個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Dashboard

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

目次

ダッシュボード

概要

The dashboard is a Pandora FMS (Enterprise version) functionality that allows that any user could build his own monitoring page. It is possible to add more than a page and in it is possible to add monitoring maps, graphs, etc...

ダッシュボードは、Pandora FMS エンタープライズ版の機能で、ユーザごとのモニタリングページを作成することができます。モニタリングマップ、グラフ、その他の複数のページを追加できます。

The dashboard's configuration is carried out from the same place in which it's possible to gain access to it. Please click on 'Reporting' and 'Dashboard' on the web console's right side to gain access to it.

ダッシュボードの設定は、同じ画面から行うことができます。ウェブコンソールの 'レポート(Reporting)’および 'ダッシュボード(Dashboard)' をクリックします。

Dashboard1.png

When you click on Dashboard the pages that the user have configured will be shown.

ダッシュボードをクリックすると、設定された画面が表示されます。

800px

ダッシュボードの作成

To create a Dashboard, press "New dashboard" the button of the menu Reporting -> Main Dashboard.

ダッシュボードを作成するには、レポート(Reporting) -> メインダッシュボード(Main Dashboard) メニューの "新規ダッシュボード(New dashboard)" ボタンをクリックします。



600px



A dashboard will be created with a sample object. To customize it, adding widgets and specifying which users will be able to modify it, you must click on the Options button in the upper right menu:

サンプルオブジェクトを使用してダッシュボードが作成されます。 それをカスタマイズしたり、ウィジェットを追加したり、どのユーザがそれを変更できるようにするかを指定するには、右上のメニューにあるオプションボタンをクリックします。



600px



In the popup dialog you must assign a name to the dashboard, select the number of cells (widgets) it will contain, and indicate if it will be of private type (only the user who created it and the Pandora FMS administrator will be able to see it) or visible for a group. Also, you have the option to show each widget as a slide in full screen.

ポップアップダイアログで、ダッシュボードに名前を付け、それに含まれるセル(ウィジェット)の数を選択し、それをプライベートタイプにするかどうか(指定すると作成したユーザーと Pandora FMS 管理者だけができるようになります)や、参照できるグループを指定します。 また、各ウィジェットをスライドとして全画面表示するオプションもあります。



ファイル:Dash-options2.png



Apply the changes with the "Save" button (note that if you want to change the number of cells, you must click on "Update"). Once the changes have been applied, we will have to save the dashboard in order to start adding objects to it. The next step is to add objects to the dashboard, clicking on "Add Widget". This option will only appear in empty cells:

"保存(Save)" ボタンで変更を適用します(セル数を変更したい場合は、"更新(Update)" をクリックする必要があります)。変更が適用したのち、ダッシュボードにオブジェクトを追加し始めるためには、ダッシュボードを保存する必要があります。次のステップは、"ウィジェットの追加(Add Widget)"をクリックしてダッシュボードにオブジェクトを追加することです。 このオプションは空のセルにのみ表示されます。



Dashboard5.png



A new window will appear containing all the object types that can be added. You can navigate between the different pages with the buttons at the top left.

追加できるすべてのオブジェクトタイプを含む新しいウィンドウが表示されます。 左上のボタンを使って、異なるページ間を移動できます。



550px



ダッシュボードへのアイテムの追加

Several different widgets (objects) can be added to each dashboard, each one occupying a cell. Each widget has its own characteristics and configurations, so below we will detail their use and the options available for each one.

複数の異なるウィジェット(オブジェクト)をそれぞれのダッシュボードへ追加できます。一つのウィジェットは一つのセルを占有します。それぞれのウィジェットはそれ自身の特性と設定を持っており、以下でそれらの使用法とそれぞれで利用可能なオプションについて詳しく説明します。

エージェント/モジュール一覧表示

To show a list of selected agents and modules use the following widget.

選択したエージェントとモジュールの一覧を表示するには、次のウィジェットを利用します。

ファイル:Agent module.png

Modules in common with agents are loaded by default. If any coincide the data will be displayed. They can also be configured using these options:

同時に表示するデータがあれば、エージェントの共通モジュールがデフォルトでロードされます。以下のオプションでも設定することができます。

ファイル:Config agent module.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: CSS color code for the background.
  • Group: to filter the list of agents.
  • Agent: list of agents.
  • Show common modules: Hay dos opciones, mostrar los módulos comunes a los agentes seleccionados o mostrar todos los módulos de los agentes seleccionados. Por defecto 'Show common modules'.
  • Modules: Lista de módulos generada a partir de lo seleccionado en agentes y mostrar los módulos en común.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトルです。
  • 背景画像(Background image): 背景の CSS カラーコードです。
  • グループ(Group): エージェント一覧のフィルタに使います。
  • エージェント(Agent): エージェント選択です。自動補完されます。
  • 共通モジュールの表示(Show common modules): 選択したエージェントに対して共通のモジュールを表示するか、すべてのモジュールを表示するかの 2つのオプションがあります。デフォルトは、共通モジュールの表示です。
  • モジュール(Module): 選択したエージェントから生成されるモジュール一覧と、共通モジュール表示です。

When saving the configuration, the widget should look something like the one shown below.

設定を保存すると、ウィジェットは以下のように表示されます。

ファイル:View agent module.png

発報アラートレポート

To show a report on triggered alerts, we'll use the following widget.

発報したアラートのレポートを表示するには、次のウィジェットを利用します。

ファイル:Alerts fired.png

The settings options it shows are:

設定オプションは次の通りです。

ファイル:Config alerts.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: color code in CSS.
  • Groups: group from which we want to obtain the alert report.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトル。
  • 背景画像(Background image): CSS に指定するカラーコード。
  • グループ(Groups): アラートレポートを取得したいグループ。

When saving the configuration, the widget will look something like this.

設定を保存すると、ウィジェットは次のような表示になります。

ファイル:View alerts.png

時計

This widget displays a clock with the time set in the console. To add this widget, you must click on the following icon:

このウィジェットは、コンソールで設定されている時刻で時計を表示します。このウィジェットを追加するには、次のアイコンをクリックします。



ファイル:Icono reloj.png



The following configuration window will appear.

次の設定画面が表示されます。



ファイル:Config reloj.png



In it you must indicate the name to display for the object and the type of clock you want. Optionally, you can choose a specific background color for the widget, setting its CSS code.

その中で、オブジェクトに表示する名前と必要な時計の種類を指定する必要があります。オプションで、ウィジェットの背景色を選択して、その CSS コードを設定することができます。



ファイル:Analogic reloj.png





ファイル:Digital reloj.png



ユーザ定義グラフ

To add a graph defined by the user click on this icon:

ユーザ定義グラフを追加するには、このアイコンをクリックします。

Dashboard11.png

By clicking on the icon it will appear the object configuration window.

アイコンをクリックすることにより、設定画面が表示されます。

Dashboard12.png

In the configuration window you should configure the following parameters:

設定画面では、次のパラメータを設定します。

  • Title: title that will appear at the top of the graphic.
  • タイトル(Title): グラフの先頭に表示されるタイトルを設定します。
  • Graph: combo where you can choose the graph that will appear. You should choose between the graphs created by Pandora FMS.
  • グラフ(Graph): 表示するグラフを選択します。Pandora FMS で作成されたグラフを選択できます。
  • Period: combo where you can choose the graph period.
  • 更新間隔(Period): グラフの表示範囲を選択します。
  • Stacked: select it if you want that the different values of a combined graph would be one above the other.
  • 積み上げ(Stacked): 組み合わせグラフの値で、ある値の上に別の値を積み上げる場合に選択します。

Click on the “update” button and it will appear a window like this:

"更新(update)" ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。

ファイル:View custom graph.png

At the stacked selection different options are shown:

オプションの選択を以下に示します。

ファイル:Config custom graph2.png

The options displayed at the selection menu are the different graphic modes. As in the examples below:

選択肢に表示されるオプションで異なるグラフのモードを選択します。例を以下に示します。

Gauge Mode:

ゲージモード:

ファイル:View gauges.png

On this type of graphic , the maximum and minimum in each of the clocks will be defined by the maximum and minimum value defined at the module. In other cases, the value shown will be the highest and lowest that the module itself has been along his historical execution. The "Warning" and "Critical" values will be shown with an orange and red line, respectively.

このタイプのグラフでは、メータの最大と最小はモジュールで定義された最大と最小値で設定されます。そうでなければ、これまで収集した情報の最大と最小で表示されます。"警告" と "障害" の値は、オレンジおよび赤の線で表示されます。

Stacked Area:

塗りつぶしの積み重ね:

ファイル:View stacked graph.png

最新イベントリスト

To add a list with the last events that have been place in Pandora FMS, click on this icon:

Pandora FMS の最新のイベント一覧を追加するには、このアイコンをクリックします。

Dashboard15.png

when you click on the icon, the object configuration window appears.

アイコンをクリックすると、設定画面が表示されます。

ファイル:Config event list.png

In the configuration window you should configure the following parameters:

設定画面では、次のパラメータを設定します。

  • Title: title that will be shown above the graph.
  • タイトル(Title): グラフに表示するタイトルを設定します。
  • Event Type: combo where you can choose between the different kinds of events that exist (Critical,Warning,...).
  • イベントタイプ(Event Type): イベントの種類 (障害、警告、...) を選択します。
  • Max. hours old: limit of hours to extract events.
  • 最大表示範囲(時間)(Max. hours old): イベントを展開する時間範囲
  • Limit: combo where the maximum number of events that will appear is defined.
  • 制限(Limit): 表示するイベントの最大数を設定します。
  • Event Status: combo where you can choose the state of the event, validated without validate, or all of them.
  • 状態(Event Status): イベントの状態 (承諾済み、未承諾、すべて) を選択します。
  • Groups: groups that will be shown in events are selected.
  • グループ(Group): イベントを表示するグループを設定します。
  • Tags: tags that will be shown in events are selected.
  • タグ(Tags): イベントを表示するタグを設定します。

Click on the "update" button and a window like this will appear:

"更新(update)" をクリックすると、次のような画面が表示されます。

ファイル:View event list.png

If you click on the agent name you will have access to the agent configuration window.

エージェント名をクリックすると、エージェント設定画面にアクセスできます。

モジュール状態の履歴グラフ表示

To display a graph of historic module status use the following widget.

モジュール状態の履歴グラフを表示するには、次のウィジェットを利用します。

ファイル:Graph module histogram.png

The settings options are:

次の設定オプションが表示されます。

ファイル:Config grapg module.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: CSS color code for the background.
  • Agent: autocomplete where the agent is chosen.
  • Module: Module that provides the historical data.
  • Periodicity: Period that the graph covers. Value between 1h - 48h.
  • Text size of value in px: Pixel size for the value size. If not indicated Pandora FMS will indicate it.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトルです。
  • 背景画像(Background image): 背景の CSS カラーコードです。
  • エージェント(Agent): エージェント選択です。自動補完されます。
  • モジュール(Module): データ表示に使われるモジュール。
  • 間隔(Periodicity): グラフがカバーする範囲です。値は、1h - 48h の間です。
  • pxでの値のテキストサイズ(Text size of value in px): サイズに指定するピクセル値。指定しない場合は、Pandora FMS の設定に従います。

When saving the configuration, the widget should look something like the one shown below.

設定を保存すると、ウィジェットは以下のように表示されます。

ファイル:View graph module.png

モジュールごとのトップ N イベント

To show the graph for top events per modules, based on the group, we'll use the following widget.

グループをもとにして、モジュールごとのトップイベントのグラフを表示するには、次のウィジェットを用います。

ファイル:Top n events by module.png

The configuration options it presents are:

設定オプションは次の通りです。

ファイル:Config topn modules.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Amount to show: amount of event types.
  • Max. hours old: time during which the existing events to show will be taken into account.
  • Groups: which groups we wish to include.
  • Legend position: graph key position.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトル。
  • 表示数(Amount to show): イベントタイプの数。
  • 最大遡り時間(Max. hours old): 表示イベントの対象期間。
  • グループ(Groups): 含めたいグループ。
  • 凡例の位置(Legend positon): グラフの凡例の位置。

When saving the configuration the widget should look something like the one below.

ウィジェットの設定を保存すると、次のような表示がされます。

ファイル:View topn modules.png

グループ状態レポート

To add a report with the Pandora FMS group status click on this icon.

Pandora FMS のグループの状態レポートを追加するには、このアイコンをクリックします。

Dashboard8.png

By clicking on the icon appears the configuration window of the object.

アイコンをクリックすることによって、オブジェクトの設定ウインドウが現れます。

ファイル:Config groups stats.png

Write the title, select the groups that should be in the report and click on "update". Then a window like this will appear.

タイトルを入力し、レポートに含めるグループを選択します。そして "更新(update)" をクリックします。すると、つぎのようなウインドウが表示されます。

ファイル:Group stats widget.png

Clicking on the group name you could have access to the corresponding group in the operation menu.

グループ名をクリックすると、操作メニューのグループと同様のものにアクセスすることができます。

ツリー表示

To show the tree graph view we'll use the following widget.

ツリー表示を行うには、次のウィジェットを利用します。

ファイル:Tree view.png

This widget will show the default tree graph view without the need to modify configuration options. Nevertheless there are some things that can be modified if we want it so. The settings options are:

このウィジェットは、設定オプションを編集することなくデフォルトのツリー表示を行います。設定を変更することもでき、オプションは次の通りです。

ファイル:Config tree.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: CSS color code for the background.
  • Tab: tab that shows the tree graph we wish to see.
  • Group: filters by group.
  • Open all nodes: if is marked, see tree view with all nodes opened.
  • Agents status: filter by agent status.
  • Filter Agents: filter by agent name.
  • Modules status: filters by module status.
  • filter modules: filters modules by name.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトル。
  • 背景画像(Background image): CSS に指定する背景のカラーコード。
  • タブ(Tab): 参照したいツリー表示を行うタブ。
  • グループ(Group): グループでフィルタ。
  • 全ノードを開く(Open all nodes): チェックすると、ツリー表示は全ノードを開いた状態になります。
  • エージェント状態(Agents status): エージェントの状態に応じたフィルタリング。
  • エージェントフィルタ(Filter Agents): エージェント名でのフィルタ。
  • モジュール状態(Modules status): モジュールの状態に応じたフィルタリング。
  • フィルタモジュール(Filter modules): 名前によるモジュールのフィルタ。

When saving the configuration, the widget should look something like the one shown below.

設定を保存すると、ウィジェットは次のような表示になります。

ファイル:View tree.png

ビジュアルコンソールマップ

Template warning.png

This option is supported in computer screens only


Template warning.png

このオプションは、コンピュータ画面にのみ対応しています。


To add a map from the Pandora FMS visual console, click on this icon:

Pandora FMS のビジュアルコンソールのマップを追加するには、このアイコンをクリックします。

Dashboard31.png

If you click on the icon, the configuration window of the object will appear.

アイコンをクリックすると、設定画面が表示されます。

Dashboard32.png

Write the title and chose the map that should appear in the object from a combo.

タイトルを入力し、表示するマップを選択します。

click on the "update" button and a window like this will appear:

"更新(update)" ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。

Note: Maps will have to be created before from Administration > Visual console builder.

注意: マップは、システム管理(Administration) -> ビジュアルコンソールビルダ(Visual console builder) にて事前に作成しておく必要があります。

Dashboard33.png

ビジュアルマップレポート

To add a report of Pandora FMS visual maps, click on the following icon:

Pandora FMS のビジュアルマップのレポートを追加するには、次のアイコンをクリックします。

Dashboard25.png

If you click on the icon the object configuration window will appear:

アイコンをクリックすると、設定画面が表示されます。

Dashboard26.png

Write the title, select the maps of the visual console that should appear in the report and click on "update". It will show a window like this:

タイトルを入力し、レポートに表示するビジュアルコンソールのマップを選択し、"更新(update)" をクリックします。次のような画面が表示されます。

Dashboard27.png

If you click on the map name you will have access to the map in the visual console.

マップ名をクリックすると、ビジュアルコンソールのマップにアクセスできます。

アイコンとモジュールの値表示

To show the icon and value of module view use the following widget.

アイコンとモジュールの値を表示するには、次のウィジェットを利用します。

ファイル:Module icon.png

The settings options it shows are:

次の設定オプションが表示されます。

ファイル:Config module icon.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: CSS color code for the background.
  • Label: text label to show in widget.
  • Agent: autocomplete where the agent is chosen
  • Module: Module with used to show data.
  • Icon: select with icon to select.
  • Text size of value in px: Size in pixels of text value, default size of config in PandoraFMS.
  • Text size of label in px: Size in pixels of label text, default size of config in PandoraFMS.
  • Size icon: Size of icon, default size of icon.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトルです。
  • 背景画像(Background image): 背景の CSS カラーコードです。
  • ラベル(Label): ウィジェットに表示するテキストラベル。
  • エージェント(Agent): エージェント選択です。自動補完されます。
  • モジュール(Module): データ表示に使われるモジュール。
  • アイコン(Icon): アイコンを選択します。
  • pxでの値のテキストサイズ(Text size of value in px): テキストの値のピクセルサイズ。Pandora FMS の設定にデフォルトサイズがあります。
  • pxでのラベルのテキストサイズ(Text size of label in px): ラベルテキストのピクセルサイズ。Pandora FMS の設定にデフォルトサイズがあります。
  • アイコンサイズ(Size icon): デフォルトのアイコンのサイズです。

When saving the configuration, the widget should look something like the one shown below.

設定を保存すると、ウィジェットは以下のように表示されます。

ファイル:View module icon.png

モジュールの状態表示

To display the module value use the following widget.

モジュールの状態を表示するには、以下のウィジェットを利用します。

ファイル:Module status.png

The settings options it shows are:

次の設定オプションが表示されます。

ファイル:Config module status.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: CSS color code for the background.
  • Label: text label to show in widget.
  • Agent: autocomplete where the agent is chosen.
  • Module: Module used to obtain status for the image.
  • Icon: Icon shown in the widget that reflects changes in module status.
  • Text size of label in px: Pixel size for the label size. If no size is displayed PandoraFMS will specify it.
  • Size icon: Icon size.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトルです。
  • 背景画像(Background image): 背景の CSS カラーコードです。
  • ラベル(Label): ウィジェットに表示するテキストラベル。
  • エージェント(Agent): エージェント選択です。自動補完されます。
  • モジュール(Module): データ表示に使われるモジュール。
  • アイコン(Icon): モジュールの状態変化を反映してウィジェットに表示されるアイコン。
  • pxでのラベルのテキストサイズ(Text size of label in px): ラベルのピクセルサイズ。指定しない場合は、Pandora FMS の設定に従います。
  • アイコンサイズ(Size icon): アイコンサイズ。

When saving the configuration, the widget should look something like the one shown below.

設定を保存すると、ウィジェットは以下のように表示されます。

ファイル:View module status.png

URL の内容表示

To show Url content in Pandora FMS, click on this icon:

Pandora FMS に URL の内容を表示するには、このアイコンをクリックします。

ファイル:Dashboard 41.png

If you click on the icon, the configuration window of the object will appear.

アイコンをクリックすると、オブジェクトの設定ウインドウが開きます。

ファイル:Dashboard 42.png

In the configuration window you should configure the following parameters:

設定ウインドウでは、次のパラメータを設定します。

  • Title: Title that will appear above the widget.
  • Title: ウィジェットに表示するタイトル
  • URL: Combo where you can choose font size used for agents name.
  • URL: 表示する URL
  • Height in px (zero for auto): Height of the widget.
  • Height in px (zero for auto): ウィジェットの高さ

Then click on update button and a window like this will be shown:

更新(update)ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。

ファイル:Dashboard 43.png

モジュールの値のグラフ表示

To show the module value use the following widget.

モジュールの値を表示するには次のウィジェットを利用します。

ファイル:Module table value.png

The settings options it shows are:

次の設定オプションが表示されます。

ファイル:Config module table.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: CSS color code for the background.
  • Agent: autocomplete when the agent is chosen.
  • Module: Module used to obtain the data to be shown.
  • Text size of value in px: Pixel size for the size value. If no value is indicated Pandora FMS will specify it.
  • Separator of data: Separator to generate different lines. Possible options are: carriage return, vertical bar, semi-colon, colon, comma, space.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトルです。
  • 背景画像(Background image): 背景の CSS カラーコードです。
  • エージェント(Agent): エージェント選択です。自動補完されます。
  • モジュール(Module): データ表示に使われるモジュール。
  • pxでの値のテキストサイズ(Text size of value in px): サイズに指定するピクセル値。指定しない場合は、Pandora FMS の設定に従います。
  • データセパレータ(Separator of data): 行の区切りのセパレータです。設定可能なオプションは、改行、水平の線、セミコロン、コロン、カンマ、スペースです。

When saving the configuration, the widget should look something like the one shown below.

設定を保存すると、ウィジェットは以下のように表示されます。

ファイル:View module table.png

モジュールの値表示

To show the module value view use the following widget.

モジュールの値を表示するには、次のウィジェットを利用します。

ファイル:Module value.png

The settings options it shows are:

次の設定オプションが表示されます。

ファイル:Config module value.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: CSS color code for the background.
  • Label: text label to show in widget.
  • Agent: autocomplete where the agent is chosen.
  • Module: Module with used to show data.
  • Text size of value in px: Size in pixels of text value, default size of config in PandoraFMS.
  • Text size of label in px: Size in pixels of label text, default size of config in PandoraFMS.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトルです。
  • 背景画像(Background image): 背景の CSS カラーコードです。
  • ラベル(Label): ウィジェットに表示するテキストラベル。
  • エージェント(Agent): エージェント選択です。自動補完されます。
  • モジュール(Module): データ表示に使われるモジュール。
  • pxでの値のテキストサイズ(Text size of value in px): テキストの値のピクセルサイズ。Pandora FMS の設定にデフォルトサイズがあります。
  • pxでのラベルのテキストサイズ(Text size of label in px): ラベルテキストのピクセルサイズ。Pandora FMS の設定にデフォルトサイズがあります。

When saving the configuration, the widget should look something like the one shown below.

設定を保存すると、ウィジェットは以下のように表示されます。

ファイル:View module value.png

システムの状態

To add a report with the state of Pandora FMS monitors, click on this icon:

Pandora FMS のモニタリング状態のレポートを追加するには、このアイコンをクリックします。

Dashboard18.png

If you click on the icon the system state object will appear.

アイコンをクリックすると、システムの状態を表示するオブジェクトが現れます。

Dashboard19.png

ネットワークマップ

To add one Pandora FMS network map, click on this icon:

Pandora FMS のネットワークマップを追加するには、このアイコンをクリックします。

Dashboard28.png

If you click on this icon the configuration window of the object appears.

このアイコンをクリックすると、設定画面が表示されます。

Dashboard29.png

In the configuration window you should configure the following parameters:

設定画面では、次のパラメータを設定します。

  • Title: título que aparecerá encima del mapa.
  • Map: combo where select a network map
  • X offset: Amount that moves along the y axis, negative amounts are accepted.
  • Y offset: Amount that moves along the y axis, negative amounts are accepted.
  • Zoom level: Level of focus on the network map.
  • タイトル(Title): マップに表示するタイトルを設定します。
  • 'マップ(Map): ネットワークマップを選択します。
  • X オフセット(X offset): X軸に沿って移動する量です。負の値も指定できます。
  • Y オフセット(Y offset): Y軸に沿って移動する量です。負の値も設定できます。
  • 拡大率(Zoom level): ネットワークマップの拡大率です。

Click on the "update" button and it will appear a window like this:

"更新(update)" ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。

Dashboard30.png

メッセージ付きパネル

To add a panel with a message in Pandora FMS click on this icon.

Pandora FMS にメッセージ付きパネルを追加するには、このアイコンをクリックします。

ファイル:Dashboard 47.png

If you click on the icon, the configuration window of the object will appear.

アイコンをクリックすると、オブジェクトの設定ウィンドウが開きます。

ファイル:Dashboard 48.png

In the configuration window you should configure the following parameters:

設定ウィンドウでは、次のパラメータを設定します。

  • Title: Title that will appear above the widget.
  • Title: ウィジェットに表示するタイトル
  • Text: Free text with the message content.
  • Text: 表示するメッセージテキスト

Click on the update button and a window like this will be shown:

更新(update)ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。

ファイル:Dashboard 49.png

ユーザ定義レポート

To add user defined reports in Pandora FMS click on this icon

Pandora FMS にユーザ定義レポートを追加するには、このアイコンをクリックします。

ファイル:Dashboard 50.png

If you click on the icon, the configuration window of the object will appear.

アイコンをクリックすると、オブジェクトの設定ウィンドウが表示されます。

ファイル:Dashboard 51.png

In the configuration window you should configure the following parameters:

設定ウィンドウでは、次のパラメータを設定します。

  • Title: Title that will appear above the report.
  • Title: レポートに表示するタイトル
  • Report: Name of the report that will content the widget.
  • Report: ウィジェットに表示するレポート名

Click on the update button and a window like this will be shown:

更新(update)ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。

ファイル:Dashboard 52.png

サービスマップの表示

To show a service map we'll use the following widget.

サービスマップを表示するには、以下のウィジェットを使います。

ファイル:Service map.png

The settings options it shows are:

設定オプションは次の通りです。

ファイル:Config service.png

  • Title: title the widget will be given
  • Background Image: background color must be set in CSS value.
  • Service: service to show. Must be created in the service section previously.
  • Key: if we want it to show an explanatory key for graphs.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトル。
  • 背景画像(Background Image): CSS に設定する背景色。
  • サービス(Service): 表示するサービス。事前にサービスのメニューせ作成しておく必要があります。
  • Key: グラフの説明を設定します。

Whem saving the configuration, the widget should look something like the one below.

設定を保存すると、ウィジェットは次のような表示になります。

ファイル:View service.png

エージェントモジュールグラフ

To add a graph of one of the Pandora FMS agent modules, click on this icon:

Pandora FMS のエージェントモジュールの一つのグラフを追加するには、このアイコンをクリックします。

Dashboard22.png

If you click on the icon the object configuration window will appear:

アイコンをクリックすると、設定画面が表示されます。

Dashboard23.png

You should configure the following parameters in the configuration window:

設定画面で、次のパラメータを設定します。

  • Title:title that will appear above the graph.
  • タイトル(Title): グラフに表示するタイトルを設定します。
  • Group:combo to choose the group the agent belongs to.
  • グループ(Group): エージェントが所属するグループを選択します。
  • Agent:combo to choose the agent.
  • エージェント(Agent): エージェントを選択します。
  • Module:combo to choose the module.
  • モジュール(Module): モジュールを選択します。
  • Period:combo to choose the time period that the graph will have.
  • 更新間隔(Period): グラフの表示範囲を選択します。

Click on "update" and you will see a window like this:

"更新(update)" をクリックすると、次のような画面が表示されます。

Dashboard24.png

モジュールの SLA パーセンテージ表示

Para mostrar un listado de agentes seleccionados y los módulos usaremos el siguiente widget.

モジュールの SLA パーセンテージ表示をするには、次のウィジェットを利用します。

ファイル:Sla percent.png

The settings options it shows are:

次の設定オプションが表示されます。

ファイル:Config sla.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Background image: CSS color code for the background.
  • Label: text label to show in widget.
  • Agent: autocomplete where the agent is chosen.
  • Module: Módulo sobre el que se obtendrá los datos para el histórico.
  • Periodicity: Periodo sobre el que se realizará la grafica del historico de estado del módulo seleccionado. El valor a seleccionar está comprendido entre 1h y 48h.
  • Text size of value in px:Tamaño en pixeles para el tamaño del valor, si no se indica nada será lo especificado en PandoraFMS.
  • Text size of label in px:Tamaño en pixeles para el tamaño de la etiqueta, si no se indica nada será lo especificado en PandoraFMS.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトルです。
  • 背景画像(Background image): 背景の CSS カラーコードです。
  • ラベル(Label): ウィジェットに表示するテキストラベルです。
  • エージェント(Agent): エージェント選択です。自動補完されます。
  • モジュール(Module): 情報を取得するモジュールです。
  • 期間(Periodicity): モジュールの SLA の対象時間範囲です。
  • pxでの値のテキストサイズ(Text size of value in px): テキストの値のピクセルサイズ。設定しない場合は、Pandora FMS のデフォルト設定を利用します。
  • pxでのラベルのテキストサイズ(Text size of label in px): ラベルテキストのピクセルサイズ。設定しない場合は、Pandora FMS のデフォルト設定を利用します。

When saving the configuration, the widget should look something like the one shown below.

設定を保存したら、ウィジェットは次のように表示されます。

ファイル:View sla.png

システムグループ状態

This widget shows a table with the status of the groups we have selected:

このウィジェットは、選択したグループの状態を表で表示します。



ファイル:Icono group status.png



A configuration window will appear.

設定画面が表示されます。



ファイル:Config group status.png



The following parameters must be configured in the configuration window:

  • 'Title’: The display name of the object.
  • Background image'’': specific background color for the widget, setting its CSS code.
  • Groups: groups that we want to show in the widget.

Press the "update" button, and a window like the following appears:

設定画面では、次のパラメータを設定する必要があります。

  • タイトル(Title): オブジェクトの表示名。
  • 背景画像(Backgroud image): ウィジェットの特定の背景画像、CSS コード設定。
  • グループ(Groups): ウィジェットで表示したいグループ。

"更新(update)" ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。



ファイル:Imagen group status.png



概要表示

To add a tactical view of Pandora FMS click on this icon.

Pandora FMS に概要表示を追加するには、このアイコンをクリックします。

ファイル:Dashboard 44.png

If you click on the icon, the configuration window of the object will appear.

アイコンをクリックすると、設定ウィンドウが開きます。

ファイル:Dashboard 45.png

In the configuration window you should configure the following parameters:

設定ウィンドウでは、次のパラメータを設定します。

  • Title: title that will appear above the widget.
  • Title: ウィジェットに表示するタイトル
  • Status and Monitor checks: Show information about modules.
  • Status and Monitor checks: モジュールに関する情報を表示するかどうか
  • Server performance: Summary of server statistics.
  • Server performance: サーバの状態を表示するかどうか
  • Summary: Summary information about agents and modules.
  • Summary: エージェントとモジュールに関する情報を表示するかどうか

Click on the update button and a window like this will be shown:

更新(update)ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。

ファイル:Dashboard 46.png

エージェントグループごとの上位イベント数

To show the graph for top events for agents, we'll use the following widget.

エージェントの上位イベントのグラフを表示するには、次のウィジェットを使います。

ファイル:Top n events by group.png

The setting options that it presents are:

設定オプションは次の通りです。

ファイル:Config topn agents.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Amount to show: amount of agents.
  • Max. hours old: time during which existing events shown will be taken into account.
  • Groups: defines which agent groups we wish to include.
  • Legend position: graph key position.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトル。
  • 表示量(Amount to show): エージェントの数。
  • 最大表示範囲(時間)(Max. hours old): イベントを集計して表示する時間間隔。
  • グループ(Groups): 含めるエージェントグループの定義。
  • 凡例の位置(Legend position): グラフの凡例の位置.

When saving the configuration, the widget will look something like this:

設定を保存すると、ウィジェットは次のような表示になります。

ファイル:View topn agents.png

モジュールごとの上位イベント数

To show the graph for top events per modules, based on the group, we'll use the following widget.

グループおよびモジュールごとの上位イベント数のグラフを表示するには、次のウィジェットを使います。

ファイル:Top n events by module.png

The configuration options it presents are:

設定オプションは次の通りです。

ファイル:Config topn modules.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Amount to show: amount of event types.
  • Max. hours old: time during which the existing events to show will be taken into account.
  • Groups: which groups we wish to include.
  • Legend position: graph key position.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトル。
  • 表示量(Amount to show): エージェントの数。
  • 最大表示範囲(時間)(Max. hours old): イベントを集計して表示する時間間隔。
  • グループ(Groups): 含めるエージェントグループの定義。
  • 凡例の位置(Legend position): グラフの凡例の位置.

When saving the configuration the widget should look something like the one below.

設定を保存すると、ウィジェットは次のような表示になります。

ファイル:View topn modules.png

上位モジュール

To show the graph for top modules, we'll use the following widget.

上位モジュールのグラフを表示するには、以下のウィジェットを使います。

ファイル:Top n.png

The settings options it shows are:

設定オプションは次の通りです。

ファイル:Config topn agents modules.png

  • Title: title the widget will be given.
  • Period: period of data that will be used to show the widget's information.
  • Quantity (n): amount of modules that will be shown.
  • Order: way in which elements are organized.
  • Display: which is going to be the top module. Minimum, maximum or average values.
  • Items: in order to add modules we want the widget to use. Can be added individually or massively.
  • タイトル(Title): ウィジェットのタイトル。
  • 期間(Period): ウィジェットの情報を表示するのに利用するデータの期間。
  • 数量(Quantity (n)): 表示するモジュール数。
  • 順序(Order): 要素の表示順。
  • 表示(Display): 最小、最大、平均のいずれの値で上位モジュールを表示するか。
  • アイテム(Items): ウィジェットで利用したいモジュールの追加。個別または、まとめて追加できます。

When saving the configuration, the widget should look like the one shown below.

設定を保存すると、ウィジェットは次のような表示になります。

ファイル:View topn agents modules.png

エージェント WUX トランザクション表示

This widget shows a selected wux transaction:

このウィジェットは、選択した wux トランザクションを表示します。



ファイル:Icono wux trans.png



A configuration window will appear.

設定画面が表示されます。



ファイル:Config wux trans.png



The following parameters must be configured in the configuration window:

  • 'Title’: The display name of the object.
  • Background image'’': specific background color for the widget, setting its CSS code.
  • Agent’’’:choose the agent that has the wux monitoring to show.
  • WUX Transaction’’’: choose the wux module to show.

Press the "update" button, and a window like the following appears:

設定画面で、以下のパラメータを設定する必要があります。

  • タイトル(Title): オブジェクトの表示名。
  • 背景画像(Background image): ウィジェットの背景色、CSS コードの設定。
  • エージェント(Agent): 表示したい wux 監視があるエージェントの選択。
  • WUX トランザクション(WUX Transaction): 表示する wux モジュールの選択。

"更新(update)" ボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。



ファイル:Imagen wux trans.png



エージェント WUX トランザクション統計表示

This widget shows the stats of a selected wux transaction:

このウィジェットは、選択した wux トランザクションの統計を表示します。



ファイル:Icono wux stat.png



A configuration window will appear.

設定画面が表示されます。



ファイル:Config wux stat.png



The following parameters must be configured in the configuration window:

  • 'Title’: The display name of the object.
  • Background image'’': specific background color for the widget, setting its CSS code.
  • View all statistics: option to show all the stats of the chosen wux transaction.
  • Agent’’’:choose the agent that has the wux monitoring to show.
  • WUX Transaction’’’: choose the wux module to show.

Press the "update" button, and a window like the following appears:

設定画面で、以下のパラメータを設定する必要があります。

  • タイトル(Title): オブジェクトの表示名。
  • 背景画像(Background image): ウィジェットの背景色、CSS コードの設定。
  • 全統計の表示(View all statistics): 選択した wux トランザクションの全統計を表示するオプション。
  • エージェント(Agent): 表示したい wux 監視があるエージェントの選択。
  • WUX トランザクション(WUX Transaction): 表示する wux モジュールの選択。

"更新(update)" ボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。



ファイル:Imagen wux stat.png



ダッシュボードへのオブジェクトの追加

Clicking with the mouse on the Dashboard objects it is possible to move them and putting them where the user wants.

ダッシュボードのオブジェクトの上でマウスクリックすると、それを好みの場所へ移動させることができます。

ダッシュボードのオブジェクトの編集

To edit the configuration parameters of a Dashboard object, click on the icon with a notebook and a pencil that is on the upper right side of the object that you want to edit.

ダッシュボードのオブジェクトの設定パラメータを編集するには、編集したいオブジェクトの右上にあるノートと鉛筆のアイコンをクリックします。

ファイル:Dashboard343.png

Once you have click on the icon, the configuration menu of the object will appear. Modify it and click on "update" to save the changes.

アイコンをクリックすると、オブジェクトの設定メニューが表示されます。修正し、"更新(update)" をクリックすると変更が保存されます。

ダッシュボードのオブジェクトの削除

To delete the configuration parameters of an object from the Dashboard, click on the red x icon that is on the upper right side of the object you want to delete.

ダッシュボードに設定されたオブジェクトを削除するには、削除したいオブジェクトの右上にある赤い x アイコンをクリックします。

ファイル:Dashboard352.png

ダッシュボードの編集

You may edit the dashboard's name and group. In order to update an already existing dashboard, please click on the 'Dashboard Options' and 'Update Dashboard' options.

ダッシューボードの名前とグループを編集することができます。既存のダッシュボードを更新するには、'ダッシュボードオプション(Dashboard Options)' および 'ダッシュボードの更新(Update Dashboard)' をクリックします。



ファイル:Dash-options2.png



Please click on the 'Update Dashboard' option as shown above.

上記のように、ダッシュボードの更新オプションをクリックしてください。

ダッシュボードの削除

In order to delete a dashboard, go to the list of created dashboards and delete the one you want.

ダッシュボードを削除するには、作成したダッシュボード一覧から削除します。



ファイル:Dash61.JPG



スライドモード

To activate the slideshow mode, or presentation, simply access this mode in the top right menu, from the dashboard section, and select the dashboards you want to show in the presentation.

スライドショーモードを有効化するには、ダッシュボード画面の右上のメニューからアクセスし、表示したダッシュボードを選択します。



ファイル:Dash4.JPG



The console will switch to slide mode, from where we can control, among other things, the rotation frequency.

コンソールはスライドモードに切り替わります。ここで画面切り替えの速さを制御できます。



ファイル:Dash5.JPG



(OBSOLETE)

Pandora FMS ウェルカムメッセージ

To add the Pandora FMS welcome message, click on the following icon:

Pandora FMS のウェルカムメッセージを追加するには、以下のアイコンをクリックします。

Dashboard20.png

When you click on the icon the object with the welcome message will appear.

アイコンをクリックすると、ウェルカムメッセージを表示するオブジェクトが現れます。

Dashboard21.png