個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Data Presentation/Network Maps

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

ネットワークマップ

概要

Network Maps are a graphical representation of your network, you can see the different elements that make it up and the status of them, simply and quickly Network Maps can be accessed through the left menu and can be found in the Topology Maps section under the name Network Map .

ネットワークマップは、ネットワークをグラフィカルに表現します。異なる要素の状態を簡単に素早く見ることができます。 ネットワークマップへは、左のメニューの ネットワークマップ(Network Map)トポロジーマップ(Topology Maps) からアクセスできます。

ネットワークマップの要素

Network maps can contain:

  • Real nodes: which uniquely represent the agents added on the map. These nodes have an icon representing the operating system of the agent, and an aura (with the default circular form, but can be chosen among other forms) of agent state that can be:
    • Green, is in a correct state.
    • Red, is in critical condition some of its modules.
    • Yellow, some modules are in warning status.
    • Orange, one of the alarms has been triggered on the agent.
    • Gray, the agent is in unknown state.
  • Fictitious nodes, which represent a link to another network map or simply a point for personal use within the map, can have any shape available (circle, rhombus, square), any size and text of course. And if it is a link to another map the color follows the following rules, you can't customize the color:
    • Green, if all nodes in the linked map are correct.
    • Red, if any of the nodes in the linked map are in critical condition.
    • Yellow, if any of the map nodes are in the warning state and there are none in critical condition.
    • Orange, Gray following the same rule as the other colors.
  • Relationship between nodes.
    • The simple kinship lines represents the hierarchy between the components of the network map.
    • Kinship lines between network interfaces, which represent the connection of map components through their network interfaces. These lines are characterized by ending or beginning with round arrowheads, which represent the state of the network interface by means of a color. In order to establish this type of relations, it is necessary that the agent represented by the node has the "ifOperStatus" monitoring modules of its network interfaces, which must also have the nomenclature "ifname_ifOperStatus" (for example, eth0_ifOperStatus). This allows you to easily locate the interfaces of the network map elements by name.

ネットワークマップは、以下を含めることができます。

  • 実ノード: これは、マップに追加されたエージェントを一意に表します。 これらのノードには、エージェントのオペレーティングシステムを表すアイコンと、次のようなエージェントの状態を表すもの(デフォルトは円形形式ですが、他の形式の中から選択できます)があります。
    • , 正常状態。
    • , いくつかのモジュールが障害状態。
    • , いくつかのモジュールが警告状態。
    • オレンジ, いくつかのアラートが発報された状態。
    • グレー, エージェントが不明状態。
  • 架空のノード, 他のネットワークマップへのリンク、または単にマップ内での個人的な使用のためのポイントを表すもので、任意の形状(円、ひし形、正方形)、任意のサイズ、およびテキストを持つことができます。 それが他の地図へのリンクであるならば、色は以下の規則に従います、色はカスタマイズすることができません。
    • , リンクされたマップ内の全ノードが正常状態。
    • , リンクされたマップ内の任意のノードが障害状態。
    • , マップ内のノードが警告状態で、障害状態のノードが無い場合。
    • オレンジ, 他の色と同じルールに従います。
  • ノード間の関係。
    • 単純な親子の関係線は、ネットワークマップのコンポーネント間の階層を表します。
    • ネットワークインターフェース間の関係線 は、ネットワークインターフェースを介したマップコンポーネントの接続を表します。 これらの線は、色でネットワークインターフェイスの状態を表す丸い矢印で終わるか、または始まることを特徴としています。このタイプの関係を確立するためには、ノードによって表されるエージェントがそのネットワークインターフェースの "ifOperStatus" 監視モジュールを持っている必要があります。それはまた "ifname_ifOperStatus" という命名規則でなければなりません(例えば eth0_ifOperStatus)。 これにより、ネットワークマップ要素のインタフェースを名前で簡単に見つけることができます。

ネットワークマップの作成

To create a new network map we have two options: Create a new empty network map or create an autogenerated network map.

ネットワークマップを作成するには、空のネットワークマップを作るか、自動生成ネットワークマップを作成するかの 2つのオプションがあります。


ファイル:Nw-map-cnf01.png

空のネットワークマップ

A form will appear in which we will have to indicate the name, group and description of the network map, along with the radius of the nodes of it.

ネットワークマップの名前、グループ、および説明を、そのノードの半径と共に入力するフォームが表示されます。


ファイル:Nw-map-cnf03.png


Clicking on the "Save network map" button will create a new network map in which we can start adding elements.

"ネットワークマップの保存(Save network map)" をクックすると、新たなネットワークマップが作成され要素を追加できるようになります。

空ではないネットワークマップ

We will see a form with more options than the previous case.

前者よりもよりオプションが多いフォームが表示されます。


ファイル:Nw-map-cnf02.png


We will detail each of the available options:

  • Name: red map name.
  • Group: the group to which the network map belongs to the ACLs, and also the group from which the map is generated from the agents containing in that group.
  • Position X: offset applied to the default position on the map to display it always the same in the x-axis component.
  • Position Y: offset applied to the default position on the map to display it always the same in the y-axis component..
  • Zoom scale: application for the map's default view to always display it with this same enlargement.
  • network map source: filter or source of the agents from which the map was generated or new nodes added to the holding area. They can be:
    • Group: appear in the network map (or in the holding area) only the agents that belong to that group or children groups.
    • Recon Task: Only the agents that have been discovered by the recon task that has been chosen on the same form and which must be Level 2 appear on the network map (or on the holding area).
    • CIDR IP mask: appear in the network map (or in the holding area) only the agents that their main IP passes the IP mask filter.
  • Don't show subgroups: option to not show secondary groups.
  • Method of generating the network map: the method of distribution of the nodes which form the network map, by default is radial, but there are the following:
    • Radial: in which all the nodes are around the fictional node that symbolizes the Pandora.
    • Circular: in which the nodes will be available in concentric circles.
    • Flat: in which the nodes of arborescent form will be available.
    • spring1, spring2: are variations of the Flat
  • Separation between nodes: Sets the desired separation between the nodes for the network map.
  • Minimum distance between nodes (only circular method): Sets the minimum separation we want between the nodes for the network map.
  • Separation between arrows (only flat and radial): Sets the separation between arrows that we want for the network map.
  • Default separation for nodes (spring2 only): Sets the minimum separation we want between the nodes for the network map.

各オプションの詳細は以下の通りです。

  • 名前(Name): マップ名です。
  • グループ(Group): ACL に関連してネットワークマップが属するグループです。また、そのグループに含まれるエージェントからマップが生成されます。
  • X位置(Position X): マップを表示するデフォルトの位置からの X軸オフセットです。
  • Y位置(Position Y): マップを表示するデフォルトの位置からの Y軸オフセットです。
  • 拡大スケール(Zoom scale): マップのデフォルト表示における拡大率です。
  • ネットワークマップソース(network map source): マップ生成に取り込むエージェントもしくは保持エリアに追加する新規ノードのエージェントのフィルタです。
    • グループ(Group): ネットワークマップ(または保持領域)に、そのグループまたは子グループに属するエージェントだけが表示されます。
    • 自動検出タスク(Recon Task): 同じフォームで選択され、レベル2でなければならない自動検出タスクによって検出されたエージェントのみがネットワークマップ(または保持領域)に表示されます。
    • CIDR IP マスク(CIDR IP mask): ネットワークマップ(または保持領域)、メイン IP が IPマスクフィルタを通過したエージェントのみが表示されます。
  • サブグループを表示しない(Don't show subgroups): セカンダリグループを表示しないようにするオプションです。
  • ネットワークマップ生成手法(Method of generating the network map): ネットワークマップ上にノードをどのように配置するかです。デフォルトは放射状(Radial)です。以下から選択します。
    • Radial: すべてのノードが Pandora を表す仮想ノードの周りに配置されます。
    • Circular: ノードが同心円で配置されます。
    • Flat: 木構造で配置されます。
    • spring1, spring2: Flat の異なるパターンです。
  • ノード間の分離(Separation between nodes): ネットワークマップのノード間を離します。
  • ノード間の最小距離(Minimum distance between nodes (circular のみ)): ネットワークマップのノード間の最短距離です。
  • 矢印間の分離(separation between arrows (flat および radial のみ)): ネットワークマップの矢印間を離します。
  • デフォルトのノード分離(Default separation for nodes (spring2 のみ)): ネットワークマップのノード間のデフォルトの距離です。

When defining the options that we want we can click on the "Save network map" button at that moment the Pandora Fms console will begin to generate the network map showing the message "Pending to generate", this can take a while.

オプションを設定し、"ネットワークマップの保存(Save network mak)" ボタンをクリックすると、Pandora FMS コンソールはネットワークマップの生成を開始し、"生成の保留(Pending to generate)" が表示されます。これには少し時間がかかります。

ファイル:Nw-map01.png

ネットワークマップの編集

To access to edit a map, in addition to having ACL permissions of type "IW", you can editing through the "wrench" icon.

マップの編集には、"IW" の権限が必要です。スパナのアイコンから編集できます。

ファイル:Nw-map-edit01.png


The form for editing the network maps is the same as the creation form except for some tokens that can not be changed when its created.

ネットワークマップを編集するためのフォームは、いくつかの変更できない項目を除いて、作成フォームと同じです。


ファイル:Nw-map-edit03.png


ネットワークマップの複製

From the list of network maps and having the ACL permissions of "IW" you can duplicate a network map with all its contents and all its configurations, except the name that is by default "Copy of <source map>" and later if there are more than one "Copy of <source map> N", you can change this name in the network map edition window.

ネットワークマップ一覧から、"IW" 権限があれば、名前を除き、同様の内容・設定で、ネットワークマップを複製することができます。名前は、デフォルトでは "Copy of <複製元マップ名>" です。2つ以上コピーした場合は、"Copy of <複製元マップ名> N" となります。名前は、ネットワークマップ編集画面で変更できます。

ファイル:Mapas red 10.png


ネットワークマップ表示

ミニマップ

The minimap provides us with a global view that shows the entire extent of the map, but in a much smaller view, in addition to the view of the map is shown all nodes completely but without state and without relations. Except for the fictional point of Pandora shown in green. And also a red box is shown on the part of the map being displayed.

ミニマップは、小さいですが地図の全範囲を表示するグローバルビューを提供します。すべてのノードを含めてマップ全体を表示しますが状態や関係は表示しません。ただし、Pandora は仮想的に緑色で表示されます。 また、表示されているマップの部分に赤いボックスが表示されます。

It is located in the upper left corner and can be hidden by clicking on the arrow icon.

これは左上に表示されます。矢印アイコンをクリックすることにより隠すことができます。


ファイル:Nw-map01-minimap.png


コンテキストメニュー

Contextual Menu From the contextual menu, you can perform more complex tasks on the network map.

コンテキストメニューからは、ネットワークマップのより細かい操作ができます。


ファイル:Nw-map02.png


The available options are:

  • Add node: Allows you to add a new real or fictitious node.
  • Set centre: Sets the center of the map to show that section of the map when you access it.
  • Refresh: Refresh the network map.
  • Refresh Holding Area: Refresh the network ma’s holding area.
  • Restart map: Allows you to adjust the map values using a form and generate it again.

存在するオプションは次の通りです。

  • Add node: 実ノードもしくは仮想ノードを追加できます。
  • Set centre: アクセスしたときに表示するマップの中心を設定します。
  • Refresh: ネットワークマップをリフレッシュします。
  • Refresh Holding Area: ネットワークマップの保持領域をリフレッシュします。
  • Restart map: フォームを使用してマップ値を調整し、それをもう一度生成しなおします。

保持領域

The holding area is where the new network nodes appear, preventing new nodes from appearing in the middle of their network maps and reflecting the changes in the monitored architecture clearly.

保持領域は、新たなネットワークノードが追加される場所です。新たなノードがネットワークマップの中に追加されるのを防ぎ、監視アーキテクチャに変更があったことを反映します。


ファイル:Nw-map03.png


New nodes in the holding area appear only when the bench is refreshed by the context menu. In addition, the network map creation filter is applied to search for new nodes, such as per group, per network mask, or new ones found by a recontask network discovery task. The aesthetics of the nodes and the links between the nodes are dotted lines and contours. The nodes inside the holding area remain as a holding area items until they are dragged out.

保持領域の新たなノードは、コンテキストメニューから再描画が行われた時にのみ追加されます。加えて、ネットワークマップ作成フィルタは、グループごと、ネットワークマスクごとなどで、自動検出タスクによる新たなノードの検索を行います。 ノードおよびノード間のリンクは、点線および輪郭で表現されます。 保持領域にあるノードは、ドラッグアウトするまでそこにあります。

ノードの編集

位置の変更

By holding it down on a map node you can change its position.

ノードをドラッグすることで、位置を変更できます。

ノードを他に関連付ける

With the Secondary button of the mouse, clicking on a node a contextual menu appears, choose the option "Choose as a child".

マウスの 2つ目のボタンで空の場所をクリックするとコンテキストメニューが表示されます。 "Choose as a child"

を選択します。

ファイル:Mapas red 11.png


You start the operation of linking one node with another. For this, you must to right click on another node (fictitious or not) and you will have a contextual menu that shows you "choose as a parent" or "cancel the operation".

あるノードを他へリンクさせる操作をするには、他のノード(仮想かどうかにかかわらず)を右クリックし、コンテキストメニューで "Define as a parent element" を選択します。

ファイル:Mapas red 12.png


And at the end of the operation, the node will be linked to another node, and the marks on the nodes will disappear.

操作を完了すると、ノードが他のノードへリンクされます。

ファイル:Mapas red 13.png


You can also define from the contextual menu a type of connection by network interface and you can select from which network interface the connection is

また、コンテキストメニューから、ネットワークインタフェースの接続を定義することもできます。どのネットワークインタフェースからの接続かを選択できます。

In the same way that the previous link can be made by right clicking on the element that we will define as a child and clicking add network interface.

同様に、子として定義した要素を右クリックし Add network interface をクリックすることによって、リンクを作ることができます。

ファイル:Mapas red 14.png


Then go to the element that we will define as a parent for the link, right-click and select set parent interface.

次に、リンクの親として定義する要素に移動し、右クリックして親インタフェースの設定を選択します。

ファイル:Mapas red 15.png


A window will show asking to select the interface to use on both nodes for the link.

双方のノードでリンクに使うインタフェースを選択するウインドウが表示されます。

ファイル:Mapas red 16.png


Once you select the interfaces on both nodes, a circle will appear right at the ends of the link representing the status of those interfaces.

双方のノードでインタフェースを選択すると、それらのインタフェースの状態を表し、リンクの端として丸で表示されます。

ファイル:Mapas red 17.png


ノードの情報表示

Shows in a separate popup window a detail view of the agent.

エージェントの詳細が別ウインドウで表示されます。



[[image:nw-map11.0.png] ファイル:Mapas red 18.png

ファイル:Mapas red 19.png



ノードの削除

With the Secondary button of the mouse, clicking on a node a contextual menu appears, choose the option "Delete"

マウスの右ボタンでノードをクリックし、コンテキストメニューを表示し、"Delete" オプションを選択します。



ファイル:Mapas red 20.png



状態表示の形状変更

With the Secondary button of the mouse, clicking on a node appears a contextual menu, we enter in the information of the agent and from the menu of form we can change the form of the aureola of the node.

マウスの右ボタンでノードをクリックし、コンテキストメニューを表示します。エージェントの情報に入り、フォームのメニューからノードの表示形式を変更することができます。



ファイル:Mapas red 21.png



ノード間の関係の削除

From the information of the agent we can see the option of relations in which we can either select the interfaces for each node or delete the link.

エージェントの情報から、各ノードのインタフェースの選択、リンクの削除が選択できます。



ファイル:Mapas red 22.png



ノードの一括編集

Holding down the "control" key, you will see a translucent rectangle to be able to select several nodes at the same time. And once you have selected several, you can do:

  • With the main button, you can drag them all at once.
  • With the right button, you have a menu with the options, link by relationship with another node, forward, delete, open details window and change the shape of the state aura (and if it is a fictional node the Form of this).

コントロールキーを押し続けると、同時に複数のノードを選択できる半透明の矩形が表示されます。複数のノードを選択したら、次のようにします。

  • 左ボタンで、すべてを一度にドラッグできます。
  • 右ボタンで、別のノードとの関係性のリンク、転送、削除、詳細画面表示、状態表示の形状変更(仮想ノードの場合はこのフォーム)といったメニューを選択できます。

ファイル:Mapas red 23.png


エージェントノードの作成

The creation of agent nodes apart from the initial load if you choose a group in the creation of the map, can be created once add new agent nodes, from the control panel, there are two ways that we will deal next.

マップの作成でグループを選択した場合、初期設定とは別のエージェントノード作成は、コントロールパネルから新しいエージェントノードの追加で作成することができます。次に示す 2つの方法があります。



ファイル:Nw-map15.png



ノードの作成

In the contextual menu in the add agent part, you have a smart control by which it filters and displays the list of possible agents as written.

コンテキストメニューのエージェント追加で、追加可能なエージェントの一覧をフィルタ表示する機能があります。

Once selected, the "Add Agent" button is clicked on the panel and a new node of this agent will appear in the center of the part that is currently showing the map.

選択し、パネル上の「Add Agent」ボタンをクリックすると、このエージェントの新しいノードが現在表示しているマップの中央に表示されます。


ファイル:Nw-map17.png


ノードの一括作成

Also in the control panel, in the drop-down list that is called "Filter group", you select the group that you want to load from the list of agents below, in this list the agents in that group will appear and that are not on the map.

コントロールパネルのプルダウンメニューに "Filter group" があります。一覧表示したいエージェントのグループを選択します。この一覧には、マップ上に存在しないそのグループ内のエージェントが表示されます。

ファイル:Nw-map18.png

仮想ノードの作成

Also from the control panel you can create dummy nodes, in the form can be defined from the form (circle, square or rhombus), give it a color, give it a name, give it a size and even in the list of network maps are You can choose a map with which to link.

コントロールパネルからは、ダミーノードを作成することができます。フォームから形状(円、正方形または菱形)からを定義し、色を付けたり、名前を付けたり、サイズを指定したり、ネットワークマップの一覧からリンクするマップを選択できます。

ファイル:Nw-map19.png

拡大レベルの修正

Mouse wheel, with the mouse wheel you can vary the zoom level on the map, which by default always opens at the maximum zoom level, the maximum level is shown the system icon, at higher levels is not displayed and The text of each node is from a smaller source. There are 5 zoom levels.

マウスのホイールでマップの拡大率を変更できます。デフォルトでは常に最大の拡大率で表示されます。最大レベルではアイコンが表示され小さくなると表示されず、テキストは小さく表示されます。拡大率は 5段階です。



(OBSOLETE) ネットワークマップ操作

The interaction of the network map can be made through:

  • Mouse, accepting drag and drop actions, double click, main and secondary button, and mouse wheel.
  • Keypad, by means of the control keys you can modify start multiple selections.

ネットワークマップの操作は、以下が使えます。

  • マウスにて: ドラッグ & ドロップの操作、ダブルクリック、メインおよび 2つ目のボタン、スクロール
  • キーボード: コントロールキーを使用して複数の選択ができます。

マップ上でのアクション

マップの移動

  • Holding it down on an empty part of the map you can drag and scroll through the network map.
  • On the minimap, with the mouse dragging by holding down the main button or clicking on the area you want to see.
  • マップの空の部分を握って、ドラッグやスクロールができます。
  • ミニマップ上では、マウスクリックしてドラッグまたは、見たい場所をクリックできます。

マップの強制更新

With the Secondary button of the mouse, pressing on an empty space a contextual menu appears, you choose the option "Refresh", which forces to refresh the states of the nodes.

マウスの 2つ目のボタンで空の場所をクリックするとコンテキストメニューが表示されます。"Refresh" を選択すると、ノードの状態が強制的に更新されます。

マップの中心設定

With the secondary button of the mouse, clicking on an empty space appears a contextual menu, choose the option "Center here" fixed the center of the network map in the point clicked, for later times that open this map reappears at this point. Also by default, if no center is chosen, the default center is the dummy Pandora node.

マウスの 2つ目のボタンで空の場所をクリックするとコンテキストメニューが表示されます。 "Center here" を選択すると、クリックした場所がネットワークマップの中心になります。次回マップを開いた時には、ここが表示されます。デフォルトでは中心は選択されていません。デフォルトの中心は Pandora ノードです。

(OBSOLETE)

ネットワークインタフェースを通した、2つのエージェント間の関係設定

To establish a relationship between two agents, you must:

  • First, relate the two nodes agents.
  • Second, open the context menu on one of the two nodes, node information. And in the relationships section choose the interfaces that physically connect the two agents.

2つのエージェント間で関係を設定するには、次のようにします。

  • 最初に、2つのエージェントを関係づけます
  • 次に、一方のノードでコンテキストメニューを開き、ノードの情報を開きます。そして、関係性の項目で 2つのエージェントが物理的に接続されているインタフェースを選択します。

ネットワークマップソース

The network map has different filters to get the new nodes or to generate the initial network map.

ネットワークマップは、新たなノードの取得または初期ネットワークマップの生成のための異なるフィルタを持っています。

The filters are:

  • Group: appear in the network map (or in the holding area) only the agents that belong to that group or children groups.
  • Recon Task: Only the agents that have been discovered by the recon task that has been chosen on the same form and which must be Level 2 appear on the network map (or on the holding area).
  • Mascara IP: appear in the network map (or in the holding area) only the agents that their main IP passes the IP mask filter.

フィルタは次の通りです。

  • グループ(Group): 指定のグループおよびその子グループに属するエージェントのみネットワークマップ(または保持エリア)に表示されます。
  • 自動検出タスク(Recon Task): 同じフォームで選択されたレベル 2 の自動検出タスクで見つかったエージェントのみネットワークマップ(または保持エリア)に表示されます。
  • IPマスク(Mascara IP): IPマスクフィルタを通ったエージェントのみネットワークマップ(または保持エリア)に表示されます。