個人用ツール

Pandora:Documentation ja:Common param modules

提供: Pandora FMS Wiki JP

移動先: 案内, 検索

Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る

モジュールの共通パラメータ

データの保存

By default, Pandora FMS saves each value collected from each module. This, in a system with many agents, has a very considerable impact on the database of the system. Therefore, the system allows you to choose which data needs to be stored in a historical and which does not. If you only need to know the last value and it is enough for you to have a history of alerts and/or events, deactivate the historical storage for modules where you do not need it, your system will have better performance.

デフォルトでは、Pandora FMS は各モジュールから収集された値を保存します。 多くのエージェントを持つシステムでは、システムのデータベースに非常に大きな影響を与えます。 したがって、システムはどのデータを保存する必要があるかを選択することができます。 知る必要があるのは最新の値だけで、アラートやイベントの履歴があれば十分なのであれば、必要のないモジュールのデータ保存を無効にすると、システムのパフォーマンスが向上します。

不明イベントの不生成

Similar to the previous point (historical), Pandora FMS modules generate "unknown" events when they stop receiving data over a period of time. To relieve the server load, avoid generating these types of events if you don't really need this feature.

前述のデータ保存と同様に、Pandora FMS モジュールは一定期間データを受信しないと "不明" イベントを生成します。 サーバーの負荷を軽減するために、実際にこの機能が必要ない場合は、これらの種類のイベントの生成を避けます。

事前処理

The system will automatically multiply the value obtained in the monitoring by this number. It is useful for normalizing data, converting it from drives or other uses. Some conversions, for example:

監視した値を指定した数値で自動的に掛け算するシステムです。データの標準化や変換に便利です。いくつかの変換例を以下に示します。

  • Converts timeticks (SNMP) to days: 0.000000115740741
  • Converts bytes to Megabytes: 0.00000095367432
  • Converts bytes to Gigabytes: 0.00000000093132
  • Converts megabits to megabytes: 0.125
  • timeticks(SNMP)を日に変換: 0.000000115740741
  • バイトをメガバイトに変換: 0.00000095367432
  • バイトをギガバイトに変換: 0.00000000093132
  • メガビットをメガバイトに変換: 0.125

ファイル:Post-process.jpg

It has some predefined values, for a simpler use, as you can see in the previous screenshot. You can also add and modify some of the default values in the Visual Setup option of the console.

上記のスクリーンショットで見られるように、簡単に利用できるいくつか定義済の値があります。コンソールの画面設定にて、デフォルトの値を追加したり変更したりすることもできます。

最大/最小値

Unlike the threshold max/min values, these limit the maximum and minimum possible "acceptable" values for this module. They act as a filter to avoid entering data that could distort monitoring. The simplest case to understand is a supposed percentage value, which should have minimum values of 0 and maximum values of 100. Any other value outside those margins would be meaningless.

しきい値の最大値/最小値とは異なり、これらはモジュールがとりうる最大値と最小値を定義します。 これらは、監視を歪める可能性のあるデータの入力を避けるためのフィルタとして機能します。 最も簡単な例としては、パーセント値を想定することです。最小値は0、最大値は100です。この範囲から外れる値は無意味です。

連続抑制回数

A remote module (either a network module, plug-in module, etc.) can return unreliable data for a variety of reasons. For example, a ping module can return 0 even if a host is up due to network congestion problems.

リモートモジュール(ネットワークモジュール、プラグインモジュールなど)は、さまざまな理由により信頼性のないデータを返すことがあります。たとえば、ネットワーク接続の問題でホストが起動していても ping モジュールが 0 を返すことがあります。

Depending on how Pandora FMS is configured, this can trigger a series of unwanted events (status changes, alert triggers, sending emails...).

Pandora FMS の設定によっては、これは不要なイベント(状態変化、アラート発報、メール送信など)を発生させます。

To solve this situation, Pandora FMS has FF thresholds customized for each module. The FF threshold is the number of additional times a module will run before changing its status (a value of 0 means that this feature is disabled). Only if the condition that causes the status change is maintained in all retries will the module status be changed.

これを解決するために Pandora FMS は、モジュールに対して連続抑制回数(FF threshold)を設定できます。連続抑制回数は、モジュールの状態変化をさせるまでに何回モジュールを実行するかの値です(0 を指定するとこの機能は無効です)。指定した実行回数すべての実行においてモジュールの状態が変化する結果であった場合に、モジュールの状態が変更されます。



The interval of these additional runs can be specified with the FF interval.

追加実行の間隔は、連続抑制実行間隔(FF interval)で定義できます。



All this is best seen with an example: let's suppose we have a WMI module that returns the amount of free disk space in megabytes. We configure this module to go into critical status when this value is less than 100. Next, we create an alert that sends an email to the system administrator when the module goes critical so that it can free up some space. But, because of a software bug, every now and then the returned value is much lower than the current value. To solve this problem we configure the FF threshold of the module to one and the FF interval to 30 seconds. This means that the first time the module receives a data less than 100, the module will run again after 30 seconds, and only if it is still less than 100 will it go into in critical status. Otherwise, the module will continue its normal execution.

例を見ると分かりやすいでしょう。空きディスク容量をメガバイト単位で返す WMI モジュールがあるとします。 この値が 100 未満の場合、このモジュールを障害状態にするように設定します。次に、モジュールが障害状態になるとシステム管理者に電子メールを送信し、領域を解放します。 しかし、ソフトウェアのバグのために、今のところ戻り値は現在の値よりずっと低くなっています。 この問題を解決するために、モジュールの連続抑制回数を 1に、連続抑制実行間隔を 30秒に設定します。 これは、モジュールが最初に 100未満のデータになると、モジュールは 30秒後に再び実行され、モジュールがまだ 100未満の場合にのみ障害状態になることを意味します。それ以外の場合、モジュールは通常の実行を継続します。

This works well for synchronous modules, but asynchronous modules need an additional configuration parameter. Since they do not send data at regular intervals, checking consecutive values may not be very useful if they are far apart over time. In this case, you must specify an FF timeout, which means that consecutive values must occur within the specified time interval.

これは同期モジュールでは有効ですが、非同期モジュールには追加の構成パラメータが必要です。 一定の間隔でデータを送信しないので、連続した値の間隔が時間の経過とともに遠く離れていると、それはあまり有用ではないかもしれません。 この場合、連続抑制タイムアウトを指定する必要があります。これは、連続した値が指定された時間間隔内で継続しなければならないことを意味します。


Ff timeout.png


From version 5.1, individual FM thresholds can be defined for each state, so that a module may need two consecutive values to change to critical state, but only one to return to normal state.

バージョン 5.1 からは、それぞれの状態ごとに個別の連続抑制回数を設定できます。モジュールは、複数回数で障害状態になりますが、正常状態には 1度で戻すといったことができます。

カウンタ保持

This is an advanced option of the Flip Flop to control the status of a module. By means of "keep counters" some counter values will be established to go from one status into another depending, instead of the value, on the status of the module with the received value.

これは、連続抑制の高度なオプションで、モジュールの状態を制御します。"カウンタ保持" によって、値ではなく、受け取った値を持つモジュールの状態に応じて、あるステータスから別のステータスに移行するためのいくつかのカウンタ値が設定されます。

An example of how it works is shown below:

どのように動作するか例を以下に示します。

Let us suppose there is a module with the following characteristics:

次のようなモジュールがあると仮定します。

Interval: 5 min.
Threshold:
  Critical: 90 - 100;
  Warning: 80 - 90;

Flip Flop:
   Normal: 0;
   Warning: 3;
   Critical: 2;

Current Status: Normal;
間隔: 5分
しきい値:
  障害: 90 - 100;
  警告: 80 - 90;

連続抑制:
   正常: 0;
   警告: 3;
   障害: 2;

現在の状態: 正常;

And these data/Status are received:

そして、以下のようなデータ/状態を受け取ります。

Data Status
81 Warning
83 Warning
95 Crítical
89 Warning
98 Crítical
81 Warning
86 Warning
データ 状態
81 警告
83 警告
95 障害
89 警告
98 障害
81 警告
86 警告

As it can be seen in the example, the data shown belong to status warning and critical but the current status is normal because the Flip Flop conditions are not met.

例からわかるように、データから状態は警告と障害になりますが、連続抑制の定義にマッチしないため現在の状態は正常です。

By setting the keep counters parameter, a status counter will be kept, resulting in the change of status as shown below:

カウンタ保持パラメータを設定することにより、カウンタは維持され、結果、状態の変化は以下のようになります。

Data Data Status Module Status
81 Warning Normal
83 Warning Normal
95 Critical Normal
89 Warning Warning
98 Critical Warning
81 Warning Warning
86 Warning Warning
データ データの状態 モジュールの状態
81 警告 正常
83 警告 正常
95 障害 正常
89 警告 警告
98 障害 警告
81 警告 警告
86 警告 警告

Let us look at a more complete case:

別の例を見てみます。

Let us suppose there is a module with the following characteristics:

次のようなモジュールがあると仮定します。

Interval: 5 min.
Threshold:
  Critical: 90 - 100;
  Warning: 80 - 90;

Flip Flop:
   Normal: 2;
   Warning: 3;
   Critical: 2;

Current Status: Normal;
間隔: 5分
しきい値:
  障害: 90 - 100;
  警告: 80 - 90;

連続抑制:
   正常: 2;
   警告: 3;
   障害: 2;

現在の状態: 正常;

The Status counter will only accumulate normal and critical statuses if they arrive consecutively. On the other hand, the Status warning may accumulate them even if they do not arrive consecutively.

状態カウンタは、正常状態と障害状態が連続して到着した場合にのみ累積します。一方で、警告状態は連続して到着しなくてもカウンタを累積することがあります。

The Status counter will be restarted in the following cases: - A value whose Status coincides with the current Status is arrives. - The status is changed when the " keep counter " conditions are met.

状態カウンタは、以下のような場合にリセットされます。 - 値の状態が現在の状態と一致する値が到着した場合 - "カウンタ保持" の状態にマッチし、状態が変更された場合

Normal and Critical Counters have a special behavior, for which only these Counters will be restarted, if they are not consecutive.

正常カウンタと障害カウンタには特別な動作があり、連続していない場合はこれらのカウンタのみがリセットされます。

In this case, the following data is received:

この場合、次のようなデータを受け取ります。

Data Status data Critical counter Warning counter Normal counter Module Status
81 Warning 0 1 0 Normal
83 Warning 0 2 0 Normal
95 Critical 1 2 0 Normal
89 Warning 0 0 0 Warning
When the warning counter gets to three, the status is changed to warning and all counters are restarted
50 Normal 0 0 1 Warning
98 Critical 1 0 0 Warning
The normal counter and the critical counter must be consecutive to keep increasing. When receiving a critical value, the normal counter becomes 0
91 Critical 0 0 0 Critical
When the critical counter reaches two, the status is changed to critical and all counters are restarted
30 Normal 0 0 1/td> Critical
31 Normal 0 0 0/td> Normal
When the normal counter reaches two, the status is changed to normal and all counters are restarted
81 Warning 0 1 0/td> Normal
83 Warning 0 2 0/td> Normal
12 Normal 0 0 0/td> Normal
When receiving data in Normal Status that is equal to the current status, the counters are restarted.
データ データの状態 障害カウンタ 警告カウンタ 正常カウンタ モジュールの状態
81 警告 0 1 0 正常
83 警告 0 2 0 正常
95 障害 1 2 0 正常
89 警告 0 0 0 警告
警告カウンタが 3 になったとき、状態が警告に変更されカウンタはリセットされます。
50 正常 0 0 1 警告
98 障害 1 0 0 警告
正常カウンタと障害カウンタが増え続けるには、連続している必要があります。障害状態の値を受信したとき、正常カウンタは 0 になります。
91 障害 0 0 0 障害
障害カウンタが 2 に達すると、状態は障害に変更されカウンタはリセットされます。
30 正常 0 0 1/td> 障害
31 正常 0 0 0/td> 正常
正常カウンタが 2 に達すると、状態は正常に変更されカウンタはリセットされます。
81 警告 0 1 0/td> 正常
83 警告 0 2 0/td> 正常
12 正常 0 0 0/td> 正常
受け取ったデータが正常状態で、かつ現在の状態と同じであれば、カウンタはリセットされます。

単位

Used to assign a unit to the module data. It is a purely informative data and will be displayed in various data views as well as graphs of the module in question.

モジュールデータに単位を設定するために利用します。純粋に有益な情報であり、モジュールのグラフだけでなく、さまざまなデータビューにも表示されます。

静観

The module data is still stored, but the generation of events and alerts is stopped. This is especially relevant when, through the planned stops, we leave a module "quiet" for a certain period of time.

モジュールのデータは保存されますが、イベントとアラートの生成は停止されます。 これは、計画停止によって、モジュールを一定時間「静観」にしておく場合に特に関係します。

The difference between the "quiet" mode and the "off" mode is that the latter does not process data and the "quiet" mode does, so we will quietly continue to store data but ignore its status information, and with the "off" mode we will completely ignore the data.

"静観" モードと "無効化" モードとの違いは、後者はデータを処理しませんが、"静観" モードではそれをすることです。そのため、データを保存し続けますが、そのステータス情報は無視します。"無効化" モードではデータを完全に無視します。

障害、警告、不明状態の手順

Instructions will be displayed when the status of the module is critical. This can be seen in the extended event information.

モジュールが障害状態の時の手順を表示します。これは拡張イベント情報で参照できます。



In addition, this information can be used as part of an alert, using the following macros (see the Alerts chapter for more details) :

加えて、この情報は次のマクロを使うことで、アラートの一部として使うことができます。(詳細は、アラート を参照してください)

  • _alert_critical_instructions_: Instructions contained in the module for a CRITICAL status.
  • _alert_warning_instructions_: Instructions contained in the module for a WARNING status.
  • _alert_unknown_instructions_: Instructions contained in the module for an UNKNOWN status.
  • _alert_critical_instructions_: モジュールが障害状態の場合の手順
  • _alert_warning_instructions_: モジュールが警告状態の場合の手順
  • _alert_unknown_instructions_: モジュールが不明状態の場合の手順

ファイル:Instrucciones alerta.jpg

モジュールグループ

Module groups allow you to make filters and are used in some specific views. It is a way of gathering modules together, which is useful when we have a large volume of modules in the same agent. You can define new modules or modify existing ones in the configuration menu "Resources -> Module groups".

モジュールグループでは、特定の表示で利用するフィルタを作成できます。これは、モジュールを集めるのに利用します。同じエージェントに大量のモジュールがある場合に便利です。 新しいモジュールを定義したり、既存のモジュールを変更するには、"リソース - >モジュールグループ" の設定メニューを使用します。

タグ

Tags are labels associated with each module that will then be propagated to the events generated by this module and can be used in its event alerts. Tags are useful because they allow you to use them as filters in reports, event views, and even have specific views on them. Additional tag information (URL, email, phone) can be used in alerts, as they are available as a macro.

タグは、各モジュールに関連付けられたラベルで、このモジュールによって生成されたイベントに伝播され、イベントアラートで使用されます。 タグは、レポートやイベント表示でフィルタとして使用したり、特定のビューを表示したりすることができるので便利です。 アラートでは、マクロとして使用できるため、追加のタグ情報(URL、電子メール、電話)を使用できます。


To be able to create or modify a tag, we click on Module tags:

タグを作成したり修正するには、モジュールタグをクリックします。


Tags allow you to set name, description and optionally a complete URL (http://somewebpage.com), email or phone associated with this tag. Note that it is possible to associate one or more tags to each module. To do this, they must first be created as described above. Once created, they will be available to be assigned to each module.

タグは、名前、説明と関連する URL(http://somewebpage.com)、電子メール、電話番号を設定できます。 1つまたは複数のタグを各モジュールに関連付けることができます。 これを行うには、最初に上記のように作成する必要があります。 作成したら、各モジュールに割り当てることができます。

In the advanced options of a module, the available tags will be shown in the left column and the tags already associated with the module in the right column:

モジュールの拡張オプションでは、利用可能なタグは左のカラムに表示され、右のカラムに表示されるタグはモジュールに既に関連付けられています。

Tags can also be used to grant specific access permissions to a module, so that a user can only access one module of the agent, without having access to the other modules. You can see this in the user profiling section inside Managing and Administration

タグは、モジュールへの特定のアクセス権を付与するのにも利用できます。ユーザが他のモジュールにアクセスすることなく、エージェントの 1つのモジュールにのみアクセスできるようにすることもできます。 これは管理と管理 のユーザープロプロファイルの章で確認できます。


Pandora FMS ドキュメント一覧に戻る