提供: Pandora FMS jp
移動: 案内検索

はじめに

ここは、Pandora FMS の日本語ドキュメント (FAQ 含む) を作成するプロジェクトのページです。

本家の英語のドキュメントの翻訳をベースに、誰もが本ページ上で日本語ドキュメント作成に参加できる形にしました。 ここでの成果は、定期的に本家ドキュメントサイト http://openideas.info/wiki/index.php?title=Pandora へフィードバックされます。

なお、日本語ドキュメント作成状況やこれに関する議論については、Pandora FMS 日本語 ML に流していきますので、作成に参加される方はぜひメーリングリストにも参加ください。

日本語ドキュメント作成への参加方法

参加手順

日本語ドキュメント作成への参加はには、編集権限が付与されたアカウントが必要です。 以下の手順を行ってください。

  1. 本サイト上のアカウント作成依頼を管理者宛に出しアカウントをもらう。(連絡先は「pandorafms.jp」の右下の "管理人について" を参照)
  2. 以降の説明を良く読む。
  3. 発行されたアカウントで本サイトにログインし、本サイト上のドキュメントを直接編集する。

なお、アカウントは「日本語 Howto 編集」と共通です。

注: アカウントを作成しただけでは編集権限がありません。編集できるようにするためには、権限付与が必要です。

日本語ドキュメント作成ルール

日本語ドキュメント作成ルールは次の通りです。

  • 日本語ドキュメント作成は、本家の英語ドキュメント[1]、FAQ[2]の翻訳をベースとする
    • 誰も手をつけていない章の作成を始める場合は、本家 wiki のソースをコピーしてもってくる (2010/5/12 現在ではそのようなページはありません)
    • すでに誰かが翻訳を開始している章の加筆・修正の場合は、そのまま該当ページを編集する
  • 英語ドキュメントの段落ごとに日本語訳を記載し、オリジナルの英語ドキュメントは消さない (以下に例を示します)
    なお、本サイトでの成果を本家にフィードバックする段階ではオリジナルの英語は削除されます。
The remote agent is able to run on any hardware that can run the minimum required operating system:

リモートエージェントは、以下のオペレーティングシステムが動作している機器で実行可能です。
  • 本プロジェクトの目的(Pandora FMS の日本語ドキュメントを作成する)に反した編集は行わないこと

以上のルールに従って、編集をお願いします。

本家ドキュメント翻訳における注意事項

分かりやすい翻訳のために

本家ドキュメントを見ても、Pandora FMS を実際に利用しないと良く分からない部分が多々あります。 機械的に翻訳するとおそらく意味の良くわからないドキュメントになることでしょう。翻訳は、実際に Pandora FMS を利用して動作を確認しながら行ってください。日本語として分かりやすい表現になっていれば必ずしも翻訳元の文章と 1対1対応していなくても構いません。 ただし、説明の省略はダメです。

オリジナルドキュメントについて

Pandora FMS 本家の公式言語は英語となっていますが、オリジナルの開発元がスペインであることから、オリジナルのドキュメントはスペイン語で書かれています。 英語のドキュメントはスペイン語のそれをベースに翻訳され作成されています。 そのためか、英語のドキュメント自体にもスペイン語からの翻訳漏れやミスが所々に見られます。もちろん、ユーザとして読む分にはあまり困らないレベルですが。

そのため、日本語ドキュメント作成にあたっては、おかしなドキュメントにならないように、英語で意味の通らない部分があった場合はオリジナルのスペイン語のドキュメントを訳して確認すことを視野に入れてください。スペイン語を知らなくても、Google 翻訳等で英語に翻訳すれば意味合いは十分わかります。(ただし、スペイン語からの自動翻訳はあくまでも英語への翻訳に利用してください。スペイン語から直接日本語へ自動翻訳してもほとんど役に立ちませんのでお勧めしません。)

編集履歴

編集を行うと、編集履歴が残ります。 本プロジェクトの目的に反した編集が見られた場合には、管理人により該当アカウントによる本ページへのアクセスを制限させていただくことがあります。

日本語ドキュメント作成ページ

上記「参加方法」を十分理解いただけた方は、以下のページを直接編集することにより、ぜひ日本語ドキュメント作成にご協力ください。 もちろん、作成に参加されない方も、以下から本家のドキュメントページにはまだない最新の日本語ドキュメントを参照することができます。