the previous month.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period): レポート生成時に、どの時点までさかのぼったデータを用いるかを設定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムを利用するエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 上記で選択したエージェントのモジュールをリストから選択します。
  • '時間比較(重ね合わせ)(Time comparison (overlapped)): 時間枠内でモジュールグラフの上に重ねて表示します。たとえば、グラフの表示期間が 1ヶ月の場合、前月のグラウを上に重ねます。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

Excample of this type of report:

このレポートの例:

Pre39.png



シンプルベースライングラフ

With this graph you can show future estimation values for the selected module. For example if you select a week period and today is Tuesday you will see real data from Monday and Tuesday and estimations for the other days.

このグラフでは、選択したモジュールの将来の予測値を表示することができます。例えば、一週間の期間を選択し今日が火曜であれば、月曜から火曜までの実際のデータと、その他の日は予測値が表示されます。

800px

The fields of this form are:

このフォームの値は次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: An intelligent control for selecting the appropriate agent for this item.
  • Module: A drop-down list which is dynamically loaded by the agent's modules selected in the control above.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

And in the report HTML version is generated an item of this kind. For example:

HTML 版のレポートでは、次のように表示されます。

800px


NOTE: This kind of graphic could overload Pandora FMS if you use a lot of data to make the future estimations.

注意: 予測を行うのに多くのデータを利用すると、Pandora FMS のグラフ描画が高負荷になります。

カスタムグラフ

Combined graph defined by the user. A field is added with a combo to select the graph that we want to add.

ユーザ定義の組み合わせグラフを表示します。追加したいグラフを選択するためのフィールドがあります。

Custom graph - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: time period that will take until back int the temporary point where the report will be generated.
  • Custom graph: deployable list with the graphs defined by the user. You can create these graphs from Administration, Manage reports en Graph builder.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period): レポート生成時に、どの時点までさかのぼったデータを用いるかを設定します。
  • カスタムグラフ(Custom graph): ユーザ定義のグラフ一覧から選択します。グラフは、システム管理メニューの レポート管理(Manage reports) -> グラフビルダ(Graph builder) にて作成します。

And in the HTML version of the report an item of this kind is generated. For example:

HTML のレポートでは、次のようにこのアイテムが表示されます。

Pre26.png

SQL グラフ

This type of report element allows custom graphs to be defined for use in reports. These graphs will be created using SQL code entered by the user. This SQL code should always return a variable called "label" for the text labels or name of the elements to be displayed and a field called "value" to store the numerical value to be represented. This is an example of SQL used to create graphs of this type:

このレポートタイプでは、レポートで利用する独自グラフを定義することができます。グラフは、SQL を使って作成されます。これでは、常に "label"' という値と "value" という値を返す必要があります。以下にグラフを作成する SQL の例を示します。

SELECT a.nombre as `label`, count(st.id_agente_modulo) as `value`
FROM tagente_estado st, tagente a
WHERE a.id_agente=st.id_agente AND (unix_timestamp(now()) - st.utimestamp) > st.current_interval * 2 group by 1;

In this example, we will display a graph in which we will show the number of modules in unknown status per agent. It's quite similar to an SQL query, but it doesn't use headers, and it just needs the SQL code:

この例では、エージェントごとの不明状態のモジュールの数を表示するグラフを生成します。 SQL クエリに似ていますが、ヘッダは利用せず、SQL コードのみが必要です。

ファイル:Sql graph pie.png



These are some examples of each of the three types of graphs that can be drawn with this tool: pie graphs, vertical bar graphs and horizontal bar graphs. In this example several UTF (western latin, Japanese and Arabic) character sets are used simply to show the multi-language capabilities of Pandora FMS.

以降では Pandora FMS で描画できる異なる 3種類のグラフ (円グラフ、縦の棒グラフ、横の棒グラフ) の例を示します。説明には、異なる UTF エンコーディング (ヨーロッパ言語、日本語、アラビア語) を使っており、Pandora FMS の多言語 UTF 対応 (PDF レポートも) を見ることができます。

Template warning.png

Due to security restrictions, there are some blocked words that cannot be used : *, DELETE, DROP, ALTER, MODIFY, password, pass, INSERT or UPDATE


Template warning.png

セキュリティ上の制約により、*, DELETE, DROP, ALTER, MODIFY, UNION, password, pass, INSERT, UPDATE といった、いくつかのコマンドは利用できません。


Info.png

This type of items must be handled with care, since they can overload Pandora FMS


Info.png

このアイテムは、Pandora FMS が高負荷にならないように注意深く利用する必要があります。


SQL 円グラフ

Example of pie graph for reports based on SQL query

SQL クエリを元にしたレポートの円グラフの例。

ファイル:Report piegraph.png



SQL 縦棒グラフ

Example of vertical bar graph for reports based on SQL query

SQL クエリを元にしたレポートの縦棒グラフの例。

800px



SQL 横棒グラフ

Example of horizontal bar graph for reports based on SQL query

SQL クエリを元にしたレポートの横棒グラフの例。

800px


可用性グラフ

The availability report shows in detail the reached status of a module in a given time interval.

可用性レポートは、所定の時間間隔におけるモジュールの状態を詳細に示します。

It will indicate all the relevant information about the time that this module has been available.

モジュールが利用可能であった時間に関するすべての関連情報を示します。

We will be able to choose the time range of which we want the report (for example, the last month) and the working time if for example we need to indicate that we are only interested in the state of our module in a certain schedule (for example, 8x5, from 8:00 to 16:00 from Monday to Friday).

たとえば、特定の時間(例えば、8x5、月曜日から金曜日までの 8:00 から 16:00 まで)のモジュールの状態にのみ関心がある場合は、レポートする時間間隔(たとえば、先月)や 稼働時間 といった時間範囲を選択できます。

It is also possible to determine a prioritization mode. When choosing the OK prioritization mode, if data in the SLA compliance range overlap in time and some other state (such as a planned stop), it will paint that stretch green. If the unknown prioritization mode option is chosen, the color corresponding to the other state will always be displayed.

また、優先順位付けモードを設定することもできます。優先順位付けモードを選択すると、SLA に準拠させる範囲内のデータが他のいくつかの状態(計画停止など)と時間的に重複した場合、緑で表示されます。優先順位付けをしないと、他の状態に対応する色が常に表示されます。

ファイル:Availability builder.png

After saving the report element data, we'll add the modules we want at the bottom:

レポート要素のデータを保存したら、下で必要なモジュールを追加します。

ファイル:Availability builder item.png

Note: you can use the SLA min. and max. (value) to indicate that the calculations are made in relation to the values reached by the module in that range. SLA limit % will indicate the acceptable minimum (within that range).

注意: 時間間隔内のモジュールの値に関連して、SLA の最小、最大値を計算に使用できます。SLA 制限 % は、その範囲内で許容可能な最小値を示します。

By default, if you do not specify a minimum or maximum for the value, the values of thresholds defined in the module (dynamic limits) will be used.

デフォルトでは、最小、最大値を設定しないと、モジュールの閾値が用いられます。

Displaying the report we will see the availability graph of the chosen module in the selected time range:

選択した時間間隔の選択したモジュールの可用性グラフの表示例:

ファイル:Availability graph.png

Failover mode

フェイルオーバーモード(Failover mode)

This utility, is used to assign failovers or backup modules to the main module on which the calculation of availability must be made, that is to say, if a module has one or several failover modules assigned, the calculation of availability for a determined period will be done considering these modules.

このユーティリティは、可用性の計算が必要なメインモジュールにフェールオーバーまたはバックアップモジュールを割り当てるために使用します。つまり、モジュールに1つまたは複数のフェールオーバーモジュールが割り当てられている場合、決められた期間の可用性の計算は これらのモジュールを考慮して行われます。

When the measured main module falls, if there are one or several operative backup modules, these will be taken into account for the SLA calculation. This way it shows only the real fall of the service where primary and backups do not work.

測定されたメインモジュールが落ちたときに、1つまたは複数の動作可能なバックアップモジュールがある場合、これらはSLA計算で考慮されます。 このようにして、プライマリおよびバックアップの両方が機能しない場合のみを表示します。


How to add failovers or backup modules:

フェイルオーバーまたはバックアップモジュールの追加方法:

We will do this in the edition of the module on which we want to make the calculation of availability, in the module relations section (‘Module relations’):

可用性を計算したいモジュールの編集画面の、モジュールの関係設定(‘モジュール関係(Module relations)’)画面で行います。

ファイル:Failover1.png

We select the module that will act as failover and then we select the type of relation that in this case is failover.

フェイルオーバー先として機能するモジュールを選択してから関係のタイプを選択します。この場合はフェイルオーバーです。

Once the modules are assigned in the report we activate the option 'failover mode':

モジュールの割り当てを行ったら、'フェイルオーバーモード' オプションを有効化します。

ファイル:Failover2.png

We'll have two types of visual representation:

2つの表示タイプがあります。

  • Normal: It will show the graph of the main module, as well as all its failover or backup modules and the graph result.
  • 通常(Normal): メインモジュールのグラフだけでなく、そのすべてのフェールオーバーモジュールまたはバックアップモジュールのグラフが表示されます。

ファイル:Failover3.png

  • Simple: It will only show a graph that will be the result of the availability calculation of these modules.
  • シンプル(Simple): モジュールの可用性計算の結果のグラフのみ表示されます。

ファイル:Failover4.png

In the simple type 'avalability graph' reports we add the possibility of adding a failover module directly in the report in simulation mode, this will work exactly the same as the previous ones.

シンプルタイプの '可用性グラフ' レポートでは、シミュレーションモードのレポートにフェールオーバーモジュールを直接追加することができます。これは前のレポートとまったく同じように機能します。

Template warning.png

This is not applicable in the wizard or in the template reports.


Template warning.png

これは、ウィザードまたはテンプレートレポートには適用されません。


ファイル:Failover5.png

モジュールヒストグラム

It will show a graph with the status histogram of the chosen module.

選択したモジュールの状態ヒストグラムを表示します。

Example of module definition:

モジュール定義の例:

ファイル:Histogram build.png

Visualization example:

表示例:

ファイル:Histogram sample.png

ITIL アイテム
TTRT

It is the total time in inoperative state (the sum of time that the monitor has not been OK).

モニタ状態が正常ではない時間の合計を表示します。

TTRT - item editor tab - reporting builder.png


The fields of this form are:

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: the period of time that it will take backwards in the temporal point in which the report is generated.
  • Agent: agent from which we are going to choose the module.
  • Module: drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

Visualization example:

表示例:

ファイル:Ttrt res.png


TTO

It is the sum of all the times in which the monitor has been in OK.

モニタ状態が正常の合計時間を表示します。

TTO - item editor tab - reporting builder.png



The fields of this form are:

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: the period of time that it will take backwards in the temporal point in which the report is generated.
  • Agent: agent from which we are going to choose the module.
  • Module: drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

Visualization example

表示例

ファイル:Tto sample.png

MTBF

Average time between failures

障害の平均時間を表示します。

  • It is calculated: MTBF= TTO / #F
  • Where:
TTO=Total operating time in the period.
#F= total number of faults.
  • Provides the average normal operating time between faults.
  • RELIABILITY indicator.
  • MTBF = TTO / #F という式で計算されます。
  • ここで、
TTO=指定間隔でのトータル稼働時間
#F= トータルの障害回数
  • 異常状態の間の平均正常時間が求められます。
  • 信頼性の指標です。

MTBF - item editor tab - reporting builder.png



The fields of this form are:

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: the period of time that it will take backwards in the temporal point in which the report is generated.
  • Agent: agent from which we are going to choose the module.
  • Module: drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.


Visualization example

表示例

ファイル:Mtbf res.png

MTTR

It is the average time to restore the function of a piece of equipment, machinery, line or process after a functional failure.

障害発生後に、機器、機械、ライン、またはプロセスの機能を回復するのにかかる平均時間です。

  • It includes time to analyze and diagnose the error, time to get the spare part, planning time, etc.
  • It is a measurement of the maintainability of an equipment.
  • It is the interval of time obtained dividing the total time of the repairs by the total number of failures in a system.
  • 計算には、異常状態としてメンテナンス等の計画停止時間も含みます。
  • システムパフォーマンスの指標です。
  • システムにおける正常状態の時間を異常状態数で割ることによって、時間間隔を計算します。

MTTR - item editor tab - reporting builder.png



The fields of this form are:

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: the period of time that it will take backwards in the temporal point in which the report is generated.
  • Agent: agent from which we are going to choose the module.
  • Module: drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.


Visualization example

表示例

ファイル:Mttr res.png

SLAアイテム

All SLA reports show information about the fulfillment of a metric, that is, they indicate us the percentage of time that the module has had a known valid value.

すべてのSLAレポートには、メトリックの実行に関する情報が表示されます。つまり、モジュールが正常な値を持つ時間の割合を示します。

All SLAs understand as valid the unknown periods, since Pandora cannot guarantee the module status if it does not have module data. Also all periods in planned stop are considered valid (since being in a planned stop situation we assume that the module situation is controlled and accepted) and periods in warning status (the service is still provided in a non-optimal state).

モジュールのデータがない場合、Pandora はモジュールの状態を保証できないため、すべての SLA は 不明 期間を正常とみなします。また、(モジュールの状態は意図的に制御されているため)計画停止 期間と、(サービスが正常稼働しているため)警告状態の期間も正常とみなします。

As will be seen later, some of the SLA reports present data grouped by time periods and the general status of these periods is calculated. When dealing with long periods, the module of which the report is being made may have gone through many states: go to unknown, go through a planned stop ... In these reports, there is a configuration parameter called prioritization mode that determines which states have preference when summarizing. You have two options:

以降に示すように、SLA レポートのいくつかは、期間ごとにグループ化されたデータを示し、この期間の一般的な状態が計算されます。長期間を扱う場合、レポートが作成されているモジュールは、多くの状態を経た可能性があります: 不明、計画停止ななど... これらのレポートには、優先順位付けモードという設定パラメータがあり、集計時にどの状態を優先するかを設定できます。以下の 2つの選択肢があります:

  • OK prioritization mode: The SLA compliance value prevails over the report non-run time, planned shutdowns, unknown time, and not started time.
  • 正常優先順位付けモード(OK prioritization mode): SLA 準拠の値は、レポートの非実行時間、計画停止、不明時間、起動していない時間に優先します。
  • Unknown prioritization mode: Any value other than OK will prevail. In this way, you will see the non-operation times of the report, planned stops, unknown time and not started even if there is some data that makes the SLA comply.
  • 不明優先順位付けモード(Unknown prioritization mode): 正常以外の値が優先されます。 この場合、SLA 標準のデータがあったとしても、レポートの非稼働時間、計画停止、不明時間、起動していない時間が表示されます。

Of course, if at any time the SLA compliance value is not reached, it will be painted red in any of the modes.

もちろん、SLA 準拠値に達していない場合はいつでも、いずれのモードでも赤色になります。

SLA

It allows you to measure the SLA (Service Level Agreement) of any monitor of Pandora FMS.

Pandora FMS によるモニタ項目のサービスレベルを計測します。

S.L.A. - item editor tab - reporting builder.png

The fields pertaining to this particular form are the following:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Working time: The time frame during which the S.L.A. will be functioning. The graph will be shown as is, but will only be calculated with the data within said working time frame. The S.L.A will appear as unknown (N/A) if the interval to be shown is excluded from the work interval.
  • Agent: A combo box intended to select the agent to use in the SLA.
  • Module: A combo box intended to select the module to use in the SLA.
  • SLA min (value): A field intended to determine the SLA's minimum value. The minimum values are going to trigger the SLA.
  • SLA max (value): A field intended to determine the SLA's maximum value. The maximum values are also going to trigger the SLA.
  • SLA Limit (%): A field intended to set the time percentage which is going to trigger the SLA. If the module has been within the minimum and maximum limit values during this particular time percentage, the SLA will be shown as right and as wrong if not.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period): レポート生成時に、どの時点までさかのぼったデータを用いるかを設定します。
  • 稼働時間(Working time): SLA の範囲として扱う時間間隔です。グラフはそのまま表示されますが、稼働時間内のデータのみが計算されます。間隔が稼働時間から外れている場合は、SLA は不明(N/A)として表示されます。
  • エージェント(Agent): SLA で利用するエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): SLA で利用するモジュールを選択します。
  • SLA 最小値(値) (SLA min (value)): SLA の最小値を設定します。モジュールの値がこれより小さくなると SLA で異常判断されます。
  • SLA 最大値(値) (SLA max (value)): SLA の最大値を設定します。モジュールの値がこれより大きくなると SLA で異常判断されます。
  • SLA 制限(%) (SLA Limit(%)): SLA で異常判断するパーセントを設定します。最大値と最小値の範囲あてはまらない割合が、ここで指定した割合未満となった場合は異状表示され、ここで指定した割合以上の場合は正常表示されます。

It's also possible to add new modules to the SLA to create combined module-SLAs from the same or different systems.

同じもしくは異なるシステムから、複数のモジュールを SLA に追加することができます。

Template warning.png

In the case of the combined SLAs, the SLA performance will depends on the performance of all the SLAs that have been configured.


Template warning.png

複数の SLA を組み合わせた場合、SLA 表示は設定された全ての SLA に依存します。


We can set planned downtimes (future or past) to be taken into consideration when the calculation of the SLA report, misestimating any falls that occur in this interval. It will OK value in all intervals affected by the planned shutdown, as if in this interval there were no critical situations.

SLA レポートを計算するときに、期間中に発生する計画停止の時間(これからのものと過去のもの)を考慮することができます。対象期間中に障害状態がなければ、計画停止期間を含めてすべて正常と破断します。

ファイル:SLA 2.png

In this example we can see it better, In the first image we can see a module data history with two interval in critical status. Without scheduled downtime the SLA value is 93%.

この例を見るとより分かりやすいです。最初の画像では、モジュールが 2回障害状態になっていることがわかります。計画停止設定がなければ SLA の値は 93% です。

600px

If we add a scheduled downtime covering the first drop, because it was caused by external problems, the final estimation will be calculated as in all scheduled downtime interval the value is OK

外部の問題であったために一つ目の障害時間に計画停止を設定すると、それを考慮して計算され、その値は正常になります。

ファイル:SLA consch.png

月次 SLA

This feature is only available to Enterprise Versions of Pandora FMS. It's a variation of the SLA feature. Instead of measuring the service level periodically, it's going to conduct it on every day of the months contained in this period.

この機能は、Pandora FMS Enterpirse 版にのみあります。これは、違うかたちの SLA です。期間に応じてサービスレベルを計測する代わりに、期間内の月で毎日実施します。

Examples:

  • In a report of the May 5, it's going to calculate the SLA of every day in May.
  • In a report between February 13 and April 4, it's going to calculate the SLA of every day in February, March and April.

例:

  • 5月5日のレポートでは、5月における毎日の SLA を計算します。
  • 2月13日と4月4日の間のレポートでは、2月、3月、4月における毎日の SLA を計算します。

Each module on each month is going to contain the same data of a standard SLA, except that its compliance won't be the month's level. It will be the percentage of days that accomplish it. There is also a bar that's going to display all days of the month by the following color code:

それぞれの月のそれぞれのモジュールは、月次レベルでないことを除き通常の SLA と同じデータを含みます。達成日数の割合になります。また、次の色で月のすべての日を棒グラフで表示します。

  • Green: The SLA was accomplished.
  • Red: The SLA wasn't accomplished.
  • Gray: Unknown. There is insufficient data on this day.
  • 緑: SLA が満たされた。
  • 赤: SLA が満たされなかった。
  • グレー: 不明。その日に十分なデータがない。


Info.png

Days in unknown will be taken into account as valid data for the percentage of days that meet the SLA


Info.png

未知の日数は、SLAを満たす日数に対する有効なデータとして考慮されます。


If there are days which don't accomplish the SLA they will be put in a summary table.

SLA を満たさない日があった場合、サマリ表が表示されます。

600px

On the picture above, we observe a monthly SLA for two modules. The first one passes 100% of the days with data, and the second one doesn't in 3 out of 22 days. That gives us an accomplishment of 86.36%. For day 23 there is no data, because it's the current date. These days are not going to affect the calculations.

上記の画面では、2つのモジュールに月次 SLA が設定されています。一つ目はすべての日で 100% をクリアしていますが、2つ目は 22日中 3日がクリアしていません。達成率 86.36% となります。当日のため 23日はデータがありません。この日は計算には含まれません。


Info.png

The periods in which a planned downtime affects the measured element aren't taken into account. If this happen, the planned downtimes will appear in a special table.


Info.png

計算において計画停止期間は考慮されません。この場合、計画停止期間は特別な表で表示されます。


週次 SLA

Displays the SLA of the modules chosen by weeks along the selected period (by default current month).

選択した期間(デフォルトでは当月)における週単位のモジュールの SLA を表示します。

ファイル:Sla weekly.png


Allows us to edit the working time in case we have a custom service schedule (e.g. 8x5)

カスタムサービススケジュールがある場合は、稼働時間を編集することができます。(例: 8x5)

At the bottom we can add multiple modules to this item.

一番下で、このアイテムに複数のモジュールを追加することができます。

Example of visualization:

表示例:

ファイル:Sla weekly sample.png

時間ごとの SLA

Displays the SLA of the modules chosen by hours along the selected period (by default current month).

選択した期間(デフォルトでは当月)における、時間ごとのモジュールの SLA を表示します。

ファイル:Sla hourly.png


Allows us to edit the working time in case we have a custom service schedule (e.g. 8x5)

カスタムサービススケジュールがある場合は、稼働時間を編集することができます。(例: 8x5)

At the bottom we can add multiple modules to this item.

一番下で、このアイテムに複数のモジュールを追加できます。

Example of visualization:

表示例:

ファイル:Sla hourly sample.png

サービス S.L.A.

It allows you to measure the SLA (Service Level Agreement) of any service created in Pandora FMS

Pandora FMS で作成したサービスの SLA を計測することができます。

600px

The fields pertaining to this particular form are the following:

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Working Time: Time to be taken into account for the SLA calculation.

この特定のフォームに関連するフィールドは次のとおりです。

  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 期間(Period): レポート生成対象期間。
  • 稼働時間(Working Time): SLA の計算に利用される時間。

This form is different from the calculation of normal SLA. In this case only we will allow us to choose the service they want to show in which there created. The SLA limit will be extracted directly from the service configuration.

このフォームは、通常の SLA の計算フォームとは異なります。この場合、表示したいサービスを選択するだけです。SLA 制限は、サービス設定から直接展開されます。

600px

We can set planned downtimes (future or past) to be taken into consideration when the calculation of the SLA report, misestimating any falls that occur in this interval. These scheduled downtimes may be assigned to the modules it depends on the service selected, or inferior services. In all intervals in which there is configured planned downtimes, states has been within that service will not be taken into account that period for the calculation of the SLA is ignored.

SLA レポートを計算するときに、期間中に発生する計画停止の時間(これからのものと過去のもの)を考慮することができます。これらの計画停止は、選択したサービスまたは下位のサービスに依存するモジュールに割り当てることができます。計画停止が設定されているすべての期間で、そのサービス内の状態は、SLAの計算期間から除外されます。

In this example, we can see a schema of final En este ejemplo podemos observar an outline of the final calculation of the service depending on the planned stops (white) and the critical states (red) of the modules of which depends on the state of the final service for SLA calculation. Looking at the image when any of the modules have a downtime directly affects the final service and this interval is omitted for final calculation.

この例では、モジュールの計画停止(白)と障害状態(赤)に応じてサービスの計算結果がどうなるかを見ることができます。 いずれかのモジュールに計画停止が設定されている部分のイメージを参照してください。この部分が最終的な計算に影響します。

600px

予測アイテム
予測日時

This type of item return a date in the future where a module reach an interval. It uses least squares method like the Projection graph [1].

このアイテムは、将来モジュールデータが指定した範囲になる日時を予測します。予想グラフのように最小二乗法 [2] を利用しています。

800px

In order to configure this item you hace to fill this information:

この設定を行うには、以下の情報を入力します。

800px

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The relevant time frame for estimation creation.
  • Data Range: The interval the module requires to return the associated date.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • データ範囲(Data Range): 予測日時を返すモジュールデータの範囲
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

For example, for the module disk_temp_free and choosing 2 months and searching for the date where the module reach the interval [5-0] the result will be 04 Dec 2011 18:36:23. This is a graphic vision of the explanation:

以下の例では、disk_temp_free というモジュールで、二か月間を選択しデータ範囲を [5-0] として、04 Dec 2011 18:36:23 が出力されています。これはグラフ表示バージョンです。

800px

予想グラフ

This kind of item will project in the future an estimation of the module data. This estimation is based on linear regression [3] and is implemented following the least squares method [4].

このアイテムは、モジュールデータの将来を予想します。予想は線形回帰 [5] および、最小二乗法 [6] を用いています。

800px

In order to configure this item you have to fill this information:

これの設定を行うには、次の情報を入力します。

800px

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The relevant time frame for the estimation.
  • Projection Period: The relevant time frame in the future for which the module data is going to be used to create the projection.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • 予想間隔(Projection period): モジュールデータを予想する将来の時間間隔
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

800px

モジュールアイテム
平均値

Average value for a module in the defined period. This period is calculated in the moment of visualizing the report. In the configuration menu are added the fields Source Agent, where the Agent is selected, and Module and, after, the module from which the average value is shown.

定義した間隔でのモジュールの平均値を表示します。レポートを表示する時点で計算されます。設定画面で選択したエージェントのモジュールの平均値が表示されます。

Avg value - item editor tab - reporting builder.png

The fields for this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: The intelligent control to select the appropriate agent for this item.
  • Module: A list which is dynamically loaded by the agent's modules selected in the control above.
  • Calculate for custom intervals: Habilita la posibilidad de mostrar el informe en múltiples sub intervalos.
  • Time lapse intervals: Duración de cada sub intervalo.
  • Table | graph | both: Mostrar los datos de cada valor de cada sub intervalo en una tabla o una gráfica o ambos elementos.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • カスタム間隔での計算(Calculate for custom intervals): レポートを複数の小間隔で表示するようにします。
  • 時間経過間隔(Time lapse intervals): サブ間隔。
  • 表 | グラフ | 両方 (Table | graph | both): 各サブ間隔内の各値のデータを表またはグラフ、あるいはその両方の要素に表示する。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

And in the HTML version of the report, an item of this kind is generated. For example:

HTML のレポートでは、次のようにこのアイテムが表示されます。

Pre24.png

最大値

Maximum value of a module in the defined period. This period is calculated at the moment of visualizing the report.

定義した時間間隔における、モジュールの最大値です。レポートを作成するタイミングで範囲が計算されます。

Max. Value - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: An intelligent control for selecting the appropriate agent for this item.
  • Module: A deployable list which is dynamically loaded by the agent's modules selected in the control above.
  • Calculate for custom intervals: Habilita la posibilidad de mostrar el informe en múltiples sub intervalos.
  • Time lapse intervals: Duración de cada sub intervalo.
  • Table | graph | both: Mostrar los datos de cada valor de cada sub intervalo en una tabla o una gráfica o ambos elementos.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • カスタム間隔での計算(Calculate for custom intervals): レポートを複数の小間隔で表示するようにします。
  • 時間経過間隔(Time lapse intervals): サブ間隔。
  • 表 | グラフ | 両方 (Table | graph | both): 各サブ間隔内の各値のデータを表またはグラフ、あるいはその両方の要素に表示する。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

And in the HTML version of the report is generated an item of this kind. For example:

HTML のレポートでは、次のようにこのアイテムが表示されます。

Pre29.png

最小値

Minimum value of a module in the defined period. This period is calculated in the moment of visualizing the report.

定義した時間間隔における、モジュールの最小値です。レポートを作成するタイミングで範囲が計算されます。

Min. Value - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: An intelligent control for selecting the appropriate agent for this item.
  • Module: A deployable list which is dynamically loaded by the agent's modules selected in the control above.
  • Calculate for custom intervals: Habilita la posibilidad de mostrar el informe en múltiples sub intervalos.
  • Time lapse intervals: Duración de cada sub intervalo.
  • Table | graph | both: Mostrar los datos de cada valor de cada sub intervalo en una tabla o una gráfica o ambos elementos.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • カスタム間隔での計算(Calculate for custom intervals): レポートを複数の小間隔で表示するようにします。
  • 時間経過間隔(Time lapse intervals): サブ間隔。
  • 表 | グラフ | 両方 (Table | graph | both): 各サブ間隔内の各値のデータを表またはグラフ、あるいはその両方の要素に表示する。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

And in the HTML version of the report, an item of this kind is generated. For example:

HTML のレポートでは、次のようにこのアイテムが表示されます。

Pre30.png

モニタレポート

It shows the time percentage that a module has been wrong and/or right in the defined period.

定義した時間間隔における、モジュールの異常/正常をパーセントで表示します。

Monitor report - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: An intelligent control for selecting the appropriate agent for this item.
  • Module: A deployable list which is dynamically loaded by the agent's modules selected in the control above.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

And in the report HTML version is generated an item of this kind. For example:

HTML のレポートでは、次のようにこのアイテムが表示されます。

Pre32.png

連続データ

Shows an item in the table format report from the data stored in the table tagente_datos_stringin the Pandora FMS database. For it, the agent should serialize the data separating them with a line separating character and other that separates fields. All lines should contain all fields.This kind of item, for example, is used for the agent that extract the management data of the SAP platform (http://en.wikipedia.org/wiki/SAP_AG).

Pandora FMS データベースの tagente_datos_string テーブルに保存されているデータを表で表示します。そのために、エージェントは、行分割文字やその他のフィールド分割を使って、分割したデータを並べます。全ての行は全てのフィールドを含みます。たとえば、このアイテムは、SAP プラットホーム (http://en.wikipedia.org/wiki/SAP_AG) でのデータ管理に利用します。

Serialize data - item editor tab - reporting builder.png

The fields for this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: An intelligent control for selecting the appropriate agent for this item.
  • Module: A drop-down list which is dynamically loaded by the agent's modules selected in the control above.
  • Serialized Header: A text field intended to define the table headers which are going to be shown in the report, separated by the '|' (pipe) character. Each column is going to be shown as a result within the SQL query.
  • Field Separator: A separator intended for different fields within the serialized text chain.
  • Line Separator: A separator intended for different lines (composed by fields) of the serialized text chain.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ヘッダの並び(Serialized header): テキストフィールドで、レポートに表示されるヘッダを | 区切りで設定します。それぞれのカラムは分割されたフィールドが表示されます。
  • フィールドセパレータ(Field separator): 連続したテキストを異なるフィールドに分割するためのセパレータを指定します。
  • 行セパレータ(Line separator): 連続したテキストを異なる行に分割するためのセパレータを指定します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
合計

Shows the sumatory of one module values in an specific period.

指定した期間での一つのモジュールの値の合計を表示します。

Sumatory - item editor tab - reporting builder.png

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: An intelligent control for selecting the appropriate agent for this item.
  • Module: A drop-down list which is dynamically loaded by the agent's modules selected in the control above.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

And in the report HTML version is generated an item of this kind. For example:

HTML のレポートでは、次のようにこのアイテムが表示されます。

Pre40.png

履歴データ

This type of element will serve to receive a dump of the stored data of the module that we indicate in the configuration of the report.

この要素は、レポートの設定で表示するモジュールの保存データのダンプを提供します。

We will configure the following fields:

次のフィールドを設定します。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: Interval of time on which the report will be calculated (from the current moment).
  • Agent: the intelligent control to choose the agent for this item.
  • Module: drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

ファイル:Historical.png

Example of report display:

レポート表示例:

ファイル:Historical sample.png

増分

We will use this type of report element to show a brief analysis in which we will indicate the variation in value of the indicated module.

このタイプのレポート要素を使うと、指定したモジュールの値の変動を示す簡単な分析を表示できます。

We will configure the following fields:

次のフィールドを設定します。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: Interval of time on which the report will be calculated (from the current moment).
  • Agent: the intelligent control to choose the agent for this item.
  • Module: drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 期間(Period): レポートが計算される時間間隔です。(現時点からの時間)
  • エージェント(Agent): このアイテム用のエージェントの選択です。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントに応じてモジュールを選択するためのドロップダウンリストです。

ファイル:Increment.png

Example of report display:

レポート表示例:

ファイル:Increment sample.png

グループアイテム
一般

Shows values from different modules sorted (ascendingly, descendingly or by agent name) or/and grouped by agent.

複数モジュールの値を順番(昇順、降順、エージェント名順)に、またはグループごとに表示します。

We will configure the following fields:

次のフィールドを設定します。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Time lapse: Interval of time on which the report will be calculated (from the current moment).
  • Last value: Show only the last reading of the chosen modules.
  • Agent: the intelligent control to choose the agent for this item.
  • Module: drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • Group by agent: Group report metrics by agent.
  • Order: Order in which the metrics will show.
  • Show summary: Display a final summary with the average, maximum and minimum values.
  • Show in the same row: Show all operations (max,min, avg or sum) in the same row.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 時間経過(Time lapse): レポートを計算する時間間隔(現時点から遡る時間)です
  • 最新の値(Last value): 選択したモジュールの最新の値のみを表示します
  • エージェント(Agent): このアイテムで利用するエージェントを選択します
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールを選択するためのリストです
  • グループ別エージェント(Group by agent): エージェントによるレポートメトリックのグループ化
  • 順番(Order): メトリックを表示する順番
  • サマリ表示(Show summary): 平均値、最大値、最小値の要約を表示します
  • 同一行に表示(Show in the same row): すべての結果(最大、最小、平均、合計)を同じ行に表示します

ファイル:Grouped general.png

Example of report display:

レポート表示例:

ファイル:Grouped general sample.png

グループレポート

Shows a table with the next information of a given group:

指定したグループの次の情報を表で表示します。

  • Agents
  • エージェント
    • Total number
    • 合計数
    • Number of unknown status agents
    • 不明状態のエージェント数
  • Modules
  • モジュール
    • Total number
    • 合計数
    • Number of normal status modules
    • 正常状態のモジュール数
    • Number of critical status modules
    • 障害状態のモジュール数
    • Number of warning status modules
    • 警告状態のモジュール数
    • Number of unknown status modules
    • 不明状態のモジュール数
    • Number of not init status modules
    • 未初期化状態のモジュール数
  • Alerts
  • アラート
    • Number of defined alerts
    • 定義済アラート数
    • Number of fired alerts
    • 発生中アラート数
  • Events
  • イベント
    • Number of events of this group in the last 8 hours
    • 直近8時間の指定グループのイベント数

800px

The fields of the form are:

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Group: combo to select the group.
  • Recurse: Analyze recursively the child groups of the choosen group.

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • グループ(Group): グループを選択します。
  • 子グループを含む(Recurse): 選択したグループの子グループまで再帰的に対象とします。

And in the HTML version of the report is generated an item of this kind. For example:

HTML 版のレポートでは、次のように表示されます。

800px

例外

It shows values of several modules that comply with logical operations (greater or equal, smaller, OK or Not OK).

指定した期間で論理式にマッチする値(大きい、小さい、正常、異常)となっている複数のモジュールの値を表示します。

750px

We can configure the following fields:

次のフィールドを設定できます。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Time lapse: Interval of time on which the report will be calculated (from the current moment).
  • Last value: Show only the last reading of the chosen modules.
  • Order: Order in which the metrics will show.
  • Value: value that will be considered with the chosen condition.
  • Condition: Condition under which to filter the report data, everything ignores the filtering.
  • Show summary: Display a final summary with the average, maximum and minimum values.
  • Show in the same row: Show all operations (max, min, avg or sum) in the same row.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 時間経過(Time lapse): レポートを計算する(現在から遡る)時間の間隔です。
  • 最新の値(Last value): 選択したモジュールの最新の値のみ表示します。
  • 順番(Order): メトリックを表示する順番です。
  • 値(Value): 選択した条件における値です。
  • 条件(Condition): レポートをフィルタする条件です。everything はフィルタを無視します。
  • 概要表示(Show summary): 平均、最大、最小値をサマリで表示します。
  • 一行に表示(Show in the same row): 同じ行にすべての値(最大、最小、平均、合計)を表示します。

In the lower part we will be able to add as many modules as we need once the report element is saved:

レポートの要素を保存すると、下の部分で必要な数だけモジュールを追加できます。

  • Agent: the intelligent control to choose the agent for this item.
  • Module: drop-down list that is dynamically loaded with the modules of the agent selected in the previous control.
  • エージェント(Agent): このアイテムに使うエージェントの選択です。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュール一覧のドロップダウンです。

Example of report display:

レポート表示例:

750px

エージェント/モジュール

Shows a matrix of agents and modules of a module group and also shows modules states.

モジュールグループにおけるエージェントとモジュールの表を表示します。また、モジュールの状態を表示します。

800px

SQL クエリ

This item shows the report data from the Pandora database in tables. It's a customized data report with data extracted directly from the DB.

このアイテムは、Pandora データベースの値を表示します。データベースのデータを直接カスタマイズ表示します。

There are two ways of describing the SQL query:

SQL クエリを設定するには 2つの方法があります。

  • One handed written in the text box:
  • 一つめは、テキストボックスに書く方法です。

SQL query custom SQL template - item editor tab - reporting builder.png

  • The other selected through the Custom SQL template dropdown, that only through the Enterprise version could be edited in an easy way:
  • もう一つは、カスタム SQL テンプレートを選択する方法です。これは、エンタープライズ版でのみ可能です。

SQL query custom SQL sql editor - item editor tab - reporting builder.png

The fields for this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Query SQL: A text box intended to insert the SQL query to extract the data from the Pandora FMS Database.
  • Serialized Header: A text field intended to define the table headers which are going to be shown in the report, separated by the '|' (pipe) character. Each column is going to be shown as a result within the SQL query.
  • Custom SQL Template: A drop-down list which contains the SQL templates of stored queries for its management. These could be managed by clicking on 'Administration' -> 'Custom SQL' and 'Manage Reports'.
  • Query Database History: Check this box to have the edited SQL query also retrieve data from the database history
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • SQLクエリ(Query SQL): Pandora データベースのデータを参照するための SQL クエリを書きます。
  • ヘッダの並び(Serialized header): テキストフィールドで、レポートに表示されるヘッダを | 区切りで設定します。それぞれのカラムは SQL クエリの結果が表示されます。
  • カスタム SQL テンプレート(Custom SQL template): あらかじめ設定されている SQL テンプレートのドロップダウンリストです。これらは、レポート管理のカスタム SQL で設定できます。
  • ヒストリデータベースクエリ(Query Database History): このチェックボックスをオンにすると、SQLクエリをヒストリデータベースに対して実行します。

Template warning.png

Due to certain security restrictions, you're not allowed to use the following words and tokens: '*', 'delete', 'drop', 'alter', 'modify', 'password', 'pass', 'insert' and 'update'.


Template warning.png

セキュリティ上の制約により、次のコマンドやトークンは利用できません: '*', 'delete', 'drop', 'alter', 'modify', 'password', 'pass', 'insert', 'update'


トップ n

It displays N values discriminated by maximum, minimum or the average of the selected modules, ordered ascending, descending or by the agent's name.

選択したモジュール全体で最大値、最小値、もしくは平均値に達している N 個の値を、昇順、降順またはエージェント名順に表示します。

815px

ファイル:Report topn sample.png

ネットワークインタフェース

This type of report element will generate the interface graphs of all those devices that belong to the selected group.

このタイプのレポート要素は、選択したグループに属する全デバイスのインタフェースグラフを生成します。

ファイル:Report net interfaces.png


We can indicate:

以下を表示できます。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Time lapse: Backward time range over which the report will be made (e.g. one month from the chosen date).
  • Group: Group where agents with interface traffic modules will be searched.
  • Full resolution graph (TIP): Use the TIP real data painting system instead of the standard motor.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 時間経過(Time lapse): レポート作成対象の遡る時間間隔です。(例: 選択した日時から 1ヵ月)
  • グループ(Group): インタフェーストラフィックモジュールが検索されたエージェントのグループです。
  • 詳細グラフ(Full resolution graph (TIP)): 通常の監視の代わりに、詳細データ表示を用います。

Note: An agent shall be considered to have interface traffic data when it has modules with the following format:

注意: エージェントが次の書式のモジュールを持っている場合、インタフェースのトラフィックであるとみなされます。

  • Name of interface_ifInOctects
  • Name of interface_ifOutOctects
  • Name of interface_ifOperStatus
  • 名前が interface_ifInOctects
  • 名前が interface_ifOutOctects
  • 名前が interface_ifOperStatus

Note: Input/output octet counters can also be collected from HC counters (hcOctets).

注意: Input/output octet は、HC(hcOctets) カウンターにも対応しています。

Example of report display:

レポート表示例:

ファイル:Report net interfaces sample.png

Availability

Se ha mejorado enormemente la funcionalidad de este tipo de informe, logrando que los datos representados en él ya no sean aproximaciones, sino reflejo exacto de la situación de los módulos a lo largo del período seleccionado.

Este ítem muestra un tabla con los datos de disponibilidad de una lista de agentes y módulos seleccionada.

También ofrece la posibilidad de mostrar un resumen en el que mostrarán aquellos módulos con mayor y menor disponibilidad, así como un análisis del promedio.

ファイル:Report availability.png


Puede personalizar los siguientes campos:

Los campos de este formulario son:

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: Intervalo de tiempo sobre el que se calculará el informe (desde el momento actual).
  • Working time: el periodo de tiempo en el que el módulo debería haber estado funcionando. La gráfica se mostrará completa, pero solo se calculará con los datos dentro del tiempo de trabajo. La disponibilidad será desconocida (N/A) si el intervalo a mostrar está fuera del intervalo de trabajo.
  • Show address instead of module name.Show the agent's main address.: Mostrará la IP principal del agente en vez del nombre.
  • Show summary: Mostrar un resumen final.
  • Orden: Ordenar los items disponibilidad según el criterio elegido.
  • Hide not init agents: Ocultar de la vista aquellos agentes no iniciados.


Una vez hemos seleccionado estas opciones, agregaremos cada uno de los módulos objetivos sobre los que queramos calcular SLA:

ファイル:Report availability add module.png

  • Agent: Combo donde puede indicar el agente sobre el que aplicar el informe.
  • Module: En un combo se elige el módulo del agente previamente fijado sobre el que calculará el SLA.


Ejemplo de visualización de informe:

ファイル:Report availability sample.png


Muestra la siguiente información:

  • Agente: agente.
  • Module / Dirección IP: al configurar el item puedes elegir que muestre la dirección ip primaria del agente en vez módulo, muy útil para informes que pongan una lista agentes e ips en vez de por agentes y módulos ping.
  • Total time: Tiempo total a analizar.
  • Time failed: Tiempo en estado crítico.
  • Time OK: Tiempo en estado OK o advertencia.
  • Time Unknown: Tiempo en estado desconocido.
  • Time Not init: Tiempo no iniciado.
  • Time downtime: Tiempo en parada planificada.
  • %OK: Porcentaje de tiempo en estado correcto.
  • Total checks: número de chequeos totales realizados durante el lapso de tiempo configurado para el informe.
  • Checks failed: número de chequeos que han fallado (críticos).
  • Checks OK: número de chequeos correctos.
  • Checks Unknown: Aproximación basada en eventos y la lógica de Pandora FMS que permite indicar el número de chequeos que deberían haberse realizado, pero de los que no consta una respuesta.
HTML およびテキストアイテム
テキスト

This item shows in the reports a formatted text, to, for example, add more information of the company to the report.

レポートにテキストを表示します。例えば、会社の情報など。

Text report module - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Text: text box that allows to format the text, and also adding links and images from a remote server.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • テキスト(Text): 表示する文字を入力します。他のサーバへのリンクや画像を追加することもできます。

Example of shootscreen of the window to add the link:

リンクを追加する画面のスクリーンショット例:

Edit link - report builder.png

Example of shootscreen of the window to add image:

画像を追加する画面のスクリーンショット例:

Edit image - report builder.png

URL からのテキストの入力

This item shows the text extracted from an external server to which the Pandora Console will have access to. You should consider that in the HTML report format it will show it like that, but in the PDF version of the report, it will only show the text in plain format.

Pandora コンソールからアクセス可能な外部サーバから取得したテキストを表示します。HTML のレポートでは、HTML 形式で表示しますが、PDF のレポートではプレーンテキストでのみ表示します。

Import text from URL - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • URL: field text where you should introduce the external server address to extract the text.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • URL: テキストを取得する外部サーバのアドレスを設定します。
アラートアイテム
エージェントのアラートレポート

Shows a list with the alerts fired by the agents of the report group in the defined period.

指定した期間のレポートグループにおけるエージェントで発生したアラートの一覧を表示します。

Alert report agent - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

フォームのフィールドは以下の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: An intelligent control for selecting the appropriate agent for this item.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

And in the HTML version of the report an item of this kind is generated. For example:

HTML のレポートでは、次のようにこのアイテムが表示されます。

Pre23.png

モジュールのアラートレポート

Shows a list with the alerts fired by the module in the report in the defined period.

定義された間隔での、モジュールで発生したアラートの一覧をレポートに表示します。

Alert report module - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: The intelligent control to select the appropriate agent for this item.
  • Module: A list which is dynamically loaded by the agent's modules selected in the control above.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
アラートレポートグループ

Shows a list with the alerts launched in any element of the group defined in the report in the defined period.

指定された期間内のレポートで定義されたグループの任意の要素で発報されたアラートを含む一覧を表示します。

ファイル:ReportGroupAlert.png



We will configure the following fields:

次のフィールドを設定します。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Time lapse: the backward time range over which the report will be drawn up (e.g. one month from the chosen date).
  • Group: Group on which the alert triggering information will be analysed.
  • Recursion: Analyze the child groups of the recursively defined group.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 時間経過(Time lapse): レポートを表示するために遡る期間。(例: 選択した日時から 1ヵ月)
  • グループ(Group): アラートトリガ情報が分析されるグループ。
  • 再帰(Recursion): 定義されたグループの子グループを再帰的に分析します。

ファイル:ReportGroupAlertExample.png

イベントアイテム
エージェントのイベントレポート

Shows a list with the events that occurred in the report group agents in the defined period.

定義した間隔でのレポートグループのエージェントで発生したイベントの一覧を表示します。

Event report agent - item editor tab - reporting builder.png

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: The intelligent control to select the appropriate agent for this item.
  • Severity, event type, event status: Selecct the types of events to see.
  • Event graphs: Show event summary graphs.

Within the HTML version of the report, an item of this type is generated as you can see below.

  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • 重要度、イベントタイプ、イベントの状態(Severity, event type, event stauts): 参照したいイベントのタイプを選択します。
  • イベントグラフ(Event graphs): イベントの概要グラフを表示します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

Within the HTML version of the report, an item of this type is generated as you can see below.

HTML のレポートでは、次のようにこのアイテムが表示されます。

Pre27.png

モジュールのイベントレポート

Shows a list with the events occurred in the module of an agent in the report in the defined period.

定義した間隔での、エージェントのモジュールで発生したイベント一覧を表示します。

Event report module - item editor tab - reporting builder.png

The fields in this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Agent: An intelligent control to select the appropriate agent for this item.
  • Module: A deployable list that is dynamically loaded with the agent's modules selected in the control above.
  • Severity, event type, event status: Select the type of events to see.
  • Event graphs: Show event summary graphs.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period)': グラフを生成する時点からどれくらい遡るかを指定します。
  • エージェント(Agent): このアイテムで使うエージェントを選択します。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントのモジュールをドロップダウンリストから選択します。
  • 重要度、イベントタイプ、イベントの状態(Severity, event type, event stauts): 参照したいイベントのタイプを選択します。
  • イベントグラフ(Event graphs): イベントの概要グラフを表示します。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.

ファイル:Report module events sample.png

グループのイベントレポート

Shows a list with the events that occurred in the report group agents in the defined period.

指定した期間でのエージェントグループで発生したイベントを一覧表示します。

800px

The fields of this form are:

このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Period: The time frame it takes to get back to the temporary point within which the report is generated.
  • Group: A combo intended to select the group.
  • Severity, event type, event status: Select the type of events to see.
  • Event graphs: Show event summary graphs.

Within the HTML version of the report, an item of this type is generated as you can see below.

  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 更新間隔(Period): レポート生成時に、どの時点までさかのぼったデータを用いるかを設定します。
  • グループ(Group): グループを選択します。
  • 重要度、イベントタイプ、イベントの状態(Severity, event type, event stauts): 参照したいイベントのタイプを選択します。
  • イベントグラフ(Event graphs): イベントの概要グラフを表示します。

And in the HTML version of the report an item of this kind is generated. For example:

すると、HTML 版のレポートでは、次のように生成されます。

800px

インベントリアイテム
インベントリ

This item shows the selected inventory of one or various hosts in a date or last knowed.

このアイテムは、一つまたは複数のホストの指定した日付または最新の選択したインベントリを表示します。

800px

The fields of this form are: このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Description: Text field with the item description.
  • Group: Combo that filter the agents that appear in the next field. It's not showed in the report, it's only a form tool.
  • Agents: Agents of the hosts where the inventory will be gathered. In this field will be showed only the agents with inventory modules.
  • Modules: The common inventory modules of the selected agents.
  • Date: Date of the showed data. If Last is picked, only will be gathered the latest inventory data of the selected modules.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 説明(Description): 説明を入力するテキストフィールドです。
  • グループ(Group): 次のフィールドに出てくるエージェントをフィルタするためのものです。これはレポートには表示されません。このツールのためのものです。
  • エージェント(Agents): インベントリを収集したホストのエージェントです。このフィールドには、インベントリモジュールのあるエージェントのみ表示されます。
  • モジュール(Modules): 選択したエージェントの共通のインベントリモジュールです。
  • 日付(Date): 表示するデータの日付です。最新を選択した場合は、選択したモジュールの最新のインベントリデータのみが集められます。

750px

インベントリの変化

This item shows the changes of inventory registered in one of various hosts in a selected period.

このアイテムは、指定した期間におけるあるホストのインベントリの変化を表示します。

800px

The fields of this form are: このフォームのフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Description: A text field intended for the item's description.
  • Period: A field to determine the interval for registering the changes.
  • Group: A combo which filters the agents which appear within the next field. It doesn't appear in the report, it's only a form tool.
  • Agents: The agents of the hosts in which the inventory will be gathered. Only the agents containing inventory modules are going to appear within this field.
  • Modules: The common inventory modules of the selected agents.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 説明(Description): 説明を入力するテキストフィールドです。
  • 間隔(Period): 変化を見る期間です。
  • グループ(Group): 次のフィールドに出てくるエージェントをフィルタリングするものです。レポートには表示されません。このツールのためだけのものです。
  • エージェント(Agents): インベントリを収集したホストのエージェントです。このフィールドには、インベントリモジュールのあるエージェントのみが表示されます。
  • モジュール(Modules): 選択したエージェントの共通のインベントリモジュールです。

Info.png

The data for this item is provided from the events of inventory changes. If there have a too large item, you can delete some of those events manually and it will be reduced.


Info.png

このアイテムのデータはインベントリの変更イベントにより生成されます。大きなアイテムの場合は、イベントのいくつかを削除することができ、量を減らすことができます。


750px

設定アイテム
エージェント設定

This type of report will show us a picture of the agent status:

このタイプのレポートは、エージェントの状態を表す絵を表示します。

ファイル:Agent configuration report.png

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.


Example of report display:

レポート表示例:

ファイル:Agent configuration report sample.png



グループオプション

This type of report will show us a picture of the status of the agents that belong to the selected group:

このタイプのレポートは、選択したグループに属するエージェントの状態を絵で表示します。

750px


Example of report display:

レポート表示例:

750px

Netflow アイテム
Netflow 塗り潰しグラフ

This report element will display a graph with the traffic analysis using filters already created in the Netflow view.

このレポート要素は、Netflow 表示ですでに作成されたフィルタを使用したトラフィック分析のグラフを表示します。

750px


Example of report display:

レポート表示例:

750px



Netflow 円グラフ

This element shows a pie chart with the results of applying the filter indicated by the user.

この要素は、ユーザーが指定したフィルタを適用した結果で円グラフを表示します。

ファイル:Netflow pie.png


Example of report display:

レポート表示例:

ファイル:Netflow pie sample.png



Netflow データグラフ

This element shows the data obtained by applying the filter indicated by the user in a table sorted by date and origin.

この要素は、日付でソートされた表にユーザが指定したフィルタを適用して得られたデータを表示します。

ファイル:Netflow datachart.png


Example of report display:

レポート表示例:

ファイル:Netflow datachart sample.png



Netflow 統計表示

This report item will display a table with the grouped value of the traffic, using filters already created in the Netflow view.

このレポートアイテムは、Netflow 表示ですでに作成されたフィルタを使用して、トラフィックのグループ化された値を含む表を表示します。

750px


Example of report display:

レポート表示例:

750px



Netflow サマリ表

This report item will display a table with summarized traffic information that matches the Netflow filter specified in the Filter parameter.

このレポートアイテムは、フィルタパラメータで指定された Netflow フィルタと一致する集計トラフィック情報を含む表を表示します。

750px


Example of report display:

レポート表示例:

750px

ログアイテム
ログレポート

This report type displays the log entries in the selected period.

このレポートは、選択した期間のログを表示します。

750px

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Search: text string to search.
  • Log number: Maximum number of log block entries to be shown when generating this report.
  • Time lapse: the time range going backwards over which the report will be drawn up (e.g. one month from the chosen date).
  • Source: Origin of logs.
  • Agents: Filtration Agents.
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • 検索(Search): 検索文字列。
  • ログ番号(Log number): レポート生成時に表示する最大のログブロック数。
  • 時間経過(Time lapse): レポートを表示するときの遡る時間間隔。(例: 選択した日時から 1ヵ月)
  • ソース(Source): 元となるログ。
  • エージェント(Agents)': エージェントのフィルタ。

Example of report display:

レポート表示例:

750px

ネットワークアイテム

ネットワークトラフィック トップ N

This report shows a top-N of network consumption in the last X days of all IP analyzed by Pandora NTA:

このレポートは、Pandora NTA で分析された全 IP の直近の X 日のネットワーク利用トップ N を表示します。

ファイル:Network traffic topN.png

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Time lapse: the time range going backwards over which the report will be drawn up (e.g. one month from the chosen date).
  • Quantity(n): Number of elements to be shown.
  • 名前(Name): 以下の名前を利用できます。
    • _agent_ : レポート要素として選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素として選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素として選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素として選択したモジュールの名前。
    • _moduledescription_ : レポート要素として選択したモジュールの説明。
  • 時間経過(Time lapse): レポートを作成対象の過去にさかのぼる時間範囲。(例:選択された日付から1か月)
  • 量(n)(Quantity(n)): 表示する要素数。

ファイル:Pandora NTA sample report 1.png

ウィザードタブ

This tab belongs to the Pandora FMS Enterprise version. This tab allow us to do in an automatic way with a few clicks, and in only one time, several items for a report, with common configurations, but applied to several agents and/or modules.

このタブは、Pandora FMS エンタープライズ版にのみあります。このタブでは、少ない操作で自動的に複数のエージェントやモジュールに適用された共通設定の複数アイテムをレポートに追加することができます。

Once the kind, the period, the agents, and if it's necessary the modules, have been chosen, then you should click on the add button and it'll be generated so many items in the report as many agents or modules have been selected.

必要なタイプ、更新間隔、エージェント、モジュールを選択し、追加ボタンをクリックすると、選択した多くのエージェントやモジュールのアイテムがレポートに追加されます。

Wizard-tab-reporting builder.png

The fields that compose the form of the tab are:

このタブで表示されるフィールドは次の通りです。

  • Name: The following macros can be used:
    • _agent_ : Name of the agent that you selected in report item.
    • _agentdescription_ : Description of the agent that you selected in report item.
    • _agentgroup_ : Agent group name.
    • _address_ : Address of the agent that you selected in report item.
    • _module_ : Module name that you selected in report item.
    • _moduledescription_ : Description of the module that you selected in report item.
  • Type: A deployable list in which you're able to select the type of item that's going to be massively generated. Not all item types are contained in here, because there are certain item types which require a more detailed configuration. The available item types within this form are the following: Alert Report Agent, Alert Report Module, AVG Module, Event Report Agent, Event Report Module, Monitor Report, Simple Graph and Availability
  • Period: An intelligent control to provide the time period or data-time segment to represent the report item from the moment it's generated. If the time frame is e.g. 'one month' and you're generating the report in the current moment, the items are going to provide data from today to one month in the past.
  • Agents: The list of agents you're allowed to access according your permission group. On this list, you may select one or several agents. The modules which are defined as common for the selected agents are shown within the module control for each selection.
  • Modules: This common module list of the selected agents is available for one or several agents.
  • Filter Group: A field intended to filter the agents by group.
  • Elements to apply: The list intended for the selected modules to add.
  • Label: Label you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • Name: Name you can asign to an element. The following macros can be used: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • Time lapse: the time range going backwards over which the report will be drawn up (e.g. one month from the chosen date).
  • 名前(Name): 次のマクロを利用できます。
    • _agent_ : レポート要素で選択したエージェントの名前。
    • _agentdescription_ : レポート要素で選択したエージェントの説明。
    • _agentgroup_ : エージェントグループ名。
    • _address_ : レポート要素で選択したエージェントのアドレス。
    • _module_ : レポート要素で選択したモジュール名。
    • _moduledescription_ : レポート要素で選択したモジュールの説明。
  • タイプ(type): まとめて生成された、選択したアイテムを一覧から選択します。アイテムに対して適した設定が必要なため、全てを選択できるわけではありません。選択可能なアイテムは、エージェントアラートレポート、モジュールアラートレポート、AVG モジュール、エージェントイベントレポート、モジュールイベントレポート、モニターレポート、単一グラフです。
  • 更新間隔(Period): レポートを生成する時に、どの範囲のデータを用いるかを設定します。1ヶ月に設定し、今すぐレポートを生成するとしたら、今から 1ヶ月前のデータの範囲となります。
  • エージェント(Agents): ログインユーザが参照可能なグループに属するエージェントの一覧です。この一覧から、1つもしくはそれ以上のエージェントを選択できます。また、選択したエージェントのモジュールが表示されます。
  • モジュール(Modules): 選択したエージェントのモジュール一覧から、1つもしくはそれ以上を選択します。
  • フィルタグループ(Filter Group): グループでエージェントをフィルタするフィールドです。
  • 適用する要素(Elements to apply): 追加するモジュール選択の一覧です。
  • ラベル(Label): 要素に割り当てることができるラベルです。 次のマクロが利用できます。_agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 名前(Name): 要素に割り当てる名前。次のマクロを利用できます: _agent_, _agentdescription_, _agentgroup_, _address_, _module_, _moduledescription_.
  • 時間経過(Time lapse): レポートを表示するために遡る時間範囲です。 (例: 選択した日から一か月)

Example of visualization of report (availability):

レポート表示(可用性)の例:

ファイル:Wizard report availability sample.png



SLA ウィザードタブ

This wizard allows us to create SLA report items automatically.

このウィザードでは、SLA レポートアイテムを自動的に作成できます。

We can choose different SLA analyses:

異なる SLA 分析を選択することができます。

  • SLA: Displays a standard SLA reporting element, indicating the % of compliance in the selected period.
  • Monthly SLA: will show a day by day analysis of the selected month, indicating the compliance %.
  • Weekly SLA: will show an analysis of the compliance % week by week, indicating at all times the daily value.
  • Hourly SLA: will display an hourly analysis of the selected period.
  • Availability graph: a graph will be generated with the availability data of the selected modules.
  • SLA services: a new reporting element representing the calculation of the SLAs of the selected services will be created.
  • SLA: 通常の SLA レポート要素として、選択した期間で基準を満たした % を表示します。
  • 月次 SLA(Monthly SLA): 選択した月の日ごとの基準を満たした % を表示します。
  • 週次 SLA(Weekly SLA): 週ごとの基準を満たした % を表示し、毎日の値を常に表示します。
  • 時間ごとの SLA(Weekly SLA): 選択した期間の時間ごとの分析を表示します。
  • 可用性グラフ(Availability graph): 選択したモジュールの可用性データのグラフを生成します。
  • SLA サービス(SLA services): 選択したサービスの SLA を計算したレポートを生成します。

You will be able to choose the validity value ranges of the modules to be selected. This feature will allow you to check the % of time that a module has maintained values within specific ranges.

選択するモジュールの値の有効範囲を選択することができます。この機能では、モジュールが特定の範囲内の値を保持していた時間の割合を確認できます。

If you do not define thresholds, they will be dynamically adjusted to the criticality thresholds of each module.

閾値を設定しない場合は、各モジュールの障害閾値に動的に合わせられます。

Other options can be found:

その他、以下のオプションがあります。

  • Time lapse: This is the range, or period of time over which the report renders the information for this report type. For example, a week means data from a week ago from now.
  • 時間経過(Time lapse): このレポートタイプでレポートを生成する時間範囲です。例えば、1週間は、現在から一週間前までのデータを意味します。
  • Show graph: only basic SLA; allows you to choose whether to display a table with the data, a graph, or both.
  • グラフ表示(Show graph): 基本的な SLA のみ。データの表、グラフ、または両方を表示するかどうかを選択します。

750px


Example of report display:

レポート表示例:

750px



全体タブ

This tab is a feature of the Enterprise Version of Pandora FMS and allows us to create Exception, General or Top N reports easily by a wizard.

このタブは、Pandora FMS Enterprise 版にあります。ウィザードを使って、例外、一般または、トップn レポートを簡単に作成することができます。

  • Exception: This shows values of several modules that fulfill a logical operator.
  • 例外(Exception): 論理演算子を満たすいくつかのモジュールの値を表示します。
  • General: Show values of several modules ordered (ascending, descending, by agent name) or/and grouped by agent.
  • 一般(General): 順序付(エージェント名による昇順、降順)された、またはエージェントごとにグループ化された複数のモジュールの値を表示します。
  • Top N: Shows N values discriminated by maximun, minimun or average over the total of modules selected, ordered ascending, descending or by agent name.
  • トップ N (Top N): 昇順、降順、またはエージェント名の順で、選択されたモジュールに関して、最大、最小、または平均によって識別された最初の N個の値を表示します。

With this section you can add different modules from different agents, while you can also choose the operation to do in each module: addition, media, min and max.

ここでは、異なるエージェントから異なるモジュールを追加することができます。また各モジュールの操作(追加、中間、最小、最大)を選択することもできます。

750px

Example of visualization of a report:

レポート表示例:

ファイル:Wizard global sample.png

拡張オプションタブ

This tab belongs to the Pandora Enterprise version. In this one you can do the reports much more customizable. Among other things, you can select the font where the PDF report will be generated, select the logo that will be shown in the PDF header, edit the header and the PDF footline and to edit the report front page.

このタブは Pandora FMS エンタープライズ版にのみあります。ここではレポートを細かくカスタマイズすることができます。生成される PDF レポートのフォントの選択、ヘッダに表示するロゴの選択、ヘッダの編集、フッタの設定、表紙の編集ができます。

Advance options-tab-reporting builder.png

And the fields that compose this form are:

  • Font family: is a deployable list in all the fonts where you have installed in your Pandora Console in the directory <pandoraconsole>/enterprise/include//mpdf50b/ttfonts. The default font is Times Roman. And if you want to make bigger the font range, then you should consider that it should have read access to the apache group and that there are in TTF format. IMPORTANT NOTICE: If you want to use Arabic, Chinese, Japanese or other UTF8 text in your PDF, you need to use a supported TTF font for that characters. We provide the "code" font with actually have all language characters.
  • フォントの種類(Font family): Pandora コンソールの <pandoraconsole>/enterprise/include/mpdf50b/ttfonts/ ディレクトリにインストールされている適用可能なフォントの一覧です。デフォルトのフォントは、Times Roman です。より多くのフォントを利用したい場合は、apache のグループ権限で読める状態で TTF フォーマットで置いてください。重要な注意事項: アラビア語、中国語、日本語ほかの UTF8 テキストを PDF 内で利用したい場合は、それらの文字をサポートしている TTF フォントが必要です。全ての言語の文字をサポートするようにできています。
  • Custom logo: Is a deployable list with the possible logs that could be shown in the header of each PDG page. The logo images are kept in

<pandora_console>/images/custom_logo/. The one by default is pandora_logo.jpg. By clicking on it you can see a previous view above this form.

  • カスタムロゴ(Custom logo): 各 PDF のページのヘッダーに表示可能なロゴの一覧です。ロゴの画像ファイルは、<pandora_console>/images/custom_logo/ にあります。デフォルトは、pandora_logo.jpg です。この上でクリックすることにより、プレビューができます。
  • Header: is a very complete editor where you can copy and past the formated text of an application or edit it though the button box. This text will be the one that will be shown in the header.
  • ヘッダー(Header): テキストをコピー & ペーストしたり、入力できるエディタです。このテキストはヘッダに表示されます。
  • First page: as the Header field, this is another text editor very complete to create and edit the PDF front cover page.
  • 表紙(First page): PDF の表示を作成したり編集したりするテキストエディタです。
  • Footer: same as with the two other fields, but for editing and creating each PDG page footers.
  • フッタ(Footer): 各ページのフッタを作成したり編集したりするエディタです。
マクロ

By now, these are the implemented macros:

現在、以下のマクロが実装されています。

  • (_DATETIME_): that is replaced by the date at the moment where the report is generated, in the data format configured at the Pandora Console options.
  • (_DATETIME_): Pandora コンソールのオプションで設定したフォーマットにて、レポートを生成した時間に置き換えられます。
  • (_REPORT_NAME_): will be replaced by the report's name.
  • (_REPORT_NAME_): レポート名で置き換えられます。

プレビュータブ

This tab shows the report such as it is when it's generated in HTML format, to could see the results in an easy way.It will show the report as you see the report in the real operation/view report option.

このタブでは、HTML フォーマットでレポートを表示します。簡単に結果を見ることができます。 指定したオプションで実際にレポートを表示するような形式で表示します。


レポートの表示

In order to visualize an already created report, please click on Operation -> Reporting.

作成済みのレポートを表示するには、操作(Operation) -> レポート(Reporting) をクリックします。

ファイル:Report menu.png

In this section you can see the created reports or create new.

ここでは、作成済のレポート参照または新規作成を行うことができます。

850px

The Reports could be seen in HTML, XML o PDF.

レポートは、HTML, XML または、PDF で参照できます。

To see a report in HTML click on the iconPre46.png.Once the report is opened in HTML, it is possible to choose from which date and four it is generated.

レポートを HTML で見るには、Pre46.pngアイコンをクリックします。HTML でレポートを表示すると、生成元となる日付を選択することができます。

Pre47.png

To see a report in XML, click on the icon Pre48.png

XML でレポートを見るには、Pre48.pngアイコンをクリックします。

Pre49.png



To see a report in PDF, click on the icon Pre50.png

PDF でレポートを見るには、Pre50.pngアイコンをクリックします。

Pre51.png

自動レポートスケジューリング

The Pandora FMS Enterprise version includes the CRON extension. This extension allows us to program different types of actions to be executed with a configurable periodicity.

Pandora FMS Enterpris 版には、CRON 拡張が含まれています。この拡張により、定期的に実行する異なるタイプのアクションをプログラムすることができます。

Among the multiple options it offers, it allows us to configure the sending of reports in PDF format through e-mails.

この機能が提供する複数のオプションの中で、PDF フォーマットのレポートを e-mail で送信するように設定することができます。

We will find this functionality in the menu entry Servers > Cron Jobs.

この機能は、サーバ(Servers) > Cron ジョブ(Cron jobs) メニューから利用できます。

ファイル:Cron menu.png


e-mail によるレポートの自動送信

To send a report via email on a scheduled basis, use the console extension enterprise CRON with the following options:

メールでレポートを計画的に送信するには、コンソール拡張の enterprise CRON を以下のオプションと共に利用します。

Task
Select send custom report by e-mail. It will allow us to program the generation and sending of an already existing report.
Scheduled
In this field we will specify the frequency with which the report will be sent.
First Execution
In this field we will establish the date and time of the first execution.
Report build
In this field we will select the report we want to send.
Send to mail
This field contains the e-mail address to which the report will be sent.
タスク(Task)
カスタムレポートのメールでの送信(send custom report by email) オプションを選択します。
スケジュール済み(Scheduled)
レポートを送信する間隔を指定します。
最初の実行(First Execution)
初回実行時の日付と時間を選択します。
生成するレポート(Report to build)
送信したいレポートを選択します。
メールの送信(Send to mail)
レポートを送信するメールアドレスを入力します。

Pre52.png

Once the data has been filled in, click on create and the task appears in the list of scheduled tasks.

設定を行ったら、作成をクリックすると、スケジュール済タスク一覧に表示されます。

Pre53.png


Once the task has been created, it is possible to force its execution by clicking on the circular icon to the left of the scheduled task. You can also edit or delete the scheduled task using the buttons on the right.

タスクを作成したら、スケジュール済タスクの左にある丸いアイコンをクリックすることにより強制実行することができます。また、スケジュール済タスクの右にあるボタンを使って、タスクを編集または削除できます。



レポートテンプレートの適用と e-mail による送信

To apply a template and send the result via email on a scheduled basis, we will use the console extension enterprise CRON with the following options:

計画的にテンプレートの適用と結果のメール送信をするには、コンソール拡張の enterprise CRON を以下のオプションと共に利用します。

Task
Seleccionaremos Send custom report (from template) by e-mail: Nos permitirá aplicar una plantilla de informe sobre agentes a nuestra elección, y programar su generación y envío.
Scheduled
In this field we will specify the frequency with which the report will be sent.
Next Execution
In this field we will establish the date and time of the next execution.
Template to build
In this field we will select the template of the report we want to generate.
Agents
We will select the agents on which to apply the template.
Send to mail
This field contains the e-mail address to which the report will be sent.
タスク(Task)
カスタムレポートの(テンプレートからの)メールでの送信(Send custom report (from template) by e-mail) オプションを選択します。選択したエージェントにレポートテンプレートを適用し、レポートの生成と送信をスケジュールすることができます。
スケジュール済み(Scheduled)
レポートを送信する間隔を指定します。
次回実行(Next Execution)
次回の実行日時を指定します。
生成するテンプレート(Template to build)
生成したいレポートのテンプレートを選択します。
エージェント(Agents)
テンプレートを適用するエージェントを選択します。
メールの送信(Send to mail)
レポートを送信するメールアドレスを入力します。

750px



設定

For the email sending to work, it must be previously configured in Pandora FMS options.

メール送信が動作するようにするには、Pandora FMS のオプションを正しく設定する必要があります。

To edit this configuration go to Configuration > Setup > Enterprise.

設定を編集するには、設定(Configuration) > 設定(Setup) > Enterprise へ行きます。

ファイル:Menu config enterprise.png

You will need to configure the email section at the bottom of the page correctly:

ページの下にあるメールの設定を正しく行う必要があります。

ファイル:Menu config enterprise mail.png

レポートテンプレート

概要

Report templates are components that allow to parametrize report creation. Later allow to apply them over a set of agents and create a lot of reports in an easy way.

レポートテンプレートは、レポート作成を定形化できるコンポーネントです。あとからエージェントのセットに適用でき、多くのレポートを簡単に作成することができます。

The report templates are components that allow to parametrize the report creation that could be applied after on a group of agents, and in a quick and easy way create a big number of reports. Each element of the templates will match with an agent and/or module through a regular expression or substring making this system a very flexible one.

レポートテンプレートは、レポート作成を、エージェントのグループに適用できるようにパラメータ化でき、また、すばやく簡単に多くのレポートを作成するためのコンポーネントです。テンプレートのそれぞれの要素は、正規表現や文字列マッチングでエージェントやモジュールとマッチし、とても柔軟なシステムとなっています。

900px

As you can see in the previous image, a report template will be created which will have elements or items. Each one of them will generate one or more report items if when they are applied they fit with some agent/module of the ones that are selected in that application.

上の画像を見ての通り、レポートテンプレートには要素やアイテムがあります。適用すると、それぞれのエージェントやモジュールにあったレポートアイテムを生成します。

The kind of template items will be almost all the ones that are available in the reports: average value, S.L.A, agent events, etc.

テンプレートアイテムの種類は、平均、SLA、エージェントのイベントなど、レポートに存在するそれとほぼ同等です。

Next we are going to describe three examples of template items.

次に、3つのテンプレートアイテムの例を説明します。

In order to access the template's administration menu, please click on 'Reporting' -> 'Custom Reporting' and click on the 'list templates' button:

テンプレート管理メニューへ行くには、'レポート(Reporting)' -> 'カスタムレポート(Custom reporting)' をクリックし、テンプレート一覧のボタンをクリックします。

900px

This example of template will have three template items:

このテンプレートの例では、3つのテンプレートアイテムがあります。

  • An automatic combined graph that will allow to create graphs on the modules that coincide in the application.
  • 指標が同一のモジュールの自動重ね合わせグラフ作成
  • A Top N report.
  • トップN レポート
  • An agent event report.
  • エージェントイベントレポート

900px

例 1: 自動重ね合わせグラフ

Creating combined graphs is an option within Reporting > Custom graphs which enables generating visual reports made of as many modules as needed.

レポート(Reporting) > カスタムグラフ(Custom graphs) からの、自動重ね合わせグラフを作成では、任意のモジュールのビジュアルレポートを生成することができます。

This section allows defining a name for the graphic and other data such as periodicity, graphic type or the weight of each of the modules.

ここでは、グラフの名前、期間、グラフタイプ、また各モジュールの重みなどのその他のデータを定義できます。

750px

750px

750px

Combined graphs enable establishing the order of each individual module by means of the “sort” option, featured in the option list.

重ね合わせグラフでは、オプション一覧にある "並べ替え" オプションを使用して、個々のモジュールの順序を設定できます。

750px

The result of combined graphs clearly differences data from the selected different modules.

重ね合わせグラフは、選択した異なるモジュールからデータの違いを表示します。

750px

In the following example, combined graphs will be created for every agent whose module name is equal to "Disk Read Latency" and "Disk Write Latency".

次の例では、各エージェントで、モジュール名が "Disk Read Latency" と "Disk Write Latency" に等しいモジュールの重ね合わせグラフが作成されます。

Once the combined graphs are created, they will be added to the generated report.

重ね合わせグラフが作成されると、生成済レポートに追加されます。

800px

Along this example, the target modules have been chosen, but the modules could also be selected through a regular expression, filling out the Modules to match (Free text) field. For example, the regular expression *cpu.* would be applied on modules such as: cpu_user, total_cpu_usage, cpu, etc.

この例では、対象モジュールが選択されていますが、一致するモジュールのフィールド(フリーテキスト)に、正規表現を入力して一致させることもできます。たとえば、正規表現 *cpu.* は、cpu_user、total_cpu_usage、cpu などのモジュールにマッチします。

One of the available options is adding a dynamic label tag to the future report item. In this field, predefined macros will be able to be used to identify the item that will be generated. This is very useful when printing in PDF, since the report item that is searched in the menu can be certainly identified. Another important field of the form for this kind of model item is “create a graph for each agent”. Once activated, it will enable creating a combined graph for each agent. If disabled, the system will combine all data in a single combinated graph, where information about all matching agents and modules will be added.

利用可能なオプションの 1つとして、将来のレポートアイテムへの動的ラベルタグの追加があります。このフィールドでは、事前定義されたマクロを使用して生成される項目を識別できます。 メニューで検索されたレポート項目は確実に識別できるため、これは PDF で印刷するときに非常に役立ちます。 この種のモデルのフォームにおける別の重要なフィールドとしては、"エージェントごとにグラフを作成する" というものがあります。有効にすると、各エージェントでの重ね合わせグラフを作成します。 無効にすると、システムは全エージェントの各モジュールデータごとに単一の重ね合わせグラフを作ります。そこには、一致するすべてのエージェントとモジュールに関する情報が追加されます。

例 2 トップ N

This item will generate a report of kind Top N showing the 5 CPUs more loaded in the last day.To do this, this item will apply on all the agents with modules that have the literal "CPU Usage".

このアイテムは、直近 1日で負荷の高い 5 CPU のロードを表示する トップN のレポートを生成します。そのために、このアイテムは、全エージェントの "CPU Usage" というモジュールに適用します。

900px


As you can see in the image, the modules are not searched in a literal way but it will be use a regular expression. This performance is selected un clicking the box that is next to the agent name (exact match). When you left it blank the agent name will match on all the agents selected during the application.

ご覧の通り、モジュールは文字列マッチではなく正規表現で検索されています。これは、エージェント名のとなりの、(完全一致(exact match)) チェックボックスのチェックをはずして行います。エージェント名に何も入力しないと、全エージェントが選択されます。

例 3 エージェントイベント

This element will generate a report of the events generated in the last day for the selected agents.

この要素は、選択したエージェントの最新の 1日に生成されたイベントのレポートを生成します。

900px

As you can see in the "Agent" field, the regular expression .* has been used. It symbolizes any alphanumeric string, so it will be applied on any agent selected.

"エージェント(Agent)" フィールドを見ての通り、正規表現 .* を利用しています。これは任意の英数字にマッチし、任意のエージェントが選択されます。

テンプレートの適用

Once we have defined all the template items we need we can apply or instantiate this template through two methods:

すべての必要なテンプレートの要素を定義したら、このテンプレートを次の 2つの方法で適用またはインスタンス化できます。

直接の適用

You can directly apply and view a template report by clicking on any of the format icons that appear in the row our template occupies:

テンプレートの行に表示されているいずれかの書式アイコンをクリックすると、テンプレートレポートを直接適用して表示することがきます。

ファイル:Template direct.png

We will be shown a pop-up where we will be able to choose the agents on which this report template will be applied:

レポートテンプレートが適用されたエージェントを選択できるポップアップが表示されます。

ファイル:Template direct2.png

テンプレートウィザード

We can make use of the Template Wizard if we need to si necesitamos instantiate our report template in a real report to have it available in the Pandora FMS report list.

Pandora FMS レポート一覧で利用できるようにするには、テンプレートウィザードを使用する必要があります。

750px


We can activate the checkbox Create report per agent if we want to generate a report for each agent selected. If we don't activate it, a general report will be generated with all the information.

選択したエージェントごとにレポートを生成したい場合は、エージェントごとにレポートを作成(Create report per agent) のチェックボックスをチェックします。チェックしない場合は、全情報と共に一般的なレポートが生成されます。

  • If a report is generated by an agent, the title of the report shall be as follows: [template title] - [agent name] ([agent name])
  • In the event that a full report is generated, the title shall be as follows: [report title] - agents ([number of agentes]) - [date]
  • エージェントごとにレポートが生成された場合、レポートのタイトルは、[テンプレートタイトル] - [エージェント名] ([エージェント名]) となります。
  • 全レポート生成の場合は、タイトルは、[レポートタイトル] - agents ([エージェント数]) - [日時] となります。

650px

A "custom_graph" type element was created for the automatic combined graph. This graph has two elements for the modules "Read Disk Latency" and "Write Disk Latency".

"カスタムグラフ" タイプの要素は、自動的に組み合わせグラフが生成されます。このグラフには、"Read Disk Latency" および "Write Disk Latency" モジュールの 2つの要素があります。



450px



Editing the custom graph you can see that it has both modules:

カスタムグラフを編集することにより、両方のモジュールがあることがわかります。



700px



For the Top N report an element was created with an expression based on the cputext.

トップN レポートでは、cpu というテキストに基づいた表現とともに要素が作成されます。

700px

Displaying the rendered report shows the ten most loaded CPUs:

生成されたレポートを表示すると、最も負荷の高い 10個の CPU が表示されます。



600px



Three elements will be created for the agent events report (remember that all agents were selected using .*):

3つの要素がエージェントイベントレポートとして作成されます。(全エージェントは .* で選択できます)



600px

テンプレートの編集

Within the templates you're able to modify the general parameters of the template as shown on the picture below.

テンプレート内では、次の画面のようにテンプレートの一般的なパラメータを変更できます。

800px

テンプレート一覧

From administration menu: Administration > Manage reports > Report builder and click over list templates button:

システム管理メニューの、レポート管理(Manage reports) > レポートビルダ(Report builder) で、テンプレート一覧(list templates)ボタンをクリックします。

In this section you can create new templates, edit the existing ones, copy, and delete them.

ここでは、新たなテンプレートの作成、すでにあるものの編集、コピー、削除ができます。

アイテム一覧

In this section you can see, edit, sort and delete items inside a report template.

ここでは、レポートテンプレート内のアイテムの参照、編集、ソート、削除ができます。

アイテム編集

In this section you can create new items. Item types are the same like in Report section with two differences: Agent name is a regular expression, for example oracle_agent[.]* will match with agent names: oracle_agent_1, oracle_agent_2, etc. If you left it blank then this item will be applied over all agents selected in template Wizard.

ここでは、新たなアイテムを作成できます。アイテムのタイプはレポートと同じです。ただし、エージェント名に正規表現を利用でき、たとえば oracle_agent[.]* であれば、エージェント名 oracle_agent_1, oracle_agent_2, などにマッチする点が異なります。 何も入力しない場合は、そのアイテムはテンプレートウィザードで選択したすべてのエージェントに適用されます。

Module name can be filled literally doing check in Module exact match or by a regular expression without doing click in that checkbox.

モジュール名は、モジュール完全一致(Module exact match) をチェックした場合はその文字通りで、そうでなければ正規表現でマッチします。

750px

拡張オプション

In this section you can edit visual aspects in the result report like font, logo, header, first page or report footer.

ここでは、フォント、ロゴ、ヘッダー、表紙、フッターといった、レポートの出力を調整することができます。

レポートの削除

To delete reports created in previous applications from a template from the Wizard you can select a template and click the delete button (broom button).

テンプレートから作成したレポートをウィザードから削除するには、テンプレートを選択し、削除ボタン(ほうきアイコン)をクリックします。

750px



This action will automatically delete all reports created based on this template.

この操作では、テンプレートを元に作成したすべてのレポートが自動的に削除されます。

(OBSOLETE)

エージェントグラフ

Agent Graphs are the module's graphs which can be viewed from the Agent's Operation menu. In order to access these graphs, you're required to pick an agent by clicking on 'Monitoring' -> 'Views' and 'Agents Detail'.

エージェントグラフは、エージェントの操作メニューから見ることができるモジュールごとのグラフです。 これらのグラフを見るには、'モニタリング(Monitoring)' -> '参照(Views)' および 'エージェント詳細(Agents Detail)' をクリックしてエージェントを選択します。

Pre1.png

After the filtering is completed, please click on the agent's name, e.g. 'vanessa-HP-630-Notebook-PC', to gain access to the agent's operations menu.

フィルタリングをしたら、エージェント名をクリックします。たとえば、'vanessa-HP-630-Notebook-PC' をクリックするとエージェントの操作画面へ行きます。

Pre2.png

This view is going to display a list which contains all the agent's modules. One of the columns of this list is called 'Graph'. It provides a link to access the graph within each module.

エージェントの全モジュールを一覧表示する画面へ行きます。このカラムの一つに 'グラフ(Graph)' があります。これは、それぞれのモジュールのグラフへアクセスするためのリンクです。

Pre3.png

If you click on the 'Graph' icon, you're going to gain access to a new window in which the module graph is contained. You're also able to personalize the graph shown there.

'グラフ(Graph)' アイコンをクリックすると、モジュールのグラフを表示する新たなウインドが開きます。グラフ表示はカスタマイズすることもできます。

Quick graph.png

The graphs are done in Flash or in PNG format ( if the Flash has been deactivated). In case of Flash graphs, these are interactives, so putting the mouse over any point of the graph back side they show the specific data of this point. The graphs have a configuration menu that allows (putting the mouse over the flap on the left of the graph window), to reconfigure the graph. For each series some statistical data (Last value, Average, Minimum and Maximum) are displayed in the legend.

グラフはフラッシュもしくは PNG 画像 (フラッシュが無効の場合) で表示されます。フラッシュのグラフの場合、インタラクティブな操作が可能で、グラフ上の任意の場所にマウスポインタを持っていくと、その時点の値が表示されます。グラフには設定メニューもあり (マウスポインタをウインドウの左のタブへもっていきます)、そこで表示条件を変更することもできます。それぞれの静的データ(最新の値、平均、最大・最小値)は、履歴内に表示されます。

Pre4.png

Now we're going explain the fields you're encountering there:

設定可能なフィールドを以下に説明します。

  • Refresh time:field where the graph refresh time is defined.
  • 更新時間(Refresh time):グラフを再描画する時間を指定します。
  • Avg. Only:if you select it, it will show only the medium data, without minimum and maximum.(This feature is not available for boolean modules).
  • 平均のみ(Avg. Only):これを選択すると、最小および最大値を外し平均値のみ描画します。 (この機能は、boolean モジュールには存在しません。)
  • Begin Date: with a calendar it is possible to set the moment from data will start to be shown.
  • 開始日時(Begin Date): グラフ描画を開始する日付を設定します。
  • Zoom Factor: with a combo you can enlarge or reduce the graph.
  • ズーム倍率(Zoom Factor): グラフの拡大・縮小設定をします。
  • Time range: with a combo you can choose the graph time range.
  • 時間範囲(Time range): 描画するグラフの時間範囲を指定します。
  • Show Events: if you click it, it will show the the module events.
  • イベント表示(Show Events): これを選択すると、モジュールのイベントを表示します。
  • Show Alerts: if you click it, it will show the module alarms.
  • アラート表示(Show Alerts): これを選択すると、モジュールのアラームを表示します。
  • Show Event Graph: If you click on it, it's going to show a bar graph along with received events within the graph's interval below it (Pandora FMS versions 5 and above only).
  • イベントグラフ表示(Show Event Graph): クリックすると、グラフの期間内に受け取ったイベントにそって棒グラフを表示します。(Pandora FMS バージョン 5 以上)
  • Time Compare (Overlapped): If you click on it, it's going to show a second overlapping graph along with the module's data within the previous interval, e.g. if the module represents one week, the previous week is also going to be shown. This option is available for the numerical and boolean modules only (Pandora FMS versions 5 and above only).
  • 時間比較(重ね合わせ)(Time Compare (Overlapped)): クリックすると、グラフ表示期間の一つ前の期間のグラフと重ね合わせて表示します。たとえば、1週間もジュールデータをグラフ化した場合、その1週間前も表示されます。このオプションは数値および二値モジュールでのみ有効です。(Pandora FMS バージョン 5 以上)
  • Time Compare (Separated): The same as the overlapped version but with separated graphs.
  • 時間比較(分割)(Time Compare (Separated)): 別々に表示される以外は、上記の重ね合わせと同じです。

Once you have change the values, click on “GO” for they apply.

値を変更したら、"GO" をクリックして反映します。

It's possible to change the graph resolution to get a more detailed view, as you can see in the next picture. The values for resolution are between 1 (lower) and 5 (higher).

次の画像に示す通り、より詳細表示をするためにグラフの解像度を変更することができます。解像度の値は、1(低)と5(高)の間を指定できます。

If you intend to edit or review the configuration parameters related to graphs, please click on 'Setup' -> 'Setup' and 'Custom Graphs'.

グラフに関する全体の設定パラメータを編集したい場合は、'設定(Setup)' -> '設定(Setup)' および 'カスタムグラフ(Custom Graphs)' をクリックします。

組み合わせグラフ

Combined Graphs allow to the user to define graphs with a variable size, that have values of different modules that own to one or more agents. In this way you can visually compare information that comes from several sources.

組み合わせグラフは、任意のサイズでユーザが定義することができるグラフです。一つや複数のエージェントの異なるモジュールの値を持つことができます。これにより、複数のソースのデータを比較することができます。

組み合わせグラフの作成

In order to add a combined graph, please click on Reporting > Custom Graphs

組み合わせグラフを追加するには、'レポート(Reporting)' > 'カスタムグラフ(Custom Graphs)' をクリックします。



800px



Now we're going to describe the fields you're going to encounter there:

以下にフィールドの詳細を示します。

Name

名前(Name)

Name we want to assign to the graph.

グラフの名前です。

Group

グループ(Group)

Here you can add the graph to a specific group.

グラフを特定のグループに追加できます。

Description

説明(Description)

In this field you can write the information you need.

必要な任意の情報を入力できます。

Width

幅(Width)

You should write the value that the graph width will have.

グラフの幅を設定します。

Height

高さ(Hight)

To write the value that the graph height will have.

グラフの高さを設定します。

Period

更新間隔(Period)

With a combo you can define the temporary period used to create the graph.

グラフを作成するのに利用する間隔を指定します。

Graphic Type

グラフタイプ(Graphic Type)

By means of a combo the type of graph is marked choosing between Horizontal bars, Vertical bars, Bullet graph, Circular graph, Line, Stacked line, Meter, Area, and Stacked area.

選択肢から、水平バー、垂直バー、弾丸グラフ、円形グラフ、線、積み重ね線、メーター、面積、積み重ね塗りつぶしグラフを選択することができます。

Percentile

パーセント(Percentile)

Displays the 0 percentile of the data.

データの 0パーセンタイルを表示します。

Add summatory series

合計の追加(Add summatory series)

Displays the summation of all data.

全データの合計を表示します。

Add average series

平均の追加(Add average series)

Displays the average of all data.

全データの平均を表示します。

Modules and series

モジュールデータの表示(Modules and series)

This field will only be active if you select to add summatory and/or average series. If checked, the graph will show the module data next to its summation and average. Otherwise, it will only show the summation and average.

このフィールドは、合計または平均の追加を選択した場合にのみ有効になります。チェックすると、グラフには合計と平均の横にモジュールデータが表示されます。それ以外の場合は、合計と平均のみが表示されます。

Factor:

倍率(Factor)

データを標準化する倍率の値を必要に応じて設定するオプションです。

Please click on 'Preview' to display a preview of the graph.

グラフのプレビューを表示するには、'プレビュー(Preview)' をクリックしてください。



800px



The defined graph is shown below, along with one menu and the options to add more modules and to store the newly created graph.

モジュールの追加と新たに作成されたグラフを保存するためのオプションとメニューとともに、定義済のグラフが以下に表示されます。

In order to add new modules, please click on the 'Graph Editor' button. It's going to open a form which allows you to add new modules from any agent.

新たなモジュールを追加するには、'グラフエディタ(Graph Editor)' ボタンをクリックします。任意のエージェントから新たなモジュールを追加するためのフォームが表示されます。



Pre8.png



The 'factor' option allows you to select the value of the data standardization factor in case you intend to use it. The standardization was designed to compare graphs of different levels and to multiply the data by the defined factor. If we e.g. intend to insert the CPU graph along with values between '0' and '100' and the number of connections between '1000' and '10000' into the same graph, it's recommended to multiply the CPU value by '10'.

標準化は、異なるスケールのグラフを比較する場合に利用します。倍率に指定した値がデータに掛け合わせられます。もし、0 と 100 の間の CPU の使用率と、1000 と 10000 の間のコネクション数を同じグラフに表示したい場合は、CPU の方を 10倍すると良いでしょう。

There is no limit in the number of elements to visualize - but from five values and above, the shown quantity of information makes it pretty difficult to interpret, unless you use big-sized graphs, e.g. '800x600' and above.

表示する要素数に制限はありません。しかし、5つ以上の値を使うと、'800x600' 以上の大きいグラフでないと見にくくなります。

Due to the simplicity the combined graph creation possesses, the graphs can't be edited, except in the moment you're creating them. In the moment of their creation, the only thing you can do is to delete the inserted module and to reinsert it once again along with other properties.

組み合わせグラフを簡単に生成できるように、作成時以外はグラフを編集できません。作成時には、追加されたモジュールの削除と再追加のみ可能です。

Once the graph has been created, it's important to store it for being able to review it later or to utilize it within a report. Before storing the graph, we strongly recommend to name it, to write a small but detailed description, to determine whether it's considered to be of a private nature or not and to click on the 'Store' button when you're done.

グラフを作成したら、あとから参照したりレポートに挿入できるように保存することが重要です。グラフを保存する前に、簡単でも内容が解るような名前を付けることを強くお勧めします。完了したら '保存' ボタンをクリックします。

On the picture below you can see a combined graph, consisting of two modules: 'cpu_user' of the 'farscape' agent and 'cpu_user' from 'ARTK_galaga'. In our example, the graph has been saved as 'Example cpu_user'.

以下の例は、'farscape' の 'cpu_user' と 'ARTK_galaga' の 'cpu_user' の 2つのモジュールの組み合わせグラフです。この例では、グラフは 'Example cpu_user' として保存されています。



Pre7.png



設定された組み合わせグラフの表示

In order to see a stored combined graph, please click on 'Reporting' and 'Custom Graph'. It's the location in which all the graphs are stored. Please click on the graph's name to review it.

保存された組み合わせグラフを参照するには、'レポート(Reporting)' および 'カスタムグラフ(Custom Graph)'をクリックします。ここに保存された全グラフがあります。見たいグラフの名前をクリックします。

Pre12.png

You go to the graph that is recalculated with the values that are availables at this moment.

この時点で存在する値で再描画したグラフが表示されます。

Pre13.png

From this page it is possible to modify any display parameters such as the time rate, the kind of graphic (line, area, stack line and stack area) and the zoom (Graph defines, Zoom x1, Zoom x2 and Zoom x3).

この画面で、時間間隔やグラフの種類(線、塗り潰し、線の積み上げ、塗り潰しの積み上げ)、拡大率 (1倍、2倍、3倍) といった表示パラメータを修正することができます。

Next you can see an example with the different kinds of graphs(the area type is on the previous image).

次に、違う種類のグラフを示します。(前の例は、塗り潰しです)

  • Line Type
  • 線タイプ

Show as an static graph (Png).

静的なグラフ (Png) として表示します。

Pre14.png
  • Stack area Type
  • 塗り潰しの積み重ねタイプ

In this case is shown as Flash Graph Type(interactive):

フラッシュのグラフ (インタラクティブ) を示します。

Pre15.png
  • Stack line Type
  • 線の積み重ねタイプ

Shown as static graph (Png).

静的なグラフ (Png) として表示します。

Pre16.png

設定済の組み合わせグラフの削除

To delete a stored combined graph, please click on 'Reporting' and 'Custom Graph'. It's the location in which all stored graphs are listed. Please click on the trash icon on the graph's right side to delete it.

作成済の組み合わせグラフを削除するには、'レポート(Reporting)' および 'カスタムグラフ(Custom Graph)' をクリックします。保存されたグラフ一覧が表示されるので、削除したいグラフの右にあるゴミ箱アイコンをクリックします。

Pre17.png